バージョン

日付、数値、および文字列の書式設定

トピックの概要

目的

このトピックは、$.ig.formatter ユーティリティ関数を使用して日付、数値、および文字列を書式設定する方法を紹介します。

このトピックの内容

このトピックは、以下のセクションで構成されます。

概要

infragistics.util ファイルは、Ignite UI コントロールで日付、数値、文字列を書式設定するための $.ig.formatter のユーティリティ関数を含みます。たとえば、igGrid の format オプションで使用されます。 関数定義: $.ig.formatter = function (val, type, format, notTemplate, enableUTCDates, displayStyle, labelText, tabIndex)。結果は string 型です。

このトピックは関数の最初の 3 つのパラメーターを説明します。

  • val - 書式設定する値。
  • type - 値のデータ型。
  • format - 書式指定子 (以下のセクションで詳細を説明します)。

関数は $.ig.regional.defaults 変数で構成される領域設定を使用します。

以下のセクションは $.ig.formatter の使用方法を説明します。

日付の書式設定

type パラメーターが "date" の場合、 $.ig.formatter 関数は日付を解析します。val 引数に Date 型が必要です。

JavaScript の場合:

var result = $.ig.formatter(new Date(2016, 05, 01), "date", "yyyy-MM-dd"); // result is "2016-06-01"

サポートされる書式指定子のリスト:

書式指定子 説明
"d" 月の日 (1~31)
"dd" 月の日 (01~31)
"ddd" 短い名前の曜日
"dddd" 長い名前の曜日
"M" 月 (1~12)
"MM" 月 (01~12)
"MMM" 短い名前の月
"MMMM" 長い名前の月
"yy" 短い年
"yyyy" 長い年
"h" 12 時間書式の時 (1~12)
"hh" 12 時間書式の時 (01~12)
"H" 24 時間書式の時 (0~23)
"HH" 24 時間書式の時 (00~23)
"m" 分 (0~59)
"mm" 分 (00~59)
"s" 秒 (0~59)
"ss" 秒 (00~59)
"t" 午前または午後の最初文字
"tt" 午前または午後
"f" 秒の 1/10
"ff" 秒の 1/100
"fff" ミリ秒
"date" $.ig.regional.defaults.datePattern からの書式指定子が使用されます
"dateLong" $.ig.regional.defaults.dateLongPattern からの書式指定子が使用されます
"dateTime" $.ig.regional.defaults.dateTimePattern からの書式指定子が使用されます
"time" $.ig.regional.defaults.timePattern からの書式指定子が使用されます
"timeLong" $.ig.regional.defaults.timeLongPattern からの書式指定子が使用されます

数値の書式設定

type パラメーターが "number" の場合、 $.ig.formatter 関数は数値を解析します。val 引数に Number 型が必要です。

JavaScript の場合:

var result = $.ig.formatter(0.55, "number", "0.0"); // result is "0.6"

サポートされる書式指定子のリスト:

書式指定子 説明
"0" 丸めを持つゼロの書式文字。利用可能な場合、"0" を相対する数字と置き換えます。それ以外の場合、"0" を出力します。例: $.ig.formatter(0.7, "number", "0.000") は "0.700" を出力します。
"#" 丸めを持つ数字の書式文字。利用可能な場合、"#" を対応する数字と置き換えます。それ以外の場合、何も出力しません。例: $.ig.formatter(0.7, "number", "#.###") は "0.7" を出力します。
"." ドットの書式文字。結果文字列で 10 進数セパレーターの位置を決定します。例: $.ig.formatter(0.77, "number", "0.00") は "0.77" を出力します。
"number" 10 進数セパレーターの後 2 桁に丸めて数値を書式設定します。
"currency" $.ig.regional.defaults 設定を使用して数値を通貨として書式設定します。
"percent" $.ig.regional.defaults 設定を使用して数値をパーセンテージとして書式設定します。
"int" 数値を整数値として書式設定します。10 進数セパレーターを使用せず、丸めが適用されます。
"double" 数値を double 値として書式設定します。10 進数セパレーターを使用し、丸めは適用されません。

文字列の書式設定

type パラメーターが "string" の場合、 $.ig.formatter 関数は文字列を解析します。 {0} プレースホルダーが format パラメーターで、結果の文字列に value パラメーターの位置を示すために使用できます。

JavaScript の場合:

var result = $.ig.formatter("Black", "string", "Color is {0}");

オンラインで表示: GitHub