ig.excel.CustomDataValidationRule

セルに適用された値を検証するために任意の数式を使用できるデータの入力規則ルールを表します。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • ig.excel.CustomDataValidationRule
    コンストラクター

    new $.ig.excel.CustomDataValidationRule( );

    新しい CustomDataValidationRule インスタンスを作成します。

  • getFormula

    .getFormula( address:string );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    セルに適用される値を検証するために使用する数式。

    セルに適用された値を検証するために使用する数式を取得します。

    • address
    • タイプ:string
    • 相対参照の基準となるセルまたは領域のアドレスか、ワークシートの左上のセルを使用する場合は null。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException アドレスが有効なセル アドレスまたは領域アドレスでない場合に発生します。

    備考

    数式の評価結果が False、0、ErrorValue (#VALUE! など)、または「True」(大文字と小文字は区別しません) 以外の文字列の場合、値が無効であることを示します。 True、「True」(大文字と小文字は区別しません)、null、およびゼロ以外の数値は、有効な値が適用されたことを示します。

    渡されたアドレスは、数式中で相対アドレスを使用する場合にのみ必要です。たとえば、適用された数式が =B1 で、データの入力規則ルールが領域 A1:A5 に適用されるとします。A1 の数式を取得すると、数式 =B1 が返されます。A2 の数式を取得すると、=B2 が返されます。同様に、セル A5 では =B5 が返されます。 ただし、数式に参照が含まれていないかすべてが絶対参照の場合、アドレスは無視されます。そのため、上の例で、元の数式が =$B$1 の場合、指定したアドレスにかかわらず同じ数式が返されます。

    アドレスは、ワークシート上の任意の有効なセルまたは領域参照です。領域アドレスが指定された場合、左上のセルまたは領域が使用されます。指定されたセルまたは領域には、データの入力規則ルールが適用されている必要はありません。 すべての参照が許可されます。

    データの入力規則ルールがブック内のワークシートに適用されていない限り、アドレスを解析するセル参照モードは A1 であると仮定されます。データの入力規則ルールがブック内のワークシートに適用されている場合は、Workbook.cellReferenceMode が使用されます。

  • getFormula

    .getFormula( address:string, format:ig.excel.WorkbookFormat, cellReferenceMode:ig.excel.CellReferenceMode, culture:string );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    セルに適用される値を検証するために使用する数式。

    セルに適用された値を検証するために使用する数式を取得します。

    • address
    • タイプ:string
    • 相対参照の基準となるセルまたは領域のアドレスか、ワークシートの左上のセルを使用する場合は null。
    • format
    • タイプ:ig.excel.WorkbookFormat
    • アドレスを解析するために使用するワークブック形式。
    • cellReferenceMode
    • タイプ:ig.excel.CellReferenceMode
    • アドレスを解析するために使用するセル参照モード。
    • culture
    • タイプ:string
    • 数式文字列を生成するときに使用するカルチャー。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException アドレスが有効なセル アドレスまたは領域アドレスでない場合に発生します。
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException format が WorkbookFormat 列挙体で定義されていない場合に発生します。
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException cellReferenceMode が CellReferenceMode 列挙体で定義されていない場合に発生します。

    備考

    数式の評価結果が False、0、ErrorValue (#VALUE! など)、または「True」(大文字と小文字は区別しません) 以外の文字列の場合、値が無効であることを示します。 True、「True」(大文字と小文字は区別しません)、null、およびゼロ以外の数値は、有効な値が適用されたことを示します。

    渡されたアドレスは、数式中で相対アドレスを使用する場合にのみ必要です。たとえば、適用された数式が =B1 で、データの入力規則ルールが領域 A1:A5 に適用されるとします。A1 の数式を取得すると、数式 =B1 が返されます。A2 の数式を取得すると、=B2 が返されます。同様に、セル A5 では =B5 が返されます。 ただし、数式に参照が含まれていないかすべてが絶対参照の場合、アドレスは無視されます。そのため、上の例で、元の数式が =$B$1 の場合、指定したアドレスにかかわらず同じ数式が返されます。

    アドレスは、ワークシート上の任意の有効なセルまたは領域参照です。領域アドレスが指定された場合、左上のセルまたは領域が使用されます。指定されたセルまたは領域には、データの入力規則ルールが適用されている必要はありません。 すべての参照が許可されます。

  • isEquivalentTo

    .isEquivalentTo( other:ig.excel.DataValidationRule );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:

    • other
    • タイプ:ig.excel.DataValidationRule
  • setFormula

    .setFormula( formula:string, address:string );

    セルに適用される値を検証するために使用する数式を設定します。

    • formula
    • タイプ:string
    • address
    • タイプ:string

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException
    ig.excel.FormulaParseException
    ig.ArgumentException

    備考

  • setFormula

    .setFormula( formula:string, address:string, format:ig.excel.WorkbookFormat, cellReferenceMode:ig.excel.CellReferenceMode, culture:string );

    セルに適用される値を検証するために使用する数式を設定します。

    • formula
    • タイプ:string
    • address
    • タイプ:string
    • format
    • タイプ:ig.excel.WorkbookFormat
    • cellReferenceMode
    • タイプ:ig.excel.CellReferenceMode
    • culture
    • タイプ:string

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException
    ig.excel.FormulaParseException
    ig.ArgumentException
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException

    備考

Copyright © 1996 - 2020 Infragistics, Inc. All rights reserved.