ui.igGridRowSelectors

ui.igGridRowSelectors_image

igGrid コントロールおよび igHierarchicalGrid コントロールはどちらも、グリッド内の行セレクター機能を備えています。行セレクターを使用すると、グリッド内の 単一または複数の行を選択するようコントロールを構成できます。オプションで、行セレクターとともに行の番号付けを有効にできます。この API のクラス、オプション、イベント、メソッド、およびテーマに関するさらに詳しい情報は上の関連するタブの下で入手可能です。

次のコード スニペットは、igGrid コントロールを初期化する方法を示します。

この API を使用した作業方法の詳細についてはここをクリックしてください。をクリックしてください。igGrid コントロールの必要なスクリプトおよびテーマを参照する方法については、 「Ignite UI で JavaScript リソースを使用する」および Ignite UI のスタイル設定とテーマを参照してください。

コード サンプル

<!doctype html>
<html>
<head>
    <!-- Infragistics Combined CSS -->
    <link href="css/themes/infragistics/infragistics.theme.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <link href="css/structure/infragistics.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <!-- jQuery Core -->
    <script src="js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- jQuery UI -->
    <script src="js/jquery-ui.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- Infragistics Combined Scripts -->
    <script src="js/infragistics.core.js" type="text/javascript"></script>
    <script src="js/infragistics.lob.js" type="text/javascript"></script>
    <script type="text/javascript">
    $(function () {
        var ds = [
            { "ProductID": 1, "Name": "Adjustable Race", "ProductNumber": "AR-5381" },
            { "ProductID": 2, "Name": "Bearing Ball", "ProductNumber": "BA-8327" },
            { "ProductID": 3, "Name": "BB Ball Bearing", "ProductNumber": "BE-2349" },
            { "ProductID": 4, "Name": "Headset Ball Bearings", "ProductNumber": "BE-2908" },
            { "ProductID": 316, "Name": "Blade", "ProductNumber": "BL-2036" },
            { "ProductID": 317, "Name": "LL Crankarm", "ProductNumber": "CA-5965" },
            { "ProductID": 318, "Name": "ML Crankarm", "ProductNumber": "CA-6738" },
            { "ProductID": 319, "Name": "HL Crankarm", "ProductNumber": "CA-7457" },
            { "ProductID": 320, "Name": "Chainring Bolts", "ProductNumber": "CB-2903" }
        ];
    
        $("#gridRowSelectors").igGrid({
            width: "600px",
            autoGenerateColumns: true,
            dataSource: ds,
            features: [
                {
                    name: "RowSelectors"
                },
                {
                    name: "Selection"
                }
            ]
        });
    });
    </script>
</head>
<body>
    <table id="gridRowSelectors"></table>
</body>
</html>
    

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery-1.9.1.js
jquery.ui.core.js
jquery.ui.widget.js
infragistics.ui.grid.framework.js
infragistics.ui.editors.js
infragistics.ui.shared.js
infragistics.datasource.js
infragistics.util.js

継承

  • deselectAllForPagingTemplate

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    ページングの「すべて選択解除」オーバーレイのカスタム テンプレート。
    すべてのレコードを選択するために data-rs-deselect-all 属性を持つ要素が使用されます。
    オーバーレイを閉じるために data-rs-close-all 属性を持つ要素が使用されます。
    デフォルト テンプレートは「<div class='ui-widget-header ui-priority-secondary' tabindex='0'><div>${unchecked} レコードを選択解除しました。<a href='#' tabindex='0' data-rs-deselect-all>すべての ${totalRecordsCount} レコードを選択解除</a><div style='float:right;'><span data-rs-close-all class='ui-icon-close ui-icon ui-button' tabindex='0'></div></span></div></div>」。
    デフォルトのテンプレートで使用されていない ${allCheckedRecords} パラメーターもありますが、すべてのページのチェックしたレコードを表します。

    コード サンプル

            //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        enableCheckBoxes: true,
                        enableSelectAllForPaging: true,
                        deselectAllForPagingTemplate: "<div class='ui-widget-header ui-priority-secondary' tabindex='0'><div><a href='#' tabindex='0' data-rs-deselect-all>Deselect all ${totalRecordsCount} records</a><div style='float:right;'><span data-rs-close-all class='ui-icon-close ui-icon ui-button' tabindex='0'></div></span></div></div>"
                    },
                    {
                        name: "Selection",
                        multipleSelection: true
                    },
                    {
                        name: 'Paging',
                        type: "local",
                        pageSize: 10
                    }
                ]
            });
            //Get
            var template = $(".selector").igGridRowSelectors("option", "deselectAllForPagingTemplate");
          
  • enableCheckBoxes

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    行セレクター列にチェックボックスを含めるかどうかを決定します。

    コード サンプル

            //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        enableCheckBoxes: true
                    },
                    {
                        name: "Selection"
                    }
                ]
            });
            //Get
            var checkboxes = $(".selector").igGridRowSelectors("option", "enableCheckBoxes");
          
  • enableRowNumbering

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    行セレクター列に行番号を含めるかどうかを決定します。

    コード サンプル

     
            //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        enableRowNumbering: true
                    },
                    {
                        name: "Selection"
                    }
                ]
            });
            //Get
            var rowNumbering = $(".selector").igGridRowSelectors("option", "enableRowNumbering");
          
  • enableSelectAllForPaging

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    ヘッダー チェックボックスをクリックした後、すべてのページからすべてのレコードの選択を許可するオーバーレイの表示を有効/無効にします。

    コード サンプル

     
          //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        enableCheckBoxes: true,
                        enableSelectAllForPaging: true
                    },
                    {
                        name: "Selection",
                        multipleSelection: true
                    },
                    {
                        name: 'Paging',
                        type: "local",
                        pageSize: 10
                    }
                ]
            });
            //Get
            var enableSelectAll = $(".selector").igGridRowSelectors("option", "enableSelectAllForPaging");
          
  • inherit

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    子レイアウトで機能継承を有効または無効にします。注: igHierarchicalGrid のみに適用します。

  • requireSelection

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    選択機能が行セレクターに必要かどうかを決定します。「false」に設定する場合、
    ウィジェットは Selection の可用性をチェックしません。「true」に設定する場合、Selection が使用できないと、
    例外をスローします。

    コード サンプル

     
              //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        requireSelection: true
                    },
                    {
                        name: "Selection"
                    }
                ]
            });
            //Get
            var requireSelection = $(".selector").igGridRowSelectors("option", "requireSelection");
          
  • rowNumberingSeed

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    デフォルト ナンバリングに追加するシード。

    コード サンプル

            //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        rowNumberingSeed: 5
                    },
                    {
                        name: "Selection"
                    }
                ]
            });
            //Get
            var rowNumberingSeed = $(".selector").igGridRowSelectors("option", "rowNumberingSeed");
          
  • rowSelectorColumnWidth

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • 行セレクターの列幅はピクセル (px) およびパーセント (%) で設定できます。
    • number
    • タイプ:number
    • 行セレクターの幅は数値として設定できます。
    • null
    • タイプ:object
    • 機能が、有効なコンテンツに応じて最適な幅を決定します。

    コード サンプル

     
            //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        rowSelectorColumnWidth: 40
                    },
                    {
                        name: "Selection"
                    }
                ]
            });
            //Get
            var width = $(".selector").igGridRowSelectors("option", "rowSelectorColumnWidth");
          
  • selectAllForPagingTemplate

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    ページングの「すべて選択」オーバーレイのカスタム テンプレート。
    すべてのレコードを選択するために data-rs-select-all 属性を持つ要素は使用されます。
    オーバーレイを閉じるために data-rs-close-all 属性を持つ要素が使用されます。
    デフォルト テンプレートは「<div class='ui-widget-header ui-priority-secondary' tabindex='0'><div>${checked} レコードを選択しました。<a href='#' tabindex='0' data-rs-select-all>すべての ${totalRecordsCount} レコードを選択</a><div style='float:right;'><span data-rs-close-all class='ui-icon-close ui-icon ui-button' tabindex='0'></div></span></div></div>」。
    デフォルトのテンプレートで使用されていない ${allCheckedRecords} パラメーターもありますが、すべてのページのチェックしたレコードを表します。

    コード サンプル

     
          //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        enableCheckBoxes: true,
                        enableSelectAllForPaging: true,
                        selectAllForPagingTemplate: "<a data-rs-select-all>Click here if you want to select all ${totalRecordsCount} records</a><span data-rs-close-all></span>"
                    },
                    {
                        name: "Selection",
                        multipleSelection: true
                    },
                    {
                        name: 'Paging',
                        type: "local",
                        pageSize: 10
                    }
                ]
            });
            //Get
            var template = $(".selector").igGridRowSelectors("option", "selectAllForPagingTemplate");
            //Set
            var templateStr = "<a data-rs-select-all>Click here if you want to select all ${totalRecordsCount} records</a><span data-rs-close-all></span>";
            $(".selector").igGridRowSelectors("option", "selectAllForPagingTemplate", templateStr);
          
  • showCheckBoxesOnFocus

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    行セレクターにフォーカスが置かれている/選択されている場合に限ってチェックボックスを表示するかどうかを決定します。

    コード サンプル

     
              //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        showCheckBoxesOnFocus: true
                    },
                    {
                        name: "Selection"
                    }
                ]
            });
            
            //Get
            var showCheckboxes = $(".selector").igGridRowSelectors("option", "showCheckBoxesOnFocus");
    
          

Ignite UI コントロール イベントの詳細については、
Ignite UI でイベントを使用するを参照してください。

注: API メソッドの呼び出しは、API ヘルプに特に記述がない限り、操作に関連するイベントはプログラムによって発生されません。これらのイベントは各ユーザー操作によってのみ呼び出されます。

詳細の表示
  • checkBoxStateChanged

    キャンセル可能:
    false

    行セレクター チェックボックスの状態が変更した後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.row を使用して、クリックされた行セレクターが置かれている行への参照を取得します。
    ui.rowIndex を使用して、クリックされた行セレクターが置かれている行インデックスを取得します。
    ui.rowKey を使用して、クリックされた行セレクターが置かれている行キーを取得します。
    ui.rowSelector を使用して、行セレクターのセルへの参照を取得します。
    ui.owner を使用して、igRowSelectors への参照を取得します。
    ui.grid を使用して igGridRowSelectors が初期化される igGrid への参照を取得します。
    ui.state を使用して、チェックボックスの状態 (「on」、「off」) を取得します。
    ui.isHeader を使用して、ヘッダーのチェック ボックスがクリックされているかどうかを確認します。この場合、行に関連する引数は渡されません。

    コード サンプル

     
            //Bind after initialization        
            $(document).delegate(".selector", "iggridrowselectorscheckboxstatechanged", function (evt, ui) { 
                //return the triggered event
                evt;
                
                // reference to the row the clicked row selector resides in
                ui.row;
                
                // get the index of the row the clicked row selector resides in
                ui.rowIndex;
                
                // get the key of the row the clicked row selector resides in
                ui.rowKey;
                
                // get reference to the row selector cell
                ui.rowSelector;
                
                // get reference to the igGrid the igRowSelectors are initialized for
                ui.grid;
                
                // get the state of the checkbox ("on","off")
                ui.state;
                
                // check if the header row checkbox is clicked
                ui.isHeader;
    
            });
            
            //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        checkBoxStateChanged: function(evt, ui){ ... }
                    }
                ]
            }); 
            
  • checkBoxStateChanging

    キャンセル可能:
    true

    行セレクターのチェックボックスが変更しているときに発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.row を使用して、クリックされた行セレクターが置かれている行への参照を取得します。
    ui.rowIndex を使用して、クリックされた行セレクターが置かれている行インデックスを取得します。
    ui.rowKey を使用して、クリックされた行セレクターが置かれている行キーを取得します。
    ui.rowSelector を使用して、行セレクターのセルへの参照を取得します。
    ui.owner を使用して、igRowSelectors への参照を取得します。
    ui.grid を使用して igGridRowSelectors が初期化される igGrid への参照を取得します。
    ui.currentState を使用して、チェックボックスの現在の状態 (「on」、「off」) を取得します。
    ui.newState を使用して、チェックボックスの新しい状態 (「on」、「off」) を取得します。
    ui.isHeader を使用して、ヘッダーのチェック ボックスがクリックされているかどうかを確認します。この場合、行に関連する引数は渡されません。

    コード サンプル

     
            //Bind after initialization        
            $(document).delegate(".selector", "iggridrowselectorscheckboxstatechanging", function (evt, ui) { 
                //return the triggered event
                evt;
                
                // reference to the row the clicked row selector resides in
                ui.row;
                
                // get the index of the row the clicked row selector resides in
                ui.rowIndex;
                
                // get the key of the row the clicked row selector resides in
                ui.rowKey;
                
                // get reference to the row selector cell
                ui.rowSelector;
                
                // get reference to the igGrid the igRowSelectors are initialized for
                ui.grid;
                
                // get the current state of the checkbox ("on","off")
                ui.currentState;
                
                // get the new state of the checkbox ("on","off")
                ui.newState;
                
                // check if the header row checkbox is clicked
                ui.isHeader;
    
            });
            
            //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        checkBoxStateChanging: function(evt, ui){ ... }
                    }
                ]
            }); 
            
  • rowSelectorClicked

    キャンセル可能:
    false

    行セレクターがクリックされた後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.row を使用して、クリックされた行セレクターが置かれている行への参照を取得します。
    ui.fixedRow を使用して、クリックした行セレクターの固定行 (固定行がある場合) への参照を取得します。
    ui.rowIndex を使用して、クリックされた行セレクターが置かれている行インデックスを取得します。
    ui.rowKey を使用して、クリックされた行セレクターが置かれている行キーを取得します。
    ui.rowSelector を使用して、行セレクターのセルへの参照を取得します。
    ui.owner を使用して、igRowSelectors への参照を取得します。
    ui.grid を使用して igGridRowSelectors が初期化される igGrid への参照を取得します。

    コード サンプル

     
            //Bind after initialization        
            $(document).delegate(".selector", "iggridrowselectorsrowselectorclicked", function (evt, ui) { 
                //return the triggered event
                evt;
                
                // reference to the row the clicked row selector resides in
                ui.row;
                
                // get the index of the row the clicked row selector resides in
                ui.rowIndex;
                
                // get the key of the row the clicked row selector resides in
                ui.rowKey;
                
                // get reference to the row selector cell
                ui.rowSelector;
                
                // get reference to the igGrid the igRowSelectors are initialized for
                ui.grid;
            });
            
            //Initialize
            $(".selector").igGrid({
                features : [
                    {
                        name : "RowSelectors",
                        rowSelectorClicked: function(evt, ui){ ... }
                    }
                ]
            });         
          
  • destroy

    .igGridRowSelectors( "destroy" );

    コード サンプル

     $(".selector").igGridRowSelectors("destroy"); 
  • ui-state-default ui-corner-all ui-igcheckbox-normal

    チェックボックス コンテナーに適用されるクラス。
  • ui-icon ui-icon-check ui-igcheckbox-normal-off

    チェックボックスのチェックされていない状態を定義するクラス。
  • ui-icon ui-icon-check ui-igcheckbox-normal-on

    チェックボックスのチェックされた状態を定義するクラス。
  • ui-iggrid-rowselector-footer

    行セレクターのフッター セルに適用されるクラス。
  • ui-iggrid-rowselector-header

    行セレクターのヘッダー セルに適用されるクラス。
  • ui-state-hover

    ノードのホバー状態のスタイルを定義するクラス。
  • ui-iggrid-rowselector-class

    行セレクターのグリッド セルに適用されるクラス。
  • ui-iggrid-activecell ui-state-focus

    アクティブ化されている場合、行セレクターのグリッド セルに適用されるクラス。
  • ui-iggrid-selectedcell ui-state-active

    選択されている場合、行セレクターのグリッド セルに適用されるクラス。

Copyright © 1996 - 2021 Infragistics, Inc. All rights reserved.