ui.igMap

ui.igMap_image

igMap コントロールは、Infragistics Silverlight xamMap™ コントロールに基づいた HTML5 jQuery マップ コントロールです。このコントロールは、マップ プロバイダー (OpenStreetMap®、Bing® Maps および CloudMade® Maps など) が提供する汎用のマップ データをプロットして、追加のマップ レイヤーを描画する機能を公開します。たとえば、特定のマップの位置をマークして、マップのポイントに情報を表示することができます。シェイプ ファイルを使用して地理的領域の周囲に図形を描画し、マップ領域に添付されたデータ パラメーターに応じて異なる色を使用できます。この API のクラス、オプション、イベント、メソッド、およびテーマの詳細は、上記の関連するタブの下に表示されます。

次のコード スニペットは igMap コントロールの初期化方法を示しています。

igMap コントロールに必要なスクリプトおよびテーマの参照方法についての詳細は、 Ignite UI での JavaScript リソースの使用および Ignite UI のスタイルとテーマの設定をお読みください。

コード サンプル

<!doctype html>
<html>
<head>
    <title>Ignite UI igMap</title>
    <!-- jQuery Core -->
    <script src="js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- jQuery UI -->
    <script src="js/jquery-ui.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- Infragistics Loader -->
    <script type="text/javascript" src="http://localhost/ig_ui/js/infragistics.loader.js"></script>

    <script type="text/javascript">
        var data = [
                { Name: "London", Country: "England", Latitude: 51.50, Longitude: 0.12 },
                { Name: "Berlin", Country: "Germany", Latitude: 52.50, Longitude: 13.33 },
                { Name: "Moscow", Country: "Russia", Latitude: 55.75, Longitude: 37.51 },
                { Name: "Sydney", Country: "Australia", Latitude: -33.83, Longitude: 151.2 },
                { Name: "Tokyo", Country: "Japan", Latitude: 35.6895, Longitude: 139.6917 },
                { Name: "Shanghai", Country: "China", Latitude: 31.2244, Longitude: 121.4759 },
                { Name: "New York", Country: "United States", Latitude: 40.7561, Longitude: -73.9870 },
                { Name: "Sao Paulo", Country: "Brasil", Latitude: -23.5489, Longitude: -46.6388 },
                { Name: "Los Angeles", Country: "United States", Latitude: 34.0522, Longitude: -118.2434 }
            ];    
    </script>

    <script id="cityTemplate" type="text/x-jquery-tmpl">
        <table>
            <tr><td>${item.Name}, ${item.Country}</td></tr>
            <tr><td>Latitude: ${item.Latitude}</td></tr>
            <tr><td>Longitude: ${item.Longitude}</td></tr>
        </table>
    </script>

    <script type="text/javascript">
        $.ig.loader({
            scriptPath: "http://localhost/ig_ui/js/",
            cssPath: "http://localhost/ig_ui/css/",
            resources: "igMap,igOverviewPlusDetailPane"
        });

        $(function () {
            $("#map").igMap({
                overviewPlusDetailPaneVisibility: "visible",
                overviewPlusDetailPaneBackgroundImageUri: "http://www.igniteui.com/images/samples/maps/world.png",
                backgroundContent: { type: "openStreet" },
                series: [{
                    type: "geographicSymbol",
                    name: "worldCities",
                    dataSource: data,
                    latitudeMemberPath: "Latitude",
                    longitudeMemberPath: "Longitude",
                    markerType: "automatic",
                    markerBrush: "olive",
                    showTooltip: true,
                    tooltipTemplate: "cityTemplate"
                }],
                windowResponse: "immediate",
                windowRect: {
                    left: 0.20,
                    top: 0.20,
                    height: 0.45,
                    width: 0.45 
                }
            });
        });
    </script>
</head>
<body>
    <div id="map"></div>
</body>
</html>
    

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery.js
jquery-ui.js
jquery.ui.widget.js
infragistics.util.js
infragistics.util.jquery.js
infragistics.datasource.js
infragistics.templating.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_ui.js
infragistics.dv_core.js
infragistics.dv_geometry.js
infragistics.datachart_core.js
infragistics.dvcommonwidget.js
infragistics.datachart_scatter.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_threading.js
infragistics.ext_web.js
infragistics.dv_geo.js
infragistics.dv_jquerydom.js
infragistics.geographicmap_core.js
infragistics.ui.widget.js

継承

  • autoMarginHeight

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    自動的にマップにマージンを追加するときに追加する自動高さを取得または設定します。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        autoMarginHeight : 100
    });
            
    //Get
    var height = $(".selector").igMap("option", "autoMarginHeight");
            
    //Set
    $(".selector").igMap("option", "autoMarginHeight", 100);
            
  • autoMarginWidth

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    20

    自動的にマップにマージンを追加するときに追加する自動幅を取得または設定します。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        autoMarginWidth : 200
    });
     
    //Get
    var width = $(".selector").igMap("option", "autoMarginWidth");
     
    //Set
    $(".selector").igMap("option", "autoMarginWidth", 200);
          
  • backgroundContent

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    背景コンテンツ オブジェクト。

    コード サンプル

    //Initialization
    $("#map").igMap({
        backgroundContent: {
            type: "bing",
            key: "abcdefghijk123456"
        }
    });
    
    //Get
    var backgroundContent = $(".selector").igMap("option", "backgroundContent");
    
    //Set
    $(".selector").igMap("option", "backgroundContent", {
        type: "bing",
        key: "abcdefghijk123456"
    });
          
    • bingUrl

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      "http://dev.virtualearth.net/REST/v1/Imagery/Metadata/"

      bing maps url を取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          backgroundContent: {
              type: "bing",
              key: "abcdefghijk123456",
      		bingUrl: "http://dev.virtualearth.net/rest/v1/imagery/metadata/"
          }
      });
      
      //Get
      var backgroundContent = $(".selector").igMap("option", "backgroundContent");
      backgroundContent.bingUrl;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "backgroundContent", {
          type: "bing",
          key: "abcdefghijk123456",
      	bingUrl: "http://dev.virtualearth.net/rest/v1/imagery/metadata/"
      });
                
    • imagerySet

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      "AerialWithLabels"

      画像のタイプを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          backgroundContent: {
              type: "bing",
              key: "abcdefghijk123456",
      		imagerySet: "aerial"
          }
      });
      
      //Get
      var backgroundContent = $(".selector").igMap("option", "backgroundContent");
      backgroundContent.imagerySet;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "backgroundContent", {
          type: "bing",
          key: "abcdefghijk123456",
      	imagerySet: "aerial"
      });
                
    • key

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      キーを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          backgroundContent: {
              type: "bing",
              key: "abcdefghijk123456"
          }
      });
      
      //Get
      var backgroundContent = $(".selector").igMap("option", "backgroundContent");
      backgroundContent.key;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "backgroundContent", {
          type: "bing",
          key: "abcdefghijk123456"
      });
                
    • parameter

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      パラメーターを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          backgroundContent: {
              type: "bing",
              key: "abcdefghijk123456",
      		parameter: 2
          }
      });
      
      //Get
      var backgroundContent = $(".selector").igMap("option", "backgroundContent");
      backgroundContent.parameter;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "backgroundContent", {
          type: "bing",
          key: "abcdefghijk123456",
      	parameter: 2
      });
                
    • tilePath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      マップ タイル イメージの URI を取得または設定します。
      Bing Maps では、bing イメージで生成されます。
      Open Street Map では、このオプションはタイルにカスタム URL を使用できます。デフォルトは、'tile.openstreetmap.org/{Z}/{X}/{Y}.png'。プロトコル設定なしの場合は、'http://' または 'https://' がホスティング サイトのプロトコルに基づいて自動的に追加されます。{Z} - タイル ズームを表します。{X} - タイルの水平位置を表します。{Y} - タイルの垂直位置を表します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          backgroundContent: {
              type: "bing",
              key: "abcdefghijk123456",
      		tilePath: "http://www.example.com/tiles/"
          }
      });
      
      //Get
      var backgroundContent = $(".selector").igMap("option", "backgroundContent");
      backgroundContent.tilePath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "backgroundContent", {
          type: "bing",
          key: "abcdefghijk123456",
      	tilePath: "http://www.example.com/tiles/"
      });
                
    • type

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      openStreet

      マップの背景コンテンツのタイプ。

      メンバー

      • openStreet
      • タイプ:string
      • OpenStreetMap 地理的データを表示するために背景コンテンツを指定します。デフォルトとして設定します。
      • cloudMade
      • タイプ:string
      • CloudMade 地理的データを表示するために背景コンテンツを指定します。
      • bing
      • タイプ:string
      • BingMaps 地理的データを表示するために背景コンテンツを指定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          backgroundContent: {
              type: "bing",
              key: "abcdefghijk123456"
          }
      });
      
      //Get
      var backgroundContent = $(".selector").igMap("option", "backgroundContent");
      backgroundContent.type;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "backgroundContent", {
          type: "bing",
          key: "abcdefghijk123456"
      });
                
  • circleMarkerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    マップに円マーカーを使用するためのテンプレートを取得または設定します。
    マーカー タイプが
    circle のシリーズで使用されるマーカー テンプレートを定義します。
    提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        circleMarkerTemplate: {
            measure: function(measureInfo) {
                measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
            },
            render: function (renderInfo) {
                renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
            }
        }
    });
          
  • crosshairPoint

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    十字線の位置 (ワールド座標値) を取得または設定します
    十字線の X または Y のいずれかまたは両方を double.NaN に設定することができます。
    その場合、該当する十字線は非表示になります。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        crosshairPoint: { x: 0.5, y: 0.5 }
    });
     
    //  Get
    var crosshairPoint = $(".selector").igMap("option", "crosshairPoint");
    
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "crosshairPoint", { x: 0.5, y: 0.5 });
          
    • x

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      NaN

      x 座標

      コード サンプル

      //  Initialization
      $(".selector").igMap({
          crosshairPoint: { x: 0.5, y: 0.5 }
      });
       
      //  Get
      var crosshairPoint = $(".selector").igMap("option", "crosshairPoint");
      var x =  crosshairPoint.x;
      
      //  Set
      $(".selector").igMap("option", "crosshairPoint", { x: 0.5, y: 0.5 });
                
    • y

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      NaN

      y 座標

      コード サンプル

      //  Initialization
      $(".selector").igMap({
          crosshairPoint: { x: 0.5, y: 0.5 }
      });
       
      //  Get
      var crosshairPoint = $(".selector").igMap("option", "crosshairPoint");
      var y =  crosshairPoint.y;
      
      //  Set
      $(".selector").igMap("option", "crosshairPoint", { x: 0.5, y: 0.5 });
                
  • crosshairVisibility

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    collapsed

    現在の Map の十字線の表示/非表示のオーバーライドを取得または設定します。

    メンバー

    • visible
    • タイプ:string
    • 十字線を表示します。
    • collapsed
    • タイプ:string
    • 十字線を表示しません。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        crosshairVisibility: "collapsed"
    });
     
    //  Get
    var crosshairVisibility = $(".selector").igMap("option", "crosshairVisibility");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "crosshairVisibility", "collapsed");
          
  • dataSource

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    $.ig.DataSource が受け入れる有効なデータ ソースまたは $.ig.DataSource 自体のインスタンスが可能です。

    コード サンプル

    //  Initialization
    var data = [
        { Name: "London", Country: "England", Latitude: 51.50, Longitude: 0.12 },
        { Name: "Berlin", Country: "Germany", Latitude: 52.50, Longitude: 13.33 },
        { Name: "Moscow", Country: "Russia", Latitude: 55.75, Longitude: 37.51 },
        { Name: "Sydney", Country: "Australia", Latitude: -33.83, Longitude: 151.2 }
    ];
    $(".selector").igMap({
        dataSource: data
    });
     
    //  Get
    var dataSource = $(".selector").igMap("option", "dataSource");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "dataSource", data);
          
  • dataSourceType

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    データ ソースのタイプ ("json" など) を明示的に設定します。$.ig.DataSource とそのタイプ プロパティのドキュメントを参照してください。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        dataSourceType: "array"
    });
     
    //  Get
    var dataSourceType = $(".selector").igMap("option", "dataSourceType");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "dataSourceType", "array");
          
  • dataSourceUrl

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    $.ig.DataSource からデータを要求するには、$.ig.DataSource により承諾されたリモート URL を指定します。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        dataSourceUrl: "http://www.example.com"
    });
     
    //  Get
    var dataSourceUrl = $(".selector").igMap("option", "dataSourceUrl");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "dataSourceUrl", "http://www.example.com");
          
  • defaultInteraction

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    dragPan

    DefaultInteraction プロパティを取得または設定します。デフォルトの操作状態により、マウス イベントに対するマップの応答が定義されます。

    メンバー

    • none
    • タイプ:string
    • ユーザー動作はマップの状態を変更しません。
    • dragZoom
    • タイプ:string
    • ユーザー動作はマップをズームするために矩形のドラッグを開始します。
    • dragPan
    • タイプ:string
    • マップのウインドウを移動するためにユーザー操作でパン操作を開始します。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        defaultInteraction: "dragZoom"
    });
     
    //  Get
    var defaultInteraction = $(".selector").igMap("option", "defaultInteraction");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "defaultInteraction", "dragZoom");
          
  • diamondMarkerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    マップにひし形マーカーを使用するためのテンプレートを取得または設定します。
    マーカー タイプが
    diamond のシリーズで使用されるマーカー テンプレートを定義します。
    提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        diamondMarkerTemplate: {
            measure: function(measureInfo) {
                measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
            },
            render: function (renderInfo) {
                renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
            }
        }
    });
          
  • dragModifier

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    none

    現在の Map の DragModifier プロパティを取得または設定します。

    メンバー

    • none
    • タイプ:string
    • 修飾キーが設定されません。
    • alt
    • タイプ:string
    • 修飾キーは alt キーに設定されます。
    • control
    • タイプ:string
    • 修飾キーは control キーに設定されます。
    • shift
    • タイプ:string
    • 修飾キーは shift キーに設定されます。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        dragModifier: "control"
    });
     
    //  Get
    var dragModifier = $(".selector").igMap("option", "dragModifier");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "dragModifier", "control");
          
  • height

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    マップの高さ。ピクセル、文字列 (px)、またはパーセンテージ (%) で数字として設定できます。

    メンバー

      • string
      • ウィジェットの高さはピクセル (px) およびパーセント (%) で設定できます (%)。
      • number
      • ウィジェットの高さは数値として設定できます。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        height: 250
    });
     
    //  Get
    var height = $(".selector").igMap("option", "height");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "height", 250);
          
  • hexagonMarkerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    マップに六角形マーカーを使用するためのテンプレートを取得または設定します。
    マーカー タイプが
    hexagon のシリーズで使用されるマーカー テンプレートを定義します。
    提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        hexagonMarkerTemplate: {
            measure: function(measureInfo) {
                measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
            },
            render: function (renderInfo) {
                renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
            }
        }
    });
          
  • hexagramMarkerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    マップに六線星形マーカーを使用するためのテンプレートを取得または設定します。
    マーカー タイプが
    hexagram のシリーズで使用されるマーカー テンプレートを定義します。
    提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        hexagramMarkerTemplate: {
            measure: function(measureInfo) {
                measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
            },
            render: function (renderInfo) {
                renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
            }
        }
    });
          
  • language
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "en"

    ウィジェットのロケール言語設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igMap({
    					language: "ja"
    				});
    
    				// Get
    				var language = $(".selector").igMap("option", "language");
    
    				// Set
    				$(".selector").igMap("option", "language", "ja");
    			 
  • locale
    継承

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ウィジェットのロケール設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igMap({
    					locale: {}
    				});
    
    				// Get
    				var locale = $(".selector").igMap("option", "locale");
    
    				// Set
    				$(".selector").igMap("option", "locale", {});
    			 
  • overviewPlusDetailPaneBackgroundImageUri

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    概要詳細ペインで使用する背景画像 uri。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        overviewPlusDetailPaneBackgroundImageUri: "Content/img/World.png"
    });
     
    //  Get
    var OPDImageUri = $(".selector").igMap("option", 
        "overviewPlusDetailPaneBackgroundImageUri");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "overviewPlusDetailPaneBackgroundImageUri", 
        "Content/img/World.png");
          
  • panModifier

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    shift

    現在の Map の PanModifier プロパティを取得または設定します。

    メンバー

    • none
    • タイプ:string
    • 修飾キーが設定されません。
    • alt
    • タイプ:string
    • 修飾キーは alt キーに設定されます。
    • control
    • タイプ:string
    • 修飾キーは control キーに設定されます。
    • shift
    • タイプ:string
    • 修飾キーは shift キーに設定されます。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        panModifier: "control"
    });
     
    //  Get
    var panModifier = $(".selector").igMap("option", "panModifier");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "panModifier", "control");
    
  • pentagonMarkerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    マップに五角形マーカーを使用するためのテンプレートを取得または設定します。
    マーカー タイプが
    pentagon のシリーズで使用されるマーカー テンプレートを定義します。
    提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        pentagonMarkerTemplate: {
            measure: function(measureInfo) {
                measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
            },
            render: function (renderInfo) {
                renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
            }
        }
    });
          
  • pentagramMarkerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    マップに星形五角形マーカーを使用するためのテンプレートを取得または設定します。
    マーカー タイプが
    pentagram のシリーズで使用されるマーカー テンプレートを定義します。
    提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        pentagramMarkerTemplate: {
            measure: function(measureInfo) {
                measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
            },
            render: function (renderInfo) {
                renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
            }
        }
    });
          
  • plotAreaBackground

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    現在の Map オブジェクトのプロット領域の背景として使用するブラシを取得または設定します。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        plotAreaBackground: "grey"
    });
     
    //Get
    var plotAreaBackground = $(".selector").igMap("option", "plotAreaBackground");
    
    //Set
    var plotAreaBackground = $(".selector").igMap("option", "plotAreaBackground", "grey");
          
  • preferHigherResolutionTiles

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    タイル ズーム時にシリーズ ビューアーがより高い解像度のタイルに適しているかどうかを設定します。これを true に設定すると、パフォーマンスは低下しますが描画品質が高まります。

    コード サンプル

     
    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        preferHigherResolutionTiles: true
    });
     
    //Get
    var preferHighResTiles = $(".selector").igMap("option", "preferHigherResolutionTiles");
    
    //Set
    $(".selector").igMap("option", "preferHigherResolutionTiles", true);
          
  • previewRect

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    プレビュー矩形を設定または取得します。
    プレビュー矩形は Rect.Empty に設定することができます。その場合、表示されているプレビューの
    strokePath は非表示になります。
    提供されたオブジェクトは、left、top、width および height と呼ばれる数値プロパティを持っている必要があります。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
      previewRect: 
        {
            left: 0.3,
            top: 0.3,
            width: 0.5,
            height: 0.5
        }
    });
     
    //  Get
    var previewRect = $(".selector").igMap("option", "previewRect");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "previewRect", {
        left: 0.3,
        top: 0.3,
        width: 0.5,
        height: 0.5
    });
          
  • pyramidMarkerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    マップにピラミッド マーカーを使用するためのテンプレートを取得または設定します。
    マーカー タイプが
    pyramid のシリーズで使用されるマーカー テンプレートを定義します。
    提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        pyramidMarkerTemplate: {
            measure: function(measureInfo) {
                measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
            },
            render: function (renderInfo) {
                renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
            }
        }
    });
          
  • regional
    継承

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    defaults

    ウィジェットの領域設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igMap({
    					regional: "ja"
    				});
    				// Get
    				var regional = $(".selector").igMap("option", "regional");
    				// Set
    				$(".selector").igMap("option", "regional", "ja");
    			 
  • responseDataKey

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    $.ig.DataSource を参照してください。応答がラップされる場合に、データ レコードが保持されるプロパティの名前を指定します。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        responseDataKey: "Records"
    });
     
    //Get
    var responseDataKey = $(".selector").igMap("option", "responseDataKey");
    
    //Set
    var responseDataKey = $(".selector").igMap("option", "responseDataKey", "Records");
          
  • series

    タイプ:
    array
    デフォルト:
    []
    要素タイプ:
    object

    シリーズ オブジェクトの配列。

    コード サンプル

    //Initialization
    var data = [
        { Name: "London", Country: "England", Latitude: 51.50, Longitude: 0.12 },
        { Name: "Berlin", Country: "Germany", Latitude: 52.50, Longitude: 13.33 }
    ];
    
    $("#map").igMap({
        series: [{
            type: "geographicSymbol",
            name: "worldCities",
            dataSource: data,
            latitudeMemberPath: "Latitude",
            longitudeMemberPath: "Longitude"
        }]
    });
    
    //Get
    var series = $(".selector").igMap("option", "series");
    series[0];
    
    //Set
    $(".selector").igMap("option", "series", [{
            type: "geographicSymbol",
            name: "worldCities",
            latitudeMemberPath: "Latitude",
            longitudeMemberPath: "Longitude"
        }]
    );
          
    • angleMemberPath

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      null

      列の角を丸めるために使用される楕円の x 半径を取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $(".selector").igMap({
          series: [{
              angleMemberPath: "Index"
          }]
      });
       
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].angleMemberPath;
       
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          angleMemberPath: "Index"
      }]);
                
    • brush

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      シリーズに使用するブラシを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              brush: "blue"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].brush;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          brush: "blue"
      }]);
                
    • clipSeriesToBounds

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      null

      シリーズを境界線でクリップするかどうかを設定または取得します。
      これを true に設定するとパフォーマンスに影響を及ぼします。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              clipSeriesToBounds: true
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].clipSeriesToBounds;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          clipSeriesToBounds: true
      }]);
                
    • closeMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      現在のシリーズ オブジェクトの終値マッピング プロパティを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              closeMemberPath: "Close"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].closeMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          closeMemberPath: "Close"
      }]);
                
    • colorMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      ColorScale によって色に変換できる数値を含むを各データ項目のプロパティの名前。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              colorMemberPath: "Temperature"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].colorMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          colorMemberPath: "Temperature"
      }]);
                
    • colorScale

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      シリーズ内のポイントの色の値を解決するために使用する ColorScale。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              name: "sampleSeries",
              type: "geographicScatterArea",
              colorScale: {
                  type: "customPalette",
                  interpolationMode: "interpolateRGB",
                  palette: [
                      "#3300CC", 
                      "#4775FF"
                  ]
              }
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].colorScale;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          name: "sampleSeries",
          colorScale: {
              type: "customPalette",
              interpolationMode: "interpolateRGB",
              palette: [
                  "#3300CC", 
                  "#4775FF"
              ]
          }
      }]);
                
    • databaseSource

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      文字列、データベース ソース URI

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              name: "sampleSeries",
              type: "geographicShape",
              databaseSource: "ShapeData.dbf"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].databaseSource;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          name: "sampleSeries",
          databaseSource: "ShapeData.dbf"
      }]);
                
    • dataSource

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      $.ig.DataSource が受け入れる有効なデータ ソースまたは $.ig.DataSource 自体のインスタンスが可能です。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              dataSource: data
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].dataSource;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          dataSource: data
      }]);
                
    • dataSourceType

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      データ ソースのタイプ ("json" など) を明示的に設定します。$.ig.DataSource とそのタイプ プロパティのドキュメントを参照してください。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              dataSourceType: "array"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].dataSourceType;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          dataSourceType: "array"
      }]);
                
    • dataSourceUrl

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      $.ig.DataSource からデータを要求するには、$.ig.DataSource により承諾されたリモート URL を指定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              dataSourceUrl: "http://www.example.com/map-data"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].dataSourceUrl;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          dataSourceUrl: "http://www.example.com/map-data"
      }]);
                
    • discreteLegendItemTemplate

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      DiscreteLegendItemTemplate プロパティを取得または設定します。
      凡例項目コントロール コンテンツは、DiscreteLegendItemTemplate に従って、シリーズ オブジェクト自身によって
      オンデマンドで作成されます。
      提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              discreteLegendItemTemplate: {
                      measure: function(measureInfo) {
                          measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                          measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                          measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                          measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                          measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
                      },
                      render: function (renderInfo) {
                          renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                          renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                          renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                          renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                          renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                          renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                          renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
                      }
                  }
          }]
      });
                
    • fillMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      FillScale を使用するブラシに変換される数値を含む、データ ソース項目のプロパティ名。

      コード サンプル

      //Initialization
      $(".selector").igMap({
          series: [{
              name: "sampleSeries",
              type: "geographicContourLine",
              fillMemberPath: "Temperature"
          }]
      });
       
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].fillMemberPath;
       
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          name: "series1",
          fillMemberPath: "Temperature"
      }]);
                
    • fillScale

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      FillMemberPath にある値に基づいて各 Shape のブラシを決定するときに使用する ValueBrushScale。

      コード サンプル

      //Initialization
      $(".selector").igMap({
          series: [{
              name: "sampleSeries",
              type: "geographicContourLine",
              fillScale: {
                      type: "value",
                      brushes: ["#3300CC", "#4775FF", "#0099CC", "#00CC99", "#33CC00", "#99CC00", "#CC9900", "#FFC20A", "#CC3300"]
                  }
          }]
      });
       
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].fillScale;
       
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          name: "series1",
          fillScale: {
                  type: "value",
                  brushes: ["#3300CC", "#4775FF", "#0099CC", "#00CC99", "#33CC00", "#99CC00", "#CC9900", "#FFC20A", "#CC3300"]
              }
      }]);
                
    • heatMaximum

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      50

      最高熱色にマップする値を取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              heatMaximum: 100
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].heatMaximum;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          heatMaximum: 100
      }]);
                
    • heatMinimum

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      0

      最低熱色にマップする密度値を取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              heatMinimum: 5
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].heatMinimum;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          heatMinimum: 5
      }]);
                
    • highMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      現在のシリーズ オブジェクトの値マッピング プロパティを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              highMemberPath: "High"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].highMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          highMemberPath: "High"
      }]);
                
    • ignoreFirst

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      0

      インジケータの開始を非表示にするための値の数を取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              ignoreFirst: 5
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].ignoreFirst;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          ignoreFirst: 5
      }]);
                
    • labelMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      現在のシリーズ オブジェクトのラベル マッピング プロパティを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              labelMemberPath: "Name"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].labelMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          labelMemberPath: "Name"
      }]);
                
    • latitudeMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      シンボルの緯度座標を含む、データ ソース項目のプロパティ名。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              latitudeMemberPath: "Latitude"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].latitudeMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          latitudeMemberPath: "Latitude"
      }]);
                
    • legendItemBadgeTemplate

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      LegendItemBadgeTemplate プロパティを取得または設定します。
      凡例項目バッジは、LegendItemBadgeTemplate に従って、シリーズ オブジェクト自身によってオンデマンドで作成されます。
      オンデマンドで作成されます。
      提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。
      これらはユーザー指定のカスタム描画を処理するために呼び出される関数です。
      measure は以下のようなオブジェクトを渡されます:
      {
      context: [特定のテンプレートのシナリオに基づいて DOM 要素または CanvasContext2D のいずれか],
      width: [値が存在する場合、使用可能な幅を指定します。ユーザーはコンテンツのために希望の幅を設定できます],
      height: [値が存在する場合、使用可能な高さを指定します。ユーザーはコンテンツのために希望の高さを設定できます],
      isConstant: [希望の幅と高さが常にこのテンプレートに対して同じである場合には、ユーザーは True に設定する必要があります],
      data: [存在する場合、このテンプレートのコンテキストでを表します]
      }
      render は以下のようなオブジェクトを渡されます:
      {
      context: [特定のテンプレートのシナリオに基づいて DOM 要素または CanvasContext2D のいずれか],
      xPosition: [存在する場合、コンテンツを描画する x 位置を指定します],
      yPosition: [存在する場合、コンテンツを描画する y 位置を指定します],
      availableWidth: [存在する場合、コンテンツを描画する使用可能な幅を指定します],
      availableHeight: [存在する場合、コンテンツを描画する使用可能な高さを指定します],
      data: [存在する場合、このコンテキストのためにコンテキストにあるデータを指定します],
      isHitTestRender: [true の場合、これがヒットテストのために特別な描画パスであることを指定します。この場合データからのブラシを使用する必要があります]
      }。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              legendItemBadgeTemplate: {
                  measure: function(measureInfo) {
                      measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                      measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                      measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                      measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                      measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
                  },
                  render: function (renderInfo) {
                      renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                      renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                      renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                      renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                      renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                      renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                      renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
                  }
              }
          }]
      });
                
    • legendItemTemplate

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      LegendItemTemplate プロパティを取得または設定します。
      凡例項目コントロール コンテンツは、LegendItemTemplate に従って、シリーズ オブジェクト自身によってオンデマンドで作成されます。
      オンデマンドで作成されます。
      提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              legendItemTemplate: {
                  measure: function(measureInfo) {
                      measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                      measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                      measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                      measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                      measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
                  },
                  render: function (renderInfo) {
                      renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                      renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                      renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                      renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                      renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                      renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                      renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
                  }
              }
          }]
      });
                
    • longitudeMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      シンボルの経度座標を含む、データ ソース項目のプロパティ名。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              longitudeMemberPath: "Longitude"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].longitudeMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          longitudeMemberPath: "Longitude"
      }]);
                
    • longPeriod

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      0

      現在の AbsoluteVolumeOscillatorIndicator オブジェクトの短い移動平均期間を取得または設定します。
      長い AVO 期間の一般的な値かつ初期値は 30 です。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              longPeriod: 50
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].longPeriod;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          longPeriod: 50
      }]);
                
    • lowMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      現在のシリーズ オブジェクトの値マッピング プロパティを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              lowMemberPath: "Low"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].lowMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          lowMemberPath: "Low"
      }]);
                
    • markerBrush

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      現在の系列オブジェクトのマーカーの内部をペイントする方法を指定するブラシを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              markerBrush: "blue"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].markerBrush;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          markerBrush: "blue"
      }]);
                
    • markerCollisionAvoidance

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      none

      MarkerCollisionAvoidance を取得または設定します。

      メンバー

      • none
      • タイプ:string
      • 競合回避がありません。
      • omit
      • タイプ:string
      • 競合するマーカーを表示しません。
      • fade
      • タイプ:string
      • 競合するマーカーの不透明度をフォードします。
      • omitAndShift
      • タイプ:string
      • 競合するマーカーを移動するか、表示しません。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              markerCollisionAvoidance: "fadeAndShift"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].markerCollisionAvoidance;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          markerCollisionAvoidance: "fadeAndShift"
      }]);
                
    • markerOutline

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      現在のシリーズ オブジェクトのマーカーのアウトラインを塗りつぶす方法を指定するブラシを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              markerOutline: "black"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].markerOutline;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          markerOutline: "black"
      }]);
                
    • markerTemplate

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      現在のシリーズ オブジェクトの MarkerTemplate を取得または設定します。
      提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。
      これらはユーザー指定のカスタム描画を処理するために呼び出される関数です。
      measure は以下のようなオブジェクトを渡されます:
      {
      context: [特定のテンプレートのシナリオに基づいて DOM 要素または CanvasContext2D のいずれか],
      width: [値が存在する場合、使用可能な幅を指定します。ユーザーはコンテンツのために希望の幅を設定できます],
      height: [値が存在する場合、使用可能な高さを指定します。ユーザーはコンテンツのために希望の高さを設定できます],
      isConstant: [希望の幅と高さが常にこのテンプレートに対して同じである場合には、ユーザーは True に設定する必要があります],
      data: [存在する場合、このテンプレートのコンテキストでを表します]
      }
      render は以下のようなオブジェクトを渡されます:
      {
      context: [特定のテンプレートのシナリオに基づいて DOM 要素または CanvasContext2D のいずれか],
      xPosition: [存在する場合、コンテンツを描画する x 位置を指定します],
      yPosition: [存在する場合、コンテンツを描画する y 位置を指定します],
      availableWidth: [存在する場合、コンテンツを描画する使用可能な幅を指定します],
      availableHeight: [存在する場合、コンテンツを描画する使用可能な高さを指定します],
      data: [存在する場合、このコンテキストのためにコンテキストにあるデータを指定します],
      isHitTestRender: [true の場合、これがヒットテストのために特別な描画パスであることを指定します。この場合データからのブラシを使用する必要があります]
      }。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              markerTemplate: {
                  measure: function(measureInfo) {
                      measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                      measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                      measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                      measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                      measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
                  },
                  render: function (renderInfo) {
                      renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                      renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                      renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                      renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                      renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                      renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                      renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
                  }
              }
          }]
      });
                
    • markerType

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      none

      現在のシリーズ オブジェクトにマーカー タイプを取得または設定します。MarkerTemplate プロパティが設定された場合、MarkerType プロパティの設定は無視されます。

      メンバー

      • unset
      • タイプ:string
      • none
      • タイプ:string
      • automatic
      • タイプ:string
      • circle
      • タイプ:string
      • triangle
      • タイプ:string
      • pyramid
      • タイプ:string
      • square
      • タイプ:string
      • diamond
      • タイプ:string
      • pentagon
      • タイプ:string
      • hexagon
      • タイプ:string
      • tetragram
      • タイプ:string
      • pentagram
      • タイプ:string
      • hexagram
      • タイプ:string

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              markerType: "square"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].markerType;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          markerType: "square"
      }]);
                
    • maximumMarkers

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      400

      現在の系列によって表示される markerItems の最大数を取得または設定します。
      指定した数を超える markerItems が表示されている場合、シリーズは代表的なセットを
      自動的に選択します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              maximumMarkers: 150
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].maximumMarkers;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          maximumMarkers: 150
      }]);
                
    • mouseOverEnabled

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      マップがマウス移動イベントに反応するかどうかを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              mouseOverEnabled: true
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].mouseOverEnabled;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          mouseOverEnabled: true
      }]);
                
    • name

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      シリーズの一意の識別子。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              name: "seriesName"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].name;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          name: "seriesName"
      }]);
                
    • negativeBrush

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      系列の負の領域を描画するブラシを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              negativeBrush: "red"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].negativeBrush;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          negativeBrush: "red"
      }]);
      
                
    • openMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      現在のシリーズ オブジェクトの値マッピング プロパティを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              openMemberPath: "Open"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].openMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          openMemberPath: "Open"
      }]);
                
    • outline

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      シリーズのアウトラインを描画するブラシを取得または設定します。
      LineSeries など、一部の Series タイプでは、輪郭が表示されません。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              outline: "black"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].outline;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          outline: "black"
      }]);
      
                
    • period

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      0

      現在の AverageDirectionalIndexIndicator オブジェクトの移動平均期間を取得または設定します。
      AverageDirectionalIndexIndicator 期間の一般的な値かつ初期値は 14 です。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              period: 45
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].period;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          period: 45
      }]);
                
    • progressiveLoad

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      true

      マップへデータを徐々に読み込むかどうかを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              progressiveLoad: false
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].progressiveLoad;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          progressiveLoad: false
      }]);
                
    • radiusMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      現在の系列オブジェクトの半径マッピング プロパティを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              radiusMemberPath: "Sales"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].radiusMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          radiusMemberPath: "Sales"
      }]);
                
    • radiusScale

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      バブルの半径サイズ スケールを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              radiusScale: {
                  minimumValue: 5,
                  maximumValue: 25
              }
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].radiusScale;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          radiusScale: {
              minimumValue: 5,
              maximumValue: 25
          }
      }]);
      
                
    • remove

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      マップから依存のシリーズを名前によって削除するには、true に設定します。

      コード サンプル

      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "series1",
          remove: true
      }]);
                
    • resolution

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      1

      現在のシリーズ オブジェクトのレンダリング解像度を取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              resolution: 300
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].resolution;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          resolution: true
      }]);
                
    • responseDataKey

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      $.ig.DataSource を参照してください。応答がラップされる場合に、データ レコードが保持されるプロパティの名前を指定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              responseDataKey: "Results"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].responseDataKey;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          responseDataKey: "Results"
      }]);
                
    • shapeDataSource

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      三通貨換算されたファイル ソース URI または $.ig.ShapeDataSource のインスタンス。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              shapeDataSource: "ShapeData.shp"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].shapeDataSource;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          shapeDataSource: "ShapeData.shp"
      }]);
      
                
    • shapeFilterResolution

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      2

      シリーズの図形をフィルターする解像度を取得または設定します。
      たとえば、shapeFilterResolution を 3 に設定すると、 3 X 3 ピクセルより小さい境界四角形の要素がフィルターされます。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              shapeFilterResolution: 50
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].shapeFilterResolution;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          shapeFilterResolution: 50
      }]);
                
    • shapeMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      各形状に対して、多角形に変換されるポイントのリストを含むデータ ソース項目のプロパティ名。
      シェイプ ファイルに関する詳細説明に一致するように、ポイントの各リストを Point の IEnumerable の IEnumerable、言い換えれば、ポイント リストのリストとして定義します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              shapeMemberPath: "points"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].shapeMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          shapeMemberPath: "points"
      }]);
                
    • shapeStyle

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      系列のすべての図形に適用するデフォルト スタイル。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              shapeStyle: {
                  fill: "blue",
                  stroke: "black"
              }
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].shapeStyle;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          name: "seriesName",
          shapeStyle: {
              fill: "blue",
              stroke: "black"
          }
      }]);
                
    • shapeStyleSelector

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      各図形のスタイルを選択するために使用される StyleSelector。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              shapeStyleSelector: {
      			selectStyle = function (shapeData, o) {
                      var shapeID = shapeData.fields.item("ID");
      				return {
      					fill: "blue",
      					stroke: "black"
      				};
                  }
      		}
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].shapeStyleSelector;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          shapeStyleSelector: {
      		selectStyle = function (shapeData, o) {
      			var shapeID = shapeData.fields.item("ID");
      			return {
      				fill: "blue",
      				stroke: "black"
      			};
      		}
      	}
      }]);
                
    • shortPeriod

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      0

      現在の AbsoluteVolumeOscillatorIndicator オブジェクトの短い移動平均期間を取得または設定します。
      短い AVO 期間の一般的な値かつ初期値は 10 です。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              shortPeriod: 15
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].shortPeriod;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          shortPeriod: 15
      }]);
                
    • showTooltip

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      マップがツールチップを描画するかどうか。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              showTooltip: true
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].showTooltip;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          showTooltip: true
      }]);
                
    • splineType

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      natural

      描画されるスプラインのタイプを取得または設定します。

      メンバー

      • natural
      • タイプ:string
      • 自然スプライン計算数式を使用することによってスプラインを計算します。
      • clamped
      • タイプ:string
      • 固定スプライン計算数式を使用することによってスプラインを計算します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              splineType: "clamped"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].splineType;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          splineType: "clamped"
      }]);
                
    • stiffness

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      0.5

      Stiffness プロパティを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              stiffness: 0.8
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].stiffness;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          stiffness: 0.8
      }]);
                
    • thickness

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      0

      現在のシリーズ オブジェクトの線の太さの幅を取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              thickness: 2
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].thickness;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          thickness: 2
      }]);
                
    • title

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      Title プロパティを取得または設定します。
      凡例項目コントロールは、Title に従って、シリーズ オブジェクト自身によってオンデマンドで作成されます。
      オンデマンドで作成されます。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              title: "Sales"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].title;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          title: "Sales"
      }]);
                
    • transitionDuration

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      0

      現在の系列のモーフィングの期間を取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              transitionDuration: 500
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].transitionDuration;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          transitionDuration: 500
      }]);
                
    • trendLineBrush

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      トレンドラインを描画するブラシを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              trendLineBrush: "green"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].trendLineBrush;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          trendLineBrush: "green"
      }]);
                
    • trendLinePeriod

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      7

      現在の散布シリーズ オブジェクトの移動平均期間を取得または設定します。
      トレンド折れ線の範囲の標準/初期値は 7 です。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              trendLinePeriod: 20
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].trendLinePeriod;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          trendLinePeriod: 20
      }]);
                
    • trendLineThickness

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      1.5

      現在の散布シリーズ オブジェクトのトレンド ラインの太さを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              trendLineThickness: 3
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].trendLineThickness;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          trendLineThickness: 3
      }]);
                
    • trendLineType

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      none

      現在の散布シリーズのトレンド タイプを取得または設定します。

      メンバー

      • none
      • タイプ:string
      • トレンド折れ線を表示しません。
      • linearFit
      • タイプ:string
      • リニア フィット。
      • quadraticFit
      • タイプ:string
      • 二次多項式フィット。
      • cubicFit
      • タイプ:string
      • 三次多項式フィット。
      • quarticFit
      • タイプ:string
      • 四次多項式フィット。
      • quinticFit
      • タイプ:string
      • 五次多項式フィット。
      • logarithmicFit
      • タイプ:string
      • 対数フィット。
      • exponentialFit
      • タイプ:string
      • 指数フィット。
      • powerLawFit
      • タイプ:string
      • べき乗フィット。
      • simpleAverage
      • タイプ:string
      • 単純移動平均。
      • exponentialAverage
      • タイプ:string
      • 指数移動平均。
      • modifiedAverage
      • タイプ:string
      • 変更された移動平均。
      • cumulativeAverage
      • タイプ:string
      • 累積移動平均。
      • weightedAverage
      • タイプ:string
      • 加重移動平均。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              trendLineType: "logarithmicFit"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].trendLineType;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          trendLineType: "logarithmicFit"
      }]);
                
    • trendLineZIndex

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      1001

      近似曲線の z インデックスを取得または設定します。1000 より大きい値を指定すると、トレンド折れ線が系列データの前に描画されます。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              trendLineZIndex: 500
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].trendLineZIndex;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          trendLineZIndex: 500
      }]);
                
    • trianglesSource

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      三角形分割データのソース。
      このプロパティはオプションです。これが null として残された場合、三角形分割はデータ ソースの項目に基づいて作成されます。三角形分割は要求の厳しい操作であるため、特に多数のデータ項目が存在する場合に TriangulationSource を指定するとランタイムの実行が改善されます。

      コード サンプル

      var data = [
          { longitude: 0, latitude: 0, value: 1 },
          { longitude: 50, latitude: 0, value: 2 },
          { longitude: 50, latitude: 50, value: 3 },
          { longitude: 0, latitude: 50, value: 1 }
      ];
      
      // Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              name: "series1",
              type: "geographicScatterArea",
              latitudeMemberPath: "latitude",
              longitudeMemberPath: "longitude",
              colorMemberPath: "value",
              colorScale: {
                  minimumValue: 1,
                  interpolationMode: "select",
                  palette: ["darkgreen", "green", 'limegreen', 'lightgreen']
              },
              trianglesSource: data
          }]
      });
      
      // Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].trianglesSource;
      
      // Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
          name: "series1",
          type: "geographicScatterArea",
          latitudeMemberPath: "latitude",
          longitudeMemberPath: "longitude",
          colorMemberPath: "value",
          colorScale: {
              minimumValue: 1,
              interpolationMode: "select",
              palette: ["darkgreen", "green", 'limegreen', 'lightgreen']
          },
          trianglesSource: data
      }]);
                
    • triangleVertexMemberPath1

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      各三角形に対してデータ ソースの最初の頂点のインデックスを含む、TrianglesSource 項目のプロパティ名。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              triangleVertexMemberPath1: "v1"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].triangleVertexMemberPath1;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          triangleVertexMemberPath1: "v1"
      }]);
                
    • triangleVertexMemberPath2

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      各三角形に対してデータ ソースの 2 番目の頂点のインデックスを含む、TrianglesSource 項目のプロパティ名。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              triangleVertexMemberPath2: "v2"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].triangleVertexMemberPath2;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          triangleVertexMemberPath2: "v2"
      }]);
                
    • triangleVertexMemberPath3

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      各三角形に対してデータ ソースの 3 番目の頂点のインデックスを含む、TrianglesSource 項目のプロパティ名。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              triangleVertexMemberPath3: "v3"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].triangleVertexMemberPath3;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          triangleVertexMemberPath3: "v3"
      }]);
                
    • triangulationDataSource

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      三通貨換算されたファイル ソース URI または $.ig.TriangulationDataSource のインスタンス。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              triangulationDataSource: "Triangulation.itf"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].triangulationDataSource;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          triangulationDataSource: "Triangulation.itf"
      }]);
                
    • type

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      null

      シリーズのタイプ。

      メンバー

      • geographicSymbolSeries
      • タイプ:string
      • 地理的シンボル シリーズとしてシリーズを指定します。
      • geographicPolyLine
      • タイプ:string
      • 地理的ポリライン シリーズとしてシリーズを指定します。
      • geographicScatterArea
      • タイプ:string
      • 地理的スキャッター エリア シリーズとしてシリーズを指定します。
      • geographicShape
      • タイプ:string
      • 地理的図形シリーズとしてシリーズを指定します。
      • geographicContourLine
      • タイプ:string
      • 地理的等高線シリーズとしてシリーズを指定します。
      • geographicHighDensityScatter
      • タイプ:string
      • 地理的高密度散布シリーズとしてシリーズを指定します。
      • geographicProportionalSymbol
      • タイプ:string
      • 地理的比例記号シリーズとしてシリーズを指定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              type: "geographicPolyLine"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].type;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          type: "geographicPolyLine"
      }]);
                
    • unknownValuePlotting

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      dontPlot

      不明な値をマップでプロットする方法を決定します。null および Double.NaN は不明な値の例です。

      メンバー

      • linearInterpolate
      • タイプ:string
      • 線形補間を使用すると、不明な値を囲む定義した値の中にプロットします。
      • dontPlot
      • タイプ:string
      • 不明な値はマップにプロットしません。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              unknownValuePlotting: "linearInterpolate"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].unknownValuePlotting;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          unknownValuePlotting: "linearInterpolate"
      }]);
                
    • useBruteForce

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      ブルート フォース モードを使用するかどうかを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              useBruteForce: true
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].useBruteForce;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          useBruteForce: true
      }]);
                
    • useCartesianInterpolation

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      true

      Archimedian の代わりにデカルト補間を使用するかどうかを取得または設定します
      スパイラル ベース補間。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              useCartesianInterpolation: false
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].useCartesianInterpolation;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          useCartesianInterpolation: false
      }]);
                
    • useSquareCutoffStyle

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      描画トラバーサルを中止する際に、結合領域の図形の代わりに四角を使用するかどうかを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              useSquareCutoffStyle: true
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].useSquareCutoffStyle;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          useSquareCutoffStyle: true
      }]);
                
    • valueMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      現在のシリーズの値を提供する項目パスを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              valueMemberPath: "Population"
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].valueMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          valueMemberPath: "Population"
      }]);
                
    • valueResolver

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      等高線の数値を決定するために使用される ContourValueResolver を取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: {
              valueResolver: {
                  type: "linear",
                  valueCount: 300
              }
          }
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series.valueResolver;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", {
          valueResolver: {
                  type: "linear",
                  valueCount: 300
              }
      });
                
    • visibleFromScale

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      0

      このシリーズが表示される最小スケール。
      このプロパティのデフォルト値は 1.0 で、シリーズが常に表示されることを示します。VisibleFromScale の設定が 0.0 の場合、シリーズは決して表示されません。VisibleFromScale の設定が 0.5 の場合、マップが少なくとも 200% まで拡大表示されている限りシリーズは表示されます。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              visibleFromScale: 0.5
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].visibleFromScale;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          visibleFromScale: 0.5
      }]);
                
    • volumeMemberPath

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      現在のシリーズ オブジェクトの出来高マッピング プロパティを取得または設定します。

      コード サンプル

      //Initialization
      $("#map").igMap({
          series: [{
              volumeMemberPath: Sales
          }]
      });
      
      //Get
      var series = $(".selector").igMap("option", "series");
      series[0].volumeMemberPath;
      
      //Set
      $(".selector").igMap("option", "series", [{
      	name: "seriesName",
          volumeMemberPath: Sales
      }]);
                
  • squareMarkerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    マップに四角マーカーを使用するためのテンプレートを取得または設定します。
    マーカー タイプが
    square のシリーズで使用されるマーカー テンプレートを定義します。
    提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        squareMarkerTemplate: {
            measure: function(measureInfo) {
                measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
            },
            render: function (renderInfo) {
                renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
            }
        }
    });
          
  • tetragramMarkerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    マップに星形四角形マーカーを使用するためのテンプレートを取得または設定します。
    マーカー タイプが
    tetragram のシリーズで使用されるマーカー テンプレートを定義します。
    提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        tetragramMarkerTemplate: {
            measure: function(measureInfo) {
                measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
            },
            render: function (renderInfo) {
                renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
            }
        }
    });
          
  • theme

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "c"

    このウィジェットをスタイルするために使用される見本。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        theme: "metro"
    });
     
    //Get
    var theme = $(".selector").igMap("option", "theme");
          
  • triangleMarkerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    マップに三角形マーカーを使用するためのテンプレートを取得または設定します。
    マーカー タイプが
    triangle のシリーズで使用されるマーカー テンプレートを定義します。
    提供されるオブジェクトには、描画とオプションでメジャーと呼ばれるプロパティがあります。option: legendItemBadgeTemplate の定義を参照してください。

    コード サンプル

    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        triangleMarkerTemplate: {
            measure: function(measureInfo) {
                measureInfo.context;    // either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                measureInfo.width;      // if value is present, specifies the available width, user may set to desired width for content
                measureInfo.height;     // if value is present, specifies the available height, user may set to desired height for content
                measureInfo.isConstant; // user should set to true if desired with and height will always be the same for this template
                measureInfo.data;       // if present, represents the contextual data for this template]
            },
            render: function (renderInfo) {
                renderInfo.context;            //    either a DOM element or a CanvasContext2D depending on the particular template scenario
                renderInfo.xPosition;          //    if present, specifies the x position at which to render the content
                renderInfo.yPosition;          //    if present, specifies the y position at which to render the content
                renderInfo.availableWidth;     //    if present, specifies the available width in which to render the content
                renderInfo.availableHeight;    //    if present, specifies the available height in which to render the content
                renderInfo.data;               //    if present, specifies the data that is in context for this content
                renderInfo.isHitTestRender;    //    if true, indicates that this is a special render pass for hit testing, in which case the brushes from the data should be used
            }
        }
    });
          
  • useTiledZooming

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    シリーズ ビューアーがデフォルト ライブ コンテンツではなくキャッシュ タイルを使用するどうかを設定します。

    コード サンプル

     
    //Initialize
    $(".selector").igMap({
        useTiledZooming: true
    });
     
    //Get
    var useTiledZooming = $(".selector").igMap("option", "useTiledZooming");
    
    //Set
    $(".selector").igMap("option", "useTiledZooming", true);
          
  • width

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    マップの幅。ピクセル、文字列 (px)、またはパーセンテージ (%) で数字として設定できます。

    メンバー

      • string
      • ウィジェットの幅をピクセル (px) またはパーセンテージ (%) に設定できます。
      • number
      • ウィジェット幅は数値として設定できます。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        width: 250
    });
     
    //  Get
    var width = $(".selector").igMap("option", "width");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "width", 250);
          
  • windowPositionHorizontal

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    水平スクロールの位置を決定する 0 ~ 1 の数。
    このプロパティは WindowRect プロパティの X 位置へのショートカットと同じです。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        windowPositionHorizontal: 0.25
    });
     
    //  Get
    var windowPositionHorizontal = $(".selector").igMap("option", "windowPositionHorizontal");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "windowPositionHorizontal", 0.25);
          
  • windowPositionVertical

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    垂直スクロールの位置を決定する 0 ~ 1 の数。
    このプロパティは WindowRect プロパティの Y 位置へのショートカットと同じです。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        windowPositionVertical: 0.25
    });
     
    //  Get
    var windowPositionVertical = $(".selector").igMap("option", "windowPositionVertical");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "windowPositionVertical", 0.25);
          
  • windowRect

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    現在表示されているマップ部分を表す矩形。
    X = 0、Y = 0、Height および Width が 1 に設定される矩形の場合、プロット可能な領域はすべて表示されていることを意味します。Height および Width は .5 に設定される場合、表示は半分ズームしています。
    提供されたオブジェクトは、left、top、width および height と呼ばれる数値プロパティを持っている必要があります。

    コード サンプル

    //    Initialization
    $(".selector").igMap({
      windowRect: 
          {
              left: 0,
              top: 0,
              width: 0.5,
              height: 0.5
          }
    });
       
    //    Get
    var windowRect = $(".selector").igMap("option", "windowRect");
       
    //    Set
    $(".selector").igMap("option", "windowRect", 
      {
        left: 0,
        top: 0,
        width: 0.5,
        height: 0.5
    });
          
  • windowRectMinWidth

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    ウィンドウ矩形が固定される前に到達できる最低幅を設定または取得します。
    ビューアーにさらにズームできるようにする場合はこの値を減らします。
    この値が低すぎると、浮動小数点演算が正確でなくなるため、グラフィックが破損する場合があります。

    コード サンプル

    // Initialization
    $(".selector").igMap({
        windowRectMinWidth: 0.5
    });
    
    // Get
    var windowRectMinWidth = $(".selector").igMap("option", "windowRectMinWidth");
    
    // Set
    $(".selector").igMap("option", "windowRectMinWidth", 0.5);
          
  • windowResponse

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    ユーザー パンニングおよびズーミングに応答します。ユーザー操作が発生しているときにビューを直ちに更新、あるいはユーザー操作が完了した後まで遅延するかどうか。ユーザー操作は、パンニングやズームを発生させるマウスドラッグなどの操作です。

    メンバー

    • deferred
    • タイプ:string
    • ユーザー アクションが完了してからビューの更新を開始します。
    • immediate
    • タイプ:string
    • ユーザー アクションの発生と同時にビューを更新します。

    コード サンプル

    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        windowResponse: "immediate"
    });
     
    //  Get
    var windowResponse = $(".selector").igMap("option", "windowResponse");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "windowResponse", "immediate");
          
  • windowScale

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

    現在のマップのズーム スケールを取得または設定します。

    コード サンプル

     
    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        windowScale: "0.5"
    });
     
    //  Get
    var windowScale = $(".selector").igMap("option", "windowScale");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "windowScale", "0.5");
          
  • zoomable

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    現在のマップのズーム可否を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        zoomable: "0.5"
    });
     
    //  Get
    var zoomable = $(".selector").igMap("option", "zoomable");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "zoomable", "0.5");
          
  • zoomTileCacheSize

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    30

    シリーズ ビューアーがタイル ズーム モードでキャッシュするズーム タイルの最大数を設定します。

    コード サンプル

     
    //  Initialization
    $(".selector").igMap({
        zoomTileCacheSize: "15"
    });
     
    //  Get
    var zoomTileCacheSize = $(".selector").igMap("option", "zoomTileCacheSize");
     
    //  Set
    $(".selector").igMap("option", "zoomTileCacheSize", "15");
          

Ignite UI コントロール イベントの詳細については、
Ignite UI でイベントを使用するを参照してください。

注: API メソッドの呼び出しは、API ヘルプに特に記述がない限り、操作に関連するイベントはプログラムによって発生されません。これらのイベントは各ユーザー操作によってのみ呼び出されます。

詳細の表示
  • browserNotSupported

    キャンセル可能:
    false

    HTML5 非互換のブラウザでコントロールを表示したときに発生するイベント。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmapbrowsernotsupported", function (evt, ui) {
             
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        browserNotSupported: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • gridAreaRectChanged

    キャンセル可能:
    false

    現在の Map のグリッド領域の矩形が変わった直後に発生します。
    マップをサイズ変更すると、グリッドの領域を変更する可能性があります。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    新しい高さ値を取得するには ui.newHeight を使用します。
    新しい左値を取得するには ui.newLeft を使用します。
    新しい上値を取得するには ui.newTop を使用します。
    新しい幅値を取得するには ui.newWidth を使用します。
    以前の高さ値を取得するには ui.oldHeight を使用します。
    以前の左値を取得するには ui.oldLeft を使用します。
    以前の上値を取得するには ui.oldTop を使用します。
    以前の幅値を取得するには ui.oldWidth を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmapgridarearectchanged", function (evt, ui) {
        // Get reference to map object.    
        ui.map;
         
        // Get new height value.
        ui.newHeight;
         
        // Get new left value.
        ui.newLeft;
         
        // Get new top value.
        ui.newTop;
         
        // Get new top value.
        ui.newWidth;
         
        // Get old height value.
        ui.oldHeight;
         
        // Get old left value.
        ui.oldLeft;
         
        // Get old top value.
        ui.oldTop;
         
        // Get old top value.
        ui.oldWidth;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        gridAreaRectChanged: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • refreshCompleted

    キャンセル可能:
    false

    マップの更新処理が完了すると発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmaprefreshcompleted", function (evt, ui) {
        // Get reference to map object.    
        ui.map;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        refreshCompleted: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • seriesCursorMouseMove

    キャンセル可能:
    false

    カーソルがこのマップのシリーズの上に移動したときに発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    現在のシリーズ項目オブジェクトへの参照を取得するには ui.item を使用します。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。
    マウス X 位置を取得するには ui.positionX を使用します。
    マウス Y 位置を取得するには ui.positionY を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmapseriescursormousemove", function (evt, ui) {
        // Get reference to current series item object.
        ui.item;
         
        // Get reference to chart object.
        ui.map;
         
        // Get reference to current series object.
        ui.series;
         
        // Get item brush.
        ui.actualItemBrush;
         
        // Get series brush. 
        ui.actualSeriesBrush;
         
        // Get mouse X position.
        ui.positionX;
         
        // Get mouse Y position.
        ui.positionY;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        seriesCursorMouseMove: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • seriesMouseEnter

    キャンセル可能:
    false

    マウス ポインターがこのマップの要素に入ったときに発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    現在のシリーズ項目オブジェクトへの参照を取得するには ui.item を使用します。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。
    マウス X 位置を取得するには ui.positionX を使用します。
    マウス Y 位置を取得するには ui.positionY を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmapseriesmouseenter", function (evt, ui) {
        // Get reference to current series item object.
        ui.item;
         
        // Get reference to map object.
        ui.map;
         
        // Get reference to current series object.
        ui.series;
         
        // Get item brush.
        ui.actualItemBrush;
         
        // Get series brush. 
        ui.actualSeriesBrush;
         
        // Get mouse X position.
        ui.positionX;
         
        // Get mouse Y position.
        ui.positionY;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        seriesMouseEnter: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • seriesMouseLeave

    キャンセル可能:
    false

    マウス ポインターがこのマップの要素から離れたときに発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    現在のシリーズ項目オブジェクトへの参照を取得するには ui.item を使用します。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。
    マウス X 位置を取得するには ui.positionX を使用します。
    マウス Y 位置を取得するには ui.positionY を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmapseriesmouseleave", function (evt, ui) {
        // Get reference to current series item object.
        ui.item;
         
        // Get reference to map object.
        ui.map;
         
        // Get reference to current series object.
        ui.series;
         
        // Get item brush.
        ui.actualItemBrush;
         
        // Get series brush. 
        ui.actualSeriesBrush;
         
        // Get mouse X position.
        ui.positionX;
         
        // Get mouse Y position.
        ui.positionY;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        seriesMouseLeave: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • seriesMouseLeftButtonDown

    キャンセル可能:
    false

    マウス ポインターがこのマップの要素の上にある間に左のマウス ボタンが押されると発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    現在のシリーズ項目オブジェクトへの参照を取得するには ui.item を使用します。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。
    マウス X 位置を取得するには ui.positionX を使用します。
    マウス Y 位置を取得するには ui.positionY を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmapseriesmouseleftbuttondown", function (evt, ui) {
        // Get reference to current series item object.
        ui.item;
         
        // Get reference to map object.
        ui.map;
         
        // Get reference to current series object.
        ui.series;
         
        // Get item brush.
        ui.actualItemBrush;
         
        // Get series brush. 
        ui.actualSeriesBrush;
         
        // Get mouse X position.
        ui.positionX;
         
        // Get mouse Y position.
        ui.positionY;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        seriesMouseLeftButtonDown: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • seriesMouseLeftButtonUp

    キャンセル可能:
    false

    マウス ポインターがこのマップの要素の上にある間に左のマウス ボタンが離されたと発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    現在のシリーズ項目オブジェクトへの参照を取得するには ui.item を使用します。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。
    マウス X 位置を取得するには ui.positionX を使用します。
    マウス Y 位置を取得するには ui.positionY を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmapseriesmouseleftbuttonup", function (evt, ui) {
        // Get reference to current series item object.
        ui.item;
         
        // Get reference to map object.
        ui.map;
         
        // Get reference to current series object.
        ui.series;
         
        // Get item brush.
        ui.actualItemBrush;
         
        // Get series brush. 
        ui.actualSeriesBrush;
         
        // Get mouse X position.
        ui.positionX;
         
        // Get mouse Y position.
        ui.positionY;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        seriesMouseLeftButtonUp: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • seriesMouseMove

    キャンセル可能:
    false

    マウスのポインターがこのマップの要素の上にある間にマウス ポインターが移動すると発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    現在のシリーズ項目オブジェクトへの参照を取得するには ui.item を使用します。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。
    マウス X 位置を取得するには ui.positionX を使用します。
    マウス Y 位置を取得するには ui.positionY を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmapseriesmousemove", function (evt, ui) {
        // Get reference to current series item object.
        ui.item;
         
        // Get reference to map object.
        ui.map;
         
        // Get reference to current series object.
        ui.series;
         
        // Get item brush.
        ui.actualItemBrush;
         
        // Get series brush. 
        ui.actualSeriesBrush;
         
        // Get mouse X position.
        ui.positionX;
         
        // Get mouse Y position.
        ui.positionY;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        seriesMouseMove: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • tooltipHidden

    キャンセル可能:
    false

    ツールチップが非表示になった後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ツールチップの DOM 要素への参照を取得するには ui.element を使用します。
    現在のシリーズ項目オブジェクトへの参照を取得するには ui.item を使用します。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmaptooltiphidden", function (evt, ui) {
        // Get reference to tooltip DOM element.
        ui.element;
         
        // Get reference to current series item object.
        ui.item;
         
        // Get reference to map object.
        ui.map;
         
        // Get reference to current series object.
        ui.series;
         
        // Get item brush.
        ui.actualItemBrush;
         
        // Get series brush. 
        ui.actualSeriesBrush;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        tooltipHidden: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • tooltipHiding

    キャンセル可能:
    true

    マウスが系列から離れ、ツールチップが非表示になりそうなときに発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ツールチップの DOM 要素への参照を取得するには ui.element を使用します。
    現在のシリーズ項目オブジェクトへの参照を取得するには ui.item を使用します。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmaptooltiphiding", function (evt, ui) {
        // Get reference to tooltip DOM element.
        ui.element;
         
        // Get reference to current series item object.
        ui.item;
         
        // Get reference to map object.
        ui.map;
         
        // Get reference to current series object.
        ui.series;
         
        // Get item brush.
        ui.actualItemBrush;
         
        // Get series brush. 
        ui.actualSeriesBrush;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        tooltipHiding: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • tooltipShowing

    キャンセル可能:
    true

    マウスがシリーズにホバーされ、ツールチップが表示されるときに発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ツールチップの DOM 要素への参照を取得するには ui.element を使用します。
    現在のシリーズ項目オブジェクトへの参照を取得するには ui.item を使用します。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmaptooltipshowing", function (evt, ui) {
        // Get reference to tooltip DOM element.
        ui.element;
         
        // Get reference to current series item object.
        ui.item;
         
        // Get reference to chart object.
        ui.map;
         
        // Get reference to current series object.
        ui.series;
         
        // Get item brush.
        ui.actualItemBrush;
         
        // Get series brush. 
        ui.actualSeriesBrush;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        tooltipShowing: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • tooltipShown

    キャンセル可能:
    false

    ツールチップが表示された後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ツールチップの DOM 要素への参照を取得するには ui.element を使用します。
    現在のシリーズ項目オブジェクトへの参照を取得するには ui.item を使用します。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmaptooltipshown", function (evt, ui) {
        // Get reference to tooltip DOM element.
        ui.element;
         
        // Get reference to current series item object.
        ui.item;
         
        // Get reference to map object.
        ui.map;
         
        // Get reference to current series object.
        ui.series;
         
        // Get item brush.
        ui.actualItemBrush;
         
        // Get series brush. 
        ui.actualSeriesBrush;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        tooltipShown: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • triangulationStatusChanged

    キャンセル可能:
    false

    実行している Triangulation の状態が変更されたときに発生されるイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    現在のシリーズ オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    現在の状態を取得するには ui.currentStatus を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmaptriangulationstatuschanged", function (evt, ui) {
        // Get reference to chart object.    
        ui.map;
         
        // Get the current series object.
        ui.series;
         
        // Get the current triangulation status.
        ui.currentStatus;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        triangulationStatusChanged: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • windowRectChanged

    キャンセル可能:
    false

    現在の Map のウィンドウ矩形が変わった直後に発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    マップ オブジェクトへの参照を取得するには ui.map を使用します。
    新しい高さ値を取得するには ui.newHeight を使用します。
    新しい左値を取得するには ui.newLeft を使用します。
    新しい上値を取得するには ui.newTop を使用します。
    新しい幅値を取得するには ui.newWidth を使用します。
    以前の高さ値を取得するには ui.oldHeight を使用します。
    以前の左値を取得するには ui.oldLeft を使用します。
    以前の上値を取得するには ui.oldTop を使用します。
    以前の幅値を取得するには ui.oldWidth を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igmapwindowrectchanged", function (evt, ui) {
        // Get reference to chart object.    
        ui.map;
         
        // Get new height value.
        ui.newHeight;
         
        // Get new left value.
        ui.newLeft;
         
        // Get new top value.
        ui.newTop;
         
        // Get new top value.
        ui.newWidth;
         
        // Get old height value.
        ui.oldHeight;
         
        // Get old left value.
        ui.oldLeft;
         
        // Get old top value.
        ui.oldTop;
         
        // Get old top value.
        ui.oldWidth;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igMap({
        windowRectChanged: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • addItem

    .igMap( "addItem", item:object, targetName:string );

    新しい項目をデータ ソースに追加し、マップに通知します。

    • item
    • タイプ:object
    • データ ソースに追加する必要がある項目。
    • targetName
    • タイプ:string
    • データ ソースにバインドされたシリーズの名前。

    コード サンプル

    $(".selector").igMap("addItem", {"Latitude": 42.2, "Longitude": 22.5 }, "series1" );
          
  • changeGlobalLanguage
    継承

    .igMap( "changeGlobalLanguage" );

    ウィジェットの言語をグローバルの言語に変更します。グローバルの言語は $.ig.util.language の値です。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igMap("changeGlobalLanguage");
    			 
  • changeGlobalRegional
    継承

    .igMap( "changeGlobalRegional" );

    ウィジェットの地域設定をグローバルの地域設定に変更します。グローバルの地域設定は $.ig.util.regional にあります。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igMap("changeGlobalRegional");
    			 
  • changeLocale
    継承

    .igMap( "changeLocale", $container:object );

    指定したコンテナーに含まれるすべてのロケールを options.language で指定した言語に変更します。
    注: このメソッドは珍しいシナリオのみで使用されます。language または locale オプションのセッターを参照してください。

    • $container
    • タイプ:object
    • オプションのパラメーター: 設定しない場合、ウィジェットの要素を $container として使用します。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igMap("changeLocale");
    			 
  • clearTileZoomCache

    .igMap( "clearTileZoomCache" );

    新しいタイルが生成されるためにタイル ズームのタイル キャッシュをクリアします。ビューアーがタイル ズームを使用している場合のみ影響します。

    コード サンプル

     
    $(".selector").igMap("clearTileZoomCache");
     
  • destroy

    .igMap( "destroy" );

    ウィジェットを破棄します。

    コード サンプル

    $(".selector").igMap("destroy");
          
  • endTiledZoomingIfRunning

    .igMap( "endTiledZoomingIfRunning" );

    実行されている場合、タイル ズームを手動的に終了します。

    コード サンプル

     
    $(".selector").igMap("endTiledZoomingIfRunning");
     
  • exportImage

    .igMap( "exportImage", [width:object], [height:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    IMG DOM 要素を返します。

    マップを PNG 画像にエクスポートします。

    • width
    • タイプ:object
    • オプション
    • 画像の幅。
    • height
    • タイプ:object
    • オプション
    • 画像の高さ。

    コード サンプル

    var pngImage = $(".selector").igMap("exportImage", 200, 100);
          
  • exportVisualData

    .igMap( "exportVisualData" );

    ユニット テストのためにマップの視覚的なデータをエクスポートします。

    コード サンプル

    var data = $(".selector").igMap("exportVisualData");
          
  • flush

    .igMap( "flush" );

    続行する前に、マップの保留中の操作を描画します。

    コード サンプル

    $(".selector").igMap("flush");
          
  • getActualMaximumValue

    .igMap( "getActualMaximumValue", targetName:object );

    ターゲットの xAxis または yAxis の実際の最大値を取得します。

    • targetName
    • タイプ:object

    コード サンプル

    //	Get maximum value for geographic latitude
    var maxLat = $(".selector").igMap("getActualMaximumValue", "yAxis");
    
    //	Get maximum value for geographic longitude
    var maxLon = $(".selector").igMap("getActualMaximumValue", "xAxis");
          
  • getActualMinimumValue

    .igMap( "getActualMinimumValue", targetName:object );

    ターゲットの xAxis または yAxis の実際の最小値を取得します。

    • targetName
    • タイプ:object

    コード サンプル

    //	Get minimum value for geographic latitude
    var maxLat = $(".selector").igMap("getActualMinimumValue", "yAxis");
    
    //	Get minimum value for geographic longitude
    var maxLon = $(".selector").igMap("getActualMinimumValue", "xAxis");
          
  • getGeographicFromZoom

    .igMap( "getGeographicFromZoom", rect:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    ウィンドウ ズーム領域。

    コントロールの現在のプロット エリアと地理的領域を指定して、その地理的領域を含む WindowRect を取得します。

    • rect
    • タイプ:object
    • 地理的領域の四角形。

    コード サンプル

    var geographic = $(".selector").igMap("getGeographicFromZoom", {
        left: 0,
        top: 0,
        width: 0.5,
        height: 0.5
    });
          
  • getZoomFromGeographic

    .igMap( "getZoomFromGeographic", rect:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    ウィンドウ ズーム領域。

    コントロールの現在のプロット エリアと地理的領域を指定して、その地理的領域を含む WindowRect を取得します。

    • rect
    • タイプ:object
    • 地理的領域の四角形。

    コード サンプル

    var zoom = $(".selector").igMap("getZoomFromGeographic", {
        left: 10,
        top: 10,
        width: 3,
        height: 3
    });
          
  • id

    .igMap( "id" );
    返却型:
    string

    マップを保持する親要素の ID を返します。

    コード サンプル

    var dataContainerElement = $(".selector").igMap("id");
          
  • insertItem

    .igMap( "insertItem", item:object, index:number, targetName:string );

    新しい項目をデータ ソースに挿入し、マップに通知します。

    • item
    • タイプ:object
    • データ ソースに挿入する必要がある新規項目。
    • index
    • タイプ:number
    • 新しい項目が挿入されるデータ ソースのインデックス。
    • targetName
    • タイプ:string
    • データ ソースにバインドされたシリーズの名前。

    コード サンプル

    $(".selector").igMap("insertItem", {"Latitude": 42.2, "Longitude": 22.5 }, 1, "series1" );
          
  • notifyClearItems

    .igMap( "notifyClearItems", dataSource:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igMap への参照を返します。

    項目が関連付けられたデータ ソースからクリアされたことをマップに通知します。
    同じ項目のソースを共有しているかどうか、変更の複数のターゲットに通知する必要はありません。

    • dataSource
    • タイプ:object
    • 変更が発生したデータ ソース。

    コード サンプル

    var response = $(".selector").igMap("notifyClearItems", series1DataSource);
          
  • notifyContainerResized

    .igMap( "notifyContainerResized" );

    コンテナーのサイズが変更されたことをマップに通知します。

    コード サンプル

    $(".selector").igMap("notifyContainerResized");
          
  • notifyInsertItem

    .igMap( "notifyInsertItem", dataSource:object, index:number, newItem:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igMap への参照を返します。

    項目がデータ ソースの指定されたインデックスに挿入されたことを対象シリーズに通知します。
    同じ項目のソースを共有しているかどうか、変更の複数のターゲットに通知する必要はありません。

    • dataSource
    • タイプ:object
    • 変更が発生したデータ ソース。
    • index
    • タイプ:number
    • 新しい項目が挿入された項目ソースのインデックス。
    • newItem
    • タイプ:object
    • コレクションに設定された新しい項目。

    コード サンプル

    var response = $(".selector").igMap("notifyInsertItem", series1DataSource, 1,  
        {"Latitude": 42.2, "Longitude": 22.5 });
          
  • notifyRemoveItem

    .igMap( "notifyRemoveItem", dataSource:object, index:number, oldItem:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igMap への参照を返します。

    項目がデータ ソースの指定されたインデックスから削除されたことを対象シリーズに通知します。
    同じ項目のソースを共有しているかどうか、変更の複数のターゲットに通知する必要はありません。

    • dataSource
    • タイプ:object
    • 変更が発生したデータ ソース。
    • index
    • タイプ:number
    • 旧項目の削除元となった項目ソースのインデックス。
    • oldItem
    • タイプ:object
    • コレクションから削除された旧項目。

    コード サンプル

    var response = $(".selector").igMap("notifyRemoveItem", series1DataSource, 1, 
        {"Latitude": 42.2, "Longitude": 22.5 });
          
  • notifySetItem

    .igMap( "notifySetItem", dataSource:object, index:number, newItem:object, oldItem:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igMap への参照を返します。

    項目が関連付けられたデータ ソースに設定されたことをマップに通知します。

    • dataSource
    • タイプ:object
    • 変更が発生したデータ ソース。
    • index
    • タイプ:number
    • 変更された項目ソースのインデックス。
    • newItem
    • タイプ:object
    • コレクションに設定された新しい項目。
    • oldItem
    • タイプ:object
    • コレクションで上書きされた旧項目。

    コード サンプル

    var response = $(".selector").igMap("notifySetItem", series1DataSource, 1, 
        {"Latitude": 42.2, "Longitude": 22.5 });
          
  • option

    .igMap( "option" );

    コード サンプル

     
    $(".selector").igMap("option");
     
  • print

    .igMap( "print" );

    ページのすべての他の要素を非表示してマップの印刷プレビュー ページを作成します。

    コード サンプル

    $(".selector").igMap("print");
          
  • removeItem

    .igMap( "removeItem", index:number, targetName:string );

    項目をデータ ソースから削除し、マップに通知します。

    • index
    • タイプ:number
    • 項目が削除されるデータ ソースのインデックス。
    • targetName
    • タイプ:string
    • データ ソースにバインドされたシリーズの名前。

    コード サンプル

    $(".selector").igMap("removeItem", 1, "series1");
          
  • renderSeries

    .igMap( "renderSeries", targetName:string, animate:bool );

    更新を実行するオプションが変更されなくても、シリーズを描画することを示します。

    • targetName
    • タイプ:string
    • 描画するシリーズの名前。
    • animate
    • タイプ:bool
    • 可能な場合、変更をアニメーション化するかどうか。

    コード サンプル

    $(".selector").igMap("renderSeries", "xAxis", true);
          
  • resetZoom

    .igMap( "resetZoom" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igMap への参照を返します。

    マップのズーム レベルをデフォルト値にリセットします。

    コード サンプル

    var response = $(".selector").igMap("resetZoom");
          
  • scaleValue

    .igMap( "scaleValue", targetName:string, unscaledValue:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    スケールされた値を返します。

    軸スペースからマップ スペースに要求された値をスケールする xAxis または yAxis (経度または緯度)。
    たとえば、マップの幅にスケールされた経度 50 の位置を表示するには、このメソッドを使用できます。

    • targetName
    • タイプ:string
    • 通知する xAxis または yAxis。
    • unscaledValue
    • タイプ:number
    • マップ スペースに変換する軸スペースの値。

    コード サンプル

    var scaled = $(".selector").igMap("scaleValue", "series1", 250);
          
  • scrollIntoView

    .igMap( "scrollIntoView", targetName:string, item:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igMap への参照を返します。

    対象のシリーズまたは軸に要求されたデータ項目をビューにスクロールすることを通知します。

    • targetName
    • タイプ:string
    • 通知するシリーズまたは軸の名前。
    • item
    • タイプ:object
    • 可能な場合、ビューに入れるデータ項目。

    コード サンプル

    var response = $(".selector").igMap("scrollIntoView", 5);
          
  • setItem

    .igMap( "setItem", index:number, item:object, targetName:string );

    データ ソース内の項目を更新し、マップに通知します。

    • index
    • タイプ:number
    • 変更する必要があるデータ ソース内の項目のインデックス。
    • item
    • タイプ:object
    • データ ソース内で設定する新規項目オブジェクト。
    • targetName
    • タイプ:string
    • データ ソースにバインドされたシリーズの名前。

    コード サンプル

    $(".selector").igMap("setItem", 5, {"Latitude": 42.2, "Longitude": 22.5 }, "series1");
          
  • startTiledZoomingIfNecessary

    .igMap( "startTiledZoomingIfNecessary" );

    実行されていない場合、タイル ズームを手動的に開始します。

    コード サンプル

     
    $(".selector").igMap("startTiledZoomingIfNecessary");
     
  • styleUpdated

    .igMap( "styleUpdated" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igMap への参照を返します。

    色の描画元になるスタイルが更新された可能性があることをマップに通知します。

    コード サンプル

    var response = $(".selector").igMap("styleUpdated");
          
  • unscaleValue

    .igMap( "unscaleValue", targetName:string, scaledValue:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    スケールされていない値を返します。

    マップ スペースから軸スペースに要求された値をスケール解除する xAxis または yAxis (経度または緯度)。
    たとえば、マップの 0 幅にスケール解除された経度の値を決定するには、このメソッドを使用できます。

    • targetName
    • タイプ:string
    • 通知する xAxis または yAxis。
    • scaledValue
    • タイプ:number
    • 軸スペースに変換するマップ スペースの値。

    コード サンプル

    var unscaled = $(".selector").igMap("unscaleValue", "series1", 50);
          
  • zoomToGeographic

    .igMap( "zoomToGeographic", rect:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igMap への参照を返します。

    指定した地理領域にズームインします。マップの初期化を完了するまでに待つ必要があります。

    • rect
    • タイプ:object
    • 地理的領域の四角形。

    コード サンプル

     
    $(".selector").igMap("zoomToGeographic", { 
    	left: 10,
    	top: 10,
    	width: 3,
    	height: 3
    });
     
  • ui-corner-all ui-widget-content

    div 要素に適用されるクラスを取得または設定します。
  • ui-chart-tooltip ui-widget-content ui-corner-all

    ツールチップ div 要素に適用されるクラスを取得または設定します。
  • ui-chart-non-html5-supported-message ui-helper-clearfix

    マップが HTML5 の互換性のないブラウザーで開いた場合に div 要素に適用されるクラスを取得または設定します。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.