製品版のみの機能

Grid - 編集

このサンプルは、igGrid の更新機能が Grid MVC ヘルパー ラッパーと通信して、サーバー上の変更を永続化する方法を示しています。

このサンプルは、より大きい画面サイズのためにデザインされました。

モバイル デバイスで画面を回転、フル サイズ表示、またはその他のデバイスにメールで送信します。

グリッドに対する変更を記録するトランザクションは、igGrid.saveChanges API メソッドが呼び出され igGrid.updateUrl オプションで指定された URL に POST 要求を送信するまで、ブラウザーにローカルに保持されます。Grid MVC ヘルパー ラッパーは、サーバー上でこの変更を解析して処理する作業を大幅に簡略化します。 OrdersSaveData コントローラー メソッドは、GridModel.LoadTransactions(string postdata) を使用してグリッドの変更を逆シリアル化し、処理します。グリッドを使用して単一コードまたは複数のレコードを追加、編集、削除します。[変更の保存] ボタンを押して Ajax 呼び出しでサーバーに変更を送信します。

コード ビュー

クリップボードへコピー