製品版のみの機能

グリッド - リモート機能を手動的に処理

このサンプルは、より大きい画面サイズのためにデザインされました。

モバイル デバイスで画面を回転、フル サイズ表示、またはその他のデバイスにメールで送信します。

このサンプルは、Ignite UI MVC ラッパーを使用せずにリモート機能を手動的に処理する方法を紹介します。 リモート機能は、コントローラーの GridRemoteData 操作でサーバーサイドで処理されます。 特定の操作がグリッドに適用された場合、リモート要求はクエリ文字列に保存された追加情報とともにサーバーへ送信されます。 サーバーサイドで機能固有のパラメーターがクエリ文字列から抽出され、関連データの処理がデータに適用されます。 データが完全に処理されると結果が JSON 形式でクライアントへ返されます。

コード ビュー

クリップボードへコピー