ig.excel.CellReferenceMode

数式でセルを参照できる方法を表します。

備考

Workbook.cellReferenceMode でこれを設定すると、行および列ラベルにも影響します。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
  • a1

    タイプ:
    ig.excel.CellReferenceMode
    デフォルト:
    1

    セルは、最初に列および行を指定する基本番号 (R54 または CA56) を表す文字を指定することで参照されます。ドル記号 ($) は、1 つまたは両方の識別子の前に配置して、絶対参照にすることができます ($A$7)。ドル記号なしで、参照は絶対行および列アドレスを使用しますが、新しいセルに数式をシフトすると、すべての相対参照で同様のシフトが実行されます。

  • r1C1

    タイプ:
    ig.excel.CellReferenceMode
    デフォルト:
    0

    セルは以下の RC (R34C5 または R2C345) フォーマットで参照されます。 これらのインデックスは 1 から始まり、絶対参照を表します。R1C1 モードで相対参照を作成するには、相対インデックスは以下の R および C (R[-1]C[5] または R9C[-3]) のようにかぎ括弧内に配置する必要があります。R はそれ自体が相対参照を表し、R[0] に相当します。同様に、C は C[0] に相当し、=RC の数式は常に数式を含むセルを参照します。

このコントロールにイベントはありません。
このコントロールにパブリック メソッドはありません。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.