ig.excel.WorksheetShapeCollection

WorksheetShapeCollection.worksheet または WorksheetShapeGroup に含まれる WorksheetShape インスタンスのコレクション。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • add

    .add( shapeType:ig.excel.PredefinedShapeType, worksheet:ig.excel.Worksheet, boundsInTwips:object );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetShape
    返却型の説明:
    定義済みの図形を表す、WorksheetShape から派生したインスタンス。

    定義済みの形状を、指定した境界線を持つコレクションに追加します。

    • shapeType
    • タイプ:ig.excel.PredefinedShapeType
    • コレクションに追加する形状のタイプ。
    • worksheet
    • タイプ:ig.excel.Worksheet
    • boundsInTwips の関連先の WorksheetShapeCollection.worksheet
    • boundsInTwips
    • タイプ:object
    • トゥイップ (ポイントの 1/20) 単位の、 ワークシートの形状の境界。 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、および 'height'、または 'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。例: { x: 1, y: 2, width: 100, height: 200 }。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException ワークシートは null です。
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException shapeType が PredefinedShapeType 列挙体で定義されていないです。
  • add

    .add( shapeType:ig.excel.PredefinedShapeType, topLeftCornerCell:ig.excel.WorksheetCell, topLeftCornerPosition:object, bottomRightCornerCell:ig.excel.WorksheetCell, bottomRightCornerPosition:object );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetShape
    返却型の説明:
    定義済みの図形を表す、WorksheetShape から派生したインスタンス。

    定義済みの形状を、指定した境界線を持つコレクションに追加します。

    • shapeType
    • タイプ:ig.excel.PredefinedShapeType
    • コレクションに追加する形状のタイプ。
    • topLeftCornerCell
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
    • 形状の左上角の置かれるセル。
    • topLeftCornerPosition
    • タイプ:object
    • パーセントで表される、形状の左上隅の topLeftCornerCell での位置。 これは、'x' および 'y' プロパティで数値があるオブジェクトです。例: { x: 1, y: 2 }。
    • bottomRightCornerCell
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
    • 形状の右下角の置かれるセル。
    • bottomRightCornerPosition
    • タイプ:object
    • パーセントで表される、形状の右下隅の bottomRightCornerCell での位置。 これは、'x' および 'y' プロパティで数値があるオブジェクトです。例: { x: 1, y: 2 }。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException shapeType が PredefinedShapeType 列挙体で定義されていないです。
    ig.InvalidOperationException topLeftCornerCell または bottomRightCornerCell は null です。
    ig.InvalidOperationException topLeftCornerCell または bottomRightCornerCell は null です。
  • add

    .add( shapeType:ig.excel.PredefinedShapeType, boundsInTwips:object );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetShape
    返却型の説明:
    定義済みの図形を表す、WorksheetShape から派生したインスタンス。

    定義済みの形状を、指定した境界線を持つコレクションに追加します。

    • shapeType
    • タイプ:ig.excel.PredefinedShapeType
    • コレクションに追加する形状のタイプ。
    • boundsInTwips
    • タイプ:object
    • トゥイップ (ポイントの 1/20) 単位の、 ワークシートの形状の境界。 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、および 'height'、または 'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。例: { x: 1, y: 2, width: 100, height: 200 }。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException topLeftCornerCell または bottomRightCornerCell は null です。
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException shapeType が PredefinedShapeType 列挙体で定義されていないです。
  • add

    .add( shape:ig.excel.WorksheetShape );

    定義済みの形状を、指定した境界線を持つコレクションに追加します。

    • shape
    • タイプ:ig.excel.WorksheetShape
    • コレクションに追加する形状。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException ワークシートは null です。
    ig.InvalidOperationException topLeftCornerCell または bottomRightCornerCell は null です。
    ig.InvalidOperationException topLeftCornerCell または bottomRightCornerCell は null です。
    ig.InvalidOperationException topLeftCornerCell または bottomRightCornerCell は null です。
    ig.InvalidOperationException topLeftCornerCell または bottomRightCornerCell は null です。
  • addChart

    .addChart( chartType:ig.excel.ChartType, worksheet:ig.excel.Worksheet, boundsInTwips:object, [chartInitializer:function] );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetChart
    返却型の説明:

    • chartType
    • タイプ:ig.excel.ChartType
    • worksheet
    • タイプ:ig.excel.Worksheet
    • boundsInTwips
    • タイプ:object
    • chartInitializer
    • タイプ:function
    • オプション

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException
    ig.InvalidOperationException
    ig.InvalidOperationException
  • addChart

    .addChart( chartType:ig.excel.ChartType, topLeftCornerCell:ig.excel.WorksheetCell, topLeftCornerPosition:object, bottomRightCornerCell:ig.excel.WorksheetCell, bottomRightCornerPosition:object, [chartInitializer:function] );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetChart
    返却型の説明:

    • chartType
    • タイプ:ig.excel.ChartType
    • topLeftCornerCell
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
    • topLeftCornerPosition
    • タイプ:object
    • bottomRightCornerCell
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
    • bottomRightCornerPosition
    • タイプ:object
    • chartInitializer
    • タイプ:function
    • オプション

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException
    ig.InvalidOperationException
    ig.InvalidOperationException
    ig.InvalidOperationException
    ig.InvalidOperationException
  • addChart

    .addChart( chartType:ig.excel.ChartType, boundsInTwips:object, [chartInitializer:function] );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetChart
    返却型の説明:

    • chartType
    • タイプ:ig.excel.ChartType
    • boundsInTwips
    • タイプ:object
    • chartInitializer
    • タイプ:function
    • オプション

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException
    ig.InvalidOperationException
    ig.InvalidOperationException
  • clear

    .clear( );

    このコレクションからすべての形状をクリアします。

  • contains

    .contains( shape:ig.excel.WorksheetShape );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    形状が見つかった場合は True、そうでなければ False。

    形状がコレクションにあるかどうかを決定します。

    • shape
    • タイプ:ig.excel.WorksheetShape
    • このコレクションで見つけ出す形状。
  • count

    .count( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    このコレクション内の形状の数。

    このコレクション内の形状の数を取得します。

  • item

    .item( index:number );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetShape
    返却型の説明:
    指定されたインデックスにある形状。

    指定したインデックスにある、コレクション内の形状を取得します。

    • index
    • タイプ:number
    • 取得する形状の 0 から始まるインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException インデックスは 0 未満であるか、または、インデックスが WorksheetShapeCollection.count 以上です。
  • remove

    .remove( shape:ig.excel.WorksheetShape );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    形状がコレクションから問題なく削除された場合は True、形状がコレクションに存在しなかった場合は False。

    指定した形状をコレクションから削除します。

    • shape
    • タイプ:ig.excel.WorksheetShape
    • コレクションから削除する形状。
  • removeAt

    .removeAt( index:number );

    指定したインデックスにある形状をコレクションから削除します。

    • index
    • タイプ:number
    • コレクションから削除する形状のインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException インデックスは 0 未満であるか、または、インデックスが WorksheetShapeCollection.count 以上です。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.