ig.excel.PrintOptions

ワークシートとカスタム表示の両方で保存できるワークシートで使用可能なさまざまな印刷オプションを公開するクラス。

備考

このクラスは、ワークシートがどのように印刷されるかを制御する方法を提供します。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • alignHeadersAndFootersWithMargins

    .alignHeadersAndFootersWithMargins( );

    ヘッダーおよびフッター マージンをページ マージンと配置するかどうかを示す値を取得します。

  • alignHeadersAndFootersWithMargins

    .alignHeadersAndFootersWithMargins( value:boolean );

    ヘッダーおよびフッター マージンをページ マージンと配置するかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean
  • bottomMargin

    .bottomMargin( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページの下側のマージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページの下側のマージン (インチ) を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • bottomMargin

    .bottomMargin( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページの下側のマージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページの下側のマージン (インチ) を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • centerHorizontally

    .centerHorizontally( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    印刷ページが水平方向にセンタリングされるかどうかを示す値。

    印刷ページが水平方向にセンタリングされるかどうかを示す値を取得します。

  • centerHorizontally

    .centerHorizontally( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    印刷ページが水平方向にセンタリングされるかどうかを示す値。

    印刷ページが水平方向にセンタリングされるかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean
  • centerVertically

    .centerVertically( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    印刷ページが垂直方向にセンタリングされるかどうかを示す値。

    印刷ページが垂直方向にセンタリングされるかどうかを示す値を取得します。

  • centerVertically

    .centerVertically( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    印刷ページが垂直方向にセンタリングされるかどうかを示す値。

    印刷ページが垂直方向にセンタリングされるかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean
  • clearPageBreaks

    .clearPageBreaks( );

    PrintOptions からすべての改ページをクリアします。

  • columnsToRepeatAtLeft

    .columnsToRepeatAtLeft( );

    すべてのページに印刷する列の範囲を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値が null でなく、その 値が Worksheet 内の列数以上の場合に発生します。
  • columnsToRepeatAtLeft

    .columnsToRepeatAtLeft( value:ig.excel.RepeatTitleRange );

    すべてのページに印刷する列の範囲を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.RepeatTitleRange

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値が null でなく、その 値が Worksheet 内の列数以上の場合に発生します。
  • draftQuality

    .draftQuality( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    印刷ページがドラフト品質を使用して印刷されるかどうかを示す値。

    印刷ページがドラフト品質を使用して印刷されるかどうかを示す値を取得します。

  • draftQuality

    .draftQuality( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    印刷ページがドラフト品質を使用して印刷されるかどうかを示す値。

    印刷ページがドラフト品質を使用して印刷されるかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean
  • footer

    .footer( );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    ワークシートの各ペ―ジのフッタ。

    印刷されるワークシートの各ページのフッターを取得します。

    備考

    ヘッダおよびフッタの '&' 文字は特別な文字です。その後に何がくるかによって、テキストの書式は制御されたり、動的テキストを挿入できます。使用可能なコマンドのリストを以下に示します: セクション コマンド &L 後続のテキストを左のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 &C 後続のテキストを中央のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 &R 後続のテキストを右のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 代用コマンド && '&' 文字を挿入します。 &A 現在のワークシート名を挿入します。 &D 現在の日付を挿入します。 &F 現在のファイル名を挿入します。 &G 画像を挿入します (注: このコマンドは現在サポートされていません)。 &N 印刷する必要があるワークシートのページ番号を挿入します。 &P 現在のページ番号を挿入します。 &T 現在の時刻を挿入します。 &Z 現在のファイル パスを挿入します (ファイル名なし)。 書式コマンド &B ボールドを切り替えます。 &E 二重下線を切り替えます。 &I イタリックを切り替えます。 &S 打ち消し線を切り替えます。 &U 下線を切り替えます。 &X 上付を切り替えます。 &Y 下付を切り替えます。 & 以下のテキストに新しいフォント サイズを設定します。サイズは正の整数として表されます。 ヘッダで数値をこのコマンドに続ける場合、スペースで分割する必要があります。 &"" 以下のテキストに新しいフォントを設定します。フォント名が認識されない場合、デフォルト フォントが使用されます。 &"," 以下のテキストの新しいフォントとフォント スタイルを設定します。フォント スタイルは、「標準」、「ボールド」、「イタリック」または「ボールド イタリック」ですが、フォントによって他のスタイルになる可能性があります。使用できるフォント スタイルは、フォントを選択した状態でフォント ダイアログで確認できます。

    ヘッダー/フッター文字列は次のようになります。&L&"Arial,Bold"&D&CPage &P of &N on &A&R&14&F。

  • footer

    .footer( value:string );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    ワークシートの各ペ―ジのフッタ。

    印刷されるワークシートの各ページのフッターを取得します。

    • value
    • タイプ:string

    備考

    ヘッダおよびフッタの '&' 文字は特別な文字です。その後に何がくるかによって、テキストの書式は制御されたり、動的テキストを挿入できます。使用可能なコマンドのリストを以下に示します: セクション コマンド &L 後続のテキストを左のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 &C 後続のテキストを中央のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 &R 後続のテキストを右のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 代用コマンド && '&' 文字を挿入します。 &A 現在のワークシート名を挿入します。 &D 現在の日付を挿入します。 &F 現在のファイル名を挿入します。 &G 画像を挿入します (注: このコマンドは現在サポートされていません)。 &N 印刷する必要があるワークシートのページ番号を挿入します。 &P 現在のページ番号を挿入します。 &T 現在の時刻を挿入します。 &Z 現在のファイル パスを挿入します (ファイル名なし)。 書式コマンド &B ボールドを切り替えます。 &E 二重下線を切り替えます。 &I イタリックを切り替えます。 &S 打ち消し線を切り替えます。 &U 下線を切り替えます。 &X 上付を切り替えます。 &Y 下付を切り替えます。 & 以下のテキストに新しいフォント サイズを設定します。サイズは正の整数として表されます。 ヘッダで数値をこのコマンドに続ける場合、スペースで分割する必要があります。 &"" 以下のテキストに新しいフォントを設定します。フォント名が認識されない場合、デフォルト フォントが使用されます。 &"," 以下のテキストの新しいフォントとフォント スタイルを設定します。フォント スタイルは、「標準」、「ボールド」、「イタリック」または「ボールド イタリック」ですが、フォントによって他のスタイルになる可能性があります。使用できるフォント スタイルは、フォントを選択した状態でフォント ダイアログで確認できます。

    ヘッダー/フッター文字列は次のようになります。&L&"Arial,Bold"&D&CPage &P of &N on &A&R&14&F。

  • footerMargin

    .footerMargin( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページのフッター マージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページのフッター マージン (インチ) を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • footerMargin

    .footerMargin( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページのフッター マージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページのフッター マージン (インチ) を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • header

    .header( );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    ワークシートの各ペ―ジのヘッダ。

    印刷されるワークシートの各ページのヘッダーを取得します。

    備考

    ヘッダおよびフッタの '&' 文字は特別な文字です。その後に何がくるかによって、テキストの書式は制御されたり、動的テキストを挿入できます。使用可能なコマンドのリストを以下に示します: セクション コマンド &L 後続のテキストを左のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 &C 後続のテキストを中央のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 &R 後続のテキストを右のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 代用コマンド && '&' 文字を挿入します。 &A 現在のワークシート名を挿入します。 &D 現在の日付を挿入します。 &F 現在のファイル名を挿入します。 &G 画像を挿入します (注: このコマンドは現在サポートされていません)。 &N 印刷する必要があるワークシートのページ番号を挿入します。 &P 現在のページ番号を挿入します。 &T 現在の時刻を挿入します。 &Z 現在のファイル パスを挿入します (ファイル名なし)。 書式コマンド &B ボールドを切り替えます。 &E 二重下線を切り替えます。 &I イタリックを切り替えます。 &S 打ち消し線を切り替えます。 &U 下線を切り替えます。 &X 上付を切り替えます。 &Y 下付を切り替えます。 & 以下のテキストに新しいフォント サイズを設定します。サイズは正の整数として表されます。 ヘッダで数値をこのコマンドに続ける場合、スペースで分割する必要があります。 &"" 以下のテキストに新しいフォントを設定します。フォント名が認識されない場合、デフォルト フォントが使用されます。 &"," 以下のテキストの新しいフォントとフォント スタイルを設定します。フォント スタイルは、「標準」、「ボールド」、「イタリック」または「ボールド イタリック」ですが、フォントによって他のスタイルになる可能性があります。使用できるフォント スタイルは、フォントを選択した状態でフォント ダイアログで確認できます。

    ヘッダー/フッター文字列は次のようになります。&L&"Arial,Bold"&D&CPage &P of &N on &A&R&14&F。

  • header

    .header( value:string );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    ワークシートの各ペ―ジのヘッダ。

    印刷されるワークシートの各ページのヘッダーを取得します。

    • value
    • タイプ:string

    備考

    ヘッダおよびフッタの '&' 文字は特別な文字です。その後に何がくるかによって、テキストの書式は制御されたり、動的テキストを挿入できます。使用可能なコマンドのリストを以下に示します: セクション コマンド &L 後続のテキストを左のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 &C 後続のテキストを中央のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 &R 後続のテキストを右のセクションに表示します。新しいセクションの書式は、以前のセクションの書式に関係なく、常にデフォルト書式となります。 代用コマンド && '&' 文字を挿入します。 &A 現在のワークシート名を挿入します。 &D 現在の日付を挿入します。 &F 現在のファイル名を挿入します。 &G 画像を挿入します (注: このコマンドは現在サポートされていません)。 &N 印刷する必要があるワークシートのページ番号を挿入します。 &P 現在のページ番号を挿入します。 &T 現在の時刻を挿入します。 &Z 現在のファイル パスを挿入します (ファイル名なし)。 書式コマンド &B ボールドを切り替えます。 &E 二重下線を切り替えます。 &I イタリックを切り替えます。 &S 打ち消し線を切り替えます。 &U 下線を切り替えます。 &X 上付を切り替えます。 &Y 下付を切り替えます。 & 以下のテキストに新しいフォント サイズを設定します。サイズは正の整数として表されます。 ヘッダで数値をこのコマンドに続ける場合、スペースで分割する必要があります。 &"" 以下のテキストに新しいフォントを設定します。フォント名が認識されない場合、デフォルト フォントが使用されます。 &"," 以下のテキストの新しいフォントとフォント スタイルを設定します。フォント スタイルは、「標準」、「ボールド」、「イタリック」または「ボールド イタリック」ですが、フォントによって他のスタイルになる可能性があります。使用できるフォント スタイルは、フォントを選択した状態でフォント ダイアログで確認できます。

    ヘッダー/フッター文字列は次のようになります。&L&"Arial,Bold"&D&CPage &P of &N on &A&R&14&F。

  • headerMargin

    .headerMargin( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページのヘッダー マージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページのヘッダー マージン (インチ) を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • headerMargin

    .headerMargin( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページのヘッダー マージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページのヘッダー マージン (インチ) を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • horizontalPageBreaks

    .horizontalPageBreaks( );

    Worksheet 内の水平改ページのコレクションを取得します。

  • horizontalPageBreaks

    .horizontalPageBreaks( index:number );
    返却型:
    ig.excel.HorizontalPageBreak
    返却型の説明:
    PageBreak から派生したインスタンス。

    Worksheet 内の水平改ページのコレクションを取得します。

    • index
    • タイプ:number
    • 取得する改ページのインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException index が 0 よりも小さいか PageBreakCollection`1.count 以上の場合に発生します。
  • insertPageBreak

    .insertPageBreak( cell:ig.excel.WorksheetCell );

    指定したセルの前に水平または垂直の改ページを挿入します。

    • cell
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
    • 改ページを挿入するセル。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException セルが null の場合に発生します。
    ig.ArgumentException セルが Worksheet の左上隅にある場合に発生します。

    備考

    セルが PrintOptions.printAreas コレクション中のいずれかの印刷範囲に含まれていない場合、追加される改ページは次のようになります。セルが Worksheet の左上の隅にある場合、例外がスローされます。セルがワークシートの左端にある場合、水平改ページがセルの上に挿入されます。セルがワークシートの上端にある場合、垂直改ページがセルの左に挿入されます。セルがワークシートの別の場所にある場合、水平改ページがセルの上に挿入され、垂直改ページがセルの左に挿入されます。

    セルが PrintOptions.printAreas コレクション中のいずれかの印刷範囲に含まれている場合、追加される改ページは次のようになります。セルが印刷範囲の左上の隅にある場合、改ページは挿入されません。セルが印刷範囲の左端にある場合、水平改ページがセルの上に挿入されます。セルが印刷範囲の上端にある場合、垂直改ページがセルの左に挿入されます。セルが印刷範囲の別の場所にある場合、水平改ページがセルの上に挿入され、垂直改ページがセルの左に挿入されます。

    改ページが印刷範囲に挿入されるとき、印刷範囲の端までしか拡張されません。

  • insertPageBreak

    .insertPageBreak( column:ig.excel.WorksheetColumn );

    指定したセルの前に水平または垂直の改ページを挿入します。

    • column
    • タイプ:ig.excel.WorksheetColumn
    • 改ページを挿入する列。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException セルが null の場合に発生します。
    ig.ArgumentException セルが Worksheet の左上隅にある場合に発生します。

    備考

    セルが PrintOptions.printAreas コレクション中のいずれかの印刷範囲に含まれていない場合、追加される改ページは次のようになります。セルが Worksheet の左上の隅にある場合、例外がスローされます。セルがワークシートの左端にある場合、水平改ページがセルの上に挿入されます。セルがワークシートの上端にある場合、垂直改ページがセルの左に挿入されます。セルがワークシートの別の場所にある場合、水平改ページがセルの上に挿入され、垂直改ページがセルの左に挿入されます。

    セルが PrintOptions.printAreas コレクション中のいずれかの印刷範囲に含まれている場合、追加される改ページは次のようになります。セルが印刷範囲の左上の隅にある場合、改ページは挿入されません。セルが印刷範囲の左端にある場合、水平改ページがセルの上に挿入されます。セルが印刷範囲の上端にある場合、垂直改ページがセルの左に挿入されます。セルが印刷範囲の別の場所にある場合、水平改ページがセルの上に挿入され、垂直改ページがセルの左に挿入されます。

    改ページが印刷範囲に挿入されるとき、印刷範囲の端までしか拡張されません。

  • insertPageBreak

    .insertPageBreak( row:ig.excel.WorksheetRow );

    指定したセルの前に水平または垂直の改ページを挿入します。

    • row
    • タイプ:ig.excel.WorksheetRow
    • 改ページを挿入する行。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException セルが null の場合に発生します。
    ig.ArgumentException セルが Worksheet の左上隅にある場合に発生します。

    備考

    セルが PrintOptions.printAreas コレクション中のいずれかの印刷範囲に含まれていない場合、追加される改ページは次のようになります。セルが Worksheet の左上の隅にある場合、例外がスローされます。セルがワークシートの左端にある場合、水平改ページがセルの上に挿入されます。セルがワークシートの上端にある場合、垂直改ページがセルの左に挿入されます。セルがワークシートの別の場所にある場合、水平改ページがセルの上に挿入され、垂直改ページがセルの左に挿入されます。

    セルが PrintOptions.printAreas コレクション中のいずれかの印刷範囲に含まれている場合、追加される改ページは次のようになります。セルが印刷範囲の左上の隅にある場合、改ページは挿入されません。セルが印刷範囲の左端にある場合、水平改ページがセルの上に挿入されます。セルが印刷範囲の上端にある場合、垂直改ページがセルの左に挿入されます。セルが印刷範囲の別の場所にある場合、水平改ページがセルの上に挿入され、垂直改ページがセルの左に挿入されます。

    改ページが印刷範囲に挿入されるとき、印刷範囲の端までしか拡張されません。

  • leftMargin

    .leftMargin( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページの左側のマージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページの左側のマージン (インチ) を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • leftMargin

    .leftMargin( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページの左側のマージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページの左側のマージン (インチ) を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • maxPagesHorizontally

    .maxPagesHorizontally( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートを印刷するために水平方向で許可される最大ページ数。

    ワークシートを印刷するために水平方向で許可される最大ページ数を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、0 および 32767 の有効範囲の外です。

    備考

    ゼロの値は、水平方向で最大値が使用されないことを示します。必要に応じたページを使用します。

    注: ワークシートを印刷する方法に影響を与える MaxPagesHorizontally および PrintOptions.maxPagesVertically では、PrintOptions.scalingType は FitToPages の値に設定する必要があります。ただし、ScalingType は異なり、これらの値は使用されず、ワークシートで保存されます。

  • maxPagesHorizontally

    .maxPagesHorizontally( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートを印刷するために水平方向で許可される最大ページ数。

    ワークシートを印刷するために水平方向で許可される最大ページ数を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、0 および 32767 の有効範囲の外です。

    備考

    ゼロの値は、水平方向で最大値が使用されないことを示します。必要に応じたページを使用します。

    注: ワークシートを印刷する方法に影響を与える MaxPagesHorizontally および PrintOptions.maxPagesVertically では、PrintOptions.scalingType は FitToPages の値に設定する必要があります。ただし、ScalingType は異なり、これらの値は使用されず、ワークシートで保存されます。

  • maxPagesVertically

    .maxPagesVertically( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートを印刷するために垂直方向で許可される最大ページ数。

    ワークシートを印刷するために垂直方向で許可される最大ページ数を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、0 および 32767 の有効範囲の外です。

    備考

    ゼロの値は、垂直方向で最大値が使用されないことを示します。必要に応じたページを使用します。

    注: ワークシートを印刷する方法に影響を与える PrintOptions.maxPagesHorizontally および MaxPagesVertically では、PrintOptions.scalingType は FitToPages の値に設定する必要があります。ただし、ScalingType は異なり、これらの値は使用されず、ワークシートで保存されます。

  • maxPagesVertically

    .maxPagesVertically( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートを印刷するために垂直方向で許可される最大ページ数。

    ワークシートを印刷するために垂直方向で許可される最大ページ数を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、0 および 32767 の有効範囲の外です。

    備考

    ゼロの値は、垂直方向で最大値が使用されないことを示します。必要に応じたページを使用します。

    注: ワークシートを印刷する方法に影響を与える PrintOptions.maxPagesHorizontally および MaxPagesVertically では、PrintOptions.scalingType は FitToPages の値に設定する必要があります。ただし、ScalingType は異なり、これらの値は使用されず、ワークシートで保存されます。

  • numberOfCopies

    .numberOfCopies( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    印刷するコピー数。

    印刷するコピー数を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、1 および 65535 の有効範囲の外です。
  • numberOfCopies

    .numberOfCopies( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    印刷するコピー数。

    印刷するコピー数を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、1 および 65535 の有効範囲の外です。
  • orientation

    .orientation( );
    返却型:
    ig.excel.Orientation
    返却型の説明:
    印刷されるワークシートの各ペ―ジの方向。

    印刷されるワークシートの各ページの方向を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.orientation 列挙体で定義されていません。
  • orientation

    .orientation( value:ig.excel.Orientation );
    返却型:
    ig.excel.Orientation
    返却型の説明:
    印刷されるワークシートの各ペ―ジの方向。

    印刷されるワークシートの各ページの方向を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.Orientation

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.orientation 列挙体で定義されていません。
  • orientationResolved

    .orientationResolved( );

    印刷されるワークシートの各ペ―ジの解決された方向を返します。

  • pageNumbering

    .pageNumbering( );
    返却型:
    ig.excel.PageNumbering
    返却型の説明:
    ページが付けられる方法。

    ページが付けられる方法を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.pageNumbering 列挙体で定義されていません。

    備考

    これが UseStartPageNumber の値に設定される場合、最初のページは PrintOptions.startPageNumber を使用して番号が付けられます。

  • pageNumbering

    .pageNumbering( value:ig.excel.PageNumbering );
    返却型:
    ig.excel.PageNumbering
    返却型の説明:
    ページが付けられる方法。

    ページが付けられる方法を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.PageNumbering

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.pageNumbering 列挙体で定義されていません。

    備考

    これが UseStartPageNumber の値に設定される場合、最初のページは PrintOptions.startPageNumber を使用して番号が付けられます。

  • pageOrder

    .pageOrder( );
    返却型:
    ig.excel.PageOrder
    返却型の説明:
    複数ページのワークシートのページ数を印刷する順序。

    複数ページのワークシートのページ数を印刷する順序を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.pageOrder 列挙体で定義されていません。
  • pageOrder

    .pageOrder( value:ig.excel.PageOrder );
    返却型:
    ig.excel.PageOrder
    返却型の説明:
    複数ページのワークシートのページ数を印刷する順序。

    複数ページのワークシートのページ数を印刷する順序を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.PageOrder

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.pageOrder 列挙体で定義されていません。
  • paperSize

    .paperSize( );
    返却型:
    ig.excel.PaperSize
    返却型の説明:
    ワークシートの印刷される各ペ―ジの用紙サイズ。

    ワークシートの印刷される各ペ―ジの用紙サイズを取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.paperSize 列挙体で定義されていません。
  • paperSize

    .paperSize( value:ig.excel.PaperSize );
    返却型:
    ig.excel.PaperSize
    返却型の説明:
    ワークシートの印刷される各ペ―ジの用紙サイズ。

    ワークシートの印刷される各ペ―ジの用紙サイズを取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.PaperSize

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.paperSize 列挙体で定義されていません。
  • printAreas

    .printAreas( );

    Worksheet 内の印刷範囲のコレクションを取得します。

  • printAreas

    .printAreas( index:number );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetRegion
    返却型の説明:
    Worksheet 内の印刷範囲を表す WorksheetRegion インスタンス。

    Worksheet 内の印刷範囲のコレクションを取得します。

    • index
    • タイプ:number
    • 取得する印刷範囲のインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException index が、0 よりも小さいか、コレクションのサイズ数以上の場合に発生します。
  • printErrors

    .printErrors( );
    返却型:
    ig.excel.PrintErrors
    返却型の説明:
    セルのエラー値が印刷される方法。

    セルのエラー値が印刷される方法を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.printErrors 列挙体で定義されていません。

    備考

    WorksheetCell.value が直接 ErrorValue に設定されている場合、またはエラーを評価する Formula に設定されている場合、セルはエラー値を持つことができます。

  • printErrors

    .printErrors( value:ig.excel.PrintErrors );
    返却型:
    ig.excel.PrintErrors
    返却型の説明:
    セルのエラー値が印刷される方法。

    セルのエラー値が印刷される方法を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.PrintErrors

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.printErrors 列挙体で定義されていません。

    備考

    WorksheetCell.value が直接 ErrorValue に設定されている場合、またはエラーを評価する Formula に設定されている場合、セルはエラー値を持つことができます。

  • printGridlines

    .printGridlines( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    ワークシートのガイドラインを印刷するかどうかを示す値。

    ワークシートのガイドラインを印刷するかどうかを示す値を取得します。

  • printGridlines

    .printGridlines( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    ワークシートのガイドラインを印刷するかどうかを示す値。

    ワークシートのガイドラインを印刷するかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean
  • printInBlackAndWhite

    .printInBlackAndWhite( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    ワークシートを白黒で印刷するかどうかを示す値。

    ワークシートを白黒で印刷するかどうかを示す値を取得します。

  • printInBlackAndWhite

    .printInBlackAndWhite( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    ワークシートを白黒で印刷するかどうかを示す値。

    ワークシートを白黒で印刷するかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean
  • printNotes

    .printNotes( );
    返却型:
    ig.excel.PrintNotes
    返却型の説明:
    セル メモが印刷される方法。

    セルのコメントを印刷する方法を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.printNotes 列挙体で定義されていません。

    備考

    これを PrintAsDisplayed の値に設定すると、ワークシートに表示される場合、コメントが印刷されます。 コメントが非表示でインジケーターが表示される場合、インジケーターとコメントは印刷されません。

  • printNotes

    .printNotes( value:ig.excel.PrintNotes );
    返却型:
    ig.excel.PrintNotes
    返却型の説明:
    セル メモが印刷される方法。

    セルのコメントを印刷する方法を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.PrintNotes

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.printNotes 列挙体で定義されていません。

    備考

    これを PrintAsDisplayed の値に設定すると、ワークシートに表示される場合、コメントが印刷されます。 コメントが非表示でインジケーターが表示される場合、インジケーターとコメントは印刷されません。

  • printRowAndColumnHeaders

    .printRowAndColumnHeaders( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    行と列ヘッダを印刷するかどうかを示す値。

    行と列ヘッダを印刷するかどうかを示す値を取得します。

    備考

    行および列ヘッダは、行または列の識別子を表示します。

  • printRowAndColumnHeaders

    .printRowAndColumnHeaders( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    行と列ヘッダを印刷するかどうかを示す値。

    行と列ヘッダを印刷するかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean

    備考

    行および列ヘッダは、行または列の識別子を表示します。

  • reset

    .reset( );

    印刷オプションをデフォルト設定にリセットします。

    備考

    各設定で使用されるデフォルトは、Microsoft Excel が空のワークブックを作成するデフォルトと同じです。

  • resolution

    .resolution( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    DPI での水平方向の印刷解像度。

    DPI での水平方向の印刷解像度を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、0 および 65535 の有効範囲の外です。
  • resolution

    .resolution( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    DPI での水平方向の印刷解像度。

    DPI での水平方向の印刷解像度を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、0 および 65535 の有効範囲の外です。
  • rightMargin

    .rightMargin( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページの右側のマージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページの右側のマージン (インチ) を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • rightMargin

    .rightMargin( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページの右側のマージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページの右側のマージン (インチ) を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • rowsToRepeatAtTop

    .rowsToRepeatAtTop( );

    すべてのページに印刷する行の範囲を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値が null でなく、その 値が Worksheet 内の行数以上の場合に発生します。
  • rowsToRepeatAtTop

    .rowsToRepeatAtTop( value:ig.excel.RepeatTitleRange );

    すべてのページに印刷する行の範囲を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.RepeatTitleRange

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値が null でなく、その 値が Worksheet 内の行数以上の場合に発生します。
  • scaleHeadersAndFootersWithDocument

    .scaleHeadersAndFootersWithDocument( );

    ヘッダーおよびフッターをドキュメント スケールと拡大縮小するかどうかを示す値を取得します。

  • scaleHeadersAndFootersWithDocument

    .scaleHeadersAndFootersWithDocument( value:boolean );

    ヘッダーおよびフッターをドキュメント スケールと拡大縮小するかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean
  • scalingFactor

    .scalingFactor( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートを印刷する時に使用するためのスケール率。

    ワークシートを印刷する時に使用するためのスケール率を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、10 および 400 の有効範囲の外です。

    備考

    スケール率は、通常のスケールのパーセントとして保存される拡大率と似ています。 100 の値は通常のスケールを示し、200 の値はワークシートを通常のサイズの 2 倍にスケールすることを示します。

    注: ワークシートを印刷する方法に影響を与える ScalingFactor では、PrintOptions.scalingType は UseScalingFactor の値に設定する必要があります。

  • scalingFactor

    .scalingFactor( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートを印刷する時に使用するためのスケール率。

    ワークシートを印刷する時に使用するためのスケール率を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、10 および 400 の有効範囲の外です。

    備考

    スケール率は、通常のスケールのパーセントとして保存される拡大率と似ています。 100 の値は通常のスケールを示し、200 の値はワークシートを通常のサイズの 2 倍にスケールすることを示します。

    注: ワークシートを印刷する方法に影響を与える ScalingFactor では、PrintOptions.scalingType は UseScalingFactor の値に設定する必要があります。

  • scalingType

    .scalingType( );
    返却型:
    ig.excel.ScalingType
    返却型の説明:
    印刷する時にワークシートをスケールするための方法。

    印刷する時にワークシートをスケールするための方法を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.scalingType 列挙体で定義されていません。

    備考

    これが UseScalingFactor の値に設定されている場合、PrintOptions.scalingFactor は印刷されるページでワークシートを統一してスケールするために使用されます。

    これが FitToPages の値に設定されている場合、PrintOptions.maxPagesHorizontally および PrintOptions.maxPagesVertically は、両方向で印刷されるワークシートを収めるために最大ページ数を設定するために使用されます。

  • scalingType

    .scalingType( value:ig.excel.ScalingType );
    返却型:
    ig.excel.ScalingType
    返却型の説明:
    印刷する時にワークシートをスケールするための方法。

    印刷する時にワークシートをスケールするための方法を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.ScalingType

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 割り当てた値が PrintOptions.scalingType 列挙体で定義されていません。

    備考

    これが UseScalingFactor の値に設定されている場合、PrintOptions.scalingFactor は印刷されるページでワークシートを統一してスケールするために使用されます。

    これが FitToPages の値に設定されている場合、PrintOptions.maxPagesHorizontally および PrintOptions.maxPagesVertically は、両方向で印刷されるワークシートを収めるために最大ページ数を設定するために使用されます。

  • startPageNumber

    .startPageNumber( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの最初の印刷されるページのページ数。

    ワークシートの最初の印刷されるページのページ数を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、-32765 および 32767 の有効範囲の外です。

    備考

    使用されるこの値については、PrintOptions.pageNumbering は UseStartPageNumberの値に設定する必要があります。

  • startPageNumber

    .startPageNumber( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの最初の印刷されるページのページ数。

    ワークシートの最初の印刷されるページのページ数を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、-32765 および 32767 の有効範囲の外です。

    備考

    使用されるこの値については、PrintOptions.pageNumbering は UseStartPageNumberの値に設定する必要があります。

  • topMargin

    .topMargin( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページの上側のマージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページの上側のマージン (インチ) を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • topMargin

    .topMargin( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの各印刷したページの上側のマージン (インチ)。

    ワークシートの各印刷したページの上側のマージン (インチ) を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 設定した値は 0 ~ 100 インチの有効なマージン範囲以外です。
  • verticalPageBreaks

    .verticalPageBreaks( );

    Worksheet 内の垂直改ページのコレクションを取得します。

  • verticalPageBreaks

    .verticalPageBreaks( index:number );
    返却型:
    ig.excel.VerticalPageBreak
    返却型の説明:
    PageBreak から派生したインスタンス。

    Worksheet 内の垂直改ページのコレクションを取得します。

    • index
    • タイプ:number
    • 取得する改ページのインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException index が 0 よりも小さいか PageBreakCollection`1.count 以上の場合に発生します。
  • verticalResolution

    .verticalResolution( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    DPI での垂直方向の印刷解像度。

    DPI での垂直方向の印刷解像度を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、0 および 65535 の有効範囲の外です。
  • verticalResolution

    .verticalResolution( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    DPI での垂直方向の印刷解像度。

    DPI での垂直方向の印刷解像度を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定される値は、0 および 65535 の有効範囲の外です。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.