ig.excel.WorksheetTable

テーブルとして書式設定されたセルの領域を表します。

備考

テーブルは、一定範囲の関連データを管理/分析する際に役立ちます。テーブル内のデータの管理は、ワークシート内にある他のデータとは別個に行えます。

テーブルには 1 つ以上の列が含まれ、並べ替えや絞り込みが行えるようになっています。列に適用できる並べ替え条件や絞り込み条件にはさまざまなタイプがあります。絞り込みに関するタイプは Infragistics.Documents.Excel.Filtering 名前空間で調べることができ、フィルターは、WorksheetTableColumn.filter プロパティを設定することによって列に適用できるようになります。並べ替えに関するタイプは Infragistics.Documents.Excel.Sorting 名前空間で調べることができ、列の並べ替えは、WorksheetTableColumn.sortCondition を設定することによって、もしくは WorksheetTable.sortSettings に関する SortSettings`1.sortConditions コレクションを作成することによって実現できます。

テーブルには、計算式に基づいて列値を動的に決定する集計列を含めることができます。WorksheetTableColumn は、WorksheetTableColumn.columnFormula の設定によって集計列にすることができます。

テーブルには、そのテーブルに関する集計情報を表示する集計行を含めることもできます。これは、 WorksheetTable.isTotalsRowVisible を True に設定することで表示できます。集計行の各列には、WorksheetTableColumn.totalLabelWorksheetTableColumn.totalFormula のいずれかを設定することにより、それぞれテキストまたは集計値を表示できるようになります。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • areaFormats

    .areaFormats( );

    WorksheetTable の各領域で使用される書式のコレクションを取得します。

    備考

    書式設定の対象として選択できるテーブル領域は、テーブル全体、ヘッダー、データ、および集計領域です。

    ある領域に書式を適用すると、その領域内のすべてのセルに同じ書式が適用されます。

    テーブルのサイズを変更して列の数を増やすときに特定のテーブル領域に関する書式を設定した場合、新しい列の領域書式設定がテーブルの領域書式設定と初期化されます。

  • areaFormats

    .areaFormats( area:ig.excel.WorksheetTableArea );
    返却型:
    ig.excel.IWorksheetCellFormat
    返却型の説明:
    指定した領域の外観を説明する IWorksheetCellFormat インスタンス。

    WorksheetTable の各領域で使用される書式のコレクションを取得します。

    • area
    • タイプ:ig.excel.WorksheetTableArea
    • 書式を取得したい領域。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 領域は定義されていません。
  • clearFilters

    .clearFilters( );

    テーブル内の列からフィルターをすべて消去します。

    備考

    このメソッドを呼び出したときにフィルターが存在していてフィルターの消去が実行された場合、テーブルのデータ領域にあって非表示になっていた行がすべて表示されるようになります。

  • clearSortConditions

    .clearSortConditions( );

    テーブルの列から並べ替え条件をすべて消去します。

    備考

    注: Microsoft Excel における場合と同じように、並べ替え条件を消去してもテーブルが元の未ソート状態に戻ることはありません。テーブルは最後に並べ替えられた状態のままです。

  • columns

    .columns( );

    このテーブル内にある列のコレクションを取得します。

    備考

    各列は WorksheetTableColumn インスタンスによって表され、コンテンツの制御や、列の書式/並べ替え/フィルター処理に関する各種設定値を備えています。

  • columns

    .columns( index:number );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetTableColumn
    返却型の説明:
    指定されたインデックスにある WorksheetTableColumn 。

    このテーブル内にある列のコレクションを取得します。

    • index
    • タイプ:number
    • 取得する列のインデックス (ゼロを基準とした数値)。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException インデックスが、ゼロ未満、またはコレクションに含まれる列数以上の値です。
  • columns

    .columns( name:string );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetTableColumn
    返却型の説明:
    指定されたインデックスにある WorksheetTableColumn 。

    このテーブル内にある列のコレクションを取得します。

    • name
    • タイプ:string
    • 取得する列の名前。

    備考

    各列は WorksheetTableColumn インスタンスによって表され、コンテンツの制御や、列の書式/並べ替え/フィルター処理に関する各種設定値を備えています。

  • dataAreaRegion

    .dataAreaRegion( );

    テーブルのデータ領域内にあるセル領域を表す WorksheetRegion を取得します。

    備考

    テーブルのデータ領域を Resize オーバーロードを使用して変更できます。

  • deleteColumns

    .deleteColumns( tableColumnIndex:number, [count:number] );

    1 列以上を表から削除します。

    • tableColumnIndex
    • タイプ:number
    • 削除は、表の最初の列から適用されます。
    • count
    • タイプ:number
    • オプション
    • 削除する列の数。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException 操作が許可されていない場合、例えばワークシートからデータが移動される恐れがある場合。
    ig.IndexOutOfRangeException インデックスが負の数の場合。
    ig.ArgumentOutOfRangeException カウントが 1 より小さい、または表に含まれる列数以上の値の場合。
  • deleteDataRows

    .deleteDataRows( dataRowIndex:number, [count:number] );

    表から 1 つ以上の行を削除します。

    • dataRowIndex
    • タイプ:number
    • 削除は、WorksheetTable.dataAreaRegion の最初の行から適用されます。
    • count
    • タイプ:number
    • オプション
    • 削除する行の数。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException 操作が許可されていない場合、例えばワークシートからデータが移動される恐れがある場合。
    ig.IndexOutOfRangeException インデックスが負の数の場合。
    ig.ArgumentOutOfRangeException カウントが 1 より小さい、または表に含まれる行数 (ヘッダーおよび合計行以外) 以上の値の場合。
  • displayBandedColumns

    .displayBandedColumns( );

    隔列書式を WorksheetTable の該当列に適用するどうかを示す値を取得または設定します。

    備考

    列の書式は、WorksheetTable に適用される WorksheetTableStyle によって決まります。こうした書式は、WorksheetTableStyle.areaFormats コレクションに収められ、.ColumnStripe 値および WorksheetTableStyleArea.ColumnStripe 値の参照キーが付けられます。AlternateColumnStripe 値に領域の書式が適用されていない場合、このプロパティはテーブルの表示に影響を与えません。

    この値が True であり、かつ、隔列ストライプに関する領域書式がない場合、ストライプの幅は WorksheetTableStyle.columnStripeWidthWorksheetTableStyle.alternateColumnStripeWidth の値によって定義されます。

  • displayBandedColumns

    .displayBandedColumns( value:boolean );

    隔列書式を WorksheetTable の該当列に適用するどうかを示す値を取得または設定します。

    • value
    • タイプ:boolean

    備考

    列の書式は、WorksheetTable に適用される WorksheetTableStyle によって決まります。こうした書式は、WorksheetTableStyle.areaFormats コレクションに収められ、.ColumnStripe 値および WorksheetTableStyleArea.ColumnStripe 値の参照キーが付けられます。AlternateColumnStripe 値に領域の書式が適用されていない場合、このプロパティはテーブルの表示に影響を与えません。

    この値が True であり、かつ、隔列ストライプに関する領域書式がない場合、ストライプの幅は WorksheetTableStyle.columnStripeWidthWorksheetTableStyle.alternateColumnStripeWidth の値によって定義されます。

  • displayBandedRows

    .displayBandedRows( );

    隔列書式を WorksheetTable の該当列に適用するどうかを示す値を取得または設定します。

    備考

    列の書式は、WorksheetTable に適用される WorksheetTableStyle によって決まります。こうした書式は、WorksheetTableStyle.areaFormats コレクションに収められ、WorksheetTableStyleArea.RowStripe 値および WorksheetTableStyleArea.AlternateRowStripe 値の参照キーが付けられます。AlternateRowStripe 値に関して適用される領域書式がない場合、このプロパティはテーブルの表示に影響を与えません。

    この値が True であり、かつ、隔列ストライプに関する領域書式がない場合、ストライプの幅は WorksheetTableStyle.rowStripeHeightWorksheetTableStyle.alternateColumnStripeWidth の値によって定義されます。

  • displayBandedRows

    .displayBandedRows( value:boolean );

    隔列書式を WorksheetTable の該当列に適用するどうかを示す値を取得または設定します。

    • value
    • タイプ:boolean

    備考

    列の書式は、WorksheetTable に適用される WorksheetTableStyle によって決まります。こうした書式は、WorksheetTableStyle.areaFormats コレクションに収められ、WorksheetTableStyleArea.RowStripe 値および WorksheetTableStyleArea.AlternateRowStripe 値の参照キーが付けられます。AlternateRowStripe 値に関して適用される領域書式がない場合、このプロパティはテーブルの表示に影響を与えません。

    この値が True であり、かつ、隔列ストライプに関する領域書式がない場合、ストライプの幅は WorksheetTableStyle.rowStripeHeightWorksheetTableStyle.alternateColumnStripeWidth の値によって定義されます。

  • displayFirstColumnFormatting

    .displayFirstColumnFormatting( );

    隔列書式を WorksheetTable の該当列に適用するどうかを示す値を取得または設定します。

    備考

    先頭列の書式は、WorksheetTableStyle に適用される によって決まります。この書式は、WorksheetTableStyle.areaFormats コレクションに収められ、WorksheetTableStyleArea.FirstColumn 値の参照キーが付けられます。FirstColumn 値に領域の書式が適用されていない場合、このプロパティはテーブルの表示に影響を与えません。

    テーブルの列が 1 つだけであるときに先頭列と最終列の両方の書式を適用した場合、最終列の書式が優先されることになります。

  • displayFirstColumnFormatting

    .displayFirstColumnFormatting( value:boolean );

    隔列書式を WorksheetTable の該当列に適用するどうかを示す値を取得または設定します。

    • value
    • タイプ:boolean

    備考

    先頭列の書式は、WorksheetTableStyle に適用される によって決まります。この書式は、WorksheetTableStyle.areaFormats コレクションに収められ、WorksheetTableStyleArea.FirstColumn 値の参照キーが付けられます。FirstColumn 値に領域の書式が適用されていない場合、このプロパティはテーブルの表示に影響を与えません。

    テーブルの列が 1 つだけであるときに先頭列と最終列の両方の書式を適用した場合、最終列の書式が優先されることになります。

  • displayLastColumnFormatting

    .displayLastColumnFormatting( );

    最後の列書式を WorksheetTable の該当列に適用するどうかを示す値を取得または設定します。

    備考

    最終列の書式は、WorksheetTable に適用される WorksheetTableStyle によって決まります。この書式は、WorksheetTableStyle.areaFormats コレクションに収められ、WorksheetTableStyleArea.LastColumn 値の参照キーが付けられます。LastColumn 値に関して適用される領域書式がない場合、このプロパティはテーブルの表示に影響を与えません。

    テーブルの列が 1 つだけであるときに先頭列と最終列の両方の書式を適用した場合、最終列の書式が優先されることになります。

  • displayLastColumnFormatting

    .displayLastColumnFormatting( value:boolean );

    最後の列書式を WorksheetTable の該当列に適用するどうかを示す値を取得または設定します。

    • value
    • タイプ:boolean

    備考

    最終列の書式は、WorksheetTable に適用される WorksheetTableStyle によって決まります。この書式は、WorksheetTableStyle.areaFormats コレクションに収められ、WorksheetTableStyleArea.LastColumn 値の参照キーが付けられます。LastColumn 値に関して適用される領域書式がない場合、このプロパティはテーブルの表示に影響を与えません。

    テーブルの列が 1 つだけであるときに先頭列と最終列の両方の書式を適用した場合、最終列の書式が優先されることになります。

  • headerRowRegion

    .headerRowRegion( );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetRegion
    返却型の説明:
    テーブルのヘッダー行にあるセル領域を表す WorksheetRegion が返されます。ヘッダー行が非表示になっている場合は null 値が返されます。

    テーブルのヘッダー行にあるセル領域を表す WorksheetRegion を取得します。

  • insertColumns

    .insertColumns( tableColumnIndex:number, [count:number] );

    表に 1 つ以上の列を挿入します。

    • tableColumnIndex
    • タイプ:number
    • 表の最初の列に対して適用される挿入ポイント。
    • count
    • タイプ:number
    • オプション
    • 挿入する列数

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException 操作が許可されていない場合、例えばワークシートからデータが移動される恐れがある場合。
    ig.IndexOutOfRangeException インデックスが負の数の場合。
    ig.ArgumentOutOfRangeException カウントが 1 より小さい場合。
  • insertDataRows

    .insertDataRows( dataRowIndex:number, [count:number] );

    表に 1 つ以上の行を挿入します。

    • dataRowIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetTable.dataAreaRegion の最初の行に対して適用される挿入ポイント。
    • count
    • タイプ:number
    • オプション
    • 挿入する列数

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException 操作が許可されていない場合、例えばワークシートからデータが移動される恐れがある場合。
    ig.IndexOutOfRangeException インデックスが負の数の場合。
    ig.ArgumentOutOfRangeException カウントが 1 より小さい場合。
  • isFilterUIVisible

    .isFilterUIVisible( );

    フィルターを許可し、テーブル ヘッダーにフィルター ボタンを表示するかどうかを示す値を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException 指定された値は True で、WorksheetTable.isHeaderRowVisible は False です。

    備考

    WorksheetTable.isHeaderRowVisible が False の場合、このプロパティは False でなければならず、True に設定するとエラーが発生します。 WorksheetTable.isHeaderRowVisible が True に設定されると、このプロパティも自動的に True に設定されます。

  • isFilterUIVisible

    .isFilterUIVisible( value:boolean );

    フィルターを許可し、テーブル ヘッダーにフィルター ボタンを表示するかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException 指定された値は True で、WorksheetTable.isHeaderRowVisible は False です。

    備考

    WorksheetTable.isHeaderRowVisible が False の場合、このプロパティは False でなければならず、True に設定するとエラーが発生します。 WorksheetTable.isHeaderRowVisible が True に設定されると、このプロパティも自動的に True に設定されます。

  • isHeaderRowVisible

    .isHeaderRowVisible( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    列のヘッダーを含んでいる行が表示される場合は True、非表示の場合は False。

    列ヘッダー行を表示するかどうかを示す値を取得します。

    備考

    ヘッダー行が表示されている場合、各データ列の上のセルに WorksheetTableColumn.name 値を含みます。したがって、どのヘッダー セルにも常に文字列値が表示されることになります。また、そうした文字列値はすべて一意の値をとります。

  • isHeaderRowVisible

    .isHeaderRowVisible( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    列のヘッダーを含んでいる行が表示される場合は True、非表示の場合は False。

    列ヘッダー行を表示するかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean

    備考

    ヘッダー行が表示されている場合、各データ列の上のセルに WorksheetTableColumn.name 値を含みます。したがって、どのヘッダー セルにも常に文字列値が表示されることになります。また、そうした文字列値はすべて一意の値をとります。

  • isTotalsRowVisible

    .isTotalsRowVisible( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    列集計値を含んでいる行が表示される場合は True、非表示の場合は False。

    列の合計を含む行を表示するかどうかを示す値を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException この値が True に設定され、テーブルはワークシートの最後の行を占有します。

    備考

    集計行が表示されている場合、各データ列の下には、集計値やテキスト値を示すセル、もしくは空のセルが表示されます。 このセルに集計値を表示するには、WorksheetTableColumn.totalFormula を設定します。テキストのラベルを表示するには、WorksheetTableColumn.totalLabel を設定します。両方を設定した場合、集計値が優先されます。

  • isTotalsRowVisible

    .isTotalsRowVisible( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    列集計値を含んでいる行が表示される場合は True、非表示の場合は False。

    列の合計を含む行を表示するかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException この値が True に設定され、テーブルはワークシートの最後の行を占有します。

    備考

    集計行が表示されている場合、各データ列の下には、集計値やテキスト値を示すセル、もしくは空のセルが表示されます。 このセルに集計値を表示するには、WorksheetTableColumn.totalFormula を設定します。テキストのラベルを表示するには、WorksheetTableColumn.totalLabel を設定します。両方を設定した場合、集計値が優先されます。

  • reapplyFilters

    .reapplyFilters( );

    テーブル内の列に定義されているフィルターに基づいてテーブル内の全データ セルにフィルターを適用しなおします。

    備考

    フィルターは、テーブル データの変更に伴って絶えず評価しなおされるというわけではありません。フィルターがテーブルに適用されるのは、テーブル列のフィルターが追加または削除されたときや、ReapplyFilters メソッドが呼び出されたときだけです。

    どのテーブル列にもフィルターが設定されていない場合、このメソッドは列データに対して何も行いません。

    注: フィルターを評価しなおした場合、テーブル列のフィルター条件を満たしていないセルがあると、そうしたセルの行は表示されなくなります。フィルター アウトされた行がある場合、その行全体がワークシートで非表示になるため、同じ行のデータは、テーブルの外側にあっても表示されなくなります。

  • reapplySortConditions

    .reapplySortConditions( );

    テーブル内の列に定義されている並べ替え条件に基づいてテーブル内の全データ セルに並べ替え条件を適用しなおします。

  • resize

    .resize( headerAndDataRegion:ig.excel.WorksheetRegion );

    テーブルをワークシートの新しいデータの範囲にサイズ変更します。

    • headerAndDataRegion
    • タイプ:ig.excel.WorksheetRegion
    • 表示される場合、1 つ以上のデータ行を持って、重複して、現在のテーブル領域と同じトップ位置を持つテーブルのヘッダーおよびデータの新しい領域。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException WorksheetTable がワークシートから削除された場合に発生します。
    ig.InvalidOperationException WorksheetTable がワークシートから削除された場合に発生します。
    ig.ArgumentNullException headerAndDataRegion が null の場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。

    備考

    合計行が表示される場合、自動的に最後のデータ行の下に配置されます。合計行が新しいテーブル領域にある場合、新しいデータ行の下に移動されます。新しいデータ行が 1 行上に移動されます。

  • resize

    .resize( headerAndDataRegionAddress:string );

    テーブルをワークシートの新しいデータの範囲にサイズ変更します。

    • headerAndDataRegionAddress
    • タイプ:string
    • 表示される場合、1 つ以上のデータ行を持って、重複して、現在のテーブル領域と同じトップ位置を持つテーブルのヘッダーおよびデータの新しい領域のアドレス。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException WorksheetTable がワークシートから削除された場合に発生します。
    ig.InvalidOperationException WorksheetTable がワークシートから削除された場合に発生します。
    ig.InvalidOperationException WorksheetTable がワークシートから削除された場合に発生します。
    ig.ArgumentNullException headerAndDataRegion が null の場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。

    備考

    合計行が表示される場合、自動的に最後のデータ行の下に配置されます。合計行が新しいテーブル領域にある場合、新しいデータ行の下に移動されます。新しいデータ行が 1 行上に移動されます。

  • resize

    .resize( headerAndDataRegionAddress:string, cellReferenceMode:ig.excel.CellReferenceMode );

    テーブルをワークシートの新しいデータの範囲にサイズ変更します。

    • headerAndDataRegionAddress
    • タイプ:string
    • 表示される場合、1 つ以上のデータ行を持って、重複して、現在のテーブル領域と同じトップ位置を持つテーブルのヘッダーおよびデータの新しい領域のアドレス。
    • cellReferenceMode
    • タイプ:ig.excel.CellReferenceMode
    • セル アドレスを解析する時に使用されるセル参照モード。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException WorksheetTable がワークシートから削除された場合に発生します。
    ig.InvalidOperationException WorksheetTable がワークシートから削除された場合に発生します。
    ig.InvalidOperationException WorksheetTable がワークシートから削除された場合に発生します。
    ig.ArgumentNullException headerAndDataRegion が null の場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。
    ig.ArgumentException 他のワークシートの headerAndDataRegion またはテーブルのワークシートから移動された場合に発生します。

    備考

    合計行が表示される場合、自動的に最後のデータ行の下に配置されます。合計行が新しいテーブル領域にある場合、新しいデータ行の下に移動されます。新しいデータ行が 1 行上に移動されます。

  • sortSettings

    .sortSettings( );

    テーブル データの並べ替え方式を決定する設定値を取得します。

    備考

    注: 並べ替え条件は、テーブル データの変更に伴って常に評価されるというわけではありません。並べ替え条件がテーブルに適用されるのは、テーブル列のフィルターが追加または削除されたときや、WorksheetTable.reapplySortConditions メソッドが呼び出されたときだけです。

  • style

    .style( );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetTableStyle
    返却型の説明:
    各種テーブル領域書式のデフォルトを定義する WorksheetTableStyle インスタンス。

    WorksheetTable で使用するスタイルを取得または設定します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値が、Workbook.customTableStyles または Workbook.standardTableStyles コレクションに存在しません。

    備考

    WorksheetTableStyle はテーブル内の各種領域で使用する書式を定義します。こうした書式は、まだ書式プロパティの設定されていないセルに関するデフォルトとして使用されます。

    WorksheetTableStyle に指定した領域書式は差分書式です。つまり、デフォルト以外の値に設定されているプロパティのみが該当セルに適用されます。領域書式で定義できるは、背景色またはフォント情報のみで、その書式はセルに適用されることになりますが、他の書式プロパティはすべて保持されます。

    この値を null 値に設定すると、Style は Workbook.defaultTableStyle に設定されます。

  • style

    .style( value:ig.excel.WorksheetTableStyle );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetTableStyle
    返却型の説明:
    各種テーブル領域書式のデフォルトを定義する WorksheetTableStyle インスタンス。

    WorksheetTable で使用するスタイルを取得または設定します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.WorksheetTableStyle

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値が、Workbook.customTableStyles または Workbook.standardTableStyles コレクションに存在しません。

    備考

    WorksheetTableStyle はテーブル内の各種領域で使用する書式を定義します。こうした書式は、まだ書式プロパティの設定されていないセルに関するデフォルトとして使用されます。

    WorksheetTableStyle に指定した領域書式は差分書式です。つまり、デフォルト以外の値に設定されているプロパティのみが該当セルに適用されます。領域書式で定義できるは、背景色またはフォント情報のみで、その書式はセルに適用されることになりますが、他の書式プロパティはすべて保持されます。

    この値を null 値に設定すると、Style は Workbook.defaultTableStyle に設定されます。

  • toString

    .toString( );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    テーブルの文字列表現。

    テーブルの文字列表現を取得します。

  • totalsRowRegion

    .totalsRowRegion( );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetRegion
    返却型の説明:
    テーブルの集計行にあるセル領域を表す WorksheetRegion が返されます。集計行が非表示になっている場合は null 値が返されます。

    テーブルのすべての行にあるセル領域を表す WorksheetRegion を取得します。

  • wholeTableRegion

    .wholeTableRegion( );

    テーブル全体に含まれるセル領域 (ヘッダーや集計行が表示される場合にはそれらを含めた全表示領域) を表す WorksheetRegion を取得します。

    備考

    テーブルの領域を Resize オーバーロードを使用して変更できます。

  • worksheet

    .worksheet( );
    返却型:
    ig.excel.Worksheet
    返却型の説明:
    このテーブルの所属する Worksheet が返されます。このテーブルが親 Worksheet から削除されている場合は null 値が返されます。

    このテーブルが属する WorksheetTable.worksheet を取得します。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.