loader

loader_image

Infragistics Loader クラスは、Infragistics Loader クラスプロパティを JavaScript パス、カスケード スタイル シート パスおよびリソースとして初期化することを可能にする静的オブジェクトコンポーネントを通して使用することも可能です。

このローダーが、すべてのリソースがページにロードされることを認識すると、jQuery で document ready イベントとほとんど同じように動作するコールバックが実行されます。以下のコード スニペットは、Infragistics Loader 静的オブジェクトを初期化する方法を示します。

コード サンプル

        <!doctype html>
        <html>
        <head>
            <!-- jQuery Core -->
            <script src="js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
            <!-- jQuery UI -->
            <script src="js/jquery-ui.js" type="text/javascript"></script>
            <!-- Infragistics Loader Script -->
            <script src="js/infragistics.loader.js" type="text/javascript"></script>
            <script src="js/adventureWorks.min.js" type="text/javascript"></script>
            <!-- Infragistics Loader Initialization -->
            <script type="text/javascript">
                $.ig.loader({
                    scriptPath: "js/",
                    cssPath: "css/",
                    resources: "igGrid.Sorting"
                });
        
                $(function () {
                    $("#grid1").igGrid({
                        autoGenerateColumns: false,
                        columns: [
                            { headerText: "Product ID", key: "ProductID", dataType: "number" },
                            { headerText: "Product Name", key: "Name", dataType: "string" },
                            { headerText: "Product Number", key: "ProductNumber", dataType: "string" },
                            { headerText: "Standard Cost", key: "StandardCost", dataType: "number" }
                        ],
                        dataSource: adventureWorks,
                        height: "400px",
                        features: [{
                            name: "Sorting",
                            type: "local",
                            mode: "multiple"
                        }]
                    });
                });
            </script>
        </head>
        <body>
            <table id="grid1"></table>
        </body>
        </html>
        

関連サンプル

関連トピック

依存関係

このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • loader

    new $.loader( [param1:object], [param2:string], [param3:function] );

    jQuery の document ready ステートメントと同様に使用できる静的オブジェクト。
    コールバックは、ドキュメントが準備完了となるまで起動されません。
    オプションで任意の順序で渡すことができる 3 つのパラメーターすべてを受け入れます。
    returns="object" type="$.ig.loaderClass" ローダー クラス実装のインスタンスを返します。

    実例:

    1. 初期化して、以下の渡されたオプションを通してすべてを通知します:

    $.ig.loader({
    scriptPath: '../../../Source/ClientUI/js/',
    cssPath: '../../../Source/ClientUI/css/',
    resources: 'igGrid.*,igTree',
    ready: function () {} });


    2. 個別に初期化して、後で通知します。

    $.ig.loader({
    scriptPath: '../../../Source/ClientUI/js/',
    cssPath: '../../../Source/ClientUI/css/',
    resources: 'igGrid'});

    $.ig.loader(function () {
    // 1 組の igGrids を作成します
    $("#grid1").igGrid({
    virtualization: false,
    autoGenerateColumns: true,
    ...
    }
    }

    3. 個別の初期化によりオンデマンドでリソースを読み込みます。

    $.ig.loader({
    scriptPath: '../../../Source/ClientUI/js/',
    cssPath: '../../../Source/ClientUI/css/'
    });

    $.ig.loader('igGrid', function () {
    // 1 組の igGrids を作成します
    $("#grid1").igGrid({
    virtualization: false,
    autoGenerateColumns: true,
    ...
    }
    }

    4. チェーン化されたメソッドを使用します。

    $.ig.loader().load('igGrid', function () {...}).load('igTree', function() {...});.

    • param1
    • タイプ:object
    • オプション
    • 初期化オブジェクト。loaderClass の設定参照。
    • param2
    • タイプ:string
    • オプション
    • 読み込むリソースのコンマ区切りのリスト
    • param3
    • タイプ:function
    • オプション
    • すべてのリソースが読み込まれ、使用する準備ができたときに呼び出すコールバック関数。

    コード サンプル

      
            $.ig.loader({
                scriptPath: "js/", 
                cssPath: "css/", 
                resources: "igGrid.*,igTree", 
                ready: function () { onReady(); } 
            });
          

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.