ig.excel.IWorkbookFont

関連するコンテキストでセルのフォントを表します。

備考

フォントのプロパティがデフォルト値を持つ場合、解決チェインの前のフォントの値が使用されます。解決の優先度は次の通りです: セル (最高優先度) デフォルトのセル書式 (最低優先度) たとえば、列のフォントが青、太字で、行のフォントが斜体、非太字の場合、行と列の交差セルのフォントは保存されたブックで青、斜体テキストになります。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • bold

    .bold( );

  • bold

    .bold( value:boolean );

    • value
    • タイプ:boolean
  • colorInfo

    .colorInfo( );
    返却型:
    ig.excel.WorkbookColorInfo
    返却型の説明:
    フォントの前景色。

    フォントの前景色を取得します。

  • colorInfo

    .colorInfo( value:ig.excel.WorkbookColorInfo );
    返却型:
    ig.excel.WorkbookColorInfo
    返却型の説明:
    フォントの前景色。

    フォントの前景色を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.WorkbookColorInfo
  • height

    .height( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    フォントのトゥイップでの高さ(1 ポイントの 1/20)。

    フォントのトゥイップでの高さ(1 ポイントの 1/20)を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定された値は正の数で、20 から 8180 の有効なフォントの高さ範囲の外です。

    備考

    負の値はデフォルト フォントの高さを示し、この場合はデフォルト フォントの高さが使用されます。

  • height

    .height( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    フォントのトゥイップでの高さ(1 ポイントの 1/20)。

    フォントのトゥイップでの高さ(1 ポイントの 1/20)を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定された値は正の数で、20 から 8180 の有効なフォントの高さ範囲の外です。

    備考

    負の値はデフォルト フォントの高さを示し、この場合はデフォルト フォントの高さが使用されます。

  • italic

    .italic( );

  • italic

    .italic( value:boolean );

    • value
    • タイプ:boolean
  • name

    .name( );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    フォント ファミリ名。

    フォント ファミリ名を取得します。

  • name

    .name( value:string );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    フォント ファミリ名。

    フォント ファミリ名を取得します。

    • value
    • タイプ:string
  • setFontFormatting

    .setFontFormatting( source:ig.excel.IWorkbookFont );

    すべてのフォントプロパティを特定のフォント書式設定に設定します。

    • source
    • タイプ:ig.excel.IWorkbookFont
    • ソースとなるフォント書式。
  • strikeout

    .strikeout( );

  • strikeout

    .strikeout( value:boolean );

    • value
    • タイプ:boolean
  • superscriptSubscriptStyle

    .superscriptSubscriptStyle( );
    返却型:
    ig.excel.FontSuperscriptSubscriptStyle
    返却型の説明:
    フォントが上付または下付であるかどうかを示す値。

    フォントが上付または下付であるかどうかを示す値を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、FontSuperscriptSubscriptStyle 列挙体で定義されません。
  • superscriptSubscriptStyle

    .superscriptSubscriptStyle( value:ig.excel.FontSuperscriptSubscriptStyle );
    返却型:
    ig.excel.FontSuperscriptSubscriptStyle
    返却型の説明:
    フォントが上付または下付であるかどうかを示す値。

    フォントが上付または下付であるかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.FontSuperscriptSubscriptStyle

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、FontSuperscriptSubscriptStyle 列挙体で定義されません。
  • underlineStyle

    .underlineStyle( );
    返却型:
    ig.excel.FontUnderlineStyle
    返却型の説明:
    フォントの下線スタイル。

    フォントの下線スタイルを取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、FontUnderlineStyle 列挙体で定義されません。
  • underlineStyle

    .underlineStyle( value:ig.excel.FontUnderlineStyle );
    返却型:
    ig.excel.FontUnderlineStyle
    返却型の説明:
    フォントの下線スタイル。

    フォントの下線スタイルを取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.FontUnderlineStyle

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、FontUnderlineStyle 列挙体で定義されません。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.