ig.JSONDataSource

ig.JSONDataSource_image

JSONDataSource は DataSource クラスを拡張したものであり、デフォルトで、タイプ オプションを「json」に設定します。JSONDataSource コンポーネントの API の詳細については、基本 DataSource コンポーネントの API マニュアルを参照してください。この API のクラス、オプション、イベント、メソッドおよびテーマの詳細については、上記の関連するタブを参照してください。

以下のコードは、JSONDataSource コントロールの初期化方法を示します。

この API を使用した作業方法の詳細についてはここをクリックしてください。JSONDataSource コントロールの必要なスクリプトおよびテーマを参照する方法については、 「Ignite UI で JavaScript リソースを使用する」および Ignite UI のスタイル設定とテーマを参照してください。

コード サンプル

 
<!doctype html>
<html>
<head>
    <!-- Infragistics Combined CSS -->
    <link href="css/themes/infragistics/infragistics.theme.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <link href="css/structure/infragistics.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <!-- jQuery Core -->
    <script src="js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- jQuery UI -->
    <script src="js/jquery-ui.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- Infragistics Combined Scripts -->
    <script src="js/infragistics.core.js" type="text/javascript"></script>
    
    <script type="text/javascript">
            var ds;
            var render = function (success, error) {
		        if (success) {
              var template = "<tr><td>${ProductID}</td><td>${Name}</td><td>${ProductNumber}</td></tr>",
              resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
              $("#table").html(resultHtml);

		        } else {
			        alert(error);
		        }
	        };
        
		    var adventureWorks = {
		        "Records": [{
			        "ProductID": 1,
			        "Name": "Adjustable Race",
			        "ProductNumber": "AR-5381"
		        }, {
			        "ProductID": 2,
			        "Name": "Bearing Ball",
			        "ProductNumber": "BA-8327"
		        }
	        ]};

	        $(function () {
			        var jsonSchema = new $.ig.DataSchema("json", {
				        fields: [{
					        name: "ProductID",
					        type: "number"
				        }, {
					        name: "Name",
					        type: "string"
				        }, {
					        name: "ProductNumber",
					        type: "string"
				        }],
				        searchField: "Records"
			        });

			        ds = new $.ig.JSONDataSource({
				        dataSource: adventureWorks,
				        responseDataKey: "Records",
				        schema: jsonSchema,
                        callback: render
			        });

			        ds.dataBind();
	        });
    </script>
</head>
<body>
	<table id="table"></table>
</body>
</html>
    

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery-1.9.1.js
infragistics.util.js
infragistics.util.jquery.js
  • settings

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    Infragistics データ ソースのクライアント側コンポーネントはクラスとして実装され、ページング、並べ替え、フィルタリングをサポートします。
    JSON、XML、HTML テーブル、WCF/REST サービス、JSONP、JSONP および結合した OData など、各種のデータ ソースに対するバインドをサポートしています。

    コード サンプル

     
    			var render = function (success, error) {
    				if (success) {
    					var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
    					resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
    					$("#table").html(resultHtml);
    				} else {
    					alert(error);
    				}
    			}
    
    			var ds;
    
    			$(window).load(function () {
    			var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    			ds = new $.ig.JSONDataSource({
    			callback: render,
    			dataSource: url,
    			schema: {
    				fields: [{
    					name: "Name"
    				}, {
    					name: "Price"
    				}, {
    					name: "Rating"
    				}],
    					searchField: "d"
    			},
    			responseDataKey: "d",
    			responseDataType: "jsonp",
    			filtering: {
    				type: "remote",
    				filterExprUrlKey: "filter",
    				expressions: [{
    					fieldName: "Name",
    					cond: "Contains",
    					expr: "Cr"
    				}]
    			},
    			paging: {
    				enabled: true,
    				pageSize: 3,
    				type: "local"
    			}
    			});
    
    			ds.dataBind();
    			});
    		 
    • aggregateTransactions
      継承

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      true に設定した場合、次の動作を実行します:
      新しい行が追加された後に削除された場合、トランザクションはログに追加されません。
      行またはセルが編集された場合、値は元の値に戻され、トランザクションも削除されます。
      注: このオプションは、autoCommit が false に設定される場合のみに適用されます。

      コード サンプル

       
      				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
      					aggregateTransactions: true,
      					dataSource: arrayOfObjects
      				});
      			 
    • autoCommit
      継承

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      自動コミットが True の場合、saveChanges() によって値または値の組が更新されると、データは自動的にデータ ソースにコミットされます。

      コード サンプル

       
      				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
      					autoCommit: true
      				});
      			 
    • callback
      継承

      タイプ:
      function
      デフォルト:
      null

      データ バインドの完了時に呼び出すコールバック関数。

      コード サンプル

       
      				var render = function (success, error) {
      					if (success) {
      						alert("success");
      					} else {
      						alert(error);
      					}
      				}
      
      				$(window).load(function () {
      					var url = "http://odata.netflix.com/Catalog/Titles?$format=json&$callback=?";
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						type: "remoteUrl",
      						callback: render,
      						dataSource: url,
      						schema: oDataSchema,
      						responseDataKey : "d.results",
      						responseDataType: "jsonp",
      					});
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
    • callee
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      コールバック関数を呼び出す対象となるオブジェクト。

      コード サンプル

       
      				var Bob = {
      					name: "Bob",
      					greet: function () {
      						alert("Hi, I'm " + this.name);
      					}
      				};
      
      				var products = [];
      				products[0] = {
      					"ProductID": 1,
      					"Name": "Adjustable Race",
      					"ProductNumber": "AR-5381"
      				};
      				products[1] = {
      					"ProductID": 2,
      					"Name": "Bearing Ball",
      					"ProductNumber": "BA-8327"
      				};
      
      				var ds;
      
      				$(document).ready(function () {
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						dataSource: products,
      						callee: Bob,
      						callback: Bob.greet
      					});
      
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
    • data
      継承

      タイプ:
      array
      デフォルト:
      []
      要素タイプ:
      object

      これは、データ ソースからフェッチされた後の正規化された (変換された) 結果データです。

      コード サンプル

       
      				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
      					data: normalizedArrayOfObjects
      				});
      			 
    • dataBinding
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      クライアント側の dataBinding イベント。関数名を指す文字列または関数を指すオブジェクトが可能です。

      コード サンプル

       
      				var myDataBinding = function () {
      					alert("myDataBinding");
      				}
      
      				var products = [];
      				products[0] = {
      					"ProductID": 1,
      					"Name": "Adjustable Race",
      					"ProductNumber": "AR-5381"
      				};
      				products[1] = {
      					"ProductID": 2,
      					"Name": "Bearing Ball",
      					"ProductNumber": "BA-8327"
      				};
      
      				var ds;
      
      				$(window).ready(function () {
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						dataBinding: myDataBinding,
      						dataSource: products
      					});
      				});
      			 
    • dataBound
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      クライアント側の dataBound イベント。関数名を指す文字列または関数を指すオブジェクトが可能です。

      コード サンプル

       
      				var myDataBound = function () {
      					alert("myDataBound");
      				}
      
      				var products = [];
      				products[0] = {
      					"ProductID": 1,
      					"Name": "Adjustable Race",
      					"ProductNumber": "AR-5381"
      				};
      				products[1] = {
      					"ProductID": 2,
      					"Name": "Bearing Ball",
      					"ProductNumber": "BA-8327"
      				};
      
      				var ds;
      
      				$(window).ready(function () {
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						dataBound: myDataBound
      					});
      
      					ds.dataBind();
      
      				});
      			 
    • dataSource
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      これはデータのソースです。正規化されていません。配列、JSON オブジェクトへの参照、HTML テーブルの DOM 要素、または関数が可能です。

      コード サンプル

       
      				var jsonSchema = new $.ig.DataSchema("json", {fields:[
      					{name: "ProductID", type: "number"},
      					{name: "Name", type: "string"},
      					{name: "ProductNumber", type: "string"},
      					{name: "Color", type: "string"},
      					{name: "StandardCost", type: "string"}],
      					searchField:"Records" });
      
      				ds = new $.ig.JSONDataSource({type: "json", dataSource: jsonData, schema: jsonSchema});
      				ds.dataBind();
      			 
    • fields
      非推奨

      タイプ:
      array
      デフォルト:
      []
      要素タイプ:
      object

      *** 重要な注意: オプションは非推奨です ***
      データ ソースのスキーマを指定するフィールド定義のリスト。
      フィールド オブジェクトの説明: {name, [type], [xpath]}。

      コード サンプル

       
      				var products = [];
      				products[0] = {
      					"ProductID": 1,
      					"Name": "Adjustable Race",
      					"ProductNumber": "AR-5381"
      				};
      				products[1] = {
      					"ProductID": 2,
      					"Name": "Bearing Ball",
      					"ProductNumber": "BA-8327"
      				};
      
      				var ds;
      				$(window).ready(function () {
      
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						dataSource: products,
      						fields: [{
      							name: "ProductID",
      							type: "number"
      						}, {
      							name: "Name",
      							type: "string"
      						}, {
      							name: "ProductNumber",
      							type: "string"
      						}]
      					});
      
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
    • filtering
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      組み込みのフィルタリング機能に関連する設定。

      コード サンプル

       
      				jsonDs = new $.ig.JSONDataSource( {
      					filtering: {
      						type: "local",
      						caseSensitive: true,
      						applyToAllData: true
      					},
      					dataSource: jsonData
      				}).dataBind();
      			 
      • applyToAllData

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        true

        ページング、並べ替え、またはフィルタリングのタイプがローカルの場合、applyToAllData が True であると、ローカルに存在するデータ ソース全体に対してフィルタリングが実行されます。そうでない場合は、現在の dataView に対してのみ実行されます。タイプがリモートの場合、この設定は効果がありません。

        コード サンプル

         
        					jsonDs = new $.ig.JSONDataSource( {
        						filtering: {
        							type: "local",
        							caseSensitive: true,
        							applyToAllData: true
        						},
        						dataSource: jsonData
        					}).dataBind();
        				 
      • caseSensitive

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        false

        データの大文字と小文字を区別するフィルタリングを有効または無効にします。ローカルのフィルタリングでのみ機能します。

        コード サンプル

         
        					jsonDs = new $.ig.JSONDataSource( {
        						filtering: {
        							type: "local",
        							caseSensitive: true,
        							applyToAllData: true
        						},
        						dataSource: jsonData
        					}).dataBind();
        				 
      • customConditions

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        定義されるカスタム フィルター条件をオブジェクトとして含むオブジェクト。

        コード サンプル

         
        					jsonDs = new $.ig.DataSource( {
        						filtering: {
        							type: "local",
        							caseSensitive: true,
        							applyToAllData: true,
        							customConditions: [
        								BE: {
        								labelText: "BE",
        								expressionText: "BE-####",
        								requireExpr: false,
        								filterFunc: filterProductNumber
        								},
        								CA: {
        									labelText: "CA",
        									expressionText: "CA-####",
        									requireExpr: false,
        									filterFunc: filterProductNumber1
        								}
        							]
        						},
        						dataSource: jsonData
        					}).dataBind()
        					function filterProductNumber(value, expression, dataType, ignoreCase, preciseDateFormat) {
        						return value.startsWith("BE");
        					}
        					function filterProductNumber1(value, expression, dataType, ignoreCase, preciseDateFormat) {
        						return value.startsWith("CA");
        					}
        				 
      • customFunc

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        文字列または関数オブジェクトを指すことができます。渡されるパラメーターは、1) フィルタリングされるデータ配列、2) フィルタリングの式定義です。フィルターされたデータの配列を返します。

        コード サンプル

         
        					var ds;
        
        					var render = function (success, error) {
        						if (success) {
        							var expr = "Cr";
        							cond = "startsWith";
        
        							ds.filter([{
        								fieldName: "Name",
        								expr: expr,
        								cond: cond
        							}], true);
        
        							var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
        							resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
        							$("#table").html(resultHtml);
        						} else {
        							alert(error);
        						}
        					}
        
        
        					var myCustomFunc = function (fieldExpression, data) {
        						var result = [];
        						result[0] = data[0];
        						return result;
        					}
        
        					$(window).load(function () {
        						var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        							callback: render,
        							dataSource: url,
        							schema: {
        								fields: [{
        									name: "Name"
        								}, {
        									name: "Price"
        								}, {
        									name: "Rating"
        								}],
        								searchField: "d"
        							},
        							responseDataKey: "d",
        							responseDataType: "jsonp",
        							filtering: {
        								type: "remote",
        								customFunc: myCustomFunc
        							}
        						});
        						ds.dataBind();
        
        					});
        				 
      • defaultFields

        タイプ:
        array
        デフォルト:
        []
        要素タイプ:
        object

        データは dataBind() のすぐ後で予めフィルターされます。

        コード サンプル

         
        					$(window).load(function () {
        						var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        							callback: render,
        							dataSource: url,
        							schema: {
        								fields: [{
        									name: "Name"
        								}, {
        									name: "Price"
        								}, {
        									name: "Rating"
        								}],
        								searchField: "d"
        							},
        							responseDataKey: "d",
        							responseDataType: "jsonp",
        							filtering: {
        								type: "remote",
        								defaultFields: [{
        									fieldName: "Price",
        									cond:"GreaterThan",
        									expr: 20
        								}]
        							}
        						});
        						ds.dataBind();
        					});
        				 
      • expressions

        タイプ:
        array
        デフォルト:
        []
        要素タイプ:
        object

        式オブジェクトのリスト。以下のキーと値のペアが含まれます: fieldName、式 (検索文字列)、条件、ロジック (AND/OR)。

        コード サンプル

         
        					var url = "/demos/server/proxy.php?url=http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json";
        					ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback:render,
        						dataSource: url,
        						localSchemaTransform: false,
        						responseDataKey: "d",
        						filtering: {
        							expressions:[
        								{
        									fieldName: "Price",
        									cond:"GreaterThan",
        									expr: 20
        								}
        							]
        						},
        						schema: {
        							fields: [
        								{name : "Price"},
        								{name : "Name"},
        								{name: "Rating"}
        							],
        							searchField: "d"
        						}
        					});
        
        					ds.dataBind();
        				 
      • exprString

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        ""

        SQL のようなエンコードされた式文字列。「expressions」より優先があります。例: col2 > 100; col2 LIKE %test%。

        コード サンプル

         
        					var render = function (success, error) {
        						if (success) {
        							var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
        							resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
        							$("#table").html(resultHtml);
        						} else {
        							alert(error);
        						}
        					}
        
        					var ds;
        
        					$(window).load(function () {
        						var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        							callback: render,
        							dataSource: url,
        							schema: {
        								fields: [{
        									name: "Name"
        								}, {
        									name: "Price"
        								}, {
        									name: "Rating"
        								}],
        								searchField: "d"
        							},
        							responseDataKey: "d",
        							responseDataType: "jsonp",
        							filtering: {
        								type: "remote",
        								exprString: "Name LIKE Cr%"
        							}
        						});
        						ds.dataBind();
        					});
        				 
      • filterExprUrlKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        リモート フィルタリングが実行される場合に、要求の中でエンコードされる URL キー。デフォルト null は OData スタイルの URL エンコードを意味します。詳細は http://www.odata.org/developers/protocols/uri-conventions を参照してください。

        コード サンプル

         
        					var render = function (success, error) {
        						if (success) {
        							var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
        							resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
        							$("#table").html(resultHtml);
        						} else {
        							alert(error);
        						}
        					}
        
        					var ds;
        
        					$(window).load(function () {
        						var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        							callback: render,
        							dataSource: url,
        							schema: {
        								fields: [{
        									name: "Name"
        								}, {
        									name: "Price"
        								}, {
        									name: "Rating"
        								}],
        								searchField: "d"
        							},
        							responseDataKey: "d",
        							responseDataType: "jsonp",
        							filtering: {
        								type: "remote",
        								filterExprUrlKey: "filter",
        								expressions: [{
        									fieldName: "Name",
        									cond: "Contains",
        									expr: "Cr"
        								}]
        							}
        						});
        						ds.dataBind();
        					});
        				 
      • filterLogicUrlKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        "filterLogic"

        フィルタリング ロジックが AND か OR かどうかを示す、要求の中でエンコードされる URL キー。

        コード サンプル

         
        					var render = function (success, error) {
        						if (success) {
        							var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
        							resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
        							$("#table").html(resultHtml);
        						} else {
        							alert(error);
        						}
        					}
        
        					var ds;
        
        					$(window).load(function () {
        						var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        							callback: render,
        							dataSource: url,
        							schema: {
        								fields: [{
        									name: "Name"
        								}, {
        									name: "Price"
        								}, {
        									name: "Rating"
        								}],
        								searchField: "d"
        							},
        							responseDataKey: "d",
        							responseDataType: "jsonp",
        							filtering: {
        								type: "remote",
        								filterLogicUrlKey: "testFilterLogicUrlKey",
        								expressions: [{
        									fieldName: "Name",
        									cond: "Contains",
        									expr: "Cr",
        									logic: "OR"
        								}]
        							}
        						});
        						ds.dataBind();
        					});
        				 
      • type

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        remote

        フィルタリング タイプ。

        メンバー

        • remote
        • タイプ:string
        • パラメーターはエンコードされ、バックエンド次第で応答から解釈されます。
        • local
        • タイプ:string
        • データは自動的にクライアント側でフィルターされます。

        コード サンプル

         
                          jsonDs = new $.ig.JSONDataSource( {
                            filtering: { 
                                type: "local",
                                caseSensitive: true,
                                applyToAllData: true
                            }, 
                            dataSource: jsonData
                          });
                      
    • groupby
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      組み込みのグループ化機能に関連する設定。

      コード サンプル

       
      				ds = new $.ig.JSONDataSource({
      					dataSource: products,
      					groupby: {
      						defaultCollapseState: true
      					}
      				});
      
      				ds.dataBind();
      			 
      • defaultCollapseState

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        false

        デフォルトの縮小状態。

        コード サンプル

         
        					ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						dataSource: products,
        						groupby: {
        							defaultCollapseState: true
        						}
        					});
        				 
      • groupRecordKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        "__gbRecord"

        グループ データ ビューからのレコードがグループ レコードかどうかを決定するプロパティの名前。

        コード サンプル

         
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						dataSource: products,
        						groupby: {
        							groupRecordKey: "__gbRecord"
        						}
        					});
        					 
      • groupSummaryRecordKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        "__gbSummaryRecord"

        グループ データ ビューからのレコードが集計グループ レコードかどうかを決定するプロパティの名前。

        コード サンプル

         
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						dataSource: products,
        						groupby: {
        							groupRecordKey: "__gbRecord"
        						}
        					});
        					 
      • pagingMode

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        allRecords

        グループ化された列が 1 つ以上ある場合、ページングの適用方法を指定します。

        メンバー

        • allRecords
        • タイプ:string
        • ページングは、データおよびグループ化レコードなどのデータ以外のレコードを含むすべてのレコードに適用されます。
        • dataRecordsOnly
        • タイプ:string
        • ページングがデータ レコードのみに適用されます。データ以外のレコードはページング計算で無視されます。

        コード サンプル

         
        					ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						dataSource: products,
        						groupby: {
        							pagingMode: "allRecords"
        						}
        					});
        				 
      • summaries

        タイプ:
        array
        デフォルト:
        []
        要素タイプ:
        object

        各フィールドの集計を含むオブジェクトの配列。
        各集計オブジェクトに次の形式があります。{ field:"fieldName", summaryFunctions: [] }。summaryFunctions 配列が集計名 (avg、sum、count など) を含む、またはカスタム集計を計算するためのカスタム関数を含みます。

        コード サンプル

         
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						dataSource: data,
        						groupby: {
        							summaries: [
        							{
        								field:"Age",
        								summaryFunctions: ["avg","sum"]
        							},
        							{
        								field: "Name",
        								summaryFunctions: ["count", customFunc]
        							}]
        						}
        					});
        					 
      • summariesPosition

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        bottom

        各グループで各フィールドの集計位置を指定します。

        メンバー

        • top
        • タイプ:string
        • 各グループの上部に集計行が 1 行表示されます。
        • bottom
        • タイプ:string
        • 各グループの下部に集計行が 1 行表示されます。
        • both
        • タイプ:string
        • 各グループに集計行が 2 行表示されます。上部および下部にも表示されます。

        コード サンプル

         
        					ds = new $.ig.JSONDataSource({
        					dataSource: data,
        					groupby: {
        						summariesPosition: "top",
        						summaries: [
        						{
        							field:"Age",
        							summaryFunctions: ["avg","sum"]
        						},
        						{
        							field: "Name",
        							summaryFunctions: ["count", customFunc]
        						}]
        					}
        				});
        				 
    • id
      継承

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      "ds"

      これを設定する必要があるのは、データ ソースが文字列形式でテーブルに設定される場合だけです。非表示のダミー データ コンテナーを本文中に作成し、テーブル データをそれに追加する必要があります。

      コード サンプル

       
      				var ds = $.ig.DataSource({
      					id: "myId"
      				});
      			 
    • localSchemaTransform
      継承

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      true

      False に設定すると、JavaScript コード内でローカルに定義されている場合でもスキーマの変換が無効になります。

      コード サンプル

       
      				var url = "/demos/server/proxy.php?url=http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json";
      				ds = new $.ig.JSONDataSource({
      					callback:render,
      					dataSource: url,
      					localSchemaTransform: false,
      					responseDataKey: "d",
      					schema: {fields: [
      						{name : "Price"},
      						{name : "Name"},
      						{name: "Rating"}
      					]}
      				});
      
      				ds.dataBind();
      			 
    • outputResultsName
      継承

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      これは、実際の結果レコードが配置される dataView 内のプロパティです。(つまり、これが定義される場合、dataView は配列ではなくオブジェクトです)、潜在的なデータ ソース変換の後。

      コード サンプル

       
      				var render = function (success, error) {
      					if (success) {
      						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
      						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
      						$("#table").html(resultHtml);
      					} else {
      						alert(error);
      					}
      				}
      				var ds;
      				$(window).load(function () {
      					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						callback: render,
      						dataSource: url,
      						schema: {
      							fields: [{
      								name: "Name"
      							}, {
      								name: "Price"
      							}, {
      								name: "Rating"
      							}],
      							searchField: "d"
      						},
      						responseDataKey: "d",
      						responseDataType: "jsonp",
      						outputResultsName: "myOutputResultsName"
      					});
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
    • paging
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      組み込みのページング機能に関連する設定。

      コード サンプル

       
      				$(window).load(function () {
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						type: "json",
      						dataSource: adventureWorks,
      						responseDataKey: "Records",
      						paging: {
      							enabled : true,
      							pageSize:10,
      							type: "local"
      						}
      					});
      
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
      • appendPage

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        false

        データの新しいページが要求される場合、新しいデータを依存のデータに追加するかどうかを決定します。

        コード サンプル

         
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						dataSource: products,
        						paging: {
        							enabled: true,
        							appendPage : true
        						}
        					});
        				 
      • enabled

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        false

        ページングはデフォルトで有効ではありません。

        コード サンプル

         
        					ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						type: "json",
        						dataSource: adventureWorks,
        						responseDataKey: "Records",
        						paging: {
        							enabled : true,
        							pageSize:10,
        							type: "local"
        						}
        					});
        				 
      • pageIndex

        タイプ:
        number
        デフォルト:
        0

        現在のページのインデックスです。

        コード サンプル

         
        					ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						type: "json",
        						dataSource: adventureWorks,
        						responseDataKey: "Records",
        						schema: jsonSchema,
        						paging:
        						{
        							enabled : true,
        							pageSize:10,
        							type: "local",
        							pageIndex: 2
        						}
        					});
        					ds.dataBind();
        				 
      • pageIndexUrlKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        現在要求されているページ インデックスを説明するエンコードされた URL パラメーターの名前を示します。

        コード サンプル

         
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						type: "json",
        						dataSource: adventureWorks,
        						responseDataKey: "Records",
        						paging: {
        							enabled: true,
        							pageSize: 10,
        							pageIndex: 2,
        							pageIndexUrlKey: "myPageIndexUrlKey",
        							type: "local"
        						}
        					});
        				 
      • pageSize

        タイプ:
        number
        デフォルト:
        5

        各ページのレコード数。

        コード サンプル

         
        					ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						type: "json",
        						dataSource: adventureWorks,
        						responseDataKey: "Records",
        						paging: {
        							enabled : true,
        							pageSize:10,
        							type: "local"
        						}
        					});
        				 
      • pageSizeUrlKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        現在要求されているページ サイズを説明するエンコードされた URL パラメーターの名前を示します。

        コード サンプル

         
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						type: "json",
        						dataSource: adventureWorks,
        						responseDataKey: "Records",
        						paging: {
        							enabled: true,
        							pageSize: 10,
        							pageSizeUrlKey: "myPageSizeUrlKey",
        							type: "local"
        						}
        					});
        				 
      • type

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        remote

        ページング操作のタイプ。

        メンバー

        • local
        • タイプ:string
        • データはクライアント側でページングされます。
        • remote
        • タイプ:string
        • リモート要求が完了し、URL パラメーターがエンコードされました。

        コード サンプル

         
        					jsonDs = new $.ig.JSONDataSource( {
        						filtering: {
        							type: "local",
        							caseSensitive: true,
        							applyToAllData: true
        						},
        						dataSource: jsonData
        					}).dataBind();
        				 
    • primaryKey
      継承

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      一意のフィールド識別子。

      コード サンプル

       
      				$(window).load(function () {
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						primaryKey: "CustomerID",
      						type: "json",
      						dataSource: adventureWorks,
      						responseDataKey: "Records",
      					});
      
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
    • requestType
      継承

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      "GET"

      要求を送信する HTTP 動詞を指定します。

      コード サンプル

       
      				$(window).load(function () {
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						primaryKey: "CustomerID",
      						requestType: "get",
      						dataSource: "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?",
      						responseDataKey: "Records",
      					});
      
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
    • responseContentType
      継承

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      応答のコンテンツ タイプ。http://api.jquery.com/jQuery.ajax/ => contentType を参照してください。

      コード サンプル

       
      				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
      					type: "json",
      					dataSource: adventureWorks,
      					responseDataKey: "Records",
      					responseContentType: "application/x-www-form-urlencoded; charset=UTF8;"
      				});
      			 
    • responseDataKey
      継承

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      データ レコード配列を保持する場所を指定する応答内のプロパティ (応答がラップされる場合)。

      コード サンプル

       
      				var url = "http://odata.netflix.com/Catalog/Titles?$format=json&$callback=?";
      				var jsonp = new $.ig.JSONDataSource({
      					type: "json",
      					dataSource: url,
      					responseDataKey: "d.results"
      				});
      			 
    • responseDataType
      継承

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      null

      URL がデータ ソースとして設定された場合の応答タイプ。http://api.jquery.com/jQuery.ajax/ => dataType を参照してください。

      メンバー

      • json
      • タイプ:string
      • xml
      • タイプ:string
      • html
      • タイプ:string
      • script
      • タイプ:string
      • jsonp
      • タイプ:string
      • text
      • タイプ:string

      コード サンプル

       
      				var render = function (success, error) {
      					if (success) {
      						alert("success");
      					} else {
      						alert(error);
      					}
      				}
      				$(window).load(function () {
      					var url = "http://odata.netflix.com/Catalog/Titles?$format=json&$callback=?";
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						type: "remoteUrl",
      						callback: render,
      						dataSource: url,
      						schema: oDataSchema,
      						responseDataKey: "d.results",
      						responseDataType: "jsonp",
      					});
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
    • responseTotalRecCountKey
      継承

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      バックエンド内のレコードの総数を指定する応答内のプロパティ (ページングに必要です)。

      コード サンプル

       
      				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
      					type: "json",
      					dataSource: adventureWorks,
      					responseDataKey: "Records",
      					responseTotalRecCountKey: "1024"
      				});
      			 
    • rowAdded
      継承

      タイプ:
      function
      デフォルト:
      null

      行が追加されたときに呼び出される関数。
      関数は最初の引数に項目を、2 番目の引数に dataSource を取ります。
      item.row を使用して、追加された行への参照を取得します。
      item.rowId を使用して、行 ID を取得します。
      dataSource を使用して、$.ig.DataSource への参照を取得します。

      コード サンプル

       
      				$.ig.DataSource({
      					rowAdded: function (item, dataSource) {…}
      				});
      			 
    • rowDeleted
      継承

      タイプ:
      function
      デフォルト:
      null

      行が削除されたときに呼び出される関数。
      item.row を使用して、削除された行への参照を取得します。
      item.rowId を使用して、行 ID を取得します。
      item.rowIndex を使用して、行インデックスを取得します。
      dataSource を使用して、$.ig.DataSource への参照を取得します。

      コード サンプル

       
      				$.ig.DataSource({
      					rowDeleted: function (item, dataSource) {…}
      				});
      			 
    • rowInserted
      継承

      タイプ:
      function
      デフォルト:
      null

      行が挿入されたときに呼び出される関数。
      関数は最初の引数に項目を、2 番目の引数に dataSource を取ります。
      item.row を使用して、挿入された行への参照を取得します。
      item.rowId を使用して、行 ID を取得します。
      item.rowIndex を使用して、行インデックスを取得します。
      dataSource を使用して、$.ig.DataSource への参照を取得します。

      コード サンプル

       
      				$.ig.DataSource({
      					rowInserted: function (item, dataSource) {…}
      				});
      			 
    • rowUpdated
      継承

      タイプ:
      function
      デフォルト:
      null

      行が更新 (編集) されたときに呼び出される関数。
      関数は最初の引数に項目を、2 番目の引数に dataSource を取ります。
      item.rowIndex を使用して、行インデックスを取得します。
      item.newRow を使用して、更新された行への参照を取得します。
      item.oldRow を使用して、更新された行への参照を取得します。
      dataSource を使用して、$.ig.DataSource への参照を取得します。

      コード サンプル

       
      				$.ig.DataSource({
      					rowUpdated: function (item, dataSource) {…}
      				});
      			 
    • schema
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      データのどのフィールドにバインドするかを定義するスキーマ オブジェクト。

      コード サンプル

       
      				var jsonSchema = new $.ig.DataSchema("json", {fields:[
      					{name: "ProductID", type: "number"},
      					{name: "Name", type: "string"},
      					{name: "ProductNumber", type: "string"},
      					{name: "Color", type: "string"},
      					{name: "StandardCost", type: "string"}],
      					searchField:"Records" });
      
      				ds = new $.ig.JSONDataSource({
      					type: "json",
      					dataSource: jsonData,
      					schema: jsonSchema
      				});
      				ds.dataBind();
      			 
    • serializeTransactionLog
      継承

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      true

      True の場合、リモート要求によってコミットが実行されると、更新された値のトランザクション ログ (もしあれば) を必ずシリアル化します。

      コード サンプル

       
      				$.ig.DataSource({
      					serializeTransactionLog: false
      				});
      			 
    • sorting
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      組み込みの並べ替え機能に関連する設定。

      コード サンプル

       
      				$(window).load(function () {
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						type: "json",
      						dataSource: adventureWorks,
      						sorting: {
      							type: "local",
      							caseSensitive: true
      						}
      					});
      
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
      • applyToAllData

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        true

        並べ替えタイプがローカルの場合、applyToAllData が True であると、並べ替えは、ローカルに存在するデータ ソース全体に対して実行されます。そうでない場合は、現在の dataView に対して実行されます。並べ替えのタイプがリモートの場合、この設定は効果がありません。

        コード サンプル

         
        					jsonDs = new $.ig.JSONDataSource({
        						sorting: {
        							type: "local",
        							applyToAllData: true
        						},
        						dataSource: jsonData
        					}).dataBind();
        				 
      • caseSensitive

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        false

        並べ替えが大文字と小文字を区別するかどうかを指定します。ローカルの並べ替えでのみ操作します。

        コード サンプル

         
        					$(window).load(function () {
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        							type: "json",
        							dataSource: adventureWorks,
        							sorting: {
        								type: "local",
        								caseSensitive: true
        							}
        						});
        
        						ds.dataBind();
        					});
        				 
      • compareFunc

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        カスタムの比較並べ替え関数。次の引数を受けとります: フィールド、スキーマ、並べ替えが昇順かどうかを示すブール値、変換関数 (customConvertFunc オプションを確認する必要があります)。値が等しい場合、値 0 を返します。val1 > val2 の場合、値 0 を返します。val1 < val2 の場合、値 -1 を返します。

        コード サンプル

         
        					var render = function (success, error) {
        						if (success) {
        							var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
        							resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
        							$("#table").html(resultHtml);
        						} else {
        							alert(error);
        						}
        					}
        
        					var myCompareFunc = function (fields, schema, reverse, convertf) {
        						return function (val1, val2) {
        							if (val1.Price > val2.Price) {
        								return 1;
        							}
        
        							if (val1.Price < val2.Price) {
        								return -1;
        							}
        
        							return 0;
        						}
        					}
        
        					var ds;
        					$(window).load(function () {
        						var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        							callback: render,
        							dataSource: url,
        							schema: {
        								fields: [{
        									name: "Name"
        								}, {
        									name: "Price"
        								}, {
        									name: "Rating"
        								}],
        								searchField: "d"
        							},
        							responseDataKey: "d",
        							responseDataType: "jsonp",
        							sorting: {
        								type: "local",
        								compareFunc: myCompareFunc,
        								defaultFields: [{
        									fieldName: "Price"
        								}]
        							}
        						});
        						ds.dataBind();
        					});
        				 
      • customConvertFunc

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        カスタム データ値の変換関数 (並べ替え関数から呼び出されます)。データ セルの値および列キーを受け取り、変換された値を返します。

        コード サンプル

         
        					var render = function (success, error) {
        						if (success) {
        							var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
        							resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
        							$("#table").html(resultHtml);
        						} else {
        							alert(error);
        						}
        					}
        
        					var myCompareFunc = function (fields, schema, reverse, convertf) {
        						return function (obj1, obj2) {
        							a = convertf(obj1);
        							b = convertf(obj2);
        
        							if (a > b) {
        								return 1;
        							}
        
        							if (a < b) {
        								return -1;
        							}
        
        							return 0;
        						}
        					}
        
        				var myCustomConvertFunc = function (obj) {
        						return obj.Price;
        					}
        
        					var ds;
        					$(window).load(function () {
        						var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        							callback: render,
        							dataSource: url,
        							schema: {
        								fields: [{
        									name: "Name"
        								}, {
        									name: "Price"
        								}, {
        									name: "Rating"
        								}],
        								searchField: "d"
        							},
        							responseDataKey: "d",
        							responseDataType: "jsonp",
        							sorting: {
        								type: "local",
        								compareFunc: myCompareFunc,
        								customConvertFunc: myCustomConvertFunc,
        								defaultFields: [{
        									fieldName: "Price"
        								}]
        							}
        						});
        						ds.dataBind();
        					});
        				 
      • customFunc

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        文字列または関数オブジェクトを指すことができるカスタムの並べ替え関数。関数が呼び出されると、次の引数が渡されます: データ配列、フィールド (フィールド定義の配列)、方向 ("asc" または "desc")。関数は並べ替えられたデータ配列を返す必要があります。

        コード サンプル

         
        					var render = function (success, error) {
        						if (success) {
        							var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
        							resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
        							$("#table").html(resultHtml);
        						} else {
        							alert(error);
        						}
        					}
        
        					var myCustomFunc = function (data, fields, direction) {
        						function myCompareFunc(obj1, obj2) {
        							if (direction == "desc") {
        								return obj2[fields[0].fieldName] - obj1[fields[0].fieldName];
        							}
        
        							return obj1[fields[0].fieldName] - obj2[fields[0].fieldName];
        						}
        						var result = data.sort(myCompareFunc);
        						return result;
        					}
        
        					var ds;
        					$(window).load(function () {
        						var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        							callback: render,
        							dataSource: url,
        							schema: {
        								fields: [{
        									name: "Name"
        								}, {
        									name: "Price"
        								}, {
        									name: "Rating"
        								}],
        								searchField: "d"
        							},
        							responseDataKey: "d",
        							responseDataType: "jsonp",
        							sorting: {
        								type: "local",
        								customFunc: myCustomFunc,
        								defaultFields: [{
        									fieldName: "Price"
        								}],
        								defaultDirection: "desc"
        							}
        						});
        						ds.dataBind();
        					});
        				 
      • defaultDirection

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        none

        並べ替えの方向。

        メンバー

        • none
        • タイプ:string
        • asc
        • タイプ:string
        • desc
        • タイプ:string

        コード サンプル

         
        					jsonDs = new $.ig.JSONDataSource({
        						sorting: {
        							type: "local",
        							defaultDirection: "asc"
        						},
        						dataSource: jsonData
        					}).dataBind();
        				 
      • defaultFields

        タイプ:
        array
        デフォルト:
        []
        要素タイプ:
        object

        defaultDirection が "none" でなく、defaultFields が指定されている場合、dataBind() のすぐ後に、データは最初に適宜並べ替えられます。

        コード サンプル

         
        					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback: render,
        						dataSource: url,
        						schema: {
        							fields: [{
        								name: "Name"
        							}, {
        								name: "Price"
        							}, {
        								name: "Rating"
        							}],
        							searchField: "d"
        						},
        						responseDataKey: "d",
        						responseDataType: "jsonp",
        						sorting: {
        							type: "local",
        							defaultFields: [{
        							fieldName: "Price"
        							}]
        						}
        					});
        				 
      • expressions

        タイプ:
        array
        デフォルト:
        []
        要素タイプ:
        object

        並べ替えの式のリスト。次のキー (およびそれぞれの値) で構成されます: fieldName、direction、および compareFunc (オプション)。

        コード サンプル

         
        					ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback: render,
        						dataSource: url,
        						localSchemaTransform: false,
        						responseDataKey: "d",
        						sorting: {
        							expressions:[
        								{
        									fieldName:"Rating",
        									dir:"asc"
        								},
        								{
        									fieldName:"Price", dir:"asc"
        								}
        							]
        						}
        					});
        				 
      • exprString

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        ""

        式よりも優先される「SQL ライクな」エンコードされた式の文字列です。sort() を参照してください。例: col2 > 100 ORDER BY asc。

        コード サンプル

         
        					function sortRemote() {
        						ds.settings.sorting.type = "remote";
        
        						// remote sort
        						ds.settings.sorting.exprString = "GNP " + dir;
        						ds.dataBind();
        					}
        				 
      • sortUrlAscValueKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        昇順の並べ替えの URL パラメーター値。デフォルトは null で、OData 規則を使用します。

        コード サンプル

         
        					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback: render,
        						dataSource: url,
        						schema: {
        							fields: [{
        								name: "Name"
        							}, {
        								name: "Price"
        							}, {
        								name: "Rating"
        							}],
        							searchField: "d"
        						},
        						responseDataKey: "d",
        						responseDataType: "jsonp",
        						sorting: {
        							type: "local",
        							sortUrlAscValueKey: "mySortUrlAscValueKey"
        						}
        					});
        				 
      • sortUrlDescValueKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        降順の並べ替えの URL パラメーター値。デフォルトは null で、OData 規則を使用します。

        コード サンプル

         
        					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback: render,
        						dataSource: url,
        						schema: {
        							fields: [
        								{name: "Name"},
        								{name: "Price"},
        								{name: "Rating"}
        							],
        							searchField: "d"
        						},
        						responseDataKey: "d",
        						responseDataType: "jsonp",
        						sorting: {
        							type: "local",
        							sortUrlDescValueKey: "mySortUrlDescValueKey"
        						}
        					});
        				 
      • sortUrlKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        並べ替えの式を URL 内でエンコードする方法を指定する URL パラメーター名。デフォルトは null で、OData 規則を使用します。

        コード サンプル

         
        					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback: render,
        						dataSource: url,
        						schema: {
        							fields: [
        								{name: "Name"},
        								{name: "Price"},
        								{name: "Rating"}
        							],
        							searchField: "d"
        						},
        						responseDataKey: "d",
        						responseDataType: "jsonp",
        						sorting: {
        							type: "local",
        							sortUrlKey: "mySortUrlKey"
        						}
        					});
        				 
      • type

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        remote

        並べ替えをローカルで適用するかリモートで (リモート要求によって) 適用するかを指定します。

        メンバー

        • remote
        • タイプ:string
        • local
        • タイプ:string

        コード サンプル

         
        					$(window).load(function () {
        						ds = new $.ig.JSONDataSource({
        							type: "json",
        							dataSource: adventureWorks,
        							sorting: {
        								type: "local",
        								caseSensitive: true
        							}
        						});
        						ds.dataBind();
        					});
        				 
    • summaries
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      組み込みの集計機能に関連する設定。

      コード サンプル

       
      				var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
      				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
      					callback: render,
      					dataSource: url,
      					schema: {
      						fields: [{
      							name: "Name"
      						}, {
      							name: "Price"
      						}, {
      							name: "Rating"
      						}],
      						searchField: "d"
      					},
      					responseDataKey: "d",
      					responseDataType: "jsonp",
      					summaries: {
      						type: "remote",
      						columnSettings: [{
      							columnKey: "Price",
      							allowSummaries: false,
      							summaryOperands: [{
      								type: "count",
      								active: true,
      								order: 0
      							}]
      						}],
      						summariesResponseKey: "d"
      					}
      				});
      			 
      • columnSettings

        タイプ:
        array
        デフォルト:
        []
        要素タイプ:
        object

        カスタム集計オプションを列ごとに指定する列設定のリスト。

        コード サンプル

         
        					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback: render,
        						dataSource: url,
        						schema: {
        							fields: [{
        								name: "Name"
        							}, {
        								name: "Price"
        							}, {
        								name: "Rating"
        							}],
        							searchField: "d"
        						},
        						responseDataKey: "d",
        						responseDataType: "jsonp",
        						summaries: {
        							columnSettings: [{
        								columnKey: "Price",
        								allowSummaries: false,
        								summaryOperands: [{
        									type: "count",
        									active: true,
        									order: 0
        								}]
        							}]
        						}
        
        					});
        				 
      • summariesResponseKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        "summaries"

        集計の応答からデータを取得するキー。集計がリモートの場合のみに使用されます。

        コード サンプル

         
        					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback: render,
        						dataSource: url,
        						schema: {
        							fields: [{
        								name: "Name"
        							}, {
        								name: "Price"
        							}, {
        								name: "Rating"
        							}],
        							searchField: "d"
        						},
        						responseDataKey: "d",
        						responseDataType: "jsonp",
        						summaries: {
        							summariesResponseKey: "d"
        						}
        					});
        				 
      • summaryExecution

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        afterfilteringandpaging

        いつ集計値を計算するかを決定します。

        メンバー

        • priortofilteringandpaging
        • タイプ:string
        • afterfilteringbeforepaging
        • タイプ:string
        • afterfilteringandpaging
        • タイプ:string

        コード サンプル

         
        					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback: render,
        						dataSource: url,
        						schema: {
        							fields: [{
        								name: "Name"
        							}, {
        								name: "Price"
        							}, {
        								name: "Rating"
        							}],
        							searchField: "d"
        						},
        						responseDataKey: "d",
        						responseDataType: "jsonp",
        						summaries: {
        							summaryExecution: "priortofilteringandpaging"
        						}
        					});
        				 
      • summaryExprUrlKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        "summaries"

        応答からデータを取得する URL キー。集計がリモートの場合のみに使用されます。

        コード サンプル

         
        					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback: render,
        						dataSource: url,
        						schema: {
        							fields: [{
        								name: "Name"
        							}, {
        								name: "Price"
        							}, {
        								name: "Rating"
        							}],
        							searchField: "d"
        						},
        						responseDataKey: "d",
        						responseDataType: "jsonp",
        						summaries: {
        							summaryExprUrlKey: "mySummaries"
        						}
        					});
        				 
      • type

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        remote

        集計をローカルまたはリモートで (リモート要求によって) 適用するかを指定します。

        メンバー

        • remote
        • タイプ:string
        • リモート要求が完了し、URL パラメーターがエンコードされました。
        • local
        • タイプ:string
        • データはクライアント側でページングされます。

        コード サンプル

         
        					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
        					var ds = new $.ig.JSONDataSource({
        						callback: render,
        						dataSource: url,
        						schema: {
        							fields: [{
        								name: "Name"
        							}, {
        								name: "Price"
        							}, {
        								name: "Rating"
        							}],
        							searchField: "d"
        						},
        						responseDataKey: "d",
        						responseDataType: "jsonp",
        						summaries: {
        							type: "remote"
        						}
        					});
        				 
    • type

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      "json"

      データ ソースのタイプ。

      コード サンプル

       
      				$(window).load(function () {
      					var url = "http://odata.netflix.com/Catalog/Titles?$format=json&$callback=?";
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						type: "remoteUrl",
      						callback: render,
      						dataSource: url,
      						schema: oDataSchema,
      						responseDataKey : "d.results",
      						responseDataType: "jsonp",
      					});
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
    • updateUrl
      継承

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      更新するリモート URL を指定します。saveChages() が呼び出されると、これに対してすぐにAJAX リクエストが実行されます。

      コード サンプル

       
      				var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
      				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
      					callback: render,
      					dataSource: url,
      					schema: {
      						fields: [{
      							name: "Name"
      						}, {
      							name: "Price"
      						}, {
      							name: "Rating"
      						}],
      						searchField: "d"
      					},
      					responseDataKey: "d",
      					responseDataType: "jsonp",
      					updateUrl: "http://example.com/myUpdateUrl/"
      
      				});
      			 
    • urlParamsEncoded
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      URL パラメーターがエンコードされた後に発生するイベント (リモート要求が実行されたとき)。関数名または関数オブジェクト自体を指すことができます。

      コード サンプル

       
      				var render = function (success, error) {
      					if (success) {
      						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
      						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
      						$("#table").html(resultHtml);
      					} else {
      						alert(error);
      					}
      				}
      
      				var myUrlParamsEncoded = function (item, params) {
      					alert("myUrlParamsEncoded");
      				}
      
      				var ds;
      				$(window).load(function () {
      					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						callback: render,
      						dataSource: url,
      						schema: {
      							fields: [{
      								name: "Name"
      							}, {
      								name: "Price"
      							}, {
      								name: "Rating"
      							}],
      							searchField: "d"
      						},
      						responseDataKey: "d",
      						responseDataType: "jsonp",
      						urlParamsEncoded: myUrlParamsEncoded
      					});
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
    • urlParamsEncoding
      継承

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      URL パラメーターがエンコードされる前に発生するイベント。関数名または関数オブジェクト自体を指すことができます。

      コード サンプル

       
      				var render = function (success, error) {
      					if (success) {
      						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
      						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
      						$("#table").html(resultHtml);
      					} else {
      						alert(error);
      					}
      				}
      
      				var myUrlParamsEncoding = function (item, params) {
      					alert("myUrlParamsEncoding");
      				}
      
      				var ds;
      				$(window).load(function () {
      					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
      					ds = new $.ig.JSONDataSource({
      						callback: render,
      						dataSource: url,
      						schema: {
      							fields: [{
      								name: "Name"
      							}, {
      								name: "Price"
      							}, {
      								name: "Rating"
      							}],
      							searchField: "d"
      						},
      						responseDataKey: "d",
      						responseDataType: "jsonp",
      						urlParamsEncoding: myUrlParamsEncoding
      					});
      					ds.dataBind();
      				});
      			 
このコントロールにイベントはありません。
  • ig.JSONDataSource
    コンストラクター

    new $.ig.JSONDataSource( options:object );

    • options
    • タイプ:object

    コード サンプル

     
                    var jsonSchema = new $.ig.DataSchema("json", {fields:[ 
    				{name: "ProductID", type: "number"},
    				{name: "Name", type: "string"},
    				{name: "ProductNumber", type: "string"},
    				{name: "Color", type: "string"}, 
    				{name: "StandardCost", type: "string"}],  
    				searchField:"Records" });
    			
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({dataSource: jsonData, schema: jsonSchema});
    				ds.dataBind();	
          
  • addNode
    継承

    .addNode( data:object );

    ツリー データ ソースに新しいノードを追加します。コミットまたはロール バックできるトランザクションを作成します。

    • data
    • タイプ:object
    • トランザクション データ。
  • addRow
    継承

    .addRow( rowId:object, rowObject:object, autoCommit:bool );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    .作成されたトランザクション オブジェクト。

    データ ソースに新しい行を追加します。コミットまたはロール バックできるトランザクションを作成します。

    • rowId
    • タイプ:object
    • レコード キー - primaryKey (文字列) またはインデックス (数) です。
    • rowObject
    • タイプ:object
    • 新しいレコード データ。
    • autoCommit
    • タイプ:bool
    • autoCommit が True の場合、データ ソースは自動的に更新され、トランザクションは蓄積されたトランザクション ログにそのまま格納されます。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    
    				var render = function (success, error) {
    					if (success) {
    					ds.addRow(123, {Name : "CD Player", Price : "40", Rating : "4"}, true);
    						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
    						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
    						$("#table").html(resultHtml);
    					} else {
    						alert(error);
    					}
    				}
    
    				$(window).load(function () {
    					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    					ds = new $.ig.JSONDataSource({
    						callback: render,
    						dataSource: url,
    						schema: {
    							fields: [
    								{name: "Name"},
    								{name: "Price"},
    								{name: "Rating"}
    							],
    							searchField: "d"
    						},
    						responseDataKey: "d",
    						responseDataType: "jsonp"
    					});
    					ds.dataBind();
    
    				});
    			 
  • allTransactions
    継承

    .allTransactions( );
    返却型:
    array

    保留されているまたはデータ ソースにコミットされたすべてのトランザクション オブジェクトのリストを返します。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    
    				var render = function (success, error) {
    					if (success) {
    						ds.addRow(123, {
    							Name: "CD Player",
    							Price: "40",
    							Rating: "4"
    						}, true);
    						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
    						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
    						console.log(ds.allTransactions());
    						$("#table").html(resultHtml);
    					} else {
    						alert(error);
    					}
    				}
    
    				$(window).load(function () {
    					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    					ds = new $.ig.JSONDataSource({
    						callback: render,
    						dataSource: url,
    						schema: {
    							fields: [{
    								name: "Name"
    							}, {
    								name: "Price"
    							}, {
    								name: "Rating"
    							}],
    							searchField: "d"
    						},
    						responseDataKey: "d",
    						responseDataType: "jsonp"
    					});
    					ds.dataBind();
    
    				});
    			 
  • analyzeDataSource
    継承

    .analyzeDataSource( );
    返却型:
    string

    dataSource 設定を解析し、データ ソースのタイプを自動的に決定します。データ ソースのタイプを返します。settings.type を参照してください。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    
    				var render = function (success, error) {
    					if (success) {
    					console.log(ds.analyzeDataSource());
    						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
    						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
    						$("#table").html(resultHtml);
    					} else {
    						alert(error);
    					}
    				}
    
    				$(window).load(function () {
    				var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					callback: render,
    					dataSource: url,
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    					});
    					ds.dataBind();
    				});
    			 
  • clearLocalFilter
    継承

    .clearLocalFilter( );

    元のデータにリセットしてページングを適用すると、データ ビューに適用されるローカル フィルターをクリアします。

    コード サンプル

     
    				ds.clearLocalFilter();
    			 
  • clearLocalSorting
    継承

    .clearLocalSorting( );

    元のデータにリセットしてページングを適用すると、データ ビューに適用されるローカル並べ替えをクリアします。

    コード サンプル

     
    				ds.clearLocalSorting();
    			 
  • commit
    継承

    .commit( [id:number] );

    ログにあるすべてのトランザクションについてデータ ソースを更新します。

    • id
    • タイプ:number
    • オプション
    • コミットするトランザクションの ID。ID が指定されていない場合、すべてのトランザクションをデータ ソースにコミットします。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    
    				var render = function (success, error) {
    					if (success) {
    						ds.addRow(123, {
    							Name: "CD Player",
    							Price: "40",
    							Rating: "4"
    						});
    						ds.commit();
    
    							var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
    							resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
    							$("#table").html(resultHtml);
    
    					} else {
    						alert(error);
    					}
    				}
    
    				$(window).load(function () {
    					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    					ds = new $.ig.JSONDataSource({
    						callback: render,
    						dataSource: url,
    						schema: {
    							fields: [{
    								name: "Name"
    							}, {
    								name: "Price"
    							}, {
    								name: "Rating"
    							}],
    							searchField: "d"
    						},
    						responseDataKey: "d",
    						responseDataType: "jsonp"
    					});
    
    					ds.dataBind();
    				});
    			 
  • data
    継承

    .data( );
    返却型:
    object

    ローカルのページング、並べ替え、フィルタリングなどを考慮せずに、すべてのバインドされたデータを返します。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    				var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					callback: render,
    					dataSource: url,
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    				});
    
    				var data = ds.data();
    			 
  • dataBind
    継承

    .dataBind( [callback:string], [callee:object] );

    現在のデータ ソースに対するデータ バインド。
    databinding は次のワークフローで機能します。
    1. databinding イベントが発生します。
    2. データ ソース タイプに応じて (analyzeDataSource() を参照)、以下を実行します。
    3. タイプが HtmlTable の場合、テーブルを解析して、データと dataView をそれぞれ設定します。
    タイプが Function の場合、それを呼び出し、Paging/Filtering/Sorting を適用し、この _dataView を設定します。デベロッパーが独自のページング、フィルタリング、または並べ替えを実行したい場合。
    その場合、PageIndexChanging や DataFiltering や ColumnSorting のクライアント側イベントを処理し、それらをキャンセルします。
    ページング、並べ替え、フィルタリングが無効の場合、この _data を使用して領域を節約します。
    データ ソースのタイプが RemoteUrl の場合、jQuery の $.ajax API を使用して、サービスに対するリモート要求をトリガーします。param() API を使用して、URL をエンコードします。
    データ ソースが無効な場合、例外をスローします。
    解析された実行時のデータ ソース タイプ、つまり、analyzeDataSource() の結果が Unknown の場合、
    settings.type の値は XML または JSON に設定されます。文字列の場合、JSON を評価し、XML を解析してオブジェクト ツリーを作成します。
    4. ここで、スキーマが提供されている場合、データを正規化または変換します。これは、追加のデータ型変換を意味します。
    5. 次に、OpType が Local の場合、データのページング、並べ替え、フィルタリングのいずれか、またはすべてを実行して結果をこの _dataView に格納します。
    6. databound イベントが発生します。

    • callback
    • タイプ:string
    • オプション
    • コールバック関数。
    • callee
    • タイプ:object
    • オプション
    • コールバックが実行される呼び出し先オブジェクト。何も指定しない場合、グローバル実行コンテキストを仮定します。

    コード サンプル

     
    				var jsonSchema = new $.ig.DataSchema("json", {fields:[
    					{name: "ProductID", type: "number"},
    					{name: "Name", type: "string"},
    					{name: "ProductNumber", type: "string"},
    					{name: "Color", type: "string"},
    					{name: "StandardCost", type: "string"}],
    					searchField:"Records" });
    
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({type: "json", dataSource: jsonData, schema: jsonSchema});
    				ds.dataBind();
    			 
  • dataSource
    継承

    .dataSource( [ds:object] );
    返却型:
    object

    dataSource 設定を取得または設定します。指定したパラメーターがない場合、settings.dataSource を返します。

    • ds
    • タイプ:object
    • オプション
    • .

    コード サンプル

     
    				var ds;
    				var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					callback: render,
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    				});
    
    				// Set
    				ds.dataSource(url);
    
    				// Get
    				var dataSource = ds.dataSource();
    			 
  • dataSummaries
    継承

    .dataSummaries( );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    *.

    集計データを返します。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    				var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					callback: render,
    					dataSource: url,
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    				});
    
    				var dataSummaries = ds.dataSummaries();
    			 
  • dataView
    継承

    .dataView( );
    返却型:
    array
    返却型の説明:
    データ レコードの配列。

    現在の正規化または変換され、ページング、フィルタリング、または並べ替えされたデータ、つまり dataView を返します。

    コード サンプル

     
    				function numberOfRows () {
    					return $("#grid1").data("igGrid").dataSource.dataView().length;
    				}
    			 
  • deleteRow
    継承

    .deleteRow( rowId:object, autoCommit:bool );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    .作成されたトランザクション オブジェクト。

    データ ソースから行を削除します。

    • rowId
    • タイプ:object
    • レコード キー - primaryKey (文字列) またはインデックス (数) です。
    • autoCommit
    • タイプ:bool
    • autoCommit が True の場合、データ ソースは自動的に更新され、トランザクションは蓄積されたトランザクション ログにそのまま格納されます。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    
    				var render = function (success, error) {
    					if (success) {
    
    					ds.deleteRow(0, true);
    
    						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
    						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
    						$("#table").html(resultHtml);
    
    					} else {
    						alert(error);
    					}
    				}
    
    				$(window).load(function () {
    				var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					callback: render,
    					dataSource: url,
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    					});
    					ds.dataBind();
    
    				});
    			 
  • fields
    継承

    .fields( [fields:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    パラメーターが何も指定されていない場合、既存のフィールドのリストを返します。

    フィールドのリストをデータ ソースに設定します。パラメーターが何も指定されていない場合、既存のフィールドのリストを単に返します。

    • fields
    • タイプ:object
    • オプション
    • フィールドは次の形式です: {key: 'fieldKey', dataType: 'string/number/date' }。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    
    				var render = function (success, error) {
    					if (success) {
    						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
    						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
    						$("#table").html(resultHtml);
    					} else {
    						alert(error);
    					}
    				}
    
    				$(window).load(function () {
    					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    					ds = new $.ig.JSONDataSource({
    						callback: render,
    						dataSource: url,
    						schema: {
    							fields: [{
    								name: "Name"
    							}, {
    								name: "Price"
    							}, {
    								name: "Rating"
    							}],
    							searchField: "d"
    						},
    						responseDataKey: "d",
    						responseDataType: "jsonp",
    						fields: [{
    							key: "Name",
    							dataType: "string"
    						}, {
    							key: "Price",
    							dataType: "number"
    						}, {
    							key: "Rating",
    							dataType: "number"
    						}]
    					});
    					ds.dataBind();
    					var fields = ds.fields();
    				});
    			 
  • filter
    継承

    .filter( fieldExpressions:object, boolLogic:object, keepFilterState:bool, fieldExpressionsOnStrings:object );

    データ ソースをローカルでフィルタリングします。リモートのフィルタリングは、dataBind() を呼び出し、settings.filtering.expressions を設定するだけで実行できます。結果 (フィルタリングされたデータ) を取得するには、dataView() を呼び出します。
    例: [{fieldName : "firstName", expr: "abc", cond: "StartsWith"}, {fieldName : "lastName"}]。
    例 2: [{fieldIndex : 1} , {fieldIndex : 2, expr: "a", cond : "contains"}]。
    例 3: [{filterAllFields: true, expr: "abc", fields: [name: "Description", type: "string"]}]
    expr は、"abc" などのフィルター用の式テキストまたは *test* などの正規表現です。
    cond は、startsWith、endsWith、contains、equals、doesNotEqual、doesNotContain などのフィルタリング条件です。
    expr が正規表現であることを検出すると、"cond" の部分は無視されます。
    テキストによってフィルターするには、"fieldExpressions" に以下のスキーマを持つ単一のオブジェクトが必要です。
    {filterAllFields: <type="bool" true に設定してください。>, expr: <type="string" 検索するテキスト。>, fields: <type="array" 検索する fields の配列。>}

    • fieldExpressions
    • タイプ:object
    • フィールド式定義のリスト。
    • boolLogic
    • タイプ:object
    • ブール ロジック。許される値は、AND および OR です。
    • keepFilterState
    • タイプ:bool
    • keepFilterState を True に設定すると、前のフィルタリングの式を破棄しません。
    • fieldExpressionsOnStrings
    • タイプ:object
    • フィールド式定義 (または AND/OR 演算子により分割される条件を持つ文字列 - "ID = 1 OR ID = 2" など) のリスト。適用されると、関連フィールドを文字列として使用し、文字列型に有効な条件のみを適用できます。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					type: "json",
    					dataSource: adventureWorks,
    					schema: jsonSchema
    				});
    				ds.dataBind();
    
    				ds.filter([{fieldName : "Color", expr: "Red", cond: "Equals"}], "AND", true);
    
    				// Filter by text
    				ds.filter([{filterAllFields: true, expr: "abc", fields: [name: "Description", type: "string"]}]);
    			 
  • filterByText
    継承

    .filterByText( expression:string, [fields:array] );

    データ ソースをテキストによってローカルでフィルタリングします。"fields" パラメーターが設定される場合、検索がリストされているフィールドのみで実行されます。それ以外の場合、すべてのフィールドが検索されます。

    • expression
    • タイプ:string
    • 検索するテキスト。複数の検索テキストはスペースで区切ります。複数の検索テキストが提供されている場合、検索フィールドですべてのテキストが必要です (ブール AND ロジックを適用)。
    • fields
    • タイプ:array
    • オプション
    • 検索するフィールドの配列。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					type: "json",
    					dataSource: adventureWorks,
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "ID", type: "number"
    						}, {
    							name: "Name", type: "string"
    						}, {
    							name: "Description", type: "string"
    						}, {
    							name: "ReleaseDate", type: "date"
    						}]
    				});
    				ds.dataBind();
    
    				// Search in all fields
    				ds.filterByText("Apples");
    				// Search only in "Name" field
    				ds.filterByText("Apples", [{name: "Name", type: "string"}]);
    			 
  • filteredData
    継承

    .filteredData( );
    返却型:
    array
    返却型の説明:
    フィルター済みのデータ レコードの配列。

    ローカル フィルタリングが適用される場合、フィルター済みのデータを返します。フィルタリングが適用されないか、フィルター型が remote の場合、undefined を返します。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					dataSource: products,
    					primaryKey: "ProductID",
    					filtering: {
    						type: "local",
    						caseSensitive: true,
    						applyToAllData: true
    					}
    				});
    
    				ds.dataBind();
    				//Get
    				var filteredData = ds.filteredData();
    			 
  • filterSettings
    継承

    .filterSettings( [f:object] );

    フィルタリング設定のリストを取得または設定します。

    • f
    • タイプ:object
    • オプション
    • すべてのフィルタリング設定を保持するオブジェクト。settings.filtering を参照してください。

    コード サンプル

     
    				var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					callback: render,
    					dataSource: url,
    					schema: {
    						fields: [
    							{name : "Name"},
    							{name : "Price"},
    							{name: "Rating"}
    						],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    				});
    
    				var myFilterSettings = {
    					type: "remote",
    					expressions: [
    					{
    						fieldName: "Name",
    						cond:"Contains",
    						expr: "Cr",
    						logic: "OR"
    					}
    				]
    				};
    
    				// Set
    				ds.filterSettings(myFilterSettings);
    
    				// Get
    				var filterSettings= ds.filterSettings();
    			 
  • findRecordByKey
    継承

    .findRecordByKey( key:object, [ds:string], [objPath:string] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    検索したレコードを指定する JavaScript オブジェクト。レコードが検索されていない場合は null。

    指定されたキーによってレコードを返します (設定の中で primaryKey が設定されている必要があります)。

    • key
    • タイプ:object
    • レコードのプライマリ キー。
    • ds
    • タイプ:string
    • オプション
    • レコードを検索する先のデータ ソース。設定されていない場合、現在のデータ ソースが使用されます。
    • objPath
    • タイプ:string
    • オプション
    • $.ig.DataSource で使用されません。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    
    				var render = function (success, error) {
    					if (success) {
    						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
    						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
    						$("#table").html(resultHtml);
    						var myObj = ds.findRecordByKey("Milk");
    					} else {
    						alert(error);
    					}
    				}
    
    				$(window).load(function () {
    					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    					ds = new $.ig.JSONDataSource({
    						callback: render,
    						dataSource: url,
    						schema: {
    							fields: [{
    								name: "Name"
    							}, {
    								name: "Price"
    							}, {
    								name: "Rating"
    							}],
    							searchField: "d"
    						},
    						responseDataKey: "d",
    						responseDataType: "jsonp",
    						primaryKey: "Name"
    					});
    					ds.dataBind();
    				});
    			 
  • getCellValue
    継承

    .getCellValue( fieldName:string, record:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    セルの値。

    指定した fieldName でレコードからセル値を取得します。フィールドに定義されたマッパーがある場合、マッパー値による解決済みが返されます。

    • fieldName
    • タイプ:string
    • fieldName - フィールドの名前。
    • record
    • タイプ:object
    • 取得元のレコード。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					dataSource: products,
    					primaryKey: "ProductID"
    				});
    
    				ds.dataBind();
    				//Get
    				var value = ds.getCellValue("Name", {ProductID: 1, Name: "Adjustable Race", ProductNumber: "AR-5381"});
    			 
  • getDetachedRecord
    継承

    .getDetachedRecord( t:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    データ ソースからのレコードのコピー。

    コミットされ、ただしデータ ソースからデタッチされたトランザクションを表すスタンドアローン オブジェクト (copy) を返します。

    • t
    • タイプ:object
    • トランザクション オブジェクト。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    
    				$(window).load(function () {
    					ds = new $.ig.JSONDataSource({
    						schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						}
    					});
    
    					var transactionObject = ds.addRow(123, {
    						Name: "CD Player",
    						Price: "40",
    						Rating: "4"
    					}, true);
    					var detachedObject = ds.getDetachedRecord(transactionObject);
    					});
    			 
  • groupByData
    継承

    .groupByData( );
    返却型:
    array
    返却型の説明:
    レコードの配列。

    データおよびデータ以外のグループ化されたレコードのコレクションを返します。 階層データのフラット表現。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					dataSource: products,
    					primaryKey: "ProductID",
    					groupby: {
    						defaultCollapseState: true
    					}
    				});
    
    				ds.dataBind();
    
    				var groupedData = ds.groupByData();
    			 
  • groupByDataView
    継承

    .groupByDataView( );
    返却型:
    array
    返却型の説明:
    データおよびデータ以外のグループ化されたレコードの配列。

    現在の正規化または変換され、ページング、フィルタリング、または並べ替えされたグループ化データを返します。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					dataSource: products,
    					primaryKey: "ProductID",
    					groupby: {
    						defaultCollapseState: true
    					}
    				});
    
    				ds.dataBind();
    
    				var groupByDataView = ds.groupByDataView();
    			 
  • hasTotalRecordsCount
    継承

    .hasTotalRecordsCount( hasCount:bool );

    サーバー側バックエンド内のレコードの総数を指定するプロパティを含むサーバーからの応答を取得または設定します。

    • hasCount
    • タイプ:bool
    • サーバー側バックエンド内のレコードの総数を示すプロパティがデータ ソースに含まれるかどうか指定します。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    				$(window).load(function () {
    					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    					ds = new $.ig.JSONDataSource({
    						callback: render,
    						dataSource: url,
    						schema: {
    							fields: [{
    								name: "Name"
    							}, {
    								name: "Price"
    							}, {
    								name: "Rating"
    							}],
    							searchField: "d"
    						},
    						responseDataKey: "d",
    						responseDataType: "jsonp",
    						primaryKey: "Name"
    					});
    					ds.dataBind();
    					// Get
    					var hasTotalRecords = ds.hasTotalRecordsCount();
    
    					// Set
    					ds.hasTotalRecordsCount(true);
    				});
    			 
  • insertRow
    継承

    .insertRow( rowId:object, rowObject:object, rowIndex:number, autoCommit:bool, parentRowId:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    .作成されたトランザクション オブジェクト。

    データ ソースに新しい行を追加します。コミットまたはロール バックできるトランザクションを作成します。

    • rowId
    • タイプ:object
    • レコード キー - primaryKey (文字列) またはインデックス (数) です。
    • rowObject
    • タイプ:object
    • 新しいレコード データ。
    • rowIndex
    • タイプ:number
    • 新しい行を挿入する行インデックス。
    • autoCommit
    • タイプ:bool
    • autoCommit が True の場合、データ ソースは自動的に更新され、トランザクションは蓄積されたトランザクション ログにそのまま格納されます。
    • parentRowId
    • タイプ:object
    • $.ig.DataSource で使用されません。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    
    				var render = function (success, error) {
    					if (success) {
    						ds.insertRow(123, {
    							Name: "CD Player",
    							Price: "40",
    							Rating: "4"
    						}, 1, true);
    						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
    						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
    						$("#table").html(resultHtml);
    
    					} else {
    						alert(error);
    					}
    				}
    
    				$(window).load(function () {
    					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    					ds = new $.ig.JSONDataSource({
    						callback: render,
    						dataSource: url,
    						schema: {
    							fields: [{
    								name: "Name"
    							}, {
    								name: "Price"
    							}, {
    								name: "Rating"
    							}],
    							searchField: "d"
    						},
    						responseDataKey: "d",
    						responseDataType: "jsonp"
    					});
    				ds.dataBind();
    
    				});
    			 
  • isGroupByApplied
    継承

    .isGroupByApplied( [exprs:array] );
    返却型:
    bool
    返却型の説明:
    グループ化が適用される場合は True を返します。

    グループ化が指定した並べ替え式で適用されるかどうかを確認します。

    • exprs
    • タイプ:array
    • オプション
    • 並べ替え式の配列。 設定されていない場合、並べ替え設定で定義される式を確認します。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					dataSource: products,
    					primaryKey: "ProductID",
    					groupby: {
    						defaultCollapseState: true
    					},
    					sorting: {
    						expressions:[
    							{
    								fieldName: "Name",
    								dir: "desc"
    							}
    					]}
    				});
    
    				ds.dataBind();
    
    				var sortingExprArray = ds.settings.sorting.expressions;
    				var isApplied = ds.isGroupByApplied(sortingExprArray);
    			 
  • isGroupByRecordCollapsed
    継承

    .isGroupByRecordCollapsed( gbRec:object );
    返却型:
    bool
    返却型の説明:
    True の場合、グループ化されたレコードが縮小されます。

    指定したグループ化レコードが縮小されたかどうかを確認します。

    • gbRec
    • タイプ:object
    • グループ化されたレコードの ID、またはグループ化されたレコード。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					dataSource: products,
    					primaryKey: "ProductID",
    					groupby: {
    						defaultCollapseState: true
    					}
    				});
    
    				ds.dataBind();
    
    				var isCollapsed = ds.isGroupByRecordCollapsed({id:"ProductID:49"});
    			 
  • metadata
    継承

    .metadata( key:string );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    メタデータ オブジェクト。

    指定したキーに対するメタデータ オブジェクトを返します。

    • key
    • タイプ:string
    • レコードのプライマリ キー。

    コード サンプル

     
    				var ds;
    
    				var render = function (success, error) {
    					if (success) {
    						var template = "<tr><td>${Name}</td><td>${Price}</td><td>${Rating}</td></tr>",
    						resultHtml = $.ig.tmpl(template, ds.dataView());
    						$("#table").html(resultHtml);
    					} else {
    						alert(error);
    					}
    				}
    
    				$(window).load(function () {
    					var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    					ds = new $.ig.JSONDataSource({
    						callback: render,
    						dataSource: url,
    						schema: {
    							fields: [{
    								name: "Name"
    							}, {
    								name: "Price"
    							}, {
    								name: "Rating"
    							}],
    							searchField: "d"
    						},
    						responseDataKey: "d",
    						responseDataType: "jsonp",
    						primaryKey: "Name"
    					});
    					ds.dataBind();
    
    					var metadata = ds.metadata();
    
    				});
    			 
  • nextPage
    継承

    .nextPage( );

    ページ インデックスを次のページ インデックスに等しくなるように設定し、データ ソースを再バインドします。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					type: "json",
    					dataSource: adventureWorks,
    					paging: {
    						enabled : true,
    						pageSize:10,
    						type: "local"
    					}
    				});
    
    				ds.nextPage();
    			 
  • pageCount
    継承

    .pageCount( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ページ総数。

    合計ページ数を返します。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					type: "json",
    					dataSource: adventureWorks,
    					paging: {
    						enabled : true,
    						pageSize:10,
    						type: "local"
    					}
    				});
    
    				var count = ds.pageCount();
    			 
  • pageIndex
    継承

    .pageIndex( [index:number] );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    現在のページ インデックス。

    現在のページ インデックスを取得または設定します。インデックスがパラメーターとして渡される場合、データ ソースを再バインドします。

    • index
    • タイプ:number
    • オプション
    • ページ インデックス。指定していない場合、現在のページ インデックスを返します。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					type: "json",
    					dataSource: adventureWorks,
    					paging: {
    						enabled : true,
    						pageSize:10,
    						type: "local"
    					}
    				});
    
    				//Get
    				var currentIndex = ds.pageIndex();
    
    				//Set
    				ds.pageIndex(5);
    			 
  • pageSize
    継承

    .pageSize( [s:number] );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    getter で現在のページ サイズを返します。setter で $.ig.DataSource の現在インスタンスを返します。

    ページ サイズを取得または設定します。パラメーターが指定した場合にデータ ソースを再バインドします。渡されたパラメーターがない場合、現在のページ サイズを返します。

    • s
    • タイプ:number
    • オプション
    • ページ サイズ。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					type: "json",
    					dataSource: adventureWorks,
    					paging: {
    						enabled : true,
    						pageSize:10,
    						type: "local"
    					}
    				});
    
    				//Get
    				var size = ds.pageSize();
    
    				//Set
    				ds.pageSize(25);
    			 
  • pageSizeDirty
    継承

    .pageSizeDirty( );

    内部使用。

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					type: "json",
    					dataSource: adventureWorks,
    					paging: {
    						enabled: true,
    						pageSize: 10,
    						type: "local"
    					}
    				});
    
    				ds.pageSizeDirty();
    			 
  • pagingSettings
    継承

    .pagingSettings( [p:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    getter で現在のページング設定を持つオブジェクトを返します。setter で $.ig.DataSource の現在インスタンスを返します。

    ページング設定のリストを取得または設定します。

    • p
    • タイプ:object
    • オプション
    • すべてのページング設定を保持するオブジェクト。settings.paging を参照してください。

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					type: "json",
    					dataSource: adventureWorks,
    					paging: {
    						enabled: true,
    						pageSize: 10,
    						type: "local"
    					}
    				});
    
    				var myPagingSettings = {
    					enabled: true,
    					pageSize: 10,
    					pageIndex: 2,
    					pageIndexUrlKey: "myPageIndexUrlKey",
    					type: "local"
    				};
    
    				// Set
    				ds.pagingSettings(myPagingSettings);
    
    				// Get
    				var pagingSettings = ds.pagingSettings();
    			 
  • pendingTransactions
    継承

    .pendingTransactions( );
    返却型:
    array

    データ ソースへのコミットまたはロール バックが保留されているすべてのトランザクション オブジェクトのリストを返します。

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					schema: {
    					fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    					});
    
    					ds.addRow(123, {
    						Name: "CD Player",
    						Price: "40",
    						Rating: "4"
    				});
    				var pendingTransactions = ds.pendingTransactions());
    			 
  • persistedPageIndex
    継承

    .persistedPageIndex( [value:number] );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    保持される現在のページ インデックス。

    保持されるページ インデックスを取得または設定します。フィルタリングが適用され、明示的に DataBind を呼び出す場合のみ実行します。

    • value
    • タイプ:number
    • オプション
    • 保持されるページ インデックス。指定していない場合、保持する現在のページ インデックスを返します。
  • prevPage
    継承

    .prevPage( );

    ページ インデックスを前のページ インデックスに等しくなるように設定し、データ ソースを再バインドします。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					type: "json",
    					dataSource: adventureWorks,
    					paging: {
    						enabled : true,
    						pageSize:10,
    						type: "local"
    					}
    				});
    
    				ds.prevPage();
    			 
  • recordsForPage
    継承

    .recordsForPage( p:number );

    指定したページのレコードのリストを返します。ページングが有効です。

    • p
    • タイプ:number
    • レコードが返されるページ インデックス。

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					type: "json",
    					dataSource: adventureWorks,
    					paging: {
    						enabled: true,
    						pageSize: 10,
    						type: "local"
    					}
    				});
    
    				var recordsForPage = ds.recordsForPage(2);
    			 
  • removeNode
    継承

    .removeNode( data:object );

    ツリー データ ソースからノードを削除します。コミットまたはロール バックできるトランザクションを作成します。

    • data
    • タイプ:object
    • トランザクション データ。
  • removeRecordByIndex
    継承

    .removeRecordByIndex( index:number, origDs:object );

    特定のインデックスのデータ ソースからレコードを削除します。

    • index
    • タイプ:number
    • レコードのインデックス。
    • origDs
    • タイプ:object

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    				});
    				ds.addRow(0, {
    					Name: "CD Player",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    				ds.addRow(1, {
    					Name: "CD Player1",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    				ds.addRow(2, {
    					Name: "CD Player2",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    
    				ds.removeRecordByIndex(0);
    			 
  • removeRecordByKey
    継承

    .removeRecordByKey( key:object, origDs:object );

    渡されたキー パラメーターの primaryKey で指定された特定のレコードをデータ ソースから削除します。

    • key
    • タイプ:object
    • レコードのプライマリ キー。
    • origDs
    • タイプ:object

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp",
    					primaryKey: "Name"
    				});
    				ds.addRow(0, {
    					Name: "CD Player",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    				ds.addRow(1, {
    					Name: "CD Player1",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    				ds.addRow(2, {
    					Name: "CD Player2",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    
    				ds.removeRecordByKey("CD Player2");
    			 
  • rollback
    継承

    .rollback( [id:object] );

    データ ソースをまったく更新せずに、トランザクション ログをクリアします。

    • id
    • タイプ:object
    • オプション
    • トランザクションを検索するレコード ID。ID が指定されていない場合、すべてのトランザクションをデータ ソースにロールバックします。

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp",
    					primaryKey: "Name"
    				});
    
    				ds.addRow(0, {
    					Name: "CD Player",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				});
    				ds.addRow(1, {
    					Name: "CD Player1",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				});
    				ds.addRow(2, {
    					Name: "CD Player2",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				});
    
    				ds.rollback();
    			 
  • saveChanges
    継承

    .saveChanges( success:function, error:function );

    変更を URL としてシリアル化することで、$.ajax を使用して settings.updateUrl にポストします。

    • success
    • タイプ:function
    • updateUrl オプションへの AJAX リクエストに成功したときに呼び出すカスタム関数を指定します (オプション)。
    • error
    • タイプ:function
    • updateUrl オプションへの AJAX リクエストに失敗したときに呼び出すカスタム関数を指定します (オプション)。

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}]
    					},
    					updateUrl: "http://example.com/myUpdateUrl/"
    				});
    
    				ds.addRow(0, {
    					Name: "CD Player",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    				ds.addRow(1, {
    					Name: "CD Player1",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    				ds.addRow(2, {
    					Name: "CD Player2",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    
    				// Option 1: Save changes without callbacks
    				ds.saveChanges();
    
    				// Option 2: Save changes with success and error callbacks
    				ds.saveChanges(function (data) {
    					$("#message").text("Changes were saved successfully").fadeIn(3000).fadeOut(5000);
    				},
    				function(jqXHR, textStatus, errorThrown) {
    					$("#message").text("An error occurred while saving the changes. Error details: " + textStatus).fadeIn(3000).fadeOut(5000);
    				});
    			 
  • schema
    継承

    .schema( [s:object], [t:string] );

    スキーマ定義を取得または設定します。

    • s
    • タイプ:object
    • オプション
    • スキーマ オブジェクト。
    • t
    • タイプ:string
    • オプション
    • データ ソースのタイプ。settings.type を参照してください。

    コード サンプル

     
    				var jsonSchema = new $.ig.DataSchema("json", {
    					fields: [{
    						name: "ProductID",
    						type: "number"
    					}, {
    						name: "Name",
    						type: "string"
    					}, {
    						name: "ProductNumber",
    						type: "string"
    					}, {
    						name: "Color",
    						type: "string"
    					}, {
    						name: "StandardCost",
    						type: "string"
    					}],
    					searchField: "Records"
    				});
    
    				ds = new $.ig.JSONDataSource();
    
    				// Set
    				ds.schema(jsonSchema);
    
    				// Get
    				var myJsonSchema = ds.schema();
    			 
  • setCellValue
    継承

    .setCellValue( rowId:object, colId:object, val:object, autoCommit:bool );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    .作成されたトランザクション オブジェクト。

    rowId と colId で指定されたセルのセル値を設定します。更新操作のトランザクションを作成して返します。

    • rowId
    • タイプ:object
    • rowId - 行キー (文字列) またはインデックス (数) です。
    • colId
    • タイプ:object
    • column id - 列キー (文字列) またはインデックス (数) です。
    • val
    • タイプ:object
    • 新しい値。
    • autoCommit
    • タイプ:bool
    • autoCommit が True の場合、データ ソースを自動的に更新し、トランザクションは蓄積されたトランザクション ログにそのまま格納されます。

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}]
    					},
    					updateUrl: "http://example.com/myUpdateUrl/"
    				});
    
    				ds.addRow(0, {
    					Name: "CD Player",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    				ds.addRow(1, {
    					Name: "CD Player1",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    				ds.addRow(2, {
    					Name: "CD Player2",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    
    				ds.setCellValue(1, "Name", "DVD Player", true);
    			 
  • sort
    継承

    .sort( fields:object, direction:string );

    データ ソースをローカルで並べ替えます。結果 (フィルタリングされたデータ) を取得するには、dataView() を呼び出します。リモートのフィルタリングは、dataBind() を呼び出し、settings.filtering.expressions を設定するだけで実行できます。
    複数列の並べ替えを有効にするには、keepSortState を True に設定します。
    fields => フィールド オブジェクト定義の配列:
    例: [{fieldName : "firstName"}, {fieldName : "lastName"}]。
    例 2: [{fieldIndex : 1} , {fieldIndex : 2}]。

    • fields
    • タイプ:object
    • フィールド オブジェクト定義の配列。
    • direction
    • タイプ:string
    • asc / desc 方向。

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					schema: {
    						fields:[
    							{ name : "col1" },
    							{
    								name : "col2",
    								type: "number"
    							}
    						]
    					},
    					sorting: { type: "local"},
    					dataSource: $("#t1")[0]
    				}).dataBind();
    
    				ds.sort([{fieldName : "col2"}], "desc", false);
    			 
  • sortSettings
    継承

    .sortSettings( [s:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    getter で現在の並べ替え設定を持つオブジェクトを返します。setter で $.ig.DataSource の現在インスタンスを返します。

    ページング設定のリストを取得または設定します。

    • s
    • タイプ:object
    • オプション
    • すべての並べ替え設定を保持するオブジェクト。settings.sorting を参照してください。

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "col1"
    						}, {
    							name: "col2",
    							type: "number"
    						}]
    					}
    				}).dataBind();
    
    				var sortSettings = {
    					type: "local",
    					defaultFields: [{
    						fieldName: "col2"
    					}],
    					defaultDirection: "desc"
    				};
    
    				// Set
    				ds.sortSettings(sortSettings);
    
    				// Get
    				var mySortSettings = ds.sortSettings();
    			 
  • stringToJSONObject
    継承

    .stringToJSONObject( s:string );

    文字列を解析し、評価した JSON オブジェクトを返します。

    • s
    • タイプ:string
    • 文字列の JSON。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource();
    				var jsonObj = ds.stringToJSONObject('[{"Name":"CD Player","Price":10.90,"Rating":3}]');
    			 
  • stringToXmlObject
    継承

    .stringToXmlObject( s:string );

    文字列を解析し、XML 文書を返します。

    • s
    • タイプ:string
    • 文字列で表現した XML。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource();
    				var xmlObj = ds.stringToXmlObject("<Element><Name>CD Player</Name><Price>10.90</Price><Rating>3</Rating></Element>");
    			 
  • summariesResponse
    継承

    .summariesResponse( [key:string], [dsObj:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    データ集計のオブジェクト。つまり、データソースに ID および Name の 2 つの列がある場合、データ集計の予期された書式は {max: 1, min: 0, count: 2}, Name: {count: 1}} です。

    データ ソースがリモート データにバインドされる場合のみ利用できます。
    集計データを取得または設定します。
    key または dsObj が設定されていない場合、集計データを返します。
    key 引数を使用して dsObj 渡された引数から集計データを取得します。

    • key
    • タイプ:string
    • オプション
    • 集計データを取得する応答キー (例: Metadata.Summaries)。
    • dsObj
    • タイプ:object
    • オプション
    • データ ソース オブジェクト - データ レコードおよびメタデータについての情報を含みます (集計の情報を保存します)。

    コード サンプル

     
    				var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					callback: render,
    					dataSource: url,
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    				});
    
    				var mySummariesSettings = {
    					type: "remote",
    					columnSettings: [{
    						columnKey: "Price",
    						allowSummaries: false,
    						summaryOperands: [{
    							type: "count",
    							active: true,
    							order: 0
    						}]
    					}],
    					summariesResponseKey: "d"
    				};
    
    				// Set
    				ds.summariesSettings(mySummariesSettings);
    
    				// Get
    				var summariesSettings = ds.summariesSettings();
    			 
  • summariesSettings
    継承

    .summariesSettings( [s:object] );

    集計設定のリストを取得または設定します。

    • s
    • タイプ:object
    • オプション
    • すべての集計設定を含むオブジェクト。settings.summaries を参照してください。

    コード サンプル

     
                var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
                var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    	            callback: render,
    	            dataSource: url,
    	            schema: {
    		            fields: [{
    			            name: "Name"
    		            }, {
    			            name: "Price"
    		            }, {
    			            name: "Rating"
    		            }],
    		            searchField: "d"
    	            },
    	            responseDataKey: "d",
    	            responseDataType: "jsonp"
                });
    
                var mySummariesSettings = {
    	            type: "remote",
    	            columnSettings: [{
    		            columnKey: "Price",
    		            allowSummaries: false,
    		            summaryOperands: [{
    			            type: "count",
    			            active: true,
    			            order: 0
    		            }]
    	            }],
    	            summariesResponseKey: "d"
                };
    
                // Set
                ds.summariesSettings(mySummariesSettings);
    
                // Get
                var summariesSettings = ds.summariesSettings();
          
  • tableToObject
    継承

    .tableToObject( tableDOM:domelement );
    返却型:
    object

    HTML TABLE DOM 要素を、レコード データを含むオブジェクトの JavaScript 配列に変換します。

    • tableDOM
    • タイプ:domelement
    • 変換する TABLE DOM 要素。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource();
    				var tableObj = ds.tableToObject("<table><tr><td>CD Player</td><td>10.90</td><td>3</td></tr><tr><td>CD Player 1</td><td>10.90</td><td>3</td></tr><tr><td>CD Player 2</td><td>10.90</td><td>3</td></tr></table>");
    			 
  • toggleGroupByRecord
    継承

    .toggleGroupByRecord( id:string, collapsed:bool );

    指定した ID のグループ化されたレコードを切り替え、コレクションの表示されているグループ化データおよびデータ ビューを更新します。

    • id
    • タイプ:string
    • DOM の各グループ行の data-id 属性。
    • collapsed
    • タイプ:bool
    • True の場合、レコードが縮小されます。それ以外の場合、展開されます。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					dataSource: products,
    					primaryKey: "ProductID",
    					groupby: {
    						defaultCollapseState: true
    					}
    				});
    
    				ds.dataBind();
    				//Set
    				ds.toggleGroupByRecord("ProductID:49", true);
    			 
  • totalLocalRecordsCount
    継承

    .totalLocalRecordsCount( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ローカルにバインド/存在されるレコードの総数。

    ローカル データ ソース内のレコードの総数を返します。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					callback:render,
    					dataSource: "/demos/server/server.php",
    					responseDataKey: "records",
    				}).dataBind();
    
    				var count = ds.totalLocalRecordsCount();
    			 
  • totalRecordsCount
    継承

    .totalRecordsCount( [count:number], key:object, dsObj:object, context:object );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    現在データソース インスタンスのレコード数を返します。

    データ ソースがリモート データにバインドされる場合のみ利用できます。データソース内のレコードの総数を取得または設定します。データ バインドがリモートで、ページングまたはフィルタリングが有効な場合、実際のレコードの総数は
    クライアントに存在するレコード数に一致しない場合があります。

    • count
    • タイプ:number
    • オプション
    • レコードの総数。
    • key
    • タイプ:object
    • dsObj
    • タイプ:object
    • context
    • タイプ:object

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					callback:render,
    					dataSource: "/demos/server/server.php",
    					responseDataKey: "records",
    				}).dataBind();
    
    				//Get
    				var count = ds.totalRecordsCount();
    
    				//Set
    				ds.totalRecordsCount(42);
    			 
  • transactionsAsString
    継承

    .transactionsAsString( );
    返却型:
    string

    蓄積されたトランザクション ログを文字列として返します。URL に渡す場合など有効に利用するのが目的です。

    コード サンプル

     
    			var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    				schema: {
    					fields: [{
    						name: "Name"
    					}, {
    						name: "Price"
    					}, {
    						name: "Rating"
    					}],
    					searchField: "d"
    				},
    				responseDataKey: "d",
    				responseDataType: "jsonp"
    			});
    			ds.addRow(123, {
    			Name: "CD Player",
    			Price: "40",
    			Rating: "4"
    			});
    			var transactionsAsString = ds.transactionsAsString();
    			 
  • transformedData
    継承

    .transformedData( transformedExecution:object );
    返却型:
    object

    変換された実行に従って、変換されたデータを返します:
    1.ページングおよびフィルタリング前
    2.フィルタリング後、ページング前
    3.フィルタリングおよびページング後
    .

    • transformedExecution
    • タイプ:object

    コード サンプル

     
    				var url = "http://services.odata.org/OData/OData.svc/Products?$format=json&$callback=?";
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					callback: render,
    					dataSource: url,
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    				});
    
    				ds.transformedData("priortofilteringandpaging");
    			 
  • type
    継承

    .type( [t:object] );
    返却型:
    enumeration
    返却型の説明:
    'json|xml|unknown|array|function|htmlTableString|htmlTableId|htmlTableDom|invalid|remoteUrl|empty' を返します。

    dataSource のタイプを取得または設定します。指定したパラメーターがない場合、settings.type を返します。

    • t
    • タイプ:object
    • オプション
    • .

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource();
    
    				// Set
    				ds.type("json");
    
    				// Get
    				var myType = ds.type();
    			 
  • updateRow
    継承

    .updateRow( rowId:object, rowObject:object, autoCommit:bool );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    .作成されたトランザクション オブジェクト。

    データ ソース内のレコードを更新します。コミットまたはロール バックできるトランザクションを作成します。

    • rowId
    • タイプ:object
    • レコード キー - primaryKey (文字列) またはインデックス (数) です。
    • rowObject
    • タイプ:object
    • 更新するキー/値のペアを含むレコード オブジェクト。スキーマ内または (スキーマが定義されていない場合は) データ ソース内で定義されたすべてのフィールドのキー/値のペアを含む必要はありません。
    • autoCommit
    • タイプ:bool
    • autoCommit が True の場合、データ ソースは自動的に更新され、トランザクションは蓄積されたトランザクション ログにそのまま格納されます。

    コード サンプル

     
    				var ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					schema: {
    						fields: [{
    							name: "Name"
    						}, {
    							name: "Price"
    						}, {
    							name: "Rating"
    						}],
    						searchField: "d"
    					},
    					responseDataKey: "d",
    					responseDataType: "jsonp"
    				});
    				ds.addRow(0, {
    					Name: "CD Player",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    				ds.addRow(1, {
    					Name: "CD Player1",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    				ds.addRow(2, {
    					Name: "CD Player2",
    					Price: "40",
    					Rating: "4"
    				}, true);
    
    
    				ds.updateRow(1, {
    					Name: "DVD Player1",
    					Price: "10",
    					Rating: "5"
    				}, true);
    			 
  • visibleGroupByData
    継承

    .visibleGroupByData( );
    返却型:
    array
    返却型の説明:
    レコードの配列。

    データおよびデータ以外のグループ化されたレコードのコレクションを返します。 表示されているレコードのみを返します (縮小されているグループ化されたレコードの子がコレクションに含まれていません)。

    コード サンプル

     
    				ds = new $.ig.JSONDataSource({
    					dataSource: products,
    					callback: render,
    					groupby: {
    						defaultCollapseState: true
    					}
    				});
    
    				ds.dataBind();
    				//Get
    				var visibleGroupByData = ds.visibleGroupByData();
    			 

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.