ui.igSpreadsheet

ui.igSpreadsheet_image

igSpreadsheet コントロールでは、Infragistics JavaScript Excel Library でサポートされるデータ モデルによって表されるスプレッドシート データの表示ができます。データ モデルには、ワークブック、ワークシート、セル、数式などが含まれます。

コード サンプル

				<!DOCTYPE html>
				<html>
				<head>
					<title>igSpreadsheet Overview</title>
					<script src="http://ajax.aspnetcdn.com/ajax/modernizr/modernizr-2.8.3.js"></script>
					<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.11.3.min.js"></script>
					<script src="http://code.jquery.com/ui/1.11.1/jquery-ui.min.js"></script>

					<!-- Ignite UI Required Combined JavaScript Files -->
					<script src="js/infragistics.loader.js" type="text/javascript"></script>

					</head>
					<body>
						<div id="spreadsheet"></div>
						<script type="text/javascript">
							$.ig.loader({
								scriptPath: "js/",
								cssPath: "css/",
								resources: "igSpreadsheet",
								ready: function () {
									$("#spreadsheet").igSpreadsheet({
										height: "600",
										width: "100%",
										activeCell: "D4"
									});
								}
							});
						</script>
					</body>
					</html>

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery.js
jquery-ui.js
infragistics.util.js
infragistics.util.jquery.js
infragistics.ui.widget.js
infragistics.ui.combo.js
infragistics.ui.dialog.js
infragistics.ui.editors.js
infragistics.ui.popover.js
infragistics.ui.colorpicker.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsextended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.ext_web.js
infragistics.xml.js
infragistics.dv_interactivity.js
infragistics.dv_core.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.dv_jquerydom.js
infragistics.excel_core.js
infragistics.ext_ui.js
infragistics.undo.js
infragistics.spreadsheet.js

継承

  • activeCell

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "A1"

    選択されたワークシート内の現在アクティブ セルの A1 書式アドレスを返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igSpreadsheet({
    					activeCell : "B4"
    				});
    
    				// Get
    				var activeCell = $(".selector").igSpreadsheet("option", "activeCell");
    
    				// Set
    				$(".selector").igSpreadsheet("option", "activeCell", "B4");
    			 
  • activeWorksheet

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    コンテンツがコントロール内に表示されるワークブックからワークシートを返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		var wb = new $.ig.excel.Workbook($.ig.excel.WorkbookFormat.excel2007);
    		var sheet1 = wb.worksheets().add("sheet1");
    		var sheet2 = wb.worksheets().add("sheet2");
    		var sheet3 = wb.worksheets().add("sheet3");
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			workbook: wb,
    			activeWorksheet: sheet2
    		});
    	
    		//Get
    		var activeWorksheet = $(".selector").igSpreadsheet("option", "activeWorksheet");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "activeWorksheet", sheet2);
    	 
  • allowAddWorksheet

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    スプレッドシートでワークシートの追加を許可するかどうかを示すブール値を返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			allowAddWorksheet: false
    		});
    	
    		//Get
    		var allowAddWorksheet = $(".selector").igSpreadsheet("option", "allowAddWorksheet");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "allowAddWorksheet", false);
    	 
  • allowDeleteWorksheet

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    スプレッドシートでワークシートの削除を許可するかどうかを示すブール値を返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			allowDeleteWorksheet: false
    		});
    	
    		//Get
    		var allowDeleteWorksheet = $(".selector").igSpreadsheet("option", "allowDeleteWorksheet");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "allowDeleteWorksheet", false);
    	 
  • areGridlinesVisible

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    グリッド線が選択のワークシートに表示されるかどうかを示すブール値を返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			areGridlinesVisible: false
    		});
    	
    		//Get
    		var areGridlinesVisible = $(".selector").igSpreadsheet("option", "areGridlinesVisible");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "areGridlinesVisible", false);
    	 
  • areHeadersVisible

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    行と列のヘッダーが選択のワークシートに表示されるかどうかを示すブール値を返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			areHeadersVisible: false
    		});
    	
    		//Get
    		var areHeadersVisible = $(".selector").igSpreadsheet("option", "areHeadersVisible");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "areHeadersVisible", false);
    	 
  • brushes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    スプレッドシートの領域のためのブラシを持つオブジェクトを返すか、設定します。プロパティ名は SpreadsheetResourceId 列挙体の項目で、プロパティ値はブラシを表す文字列です。このブラシは関連するオブジェクトの CSS スタイル設定をオーバーライドします。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igSpreadsheet({
    					brushes : {
                            cellSelectionFill: "rgba(0,0,0,0.1)",
                        }
    				});
    
    				// Get
    				var brushes = $(".selector").igSpreadsheet("option", "brushes");
    
    				// Set
    				$(".selector").igSpreadsheet("option", "brushes", { cellSelectionFill: "rgba(0,0,0,0.1)" });
    			 
  • enterKeyNavigationDirection

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    down

    Enter キーを押すときにアクティブ化される activeCell に隣接するセルの方向示す列挙体を返すか、設定します。 このプロパティは、isEnterKeyNavigationEnabled が True に設定されている場合にのみ使用できます。また、Shift + Enter を押すと反対の方向へ移動します。

    メンバー

    • down
    • タイプ:string
    • 下のセルをアクティブ化する必要があります。
    • right
    • タイプ:string
    • 右のセルをアクティブ化する必要があります。
    • up
    • タイプ:string
    • 上のセルをアクティブ化する必要があります。
    • left
    • タイプ:string
    • 左のセルをアクティブ化する必要があります。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			enterKeyNavigationDirection: "right"
    		});
    	
    		//Get
    		var enterKeyNavigationDirection = $(".selector").igSpreadsheet("option", "enterKeyNavigationDirection");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "enterKeyNavigationDirection", "right");
    	 
  • fixedDecimalPlaceCount

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    2

    isFixedDecimalEnabled が true のときに編集モードでタイプされる整数によって小数点以下の桁数のを返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			isFixedDecimalEnabled : true,
    			fixedDecimalPlaceCount: 3
    		});
    	
    		//Get
    		var fixedDecimalPlaceCount = $(".selector").igSpreadsheet("option", "fixedDecimalPlaceCount");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "fixedDecimalPlaceCount", 3);
    	 
  • height

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    スプレッドシートの高さ。ピクセル、文字列 (px)、またはパーセンテージ (%) を数字で設定できます。

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • ウィジェットの高さはピクセル (px) およびパーセント (%) で設定できます。
    • number
    • タイプ:number
    • ウィジェットの高さは数値として設定できます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igSpreadsheet({
    					height : "800px"
    				});
    				// Get
    				var height = $(".selector").igSpreadsheet("option", "height");
    				// Set
    				$(".selector").igSpreadsheet("option", "height", "800px");
    			 
  • isEnterKeyNavigationEnabled

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    Enter キーを押したときに enterKeyNavigationDirection で示されている隣接するセルが移動するかどうかを示すブール値を返す、または設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			isEnterKeyNavigationEnabled: false
    		});
    	
    		//Get
    		var isEnterKeyNavigationEnabled = $(".selector").igSpreadsheet("option", "isEnterKeyNavigationEnabled");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "isEnterKeyNavigationEnabled", false);
    	 
  • isFixedDecimalEnabled

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    編集モードで整数が入力されるときに固定小数位が自動的に追加されるかどうかを示すブール値を返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			isFixedDecimalEnabled: true
    		});
    	
    		//Get
    		var isFixedDecimalEnabled = $(".selector").igSpreadsheet("option", "isFixedDecimalEnabled");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "isFixedDecimalEnabled", true);
    	 
  • isFormulaBarVisible

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    数式バーが Spreadsheet で表示されるかどうかを示すブール値を返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			isFormulaBarVisible: false
    		});
    	
    		//Get
    		var isFormulaBarVisible = $(".selector").igSpreadsheet("option", "isFormulaBarVisible");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "isFormulaBarVisible", false);
    	 
  • isInEndMode

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    コントロールが "End mode" かどうかを示すブール値を返すか、設定します。
    終了モードとは、方向キーを使用し移動をするようなキーボード ナビゲーションに影響を及ぼすモードです。たとえば、終了モード中に右矢印キーを押すと現在の activeCell の右の値を持つ最初のセルに変更されます (たとえ値が "" の場合も含め)。右に値を持つセルがない場合、この行で一番右にあるセルをアクティブ化します。終了モードは、方向キーを押すときのように自動的に終了します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			isInEndMode: true
    		});
    	
    		//Get
    		var isInEndMode = $(".selector").igSpreadsheet("option", "isInEndMode");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "isInEndMode", true);
    	 
  • isScrollLocked

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    Scroll Lock キーが切り替わったかどうかを示すブール値を取得または設定します。
    このプロパティは、コントロールにフォーカスがある場合に特定のキーが押されたときに使用されます。
    たとえば、スクロール ロックが有効な場合に矢印キーが押されたら、アクティブ セルを変更せずにセル領域がスクロールされます。
    注: このプロパティはコントロールによって処理/変更されません。スクロール ロックが有効かどうかに影響される操作の実行でクエリされます。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			isScrollLocked: true
    		});
    	
    		//Get
    		var isScrollLocked = $(".selector").igSpreadsheet("option", "isScrollLocked");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "isScrollLocked", true);
    	 
  • isUndoEnabled

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    元に戻すがコントロールで有効かどうかを示すブール値を返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			isUndoEnabled: false
    		});
    	
    		//Get
    		var isUndoEnabled = $(".selector").igSpreadsheet("option", "isUndoEnabled");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "isUndoEnabled", false);
    	 
  • language
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "en"

    ウィジェットのロケール言語設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igSpreadsheet({
    					language: "ja"
    				});
    
    				// Get
    				var language = $(".selector").igSpreadsheet("option", "language");
    
    				// Set
    				$(".selector").igSpreadsheet("option", "language", "ja");
    			 
  • locale
    継承

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ウィジェットのロケール設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igSpreadsheet({
    					locale: {}
    				});
    
    				// Get
    				var locale = $(".selector").igSpreadsheet("option", "locale");
    
    				// Set
    				$(".selector").igSpreadsheet("option", "locale", {});
    			 
  • nameBoxWidth

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    102

    数式バー内の名前ボックスの幅を返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			nameBoxWidth: 150
    		});
    	
    		//Get
    		var nameBoxWidth = $(".selector").igSpreadsheet("option", "nameBoxWidth");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "nameBoxWidth", 150);
    	 
  • regional
    継承

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    en-US

    ウィジェットの領域設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igSpreadsheet({
    					regional: "ja"
    				});
    				// Get
    				var regional = $(".selector").igSpreadsheet("option", "regional");
    				// Set
    				$(".selector").igSpreadsheet("option", "regional", "ja");
    			 
  • selectedWorksheets

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    Type="ig.excel.Worksheet[]" タブが選択されるワークシートの配列を返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		var wb = new $.ig.excel.Workbook($.ig.excel.WorkbookFormat.excel2007);
    		var sheet1 = wb.worksheets().add("sheet1");
    		var sheet2 = wb.worksheets().add("sheet2");
    		var sheet3 = wb.worksheets().add("sheet3");
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			workbook: wb,
    			activeWorksheet: sheet1,
    			selectedWorksheets: [sheet1, sheet3]
    		});
    	
    		//Get
    		var selectedWorksheets = $(".selector").igSpreadsheet("option", "selectedWorksheets");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "selectedWorksheets", [sheet1, sheet3]);
    	 
  • selectionMode

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    normal

    マウスやキーボードでセルを操作しているときに選択が更新される方法を示す値を返すか、設定します。

    メンバー

    • normal
    • タイプ:string
    • セルまたはセルの範囲を選択するためにマウスをドラッグすると選択が置き換えられます。同様に、キーボードで移動すると新しい選択範囲が作成されます。Ctrl キーを押したままマウスを使用することで新しい範囲を追加できます。また、Shift キーを押したままマウスでクリックする、あるいはキーボードで移動することでアクティブ セルを含む選択範囲を変更できます。
    • extendSelection
    • タイプ:string
    • マウスでセルを選択する、またはキーボードで移動するときにアクティブ セルが更新されていることを示す cellRanges の選択範囲。
    • addToSelection
    • タイプ:string
    • Ctrl キーを押したままマウスでドラッグをしなくても cellRanges に新しいセル範囲を追加します。このモードに入ったときに最初の方向キー ナビゲーションで範囲を追加します。シフト+F8 を押すとモードに入ります。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			selectionMode: "extendSelection"
    		});
    	
    		//Get
    		var selectionMode = $(".selector").igSpreadsheet("option", "selectionMode");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "selectionMode", "extendSelection");
    	 
  • validationInputMessagePosition

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    アクティブ セルと関連付けられたデータ検証条件の入力メッセージの表示に使用される画面ヒントの位置を返すか、設定します。

    提供されたオブジェクトは、x および y と呼ばれる数値プロパティを持っている必要があります。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			validationInputMessagePosition: { x: 50, y: 50 }
    		});
    	
    		//Get
    		var validationInputMessagePosition = $(".selector").igSpreadsheet("option", "validationInputMessagePosition");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "validationInputMessagePosition", { x: 50, y: 50 });
    	 
  • width

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    スプレッドシートの幅。ピクセル、文字列 (px)、またはパーセンテージ (%) を数字で設定できます。

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • ウィジェットの幅をピクセル (px) またはパーセンテージ (%) に設定できます。
    • number
    • タイプ:number
    • ウィジェット幅は数値として設定できます。

    コード サンプル

     
    				// Initialize
    				$(".selector").igSpreadsheet({
    					width : "800px"
    				});
    				// Get
    				var width = $(".selector").igSpreadsheet("option", "width");
    				// Set
    				$(".selector").igSpreadsheet("option", "width", "800px");
    			 
  • workbook

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    情報がコントロールで表示されるワークブックを返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		var wb = new $.ig.excel.Workbook($.ig.excel.WorkbookFormat.excel2007);
    		wb.worksheets().add("sheet1");
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			workbook: wb
    		});
    	
    		//Get
    		var workbook = $(".selector").igSpreadsheet("option", "workbook");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "workbook", wb);
    	 
  • zoomLevel

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    100

    選択済みのワークシートの倍率を返すか、設定します。

    コード サンプル

     
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			zoomLevel: 150
    		});
    	
    		//Get
    		var zoomLevel = $(".selector").igSpreadsheet("option", "zoomLevel");
    	
    		//Set
    		$(".selector").igSpreadsheet("option", "zoomLevel", 150);
    	 

Ignite UI コントロール イベントの詳細については、
Ignite UI でイベントを使用するを参照してください。

注: API メソッドの呼び出しは、API ヘルプに特に記述がない限り、操作に関連するイベントはプログラムによって発生されません。これらのイベントは各ユーザー操作によってのみ呼び出されます。

詳細の表示
  • actionExecuted

    キャンセル可能:
    false

    アクションが Spreadsheet で実行されるときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • action
          タイプ: String

          実行された SpreadsheetAction を取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheetactionexecuted", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			actionExecuted: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • actionExecuting

    キャンセル可能:
    true

    アクションが Spreadsheet で実行されようとするときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • action
          タイプ: String

          実行される SpreadsheetAction を取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheetactionexecuting", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			actionExecuting: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • activeCellChanged

    キャンセル可能:
    false

    Spreadsheet の activeCell が変更されたときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • oldValue
          タイプ: String

          前のアクティブ セルを取得します。

        • newValue
          タイプ: String

          現在のアクティブ セルを取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheetactivecellchanged", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			activeCellChanged: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • activePaneChanged

    キャンセル可能:
    false

    Spreadsheet の activePane が変更されたときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • oldActivePane
          タイプ: Object

          前のアクティブ ペインを取得します。

        • newActivePane
          タイプ: Object

          現在のアクティブ ペインを取得します。

        • activeCell
          タイプ: String

          新しいアクティブ ペインのアクティブ セルを取得します。アクティブ ペインがない場合は null。

        • visibleRange
          タイプ: String

          新しいアクティブ ペインの現在の表示範囲を取得します。アクティブ ペインがない場合は null。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheetactivepanechanged", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			activePaneChanged: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • activeTableChanged

    キャンセル可能:
    false

    Spreadsheet の activeTable が変更されたときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • oldActiveTable
          タイプ: Object

          前のアクティブ Table を取得します。

        • newActiveTable
          タイプ: Object

          現在のアクティブ Table を取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheetactivetablechanged", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			activeTableChanged: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • activeWorksheetChanged

    キャンセル可能:
    false

    Spreadsheet の activeWorksheet が変更されたときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • oldActiveWorksheet
          タイプ: Object

          前のアクティブ ワークシートを取得します。

        • oldActiveWorksheetName
          タイプ: String

          前のアクティブ ワークシートの名前を取得します。oldActiveWorksheet が null の場合は null。

        • newActiveWorksheet
          タイプ: Object

          現在のアクティブ ワークシートを取得します。

        • newActiveWorksheetName
          タイプ: String

          新しいアクティブ ワークシートの名前を取得します。newActiveWorksheet が null の場合は null。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheetactiveworksheetchanged", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			activeWorksheetChanged: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • editModeEntered

    キャンセル可能:
    false

    Spreadsheet が activeCell のインプレース編集を開始したときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • cell
          タイプ: String

          コントロールが編集モードに入ったセルを取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheeteditmodeentered", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			editModeEntered: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • editModeEntering

    キャンセル可能:
    true

    Spreadsheet が activeCell のインプレース編集を開始しようとするときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • cell
          タイプ: String

          コントロールが編集モードに入るセルを取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheeteditmodeentering", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			editModeEntering: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • editModeExited

    キャンセル可能:
    false

    Spreadsheet が activeCell のインプレース編集を終了したときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • cell
          タイプ: String

          コントロールが編集モードから終了したセルを取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheeteditmodeexited", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			editModeExited: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • editModeExiting

    キャンセル可能:
    true

    Spreadsheet が activeCell のインプレース編集を終了しようとするときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • acceptChanges
          タイプ: Bool

          編集モードが終了したときにセル値が変更されるかどうかを示すブール値を取得または設定します。

        • canCancel
          タイプ: Bool

          キャンセルできない編集モードを終了することを強制されているかどうかを示すブール値を取得します。

        • cell
          タイプ: String

          コントロールが編集モードを終了するセルを取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheeteditmodeexiting", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			editModeExiting: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • editModeValidationError

    キャンセル可能:
    false

    Spreadsheet が編集モードを終了し、activeCell の新しい値がセルの ig.excel.DataValidationRule の条件に基づいて有効ではない場合に発生されます。
    編集モードを終了する際に activeCell の新しい値がセルの ig.excel.DataValidationRule の条件に基づいて有効ではない場合に EditModeValidationError が発生されます。
    ルールがセルの値およびワークシートのその他のセルの値を評価する必要があるため、値は最初にセルに適用され、その後に検証されます。デフォルトで、イベントが処理されずに showErrorMessageForInvalidValue が true の場合、実行するアクションを決定するためにメッセージ ボックスがエンドユーザーに表示されます。このイベントを処理し、アクションを使用して実行するアクションを指定できます。注: Escape または「編集のキャンセル」を押して編集モードをキャンセルすると検証ルールは評価されません。注: validationRule の ShowErrorMessageForInvalidValue が false の場合、アクションのデフォルト値は AcceptChange になります。それ以外の場合、デフォルト値は ShowPrompt になります。注: Microsoft Excel のように、更新が選択のその他のセルに影響する場合もアクティブなセルの検証ルールが評価されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • action
          タイプ: String

          失敗した検証に応答する action を取得または設定します。

        • canStayInEditMode
          タイプ: Bool

          セルが編集モードを保持することが許可されるかどうかを示すブール値を取得します。

        • cell
          タイプ: String

          コントロールが編集モードにあるセルを取得します。

        • validationRule
          タイプ: String

          検証が失敗した rule を取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheeteditmodevalidationerror", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			editModeValidationError: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • editRangePasswordNeeded

    キャンセル可能:
    true

    保護された Worksheet で Spreadsheet が操作を実行し、操作の実行を許可するためにロック解除する単一の範囲がある場合に呼び出されます。
    関数の最初の引数は ui です。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • ranges
          タイプ: Array

          ロックを解除する保護された WorksheetProtectedRange の配列を取得します。

        • unprotect
          タイプ: Object

          関連付けられた範囲をロック解除するために呼び出すパラメーターなしの関数を取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheeteditrangepasswordneeded", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			editRangePasswordNeeded: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • hyperlinkExecuting

    キャンセル可能:
    true

    ハイパーリンクが Spreadsheet で開かれる時に発生します。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • hyperlink
          タイプ: Object

          実行する WorksheetHyperlink を取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheethyperlinkexecuting", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			hyperlinkExecuting: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • selectionChanged

    キャンセル可能:
    false

    Spreadsheet の ig.spreadsheet.SpreadsheetPane の選択が変更されたときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • pane
          タイプ: Object

          選択が変更された SpreadsheetPane を取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheetselectionchanged", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			selectionChanged: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • userPromptDisplaying

    キャンセル可能:
    true

    ユーザーが操作に関するメッセージを表示されるときに呼び出されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

        • canCancel
          タイプ: Bool

          プロンプトをトリガーした操作がキャンセル可能かどうかを示すブール値を取得します。

        • displayMessage
          タイプ: Bool

          エンド ユーザーにメッセージを表示するかどうかを示すブール値を取得します。

        • exception
          タイプ: Object

          エラー例外 (ある場合) を取得します。

        • message
          タイプ: String

          表示するメッセージを取得または設定します。

        • trigger
          タイプ: String

          プロンプトを表示させる操作を示す SpreadsheetUserPromptTrigger を取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheetuserpromptdisplaying", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			userPromptDisplaying: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • workbookDirtied

    キャンセル可能:
    false

    ワークブックに対して、保存が必要な可能性のある変更がされたときに呼び出されます。
    注: このイベントは、発生した変更とは非同期的に呼び出されます。 また一部の変更だけは、ワークブックまたはそのサブオブジェクトの 1 つの状態が変更されてもダーティと見なされません。 その一例として、ズーム操作 (magnificationInNormalView の変更など) があります。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          スプレッドシート ウィジェットへの参照を取得します。

    コード サンプル

     
    		//Delegate
    		$(document).delegate(".selector", "igspreadsheetworkbookdirtied", function (evt, ui) {
    			...
    		});
    	
    		//Initialize
    		$(".selector").igSpreadsheet({
    			workbookDirtied: function(evt, ui) {...}
    		});
    	 
  • changeGlobalLanguage
    継承

    .igSpreadsheet( "changeGlobalLanguage" );

    ウィジェットの言語をグローバルの言語に変更します。グローバルの言語は $.ig.util.language の値です。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igSpreadsheet("changeGlobalLanguage");
    			 
  • changeGlobalRegional
    継承

    .igSpreadsheet( "changeGlobalRegional" );

    ウィジェットの地域設定をグローバルの地域設定に変更します。グローバルの地域設定は $.ig.util.regional にあります。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igSpreadsheet("changeGlobalRegional");
    			 
  • changeLocale

    .igSpreadsheet( "changeLocale", $container:object );

    • $container
    • タイプ:object
  • destroy

    .igSpreadsheet( "destroy" );

    ウィジェットを破棄します。

    コード サンプル

     
    				var executed = $(".selector").igSpreadsheet("destroy");
    			 
  • executeAction

    .igSpreadsheet( "executeAction", action:object );
    返却型:
    bool
    返却型の説明:
    アクションが実行されたかどうかを示すブール値。

    指定の ID に関連するアクションを実行します。

    • action
    • タイプ:object
    • 実行するアクションを識別する列挙体または文字列。

    コード サンプル

     
    				var executed = $(".selector").igSpreadsheet("executeAction", "clearContents");
    			 
  • exportVisualData

    .igSpreadsheet( "exportVisualData" );

    ユニット テスト用にスプレッドシートの視覚的なデータをエクスポートします。

  • flush

    .igSpreadsheet( "flush" );

    続行の前に保留中の作業をスプレッドシートで描画するように強制します。

    コード サンプル

     
    				var executed = $(".selector").igSpreadsheet("flush");
    			 
  • getActivePane

    .igSpreadsheet( "getActivePane" );

    フォーカスを受けたペインを表すオブジェクトを返します。

    コード サンプル

     
    				var activePane = $(".selector").igSpreadsheet("getActivePane");
    			 
  • getActiveSelection

    .igSpreadsheet( "getActiveSelection" );

    アクティブなペインの現在選択を表すオブジェクトを返します。

    コード サンプル

     
    				var activeSelection = $(".selector").igSpreadsheet("getActiveSelection");
    			 
  • getActiveSelectionCellRangeFormat

    .igSpreadsheet( "getActiveSelectionCellRangeFormat" );

    activeCell の書式を取得し、アクティブな選択の全体に変更を適用するために使用されるオブジェクトを返します。
    このオブジェクトに対するすべての変更は、選択対象のすべてのオブジェクトに影響を与えます。たとえば、Font.Name が「Arial」を返す場合があります。これは、他のセルが別のフォントを使用していても、アクティブ セルには、このフォントが解決されたフォント名として指定されるためです。ただし、このオブジェクトの Font.Name を「Arial」に設定した場合、選択の影響を受けるすべてのオブジェクトの Font.Name はその値に更新されます。

    コード サンプル

     
    				var activeSelectionCellRangeFormat = $(".selector").igSpreadsheet("getActiveSelectionCellRangeFormat");
    			 
  • getActiveTable

    .igSpreadsheet( "getActiveTable" );

    フォーカスを受けたテーブルを表すオブジェクトを返します。

    コード サンプル

     
    				var activeTable = $(".selector").igSpreadsheet("getActiveTable");
    			 
  • getCellEditMode

    .igSpreadsheet( "getCellEditMode" );

    現在の編集モード状態を示すために使用する列挙体を返します。

    コード サンプル

     
    				var cellEditMode = $(".selector").igSpreadsheet("getCellEditMode");
    			 
  • getIsInEditMode

    .igSpreadsheet( "getIsInEditMode" );
    返却型:
    bool

    コントロールが現在 activeCell の値を編集しているかどうかを示すブール値を返します。

    コード サンプル

     
    				var isInEditMode = $(".selector").igSpreadsheet("getIsInEditMode");
    			 
  • getIsRenamingWorksheet

    .igSpreadsheet( "getIsRenamingWorksheet" );
    返却型:
    bool

    ユーザーがアクティブなワークシートの名前を編集しているかどうかを示すブール値を返します。

    コード サンプル

     
    				var isRenamingWorksheet = $(".selector").igSpreadsheet("getIsRenamingWorksheet");
    			 
  • getPanes

    .igSpreadsheet( "getPanes" );

    activeWorksheet のペインの配列を返します。

    returnType="ig.spreadsheet.SpreadsheetPane[]"

    コード サンプル

     
    				var panes = $(".selector").igSpreadsheet("getPanes");
    			 
  • showFilterDialogForTable

    .igSpreadsheet( "showFilterDialogForTable", worksheetTableColumn:object, spreadsheetFilterDialogOption:object );

    activeTablefilterSettings の指定した相対列でフィルター ダイアログを表示します。

    • worksheetTableColumn
    • タイプ:object
    • フィルターを表示するか、変更する領域
    • spreadsheetFilterDialogOption
    • タイプ:object
    • フィルター ダイアログの最初表示を指定するオプションの列挙体。

    コード サンプル

     
                    var table = $(".selector").igSpreadsheet("option", "activeTable");
    				var executed = $(".selector").igSpreadsheet("showFilterDialogForTable", table.columns(0));
    			 
  • showFilterDialogForWorksheet

    .igSpreadsheet( "showFilterDialogForWorksheet", relativeColumnIndex:number, spreadsheetFilterDialogOption:object );

    activeWorksheetfilterSettings の指定した相対列でフィルター ダイアログを表示します。

    • relativeColumnIndex
    • タイプ:number
    • アクティブ ワークシートの領域に相対する 0 から始まる列インデックス。
    • spreadsheetFilterDialogOption
    • タイプ:object
    • フィルター ダイアログの最初表示を指定するオプションの列挙体。

    コード サンプル

     
    				var executed = $(".selector").igSpreadsheet("showFilterDialogForWorksheet", 0);
    			 
  • showTopOrBottomDialogForTable

    .igSpreadsheet( "showTopOrBottomDialogForTable", worksheetTableColumn:object );

    activeWorksheetfilterSettings の指定した相対列で上位/下位ダイアログを表示します。

    • worksheetTableColumn
    • タイプ:object
    • フィルターが表示または変更される領域

    コード サンプル

     
                    var table = $(".selector").igSpreadsheet("option", "activeTable");
    				var executed = $(".selector").igSpreadsheet("showTopOrBottomDialogForTable", table.columns(0));
    			 
  • showTopOrBottomDialogForWorksheet

    .igSpreadsheet( "showTopOrBottomDialogForWorksheet", relativeColumnIndex:number );

    activeWorksheetfilterSettings の指定した相対列で上位/下位ダイアログを表示します。

    • relativeColumnIndex
    • タイプ:number
    • アクティブ ワークシートの領域に相対する 0 から始まる列インデックス。

    コード サンプル

     
    				var executed = $(".selector").igSpreadsheet("showTopOrBottomDialogForWorksheet", 0);
    			 
  • styleUpdated

    .igSpreadsheet( "styleUpdated" );

    メニューの描画で使用されるスタイル設定情報が更新された可能性があることをスプレッドシートに通知します。

    コード サンプル

     
    				var executed = $(".selector").igSpreadsheet("styleUpdated");
    			 
  • ui-igspreadsheet-activatenexthiddentab

    次のビューから出るタブをアクティブ化するために使用されるタブ項目領域ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-activateprevioushiddentab

    以前のビューから出るタブをアクティブ化するために使用されるタブ項目領域ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-addnewworksheet

    新しいワークシートを作成するために使用されるタブ項目領域ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-automaticgridline

    カスタム色が指定されていない場合、行および列の間の線を描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-cellselection

    選択長方形を描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-cellselectionhandle

    選択長方形のグリップ ハンドルを描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-columnheader

    列ヘッダーを描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-columnheaderarea

    列ヘッダーが描画される要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-columnheader-hover

    マウスがヘッダーの上にある場合に列ヘッダーを描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-columnheader-selected

    列が選択されている場合に列ヘッダーを描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-columnheader-selectedcells

    列で複数のセルが選択されている場合に列ヘッダーを描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-columnsplitter

    ワークシートが水平方向に分割された場合に表示される垂直のスプリッター バーに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-columnsplitterpreview

    垂直の列スプリッターをドラッグするときに表示される要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-dropdownbutton

    セルおよびヘッダー内のドロップダウン ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-dropdownbutton-open

    ドロップダウンが展開されたときにセルおよびヘッダー内のドロップダウン ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-filter-dialog

    フィルター ダイアログに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-filter-buttons

    [OK] および [キャンセル] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-filter-dialog-column-name

    フィルターされている列の名前に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-filter-dialog-condition1

    最初の条件に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-filter-dialog-condition2

    最初の条件に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-filter-dialog-conditional-operator

    条件付きの演算子のラジオ ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-filter-dialog-hint-text

    ヒント テキストに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-filter-dialog-show-rows-where

    フィルター ダイアログの「行の表示:」ラベルに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formatcells-dialog

    FormatCells ダイアログに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formatcells-dialog-buttons

    [OK] および [キャンセル] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formatcells-dialog-colorpickerdropdownbutton

    ドロップダウン カラー ピッカーで使用されたボタン要素に適用されたクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formatcells-dialog-numericspinner

    各タブのコンテンツを含んで配置するテーブル要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formatcells-dialog-tab

    各タブに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formatcells-dialog-table

    各タブのコンテンツを含んで配置するテーブル要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formatcells-dialog-tabs

    タブに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formulabar

    数式バーの要素を含む領域に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formulabarbuttoncontainer

    Enter および [キャンセル] ボタンを含む数式バー内の領域に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formulabarcancelbutton

    数式バー内の [キャンセル] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formulabarenterbutton

    数式バー内の [Enter] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formulabarexpandbutton

    数式バーの高さを展開/縮小するために使用される数式バー内のボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formulabarexpandbutton-open

    数式バーが展開される場合、数式バーの展開ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formulabartextareacontainer

    数式バー内のテキスト領域を含む要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-formulabartextareasplitter

    数式バーのテキスト領域をサイズ変更する要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-header-resizeline

    ヘッダーがサイズ変更されている場合に表示されるプレビュー線を描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-inputmessage

    現在のアクティブなセルのデータ検証からの入力メッセージを表す要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-inputmessage-content

    入力メッセージのコンテンツおよび本体に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-inputmessage-title

    入力メッセージのタイトルに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-invaliddata

    無効なデータ ガイドを描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-nameboxcontainer

    数式バーの名前ボックスを含む領域に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-nameboxsplitter

    名前ボックスの幅を変更する隣の要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-rowheader

    行ヘッダーを描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-rowheaderarea

    行ヘッダーが描画される要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-rowheader-hover

    マウスがヘッダーの上にある場合に行ヘッダーを描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-rowheader-selected

    行が選択されている場合に行ヘッダーを描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-rowheader-selectedcells

    行で複数のセルが選択されている場合に行ヘッダーを描画するために使用されるスタイル情報のクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-rowsplitter

    ワークシートが垂直方向に分割された場合に表示される水平のスプリッター バーに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-rowsplitterpreview

    水平の行スプリッターをドラッグするときに表示される要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-button-down

    下スクロールバーの矢印に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-button-left

    左スクロールバーの矢印に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-button-right

    右スクロールバーの矢印に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-button-up

    上スクロールバーの矢印に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-horizontal

    水平スクロールバーに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-thumb-horizontal

    垂直スクロールバーのつまみに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-thumb-vertical

    水平スクロールバーのつまみに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-track-down

    上ボタンおよびスクロールバーつまみの間にあるトラックに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-track-left

    左ボタンおよびスクロールバーつまみの間にあるトラックに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-track-right

    右ボタンおよびスクロールバーつまみの間にあるトラックに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-track-up

    上ボタンおよびスクロールバーつまみの間にあるトラックに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollbar-vertical

    垂直スクロールバーに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollfirsttab

    最初のタブにスクロールするために使用されるタブ項目領域ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrolllasttab

    最後のタブにスクロールするために使用されるタブ項目領域ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollnexttab

    次のタブにスクロールするために使用されるタブ項目領域ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-scrollprevioustab

    以前のタブにスクロールするために使用されるタブ項目領域ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-selectall

    行および列ヘッダー領域の交差にある [すべて選択] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog

    並べ替えダイアログに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-add-level-button

    並べ替えダイアログの [レベルの追加] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-copy-level-button

    並べ替えダイアログの [レベルのコピー] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-delete-level-button

    並べ替えダイアログの [レベルの削除] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-move-down-button

    並べ替えダイアログの [下へ移動] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-move-up-button

    並べ替えダイアログの [上へ移動] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-my-data-has-headers-checkbox

    並べ替えダイアログの [オプション] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-ok-cancel-buttons-area

    [OK] および [キャンセル] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-options-button

    並べ替えダイアログの [オプション] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-sort-condition-active-row

    アクティブな並べ替え条件行に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-sort-condition-row

    並べ替え条件行に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-sort-conditions-area

    並べ替えダイアログの [下へ移動] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-column-header

    並べ替えダイアログの列ヘッダーに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-dialog-top-buttons-area

    並べ替えダイアログの上ボタンのグループに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-options-dialog-case-sensitive-checkbox-area

    並べ替えオプションのダイアログの [大文字と小文字を区別する] チェックボックスに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-options-dialog-ok-cancel-buttons-area

    [OK] および [キャンセル] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-sort-optins-dialog-orienation-area

    並べ替えオプションのダイアログの [方向] 領域に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-splitterintersection

    垂直の列スプリッターをドラッグするときに表示される要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet

    メイン要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabareabackground

    タブ領域の後ろにある要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabareaborder

    タブ領域およびスプレッドシート ペイン領域を分割する要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabareasplitter

    タブ領域のサイズを変更するタブ領域および列スクロールバーの間にある要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabdropindicator

    新しい位置を示すためにタブのドラッグで表示される要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabitem

    ワークシートのタブを表す要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabitem-active

    ワークシートのアクティブなタブを表す要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabitemarea

    タブ ボタンおよび項目が描画される要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabitemcontent

    ワークシートのタブのコンテンツを含む要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabitem-dark

    割り当てられた色がダーク色として計算される場合にワークシートのタブのコンテンツを含む要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabitem-light

    割り当てられた色がライト色として計算される場合にワークシートのタブのコンテンツを含む要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabitem-protected

    保護されるワークシートのタブを表す要素に追加されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tabitem-selected

    選択されているがアクティブではないワークシート タブを表す要素に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tooltip ui-tooltip ui-widget-content ui-corner-all

    スプレッドシートのツールチップに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tooltip-body

    スプレッドシートのツールチップの本体/コンテンツに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-tooltip-title

    スプレッドシートのツールチップのタイトルに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-toporbottom-dialog

    フィルター ダイアログに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-toporbottom-buttons

    [OK] および [キャンセル] ボタンに適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-toporbottom-dialog-input-area

    TopOrBottom ダイアログの入力領域に適用されるクラスを取得します。
  • ui-igspreadsheet-toporbottom-dialog-show

    TopOrBottom ダイアログの [表示] ラベルに適用されるクラスを取得します。
  • ui-html5-non-html5-supported-message ui-helper-clearfix ui-html5-non-html5

    スプレッドシートを HTML5 と互換性のないブラウザーで開いたときに表示されるメイン要素に適用されるクラスを取得します。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.