ui.igFinancialChart

ui.igFinancialChart_image

igFinancialChart は軽量で高パフォーマンスなチャートです。このチャートは、シンプルで直感的な API を使用した財務データの表示を簡単に構成できます。データ (コレクションまたはコレクションのコレクション) をバインドするだけで後の作業はチャートがすべて行います。

以下のコード スニペットは、igFinancialChart コントロールを初期化する方法を示します。

igFinancialChart コントロールに必要なスクリプトとテーマを参照する方法については、Ignite UI の JavaScript リソースの使用および Ignite UI のスタイリングとテーマをご覧ください。

コード サンプル

 
      <!DOCTYPE html>
      <html>
      <head>        
        <title>Ignite UI igFinancialChart</title>
            
        <link href="local/css/themes/infragistics/infragistics.theme.css" rel="stylesheet" />
        <link href="local/css/structure/infragistics.css" rel="stylesheet" />
    
        <link rel="stylesheet" href="local/css/structure/modules/infragistics.ui.chart.css" />
        <link rel="stylesheet" href="local/css/structure/modules/infragistics.ui.financialchart.css" />

        <script src="https://igniteui.com/js/modernizr.min.js"></script>
        <script src="https://code.jquery.com/jquery-1.9.1.min.js"></script>
        <script src="https://code.jquery.com/ui/1.10.3/jquery-ui.min.js"></script>
            
        <script src="local/js/infragistics.core.js"></script>
        <script src="local/js/infragistics.dv.js"></script>      
    
      </head>
      <body>
    
        <div id="chart" style="width:800px;height:600px"></div>
    
        <script>
    

            $(function () {
                var data = [];
                var open = 500
                var close = 0;
                var high = 0;
                var low = 0;
                var mod = 0;
                var volume = 10000;
                var total = 30;
                var range = 5;
                var date = new Date(126240840000);

                for(i=1; i<total; i++){
                    low = open - (getRandomBetween(0.1, 0.9) * range);
                    high = open + (getRandomBetween(0.1, 0.9) * range);
                    mod = getRandomBetween(0.1, 0.9) - 0.4;
                    close = open + (mod * range);

                    var item = {"Low": low, "High": high, "Volume": volume, "Date": date, "Open": open, "Close": close};
                    data.push(item);

                    open = open + (mod * range * 2);
                    volume = volume + (mod * range * 100);
                    date = new Date(126240840000 + (86400000 * i));
                } 

                $("#chart").igFinancialChart({
                    dataSource: data
                });
    
            });

            function getRandomBetween(min, max){
                return Math.floor(Math.random() * (max - min + 1)) + min;
            }

        </script>    
    </body>
</html> 

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery.js
jquery-ui.js
infragistics.util.js
infragistics.util.jquery.js
infragistics.datasource.js
infragistics.templating.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_ui.js
infragistics.dv_core.js
infragistics.dv_datasource.js
infragistics.dv_dataseriesadapter.js
infragistics.dv_geometry.js
infragistics.dv_jquerydom.js
infragistics.dv_interactivity.js
infragistics.dv_geo.js
infragistics.datachart_core.js
infragistics.datachart_interactivity.js
infragistics.datachart_extendedaxes.js
infragistics.dvcommonwidget.js
infragistics.ui.basechart.js
infragistics.financialchart.js
infragistics.ui.widget.js
infragistics.ui.financialchart.js

継承

  • actualRangeSelectorOptions

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ツールバーに利用可能な範囲セレクター オプションを含む FinancialChartRangeSelectorOptionCollection。
    ある場合、ユーザー定義の範囲セレクター オプションおよびデータの範囲に基づいて自動的に決定される範囲セレクター オプションの交差です。

  • alignsGridLinesToPixels

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    グリッドと目盛線がデバイス ピクセルに調整されるかどうかを示す値を取得または設定します。

  • animateSeriesWhenAxisRangeChanges

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    軸上で範囲の変化を検出したときにシリーズ アニメーションを受け入れるかどうかを取得するか設定します。

  • bottomMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    チャート コンテンツの周りの下マージンを取得または設定します。

  • brushes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    チャート シリーズの色設定に使用するブラシのパレットを取得または設定します。
    提供された値は、CSS 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • calloutsContentMemberPath

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

  • calloutsItemsSource

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • calloutsLabelMemberPath

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

  • calloutStyleUpdatingEventEnabled

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

  • calloutsVisible

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

  • calloutsXMemberPath

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

  • calloutsYMemberPath

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

  • chartType

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    メイン チャートに表示する価格シリーズのタイプ。

    メンバー

    • auto
    • タイプ:string
    • メイン チャートに表示する価格シリーズ タイプを自動的に決定します。
    • bar
    • タイプ:string
    • メイン チャートに財務棒シリーズを表示します。
    • candle
    • タイプ:string
    • メイン チャートにローソク足シリーズを表示します。
    • column
    • タイプ:string
    • メイン チャートに柱状シリーズを表示します。
    • line
    • タイプ:string
    • メイン チャートに折れ線シリーズを表示します。
  • chartTypePickerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • createWrappedTooltip

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ラップされたツールチップを作成するための関数を取得または設定します。

  • crosshairsAnnotationEnabled

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

  • crosshairsDisplayMode

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    メンバー

    • default
    • タイプ:string
    • none
    • タイプ:string
    • horizontal
    • タイプ:string
    • vertical
    • タイプ:string
    • both
    • タイプ:string
  • crosshairsSnapToData

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

  • customIndicatorNames

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    チャートに追加するカスタム インジケーターの名前。
    CustomIndicatorNames が設定される場合、ApplyCustomIndicators イベントは各カスタム インジケーター名前のために発生されます。

  • dataSource
    継承

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    有効なデータ ソースを取得または設定します。
    配列またはプリミティブのインスタンス、オブジェクトの配列、$.ig.DataSource のインスタンス、または $.ig.DataSource で有効なデータが可能です。
    注: これが文字列に設定され、「dataSourceType」オプションが設定されていない場合、$.ig.JSONPDataSource が使用されます。

  • dataSourceType
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    データ ソースのタイプ (「json」、「xml」など) を取得または設定します。$.ig.DataSource とその type プロパティのドキュメントを参照してください。

  • dataSourceUrl
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    リモート データの要求で JSON を送信するために使用される URL を取得または設定します。

  • excludedProperties

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    カテゴリ チャートから除外されるプロパティ パスのセットを取得または設定します。

  • finalValueAnnotationsVisible

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

  • financialChartLegend

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • height
    継承

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    null

    チャートの高さ。

  • includedProperties

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    カテゴリ チャートに含まれる (その他のパスは除外) プロパティ パスのセットを取得または設定します。null の場合、すべてのプロパティが含まれます。

  • indicatorBrushes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    財務指標に使用するブラシ。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • indicatorDisplayTypes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    財務指標の表示タイプ。

  • indicatorLongPeriod

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    30

    財務指標の長い期間 (適用可能な場合)。

  • indicatorMenuTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • indicatorMultiplier

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    2

    財務指標の乗数 (適用可能な場合)。

  • indicatorNegativeBrushes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    財務指標で負の要素を使用するためのブラシ。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • indicatorPeriod

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    -2147483648

    財務指標の期間 (適用可能な場合)。

  • indicatorShortPeriod

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    10

    財務指標の短い期間 (適用可能な場合)。

  • indicatorSignalPeriod

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    9

    財務指標のシグナル期間 (適用可能な場合)。

  • indicatorSmoothingPeriod

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    3

    財務指標のスムージング期間 (適用可能な場合)。

  • indicatorThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

    財務指標のアウトラインまたはストロークの太さ。

  • indicatorTypes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ファイナンシャル チャートに表示する財務指標タイプを示すコレクション。

  • isHorizontalZoomEnabled

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    チャートがユーザー操作により水平方向にズーム可能かどうかを取得または設定します。

  • isLegendVisible

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

  • isSeriesHighlightingEnabled

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

  • isToolbarVisible

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    ツールバーの表示を制御するブール プロパティ。

  • isVerticalZoomEnabled

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    チャートがユーザー操作により垂直方向にズーム可能かどうかを取得または設定します。

  • isWindowSyncedToVisibleRange

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    現在のデータ表示領域でチャートが自動的に垂直方向にズームされるかどうかを示すブール値。
    このプロパティが true に設定される場合、データの表示範囲が完全にズーム ウィンドウに合わせるために X 軸のパンニングおよびズームが Y 軸に相対するズームも実行します。

  • itemsSource

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    チャートを生成するために使用されるデータ項目のコレクションを取得または設定します。
    このチャートの ItemsSource が数値プロパティを 1 つ以上含むオブジェクトのリストに設定できます。
    また、リストのオブジェクトが IEnumerable インターフェイスを実装する場合、チャートは、データソースを読み込むときにサブコレクションも使用します。
    データ項目クラスに DataSeriesMemberIntentAttribute 属性を追加すると、データ バインディングを構成できます。

  • leftMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    30

    チャート コンテンツの左マージンを取得または設定します。

  • legend

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    このチャートに接続する凡例を取得または設定します。
    legend プロパティが設定される場合、チャートは凡例を使用してシリーズについての情報を表示します。凡例は複数のチャート コントロールに共有できます。

  • markerBrushes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    データ ポイント マーカーの塗りつぶし領域を描画するために使用されるブラシのパレットを取得または設定します。
    このプロパティはポイント、折れ線、スプライン、バブル、およびポリゴンのチャート型のみに提供します。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • markerMaxCount

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    400

    チャートのプロット エリアに表示されるマーカーの最大数を取得または設定します。

  • markerOutlines

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    データ ポイント マーカーのアウトラインのを描画するために使用されるブラシのパレットを取得または設定します。
    このプロパティはポイント、折れ線、スプライン、バブル、およびポリゴンのチャート型のみに提供します。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • markerTypes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    このチャートでデータ ポイントの位置を示すマーカー図形を取得または設定します。
    このプロパティはポイント、折れ線、スプライン、バブル、およびポリゴンのチャート型のみに適用できます。

  • maxRecCount
    継承

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    チャートに表示されるレコードの最大数を取得または設定します。

  • negativeBrushes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ウォーターフォール チャート型の負の項目に色を設定するためのパレットを取得または設定します。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • negativeOutlines

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ウォーターフォールなどのコンテキスト色を持つチャート型の使用で負の要素の描画に使用するブラシ。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • outlines

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    チャート シリーズのアウトラインに使用するブラシのパレットを取得または設定します。
    提供された値は、CSS 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • overlayBrushes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ファイナンシャル オーバーレイを塗りつぶすために使用するブラシ。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • overlayOutlines

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ファイナンシャル オーバーレイをアウトラインするために使用するブラシ。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • overlayPickerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • overlayThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

    ファイナンシャル オーバーレイのアウトラインの太さ。

  • overlayTypes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ファイナンシャル チャートに表示するファイナンシャル オーバーレイ タイプを示すコレクション。

  • pixelScalingRatio

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    コントロールのピクセル密度に影響するために使用されるスケール値を取得または設定します。
    より高いスケール比率はビジュアルを向上しますが、メモリの使用を増加します。より低い値はコントロールがぼやけます。

  • rangeSelectorOptions

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ツールバーに利用可能な範囲セレクター オプションを含む FinancialChartRangeSelectorOptionCollection。

  • rangeSelectorTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • resolution

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    このチャートのすべてのシリーズの描画解像度を取得または設定します。
    n = 解像度で、各 n 水平ピクセルのすべての項目を単一のデータポイントに結合します。解像度 = 0 の場合、すべてのデータポイントがグラフィッカル オブジェクトとして描画されます。チャートの解像度が高くなるとパフォーマンスが向上します。

  • responseDataKey
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    $.ig.DataSource を参照してください。応答がラップされる場合、これは基本的にデータ レコードが保持される応答内のプロパティです。

  • responseTotalRecCountKey
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    $.ig.DataSource を参照してください。サーバー上のレコードの総数を指定する応答内のプロパティ。

  • rightMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    チャート コンテンツの右マージンを取得または設定します。

  • subtitle

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    タイトルの下でプロット エリアの上に表示するテキストを取得または設定します。

  • subtitleAlignment

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    center

    コントロールの左右端に相対するサブタイトルの配置を決定する水平配置を取得または設定します。

    メンバー

    • left
    • タイプ:string
    • 項目を左揃えにします。
    • center
    • タイプ:string
    • 項目を中央揃えにします。
    • right
    • タイプ:string
    • 項目を右揃えにします。
    • stretch
    • タイプ:string
    • 項目を全幅にストレッチします。
  • subtitleBottomMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    チャート サブタイトルの下マージンを取得または設定します。

  • subtitleLeftMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    チャート サブタイトルの左マージンを取得または設定します。

  • subtitleRightMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    チャート サブタイトルの右マージンを取得または設定します。

  • subtitleTextColor

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    チャート サブタイトルの色を取得または設定します。

  • subtitleTextStyle

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    チャート サブタイトルの CSS フォント プロパティを取得または設定します。

  • subtitleTopMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    チャート サブタイトルの上マージンを取得または設定します。

  • thickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

    このチャートのすべてのシリーズの太さを取得または設定します。ChartType に基づいて、これは使用されるメイン ブラシ、またはアウトラインのみです。

  • title

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    プロット エリアの上に表示するテキストを取得または設定します。

  • titleAlignment

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    center

    コントロールの左右端に相対するタイトルの配置を決定する水平配置を取得または設定します。

    メンバー

    • left
    • タイプ:string
    • 項目を左揃えにします。
    • center
    • タイプ:string
    • 項目を中央揃えにします。
    • right
    • タイプ:string
    • 項目を右揃えにします。
    • stretch
    • タイプ:string
    • 項目を全幅にストレッチします。
  • titleBottomMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    チャート タイトルの下マージンを取得または設定します。

  • titleLeftMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    チャート タイトルの左マージンを取得または設定します。

  • titleRightMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    チャート タイトルの右マージンを取得または設定します。

  • titleTextColor

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    チャート タイトルの色を取得または設定します。

  • titleTextStyle

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    チャート タイトルの CSS フォント プロパティを取得または設定します。

  • titleTopMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    チャート タイトルの上マージンを取得または設定します。

  • toolbarHeight

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    40

  • toolbarTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • tooltipTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ツールチップに使用するテンプレート要素の ID、またはツールチップ テンプレートを表すマークアップを取得または設定します。

  • tooltipTemplates

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ツールチップ テンプレートの名前を取得または設定します。

  • toolTipType

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    メンバー

    • default
    • タイプ:string
    • item
    • タイプ:string
    • category
    • タイプ:string
    • none
    • タイプ:string
  • topMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    チャート コンテンツの上マージンを取得または設定します。

  • transitionDuration

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    データが変更されているときにシリーズ プロットのアニメーションに使用される期間を取得または設定します。

  • transitionEasingFunction

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    データが変更されているときにシリーズ プロットのアニメーションに使用されるイージング関数を取得または設定します。
    既知の値 linear または cubic のいずれかに設定することができます。または、単一の数値パラメーターを取得し、数値を返すイージング関数に設定することもできます。

  • trendLineBrushes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    このチャートでトレンドラインの色に使用されるブラシのパレットを取得または設定します。
    提供された値は、CSS 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • trendLinePeriod

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    7

  • trendLineThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1.5

    このチャートのトレンドラインの太さを取得または設定します。
    このプロパティはポイント、折れ線、スプライン、およびバブルのチャート型のみに提供します。

  • trendLineType

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    このチャートでトレンドラインを計算するために使用される数式を取得または設定します。 このプロパティはポイント、折れ線、スプライン、およびバブルのチャート型のみに提供します。

    メンバー

    • none
    • タイプ:string
    • トレンド ラインは表示されません。
    • linearFit
    • タイプ:string
    • リニア フィット。
    • quadraticFit
    • タイプ:string
    • 二次多項式フィット。
    • cubicFit
    • タイプ:string
    • 三次多項式フィット
    • quarticFit
    • タイプ:string
    • 四次多項式フィット。
    • quinticFit
    • タイプ:string
    • 五次多項式フィット。
    • logarithmicFit
    • タイプ:string
    • 対数フィット。
    • exponentialFit
    • タイプ:string
    • 指数フィット。
    • powerLawFit
    • タイプ:string
    • ベキ法則フィット。
    • simpleAverage
    • タイプ:string
    • シンプルな移動平均。
    • exponentialAverage
    • タイプ:string
    • 指数移動平均。
    • modifiedAverage
    • タイプ:string
    • 変更済み移動平均。
    • cumulativeAverage
    • タイプ:string
    • 累積移動平均。
    • weightedAverage
    • タイプ:string
    • ウェイト移動平均。
  • trendLineTypePickerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • unknownValuePlotting

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    不明な値がチャートにプロットされる方法を決定する動作を取得または設定します。 Null および Double.NaN は不明な値の 2 つの例です。

    メンバー

    • linearInterpolate
    • タイプ:string
    • 線形補間を使用すると、不明な値を囲む定義した値の中にプロットします。
    • dontPlot
    • タイプ:string
    • チャートに不明な値をプロットしません。
  • volumeBrushes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ボリューム ペインのボリューム シリーズを塗りつぶすためのブラシ。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • volumeOutlines

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ボリューム ペインのボリューム シリーズのアウトラインのためのブラシ。
    提供された値は、css 色文字列またはグラデーションを定義する JavaScript オブジェクトの配列である必要があります。最初の要素は、コレクションの補間モードを指定する RGB または HSV の文字列に設定するオプションがあります。

  • volumeThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

    ボリューム ペインのボリューム シリーズのアウトラインの太さ。

  • volumeType

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    ボリューム ペインに表示するシリーズのタイプ。

    メンバー

    • none
    • タイプ:string
    • ボリューム ペインは表示しません。
    • column
    • タイプ:string
    • ボリューム ペインに柱状シリーズを表示します。
    • line
    • タイプ:string
    • ボリューム ペインに折れ線シリーズを表示します。
    • area
    • タイプ:string
    • ボリューム ペインにエリア シリーズを表示します。
  • volumeTypePickerTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • widget

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    このコントロールのウィジェットを取得または設定します。

  • width
    継承

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    null

    チャートの幅。

  • windowRect

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    チャートの現在スクロールおよびズーム状態を表す矩形を取得または設定します。
    WindowRect は、 0 ~ 1 の間の座標およびサイズの Rectangle として表現されます。
    提供されたオブジェクトは、left、top、width および height と呼ばれる数値プロパティを持っている必要があります。

  • xAxisExtent

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    X 軸およびチャートの下端の間の距離を取得または設定します。

  • xAxisFormatLabel

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    コンテキスト オブジェクトを取得し、X 軸の書式付きラベルを返す関数を取得または設定します。

  • xAxisInverted

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    最初のデータ項目をチャートの右側に配置して X 軸の方向を反転するかどうかを取得または設定します。

  • xAxisLabel

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    X 軸にラベルの書式設定を取得または設定します。

  • xAxisLabelAngle

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    X 軸にラベルの回転の角度を取得または設定します。

  • xAxisLabelBottomMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    5

    X 軸のラベルの下マージンを取得または設定します。

  • xAxisLabelHorizontalAlignment

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    center

    X 軸ラベルの水平方向の配置を取得または設定します。

    メンバー

    • left
    • タイプ:string
    • 項目を左揃えにします。
    • center
    • タイプ:string
    • 項目を中央揃えにします。
    • right
    • タイプ:string
    • 項目を右揃えにします。
    • stretch
    • タイプ:string
    • 項目を全幅にストレッチします。
  • xAxisLabelLeftMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    X 軸のラベルの左マージンを取得または設定します。

  • xAxisLabelRightMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    X 軸のラベルの右余白を取得または設定します。

  • xAxisLabelTextColor

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    X 軸のラベルの色を取得または設定します。

  • xAxisLabelTextStyle

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    X 軸のラベルに CSS フォント プロパティを取得または設定します。

  • xAxisLabelTopMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    5

    X 軸のラベルの上余白を取得または設定します。

  • xAxisLabelVerticalAlignment

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    top

    X 軸ラベルの垂直方向の配置を取得または設定します。

    メンバー

    • top
    • タイプ:string
    • 項目を上揃えにします。
    • center
    • タイプ:string
    • 項目を中央揃えにします。
    • bottom
    • タイプ:string
    • 項目を下揃えにします。
    • stretch
    • タイプ:string
    • 項目を全幅にストレッチします。
  • xAxisLabelVisibility

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    X 軸ラベルの表示状態を取得または設定します。

    メンバー

    • visible
    • タイプ:string
    • 要素を表示します。
    • collapsed
    • タイプ:string
    • 要素を表示しません。
  • xAxisMajorStroke

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    X 軸の主グリッド線に適用する色を取得または設定します。

  • xAxisMajorStrokeThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

    X 軸の主グリッド線に適用する太さを取得または設定します。

  • xAxisMaximumValue

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • xAxisMinimumValue

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

  • xAxisMinorStroke

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    X 軸の副グリッド線に適用する色を取得または設定します。

  • xAxisMinorStrokeThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

    X 軸の副グリッド線に適用する太さを取得または設定します。

  • xAxisMode

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    X 軸のスケーリング モード。

    メンバー

    • ordinal
    • タイプ:string
    • 時間ラベルを持つ順序スケール。
    • time
    • タイプ:string
    • 時間スケール。
  • xAxisStrip

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    X 軸のストライプ線に適用する色を取得または設定します。

  • xAxisStroke

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    X 軸線に適用する色を取得または設定します。

  • xAxisStrokeThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

    X 軸線に適用する太さを取得または設定します。

  • xAxisTickLength

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    5

    X 軸に沿った目盛の長さを取得または設定します。

  • xAxisTickStroke

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    X 軸の目盛に適用する色を取得または設定します。

  • xAxisTickStrokeThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    2

    X 軸の目盛に適用する太さを取得または設定します。

  • xAxisTitle

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    X 軸の下に表示するテキストを取得または設定します。

  • xAxisTitleAlignment

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    center

    X 軸タイトルの水平方向の配置を取得または設定します。

    メンバー

    • left
    • タイプ:string
    • 項目を左揃えにします。
    • center
    • タイプ:string
    • 項目を中央揃えにします。
    • right
    • タイプ:string
    • 項目を右揃えにします。
    • stretch
    • タイプ:string
    • 項目を全幅にストレッチします。
  • xAxisTitleAngle

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    X 軸タイトルの回転の角度を取得または設定します。

  • xAxisTitleBottomMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    X 軸のタイトルの下マージンを取得または設定します。

  • xAxisTitleLeftMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    X 軸のタイトルの左マージンを取得または設定します。

  • xAxisTitleMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    X 軸のタイトルの周りの余白を取得または設定します。

  • xAxisTitleRightMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    X 軸のタイトルの右余白を取得または設定します。

  • xAxisTitleTextColor

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    X 軸のタイトルの色を取得または設定します。

  • xAxisTitleTextStyle

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    X 軸のタイトルに CSS フォント プロパティを取得または設定します。

  • xAxisTitleTopMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    X 軸のタイトルの上余白を取得または設定します。

  • yAxisAbbreviateLargeNumbers

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    Y 軸ラベルで桁数の多い数値が省略されるかどうかを取得または設定します。

  • yAxisExtent

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    Y 軸およびチャートの左端の間の距離を取得または設定します。

  • yAxisFormatLabel

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    コンテキスト オブジェクトを取得し、Y 軸の書式付きラベルを返す関数を取得または設定します。

  • yAxisInterval

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    Y 軸に各ラベルおよびグリッド線の間の距離を取得または設定します。

  • yAxisInverted

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    最小の数値をチャートの上側に配置して Y 軸の方向を反転するかどうかを取得または設定します。

  • yAxisIsLogarithmic

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    Y 軸がリニア スケールの代わりに対数目盛を使用するかどうかを取得または設定します。
    log(-1) が仮想で、log(0) が undefined のため、Y 軸の最小値が 0 より大きい場合のみにこのプロパティを有効にします。

  • yAxisLabel

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ラベルに基づくプロパティまたは文字列を取得または設定します。

  • yAxisLabelAngle

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    Y 軸にラベルの回転の角度を取得または設定します。

  • yAxisLabelBottomMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    Y 軸のラベルの下マージンを取得または設定します。

  • yAxisLabelHorizontalAlignment

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    left

    Y 軸ラベルの水平方向の配置を取得または設定します。

    メンバー

    • left
    • タイプ:string
    • 項目を左揃えにします。
    • center
    • タイプ:string
    • 項目を中央揃えにします。
    • right
    • タイプ:string
    • 項目を右揃えにします。
    • stretch
    • タイプ:string
    • 項目を全幅にストレッチします。
  • yAxisLabelLeftMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    5

    Y 軸のラベルの左マージンを取得または設定します。

  • yAxisLabelLocation

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    outsideRight

    プロット エリアに相対する Y 軸ラベルの配置。

    メンバー

    • outsideTop
    • タイプ:string
    • 軸ラベルを上に配置します。 (プロット領域の外)。
    • outsideBottom
    • タイプ:string
    • 軸ラベルを下に配置します。 (プロット領域の外)。
    • outsideLeft
    • タイプ:string
    • 軸ラベルを左に配置します。 (プロット領域の外)。
    • outsideRight
    • タイプ:string
    • 軸ラベルを右に配置します。 (プロット領域の外)。
    • insideTop
    • タイプ:string
    • 軸ラベルをプロット領域内軸線の上に配置します。
    • insideBottom
    • タイプ:string
    • 軸ラベルをプロット領域内軸線の下に配置します。
    • insideLeft
    • タイプ:string
    • 軸ラベルをプロット領域内軸線の左に配置します。
    • insideRight
    • タイプ:string
    • 軸ラベルをプロット領域内軸線の右に配置します。
  • yAxisLabelRightMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    5

    Y 軸のラベルの右余白を取得または設定します。

  • yAxisLabelTextColor

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    Y 軸のラベルの色を取得または設定します。

  • yAxisLabelTextStyle

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    Y 軸のラベルに CSS フォント プロパティを取得または設定します。

  • yAxisLabelTopMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    Y 軸のラベルの上余白を取得または設定します。

  • yAxisLabelVerticalAlignment

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    center

    Y 軸ラベルの垂直方向の配置を取得または設定します。

    メンバー

    • top
    • タイプ:string
    • 項目を上揃えにします。
    • center
    • タイプ:string
    • 項目を中央揃えにします。
    • bottom
    • タイプ:string
    • 項目を下揃えにします。
    • stretch
    • タイプ:string
    • 項目を全幅にストレッチします。
  • yAxisLabelVisibility

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    Y 軸ラベルの表示状態を取得または設定します。

    メンバー

    • visible
    • タイプ:string
    • 要素を表示します。
    • collapsed
    • タイプ:string
    • 要素を表示しません。
  • yAxisLogarithmBase

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    10

    Y 軸にデータ項目の位置をマップするときに log 関数で使用する基本値を取得または設定します。
    このプロパティは YAxisIsLogarithmic が True の場合のみ効果があります。

  • yAxisMajorStroke

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    Y 軸の主グリッド線に適用する色を取得または設定します。

  • yAxisMajorStrokeThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

    Y 軸の主グリッド線に適用する太さを取得または設定します。

  • yAxisMaximumValue

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    Y 軸の最大値と関連するデータ値を取得または設定します。

  • yAxisMinimumValue

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    Y 軸の最小値と関連するデータ値を取得または設定します。

  • yAxisMinorInterval

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    Y 軸に表示される副線の間隔を取得または設定します。

  • yAxisMinorStroke

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    Y 軸の副グリッド線に適用する色を取得または設定します。

  • yAxisMinorStrokeThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    Y 軸の副グリッド線に適用する太さを取得または設定します。

  • yAxisMode

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    Y 軸のスケーリング モード。

    メンバー

    • numeric
    • タイプ:string
    • リニアまたは対数の数値目盛。
    • percentChange
    • タイプ:string
    • すべての値が参照値に比例的に拡大縮小される数値スケール。
  • yAxisStrip

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    Y 軸のストライプ線に適用する色を取得または設定します。

  • yAxisStroke

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    Y 軸線に適用する色を取得または設定します。

  • yAxisStrokeThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

    Y 軸線に適用する太さを取得または設定します。

  • yAxisTickLength

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    Y 軸に沿った目盛の長さを取得または設定します。

  • yAxisTickStroke

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    Y 軸の目盛に適用する色を取得または設定します。

  • yAxisTickStrokeThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    2

    Y 軸の目盛に適用する太さを取得または設定します。

  • yAxisTitle

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    Y 軸の左に表示するテキストを取得または設定します。

  • yAxisTitleAlignment

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    center

    Y 軸タイトルの垂直方向の配置を取得または設定します。

    メンバー

    • top
    • タイプ:string
    • 項目を上揃えにします。
    • center
    • タイプ:string
    • 項目を中央揃えにします。
    • bottom
    • タイプ:string
    • 項目を下揃えにします。
    • stretch
    • タイプ:string
    • 項目を全幅にストレッチします。
  • yAxisTitleAngle

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    -90

    Y 軸タイトルの回転の角度を取得または設定します。

  • yAxisTitleBottomMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    Y 軸のタイトルの下マージンを取得または設定します。

  • yAxisTitleLeftMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    Y 軸のタイトルの左マージンを取得または設定します。

  • yAxisTitleMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    0

    Y 軸のタイトルの周りの余白を取得または設定します。

  • yAxisTitleRightMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    Y 軸のタイトルの右余白を取得または設定します。

  • yAxisTitleTextColor

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    Y 軸のタイトルの色を取得または設定します。

  • yAxisTitleTextStyle

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    Y 軸のタイトルに CSS フォント プロパティを取得または設定します。

  • yAxisTitleTopMargin

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    NaN

    Y 軸のタイトルの上余白を取得または設定します。

  • zoomSliderType

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    auto

    ズーム スライダー ペインに表示するシリーズのタイプ。

    メンバー

    • none
    • タイプ:string
    • ズーム スライダー ペインを表示しません。
    • auto
    • タイプ:string
    • ズーム スライダー ペインで価格ペインのシリーズ タイプを一致させます。
    • bar
    • タイプ:string
    • ズーム スライダー ペインに財務棒シリーズを表示します。
    • candle
    • タイプ:string
    • ズーム スライダー ペインにローソク足シリーズを表示します。
    • column
    • タイプ:string
    • ズーム スライダー ペインに柱状シリーズを表示します。
    • line
    • タイプ:string
    • ズーム スライダー ペインに折れ線シリーズを表示します。
    • area
    • タイプ:string
    • ズーム スライダー ペインにエリア シリーズを表示します。
  • zoomSliderXAxisMajorStroke

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

  • zoomSliderXAxisMajorStrokeThickness

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    1

Ignite UI コントロール イベントの詳細については、
Ignite UI でイベントを使用するを参照してください。

注: API メソッドの呼び出しは、API ヘルプに特に記述がない限り、操作に関連するイベントはプログラムによって発生されません。これらのイベントは各ユーザー操作によってのみ呼び出されます。

詳細の表示
  • applyCustomIndicators

    キャンセル可能:
    false

    カスタム インジケーター データがアプリケーションから必要となる場合にチャートで発生されるイベント。
    シリーズ描画で、CustomIndicatorNames コレクションの各値のためにイベントが一回に発生されます。

  • calloutStyleUpdating

    キャンセル可能:
    false

  • dataBinding
    継承

    キャンセル可能:
    true

    データ バインド前に発生するイベント。
    データ バインディングをキャンセルするには、false を返します。
    関数は最初の引数に null を、2 番目の引数に ui を取ります。
    チャート ウィジェットへの参照を取得するために ui.owner を使用します。
    $.ig.DataSource のインスタンスへの参照を取得するために ui.dataSource を使用します。

  • dataBound
    継承

    キャンセル可能:
    false

    データ バインド後に発生するイベント。
    関数は最初の引数に null を、2 番目の引数に ui を取ります。
    チャート ウィジェットへの参照を取得するために ui.owner を使用します。
    チャートで表示される実際のデータの配列への参照を取得するために ui.data を使用します。
    $.ig.DataSource のインスタンスへの参照を取得するために ui.dataSource を使用します。

  • hideTooltip
    継承

    キャンセル可能:
    true

    ツールチップが非表示になる前に発生されるイベント。
    ツールチップの非表示をキャンセルして表示するために false を返します。
    関数は最初の引数に null を、2 番目の引数に ui を取ります。
    チャート ウィジェットへの参照を取得するために ui.owner を使用します。
    項目への参照を取得するために ui.item を使用します。
    前回の updateTooltip イベントの更新またはツールチップから ui.element 値を表す jquery オブジェクトへの参照を取得するために ui.element を使用します。カスタム要素で置き換えられるメンバーの値。

  • propertyChanged

    キャンセル可能:
    false

    プロパティ値がこのチャートで変更される時に発生されるイベント。

  • seriesAdded

    キャンセル可能:
    false

    シリーズが初期化し、このチャートに追加されたときに発生するイベント。

  • seriesPointerDown

    キャンセル可能:
    false

    ポインターがシリーズ上に押すと発生します。

  • seriesPointerEnter

    キャンセル可能:
    false

    ポインターがシリーズ上に移動すると発生します。

  • seriesPointerLeave

    キャンセル可能:
    false

    ポインターがシリーズ上から離れると発生します。

  • seriesPointerMove

    キャンセル可能:
    false

    ポインターがシリーズ上に移動すると発生します。

  • seriesPointerUp

    キャンセル可能:
    false

    ポインターがシリーズ上にリリースすると発生します。

  • seriesRemoved

    キャンセル可能:
    false

    このチャートからシリーズが削除されたときに発生するイベント。

  • updateTooltip
    継承

    キャンセル可能:
    true

    ツールチップが更新される前に発生されるイベント。
    ツールチップの更新および非表示をキャンセルするために false を返します。
    関数は最初の引数に null を、2 番目の引数に ui を取ります。
    チャート ウィジェットへの参照を取得するために ui.owner を使用します。
    ツールチップの html を取得するために ui.text を使用します。変更可能なメンバーの値。変更された値が null または空値の場合、現在のツールチップ コンテンツは古い値を保持します。
    項目への参照を取得するために ui.item を使用します。変更可能またはカスタム項目で置き換えられるメンバーの値。
    ウィジェットに関連するツールチップの左位置をピクセルで取得するために ui.x を使用します。変更可能なメンバーの値。
    ウィジェットに関連するツールチップの上位置をピクセルで取得するために ui.y を使用します。変更可能なメンバーの値。
    ツールチップを表す jquery オブジェクトへの参照を取得するための ui.element を使用します。カスタム要素で置き換えられるメンバーの値。

  • addItem
    継承

    .igFinancialChart( "addItem", item:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    このチャートへの参照を返します。

    新しい項目をデータ ソースに追加し、チャートに通知します。

    • item
    • タイプ:object
    • データ ソースに追加する必要がある項目。
  • chart
    継承

    .igFinancialChart( "chart" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    チャートへの参照を返します。

    チャート オブジェクトへの参照を取得します。

  • dataBind
    継承

    .igFinancialChart( "dataBind" );

    データをチャートにバインドします。

  • destroy

    .igFinancialChart( "destroy" );

  • exportVisualData

    .igFinancialChart( "exportVisualData" );

  • findIndexOfItem
    継承

    .igFinancialChart( "findIndexOfItem", item:object );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    -1 または項目のインデックスを返します。

    チャートに使用される実際のデータ内の項目のインデックスを検索します。

    • item
    • タイプ:object
    • 項目への参照。
  • flush
    継承

    .igFinancialChart( "flush" );

    続行の前に保留中の作業をチャートで描画するように強制します。

  • getData
    継承

    .igFinancialChart( "getData" );
    返却型:
    array
    返却型の説明:
    null またはデータへの参照を返します。

    チャートに使用される実際のデータへの参照を取得します。

  • getDataItem
    継承

    .igFinancialChart( "getDataItem", index:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    null またはデータ項目への参照を返します。

    チャートに使用される実際のデータの項目を取得します。this.getData()[ index ] に似ています。

    • index
    • タイプ:object
    • データ項目のインデックス。
  • id

    .igFinancialChart( "id" );

  • insertItem
    継承

    .igFinancialChart( "insertItem", item:object, index:number );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    このチャートへの参照を返します。

    新しい項目をデータ ソースに挿入し、チャートに通知します。

    • item
    • タイプ:object
    • データ ソースに挿入する必要がある新規項目。
    • index
    • タイプ:number
    • 新しい項目が挿入されるデータ ソースのインデックス。
  • notifyClearItems
    継承

    .igFinancialChart( "notifyClearItems", dataSource:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    このチャートへの参照を返します。

    項目が関連付けられたデータ ソースからクリアされたことをチャートに通知します。
    同じ項目のソースを共有しているかどうか、変更の複数のターゲットに通知する必要はありません。

    • dataSource
    • タイプ:object
    • 変更が発生したデータ ソース。
  • notifyInsertItem
    継承

    .igFinancialChart( "notifyInsertItem", dataSource:object, index:number, newItem:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    このチャートへの参照を返します。

    項目がそのデータ ソースの指定されたインデックスに挿入されたことを対象の軸またはシリーズに通知します。
    同じ項目のソースを共有しているかどうか、変更の複数のターゲットに通知する必要はありません。

    • dataSource
    • タイプ:object
    • 変更が発生したデータ ソース。
    • index
    • タイプ:number
    • 新しい項目が挿入された項目ソースのインデックス。
    • newItem
    • タイプ:object
    • コレクションに設定された新しい項目。
  • notifyRemoveItem
    継承

    .igFinancialChart( "notifyRemoveItem", dataSource:object, index:number, oldItem:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    このチャートへの参照を返します。

    項目がそのデータ ソースの指定されたインデックスから削除されたことを対象の軸またはシリーズに通知します。
    同じ項目のソースを共有しているかどうか、変更の複数のターゲットに通知する必要はありません。

    • dataSource
    • タイプ:object
    • 変更が発生したデータ ソース。
    • index
    • タイプ:number
    • 古い項目の削除元となった項目ソースのインデックス。
    • oldItem
    • タイプ:object
    • コレクションから削除された旧項目。
  • notifySetItem
    継承

    .igFinancialChart( "notifySetItem", dataSource:object, index:number, newItem:object, oldItem:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    このチャートへの参照を返します。

    項目が関連付けられたデータ ソースに設定されたことをチャートに通知します。

    • dataSource
    • タイプ:object
    • 変更が発生したデータ ソース。
    • index
    • タイプ:number
    • 変更された項目ソースのインデックス。
    • newItem
    • タイプ:object
    • コレクションに設定された新しい項目。
    • oldItem
    • タイプ:object
    • コレクションで上書きされた旧項目。
  • removeItem
    継承

    .igFinancialChart( "removeItem", index:number );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    このチャートへの参照を返します。

    項目をデータ ソースから削除し、チャートに通知します。

    • index
    • タイプ:number
    • 項目が削除されるデータ ソースのインデックス。
  • setItem
    継承

    .igFinancialChart( "setItem", index:number, item:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    このチャートへの参照を返します。

    データ ソース内の項目を更新し、チャートに通知します。

    • index
    • タイプ:number
    • 変更する必要があるデータ ソース内の項目のインデックス。
    • item
    • タイプ:object
    • データ ソース内で設定する新規項目オブジェクト。
  • ui-category ui-corner-all ui-widget-content ui-financialchart-container

    メイン要素に適用されるクラスを取得します: ui-category ui-corner-all ui-widget-content。
  • ui-category-tooltip ui-widget-content ui-corner-all

    ツールチップ要素 (ui-category-tooltip ui-widget-content ui-corner-all) に適用されるクラスを取得します。
  • ui-html5-non-html5-supported-message ui-helper-clearfix ui-html5-non-html5

    チャートを HTML5 と互換性のないブラウザーで開いたときに表示されるメイン要素に適用されるクラスを取得します。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.