ig.excel.WorksheetDataTable

セルの範囲のデータ テーブルを表します。

備考

データ テーブルは、同時に数式の変数で多くの異なる値を試し、テーブルで異なる結果を表示することによってひとつ以上の数式の結果を示すための方法です。データ テーブル アプリケーションの優れた例は乗法テーブルです。乗法テーブルは数式 =X*Y の結果を示します。ただし、数式の多くの異なる結果を示し、それぞれの結果は X および Y の異なる値を使用して決定されます。これらのけっけはテーブルで表示され、テーブルの各セルは特定の X および Y の値の数値の結果を示します。これらは行ヘッダーおよび列ヘッダーにそれぞれラベル表示されます。したがって、行の各セルは同じ X 値を使用し、列の各セルは同じ Y 値を使用します。

乗法テーブルは、2 変数データ テーブルとして知られています。2 変数データ テーブルはひとつの数式とテーブルの行ヘッダと列ヘッダの値を持つことによって特徴付けられます。この数式はデータ テーブルの左上セルに入力され、通常はデータ テーブルの外の少なくとも 2 つのセルで参照され、列入力および行入力セルとして知られています。数式がデータ テーブルの特定のセルで評価される場合、数式の列入力セルへの参照は、セル行ヘッダの値で置き換えられ(これは後方のようにみえますが、行ヘッダの値はデータ テーブルの左列を下げます。これは列入力セルで使用されるからです)、行入力セルへの参照は、セルの列ヘッダの値で置き換えられます。

データ テーブルの他のタイプは、1 変数データ テーブルです。1 変数データ テーブルは列指向または行指向データ テーブルである場合があります。列指向データ テーブルには、左列のセルにデータ、そして行のトップのセルに数式があります(データ テーブルの左上セルは、データ テーブルのこのタイプで無視されます)。通常、すべてのトップの行の数式は、データ テーブルの外の同じセルを参照し、列入力セルとして知られています。テーブルのセルが評価されると、セルの行ヘッダの値によって置き換えられる列入力セルへ参照され、列ヘッダ内の数式が使用されます。

行指向の 1 変数データ テーブルは列指向データ テーブルのように作られますが、値はトップの行で実行され、数式は左列へと実行され、すべての数式によって参照されるセルは行入力セルとして知られています。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • cellsInTable

    .cellsInTable( );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetRegion
    返却型の説明:
    データ テーブルのセルの領域。

    データ テーブルのセルの領域を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException 指定された値は null です。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.ArgumentException 指定された値は、データ テーブルのワークシート以外のワークシートからの領域です。
    ig.ArgumentException 指定された値は、データ テーブルのワークシート以外のワークシートからの領域です。

    備考

    この領域の内部セル(セルは最も左の列またはトップの行にない)は、これが設定されると値が削除されます。内部セルにデータ テーブル外に交差する領域を持つ配列数式がある場合、エラーが発生します。ただし、この配列数式の領域はデータ テーブルの内部のセルに限定され、配列数式は ArrayFormula.clearCellRange が呼び出され、セルのすべてからそれを削除します。同様に、既存のデータ テーブルの内部セルがこの領域と複数の外部セルに内部セルを含む場合、エラーが発生します。 ただし、既存のデータ テーブルのすべての内部セルは、ここで指定する新しい領域の内部セルに含まれている場合、既存のデータ テーブルはワークシートから削除されます。

    テーブルのセルが指定された後は内部セルの値を変更できません。

    注: WorksheetDataTable.rowInputCell および WorksheetDataTable.columnInputCell はこの領域で共存できません。

  • cellsInTable

    .cellsInTable( value:ig.excel.WorksheetRegion );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetRegion
    返却型の説明:
    データ テーブルのセルの領域。

    データ テーブルのセルの領域を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.WorksheetRegion

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException 指定された値は null です。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.ArgumentException 指定された値は、データ テーブルのワークシート以外のワークシートからの領域です。
    ig.ArgumentException 指定された値は、データ テーブルのワークシート以外のワークシートからの領域です。

    備考

    この領域の内部セル(セルは最も左の列またはトップの行にない)は、これが設定されると値が削除されます。内部セルにデータ テーブル外に交差する領域を持つ配列数式がある場合、エラーが発生します。ただし、この配列数式の領域はデータ テーブルの内部のセルに限定され、配列数式は ArrayFormula.clearCellRange が呼び出され、セルのすべてからそれを削除します。同様に、既存のデータ テーブルの内部セルがこの領域と複数の外部セルに内部セルを含む場合、エラーが発生します。 ただし、既存のデータ テーブルのすべての内部セルは、ここで指定する新しい領域の内部セルに含まれている場合、既存のデータ テーブルはワークシートから削除されます。

    テーブルのセルが指定された後は内部セルの値を変更できません。

    注: WorksheetDataTable.rowInputCell および WorksheetDataTable.columnInputCell はこの領域で共存できません。

  • columnInputCell

    .columnInputCell( );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetCell
    返却型の説明:
    データ テーブルの列入力セルとして使用されるセル。

    データ テーブルの列入力セルとして使用されるセルを取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値はデータ テーブルと同じワークシートに属しません。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。

    備考

    これは行ヘッダ値で置き換えるためにデータ テーブルのすべての数式のセル参照を表します。 これと WorksheetDataTable.rowInputCell は非 null で、データ テーブルは 2 変数データ テーブルです。 そうでなければ、ひとつだけが非 null で、これは 1 変数データ テーブルです。

    注: RowInputCell および ColumnInputCell は WorksheetDataTable.cellsInTable 領域内に置くことができません。

  • columnInputCell

    .columnInputCell( value:ig.excel.WorksheetCell );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetCell
    返却型の説明:
    データ テーブルの列入力セルとして使用されるセル。

    データ テーブルの列入力セルとして使用されるセルを取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値はデータ テーブルと同じワークシートに属しません。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。

    備考

    これは行ヘッダ値で置き換えるためにデータ テーブルのすべての数式のセル参照を表します。 これと WorksheetDataTable.rowInputCell は非 null で、データ テーブルは 2 変数データ テーブルです。 そうでなければ、ひとつだけが非 null で、これは 1 変数データ テーブルです。

    注: RowInputCell および ColumnInputCell は WorksheetDataTable.cellsInTable 領域内に置くことができません。

  • rowInputCell

    .rowInputCell( );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetCell
    返却型の説明:
    データ テーブルの行入力セルとして使用されるセル。

    データ テーブルの行入力セルとして使用されるセルを取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値はデータ テーブルと同じワークシートに属しません。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。

    備考

    これは列ヘッダ値で置き換えるためにデータ テーブルのすべての数式のセル参照を表します。 これと WorksheetDataTable.columnInputCell は非 null で、データ テーブルは 2 変数データ テーブルです。 そうでなければ、ひとつだけが非 null で、これは 1 変数データ テーブルです。

    注: RowInputCell および ColumnInputCell は WorksheetDataTable.cellsInTable 領域内に置くことができません。

  • rowInputCell

    .rowInputCell( value:ig.excel.WorksheetCell );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetCell
    返却型の説明:
    データ テーブルの行入力セルとして使用されるセル。

    データ テーブルの行入力セルとして使用されるセルを取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値はデータ テーブルと同じワークシートに属しません。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。
    ig.InvalidOperationException データ テーブルがワークシートから削除された後に値が指定されます。

    備考

    これは列ヘッダ値で置き換えるためにデータ テーブルのすべての数式のセル参照を表します。 これと WorksheetDataTable.columnInputCell は非 null で、データ テーブルは 2 変数データ テーブルです。 そうでなければ、ひとつだけが非 null で、これは 1 変数データ テーブルです。

    注: RowInputCell および ColumnInputCell は WorksheetDataTable.cellsInTable 領域内に置くことができません。

  • worksheet

    .worksheet( );

    このデータ テーブルが置かれるワークシートを取得します。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.