ui.igHtmlEditor

ui.igHtmlEditor_image

igHtmlEditor コントロールは標準 HTML 編集機能が特長の jQuery HTML エディター コントロールです。書式設定オプションには、フォント フェイス、フォント サイズ、テキストおよび画像の配置、リンク、およびテーブル サポートもあります。この API のクラス、オプション、イベント、メソッド、およびテーマの詳細は、上記の関連するタブの下に表示されます。

次のコード スニペットは igHtmlEditor コントロールの初期化方法を示しています。

igHtmlEditor コントロールに必要なスクリプトおよびテーマの参照方法についての詳細は、 Ignite UI での JavaScript リソースの使用および Ignite UI のスタイルとテーマの設定をお読みください。

コード サンプル

  
        <!doctype html>
        <html>
        <head>
            <!-- Modernizr -->
            <script src="js/modernizr.js"></script>
            <!-- jQuery Core -->
            <script src="js/jquery.js"></script>
            <!-- jQuery UI -->
            <script src="js/jquery-ui.js"></script>
            <!-- Infragistics loader -->
            <script src="js/infragistics.loader.js"></script>
            <script>
                $.ig.loader({
                    scriptPath: "js",
                    cssPath: "css",
                    resources: "igHtmlEditor"
                });

                $.ig.loader(function () {
                    $("#htmlEditor").igHtmlEditor({
                        width: "100%"
                    });
                });
            </script>
        </head>
        <body>
            <div id="htmlEditor"></div>
        </body>
        </html>
    

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery-1.9.1.js
jquery.ui.core.js
jquery.ui.widget.js
infragistics.util.js
infragistics.util.jquery.js
infragistics.ui.widget.js
infragistics.ui.toolbarbutton.js
infragistics.ui.toolbar.js
infragistics.ui.popover.js
infragistics.ui.splitbutton.js
infragistics.ui.colorpicker.js
infragistics.ui.colorpickersplitbutton.js
infragistics.ui.combo.js
infragistics.ui.htmleditor-en.js
infragistics.ui.toolbar-en.js

継承

  • customToolbars

    タイプ:
    array
    デフォルト:
    []
    要素タイプ:
    object

    HTML エディター カスタム ツールバー リスト。

    コード サンプル

     
                    // Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        customToolbars: [{
                            name: "customToolbar",
                            collapseButtonIcon: "ui-igbutton-collapse",
                            expandButtonIcon: "ui-igbutton-expand",
                            items: [{
                                //Definition for custom button
                                name: "customButton",
                                type: "button",
                                handler: function() {
                                    alert("Custom button clicked!");
                                },
                                scope: this,
                                props: {
                                    isImage: {
                                        value: false,
                                        action: '_isSelectedAction'
                                    },
                                    imageButtonTooltip: {
                                        value: "Custom button tooltip",
                                        action: '_tooltipAction'
                                    },
                                    imageButtonIcon: {
                                        value: "ui-igbutton-bold",
                                        action: '_buttonIconAction'
                                    }
                                }
                            }, {
                                //Definition for custom combo
                                name: "customCombo",
                                type: "combo",
                                handler: function(el, obj) {
                                    alert("Selected item is: " + obj.value);
                                },
                                scope: this,
                                props: {
                                    customComboWidth: {
                                        value: 115,
                                        action: "_comboWidthAction"
                                    },
                                    customComboHeight: {
                                        value: "",
                                        action: "_comboHeightAction"
                                    },
                                    customComboItemsListWidth: {
                                        value: 115,
                                        action: "_comboDropDownListWidth"
                                    },
                                    customComboSource: {
                                        value: [{
                                            text: "Item 1",
                                            value: "Item 1"
                                        }, {
                                            text: "Item 2",
                                            value: "Item 2"
                                        }],
                                        action: "_comboDataSourceAction"
                                    },
                                    selectedCustomComboItem: {
                                        value: "Item 2",
                                        action: "_comboSelectedItem"
                                    }
                                }
                            }]
                        }]
                    });
    
                    //Get
                    var customToolbar = $(".selector").igHtmlEditor("option", "customToolbars");
                 
  • height

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    350

    HTML エディターの高さ。ピクセル、文字列 (px)、またはパーセンテージ (%) を数字で設定できます。

    メンバー

      • string
      • ウィジェットの高さはピクセル (px) およびパーセント (%) で設定できます (%)。
      • number
      • ウィジェットの高さは数値として設定できます。

    コード サンプル

     
                    // Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        height: 100
                        // or
                        // height: "100%"
                    });
                    //Get
                    var height = $(".selector").igHtmlEditor("option", "height");
                    // Set
                    $(".selector").igHtmlEditor("option", "height", 300);
                 
  • inputName

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "source"

    HTML エディターのソース ビューの name 属性。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        inputName: "blogContent"
                    });
    
                    //Get
                    var inputName = $(".selector").igHtmlEditor("option", "inputName");
                 
  • language
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "en"

    ウィジェットのロケール言語設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igHtmlEditor({
    					language: "ja"
    				});
    
    				// Get
    				var language = $(".selector").igHtmlEditor("option", "language");
    
    				// Set
    				$(".selector").igHtmlEditor("option", "language", "ja");
    			 
  • locale
    継承

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ウィジェットのロケール設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igHtmlEditor({
    					locale: {}
    				});
    
    				// Get
    				var locale = $(".selector").igHtmlEditor("option", "locale");
    
    				// Set
    				$(".selector").igHtmlEditor("option", "locale", {});
    			 
  • regional
    継承

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    en-US

    ウィジェットの領域設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igHtmlEditor({
    					regional: "ja"
    				});
    				// Get
    				var regional = $(".selector").igHtmlEditor("option", "regional");
    				// Set
    				$(".selector").igHtmlEditor("option", "regional", "ja");
    			 
  • showCopyPasteToolbar

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    「コピー/貼り付け」ツールバーを表示/非表示にします。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        showCopyPasteToolbar: false
                    });
    
                    //Get
                    var showCopyPasteToolbar = $(".selector").igHtmlEditor("option", "showCopyPasteToolbar");
    
                    //Set
                    $(".selector").igHtmlEditor("option", "showCopyPasteToolbar", true);
                 
  • showFormattingToolbar

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    "フォーマッティング" ツールバーを表示/非表示にします。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        showFormattingToolbar: false
                    });
    
                    //Get
                    var showFormattingToolbar = $(".selector").igHtmlEditor("option", "showFormattingToolbar");
    
                    //Set
                    $(".selector").igHtmlEditor("option", "showFormattingToolbar", true);
                 
  • showInsertObjectToolbar

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    「オブジェクトの挿入」ツールバーを表示/非表示にします。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        showInsertObjectToolbar: false
                    });
    
                    //Get
                    var showInsertObjectToolbar = $(".selector").igHtmlEditor("option", "showInsertObjectToolbar");
    
                    //Set
                    $(".selector").igHtmlEditor("option", "showInsertObjectToolbar", true);
                 
  • showTextToolbar

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    「テキスト」ツールバーを表示/非表示にします。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        showTextToolbar: false
                    });
    
                    //Get
                    var showTextToolbar = $(".selector").igHtmlEditor("option", "showTextToolbar");
    
                    //Set
                    $(".selector").igHtmlEditor("option", "showTextToolbar", true);
                 
  • toolbarSettings

    タイプ:
    array
    デフォルト:
    []
    要素タイプ:
    object

    HTML エディター ツールバー リスト。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        toolbarSettings: [
                        {
                            name: "textToolbar",
                            isExpanded: false
                        }]
                    });
    
                    //Get
                    var toolbarSettings = $(".selector").igHtmlEditor("option", "toolbarSettings");
                 
  • value

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    ""

    HTML エディター内に最初コンテンツとして描画するために使用されます。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        value: "Hello World!"
                    });
    
                    //Get
                    var value = $(".selector").igHtmlEditor("option", "value");
    
                    //Set
                    $(".selector").igHtmlEditor("option", "value", "Hello World!");
                 
  • width

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    725

    HTML エディターの幅。ピクセル、文字列 (px)、またはパーセンテージ (%) を数字で設定できます。

    メンバー

      • string
      • ウィジェットの幅をピクセル (px) またはパーセンテージ (%) に設定できます。
      • number
      • ウィジェット幅は数値として設定できます。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        width: 700
                        //or
                        //width: "100%"
                    });
                    //Get
                    var width = $(".selector").igHtmlEditor("option", "width");
                    // Set
                    $(".selector").igHtmlEditor("option", "width", 300);
                 

Ignite UI コントロール イベントの詳細については、
Ignite UI でイベントを使用するを参照してください。

注: API メソッドの呼び出しは、API ヘルプに特に記述がない限り、操作に関連するイベントはプログラムによって発生されません。これらのイベントは各ユーザー操作によってのみ呼び出されます。

詳細の表示
  • actionExecuted

    キャンセル可能:
    false

    ツールバー項目がクリックされた後に発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        actionExecuted: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditoractionexecuted", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                        //return toolbar name
                        ui.toolbar;
                        //return action name
                        ui.actionName;
                    });
                 
  • actionExecuting

    キャンセル可能:
    true

    ツールバー項目がクリックされる前に発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        actionExecuting: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditoractionexecuting", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                        //return toolbar name
                        ui.toolbar;
                        //return action name
                        ui.actionName;
                    });
                 
  • copy

    キャンセル可能:
    false

    キーボードのコピー アクションで発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        copy: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditorcopy", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                    });
                 
  • cut

    キャンセル可能:
    false

    キーボードの切り取りアクションで発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        cut: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditorcut", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                    });
                 
  • paste

    キャンセル可能:
    false

    キーボードの貼り付けアクションで発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        paste: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditorpaste", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                    });
                 
  • redo

    キャンセル可能:
    false

    キーボードのやり直しアクションで発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        redo: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditorredo", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                    });
                 
  • rendered

    キャンセル可能:
    false

    HTML エディター ウィジェットが描画された後に発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        rendered: function (evt, ui) {
                            //return reference to igHtmlEditor object
                            ui.owner
                        }
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditorrendered", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                    });
                 
  • rendering

    キャンセル可能:
    false

    HTML エディター ウィジェットが描画される前に発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        rendering: function (evt, ui) {
                            //return reference to igHtmlEditor object
                            ui.owner
                        }
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditorrendering", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                    });
                 
  • toolbarCollapsed

    キャンセル可能:
    false

    ツールバーが縮小された後に発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        toolbarCollapsed: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditortoolbarcollapsed", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                        //return reference to toolbar object
                        ui.toolbar
                        //return reference to toolbar element object
                        ui.toolbarElement
                    });
                 
  • toolbarCollapsing

    キャンセル可能:
    true

    ツールバーが縮小される前に発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        toolbarCollapsing: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditortoolbarcollapsing", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                        //return reference to toolbar object
                        ui.toolbar
                        //return reference to toolbar element object
                        ui.toolbarElement
                    });
                 
  • toolbarExpanded

    キャンセル可能:
    false

    ツールバーが展開された後に発生するイベント。

    コード サンプル

     
                     //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        toolbarExpanding: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditortoolbarexpanding", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                        //return reference to toolbar object
                        ui.toolbar
                        //return reference to toolbar element object
                        ui.toolbarElement
                    });
                 
  • toolbarExpanding

    キャンセル可能:
    true

    ツールバーが展開される前に発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        toolbarExpanded: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditortoolbarexpanded", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                        //return reference to toolbar object
                        ui.toolbar
                        //return reference to toolbar element object
                        ui.toolbarElement
                    });
                 
  • undo

    キャンセル可能:
    false

    キーボードの取り消しアクションで発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        undo: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditorundo", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                    });
                 
  • workspaceResized

    キャンセル可能:
    false

    ワークスペースのサイズ変更後に発生するイベント。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igHtmlEditor({
                        workspaceResized: function (evt, ui) {...}
                    });
    
                    //Bind after initialization
                    $(document).on("ightmleditorworkspaceresized", ".selector", function (evt, ui) {
                        //return reference to igHtmlEditor object
                        ui.owner
                    });
                 
  • changeGlobalLanguage
    継承

    .igHtmlEditor( "changeGlobalLanguage" );

    ウィジェットの言語をグローバルの言語に変更します。グローバルの言語は $.ig.util.language の値です。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igHtmlEditor("changeGlobalLanguage");
    			 
  • changeGlobalRegional
    継承

    .igHtmlEditor( "changeGlobalRegional" );

    ウィジェットの地域設定をグローバルの地域設定に変更します。グローバルの地域設定は $.ig.util.regional にあります。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igHtmlEditor("changeGlobalRegional");
    			 
  • changeLocale

    .igHtmlEditor( "changeLocale" );

    ウィジェット要素のすべてのロケールを options.language に指定される言語に変更します。
    注: このメソッドは珍しいシナリオのみで使用されます。language または locale オプションのセッターを参照してください。

    コード サンプル

     
                    $(".selector").igHtmlEditor("changeLocale");
                 
  • contentDocument

    .igHtmlEditor( "contentDocument" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    HTML エディターのコンテンツの編集可能な領域と関連されるドキュメント オブジェクト。

    HTML エディターのコンテンツの編集可能な領域と関連されるドキュメント オブジェクトを返します。

    コード サンプル

     
                    var htmlEditorDocument = $(".selector").igHtmlEditor("contentDocument");
                 
  • contentEditable

    .igHtmlEditor( "contentEditable" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この HTML エディターに関連する編集可能なコンテンツ。

    この HTML エディターに関連する編集可能なコンテンツを返します。

    コード サンプル

     
                    var htmlEditorContentEditable = $(".selector").igHtmlEditor("contentEditable");
                 
  • contentWindow

    .igHtmlEditor( "contentWindow" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    HTML エディターのコンテンツの編集可能な領域と関連されるウィンドウ オブジェクト。

    HTML エディターのコンテンツの編集可能な領域と関連されるウィンドウ オブジェクトを返します。

    コード サンプル

     
                    var htmlEditorContentWindow = $(".selector").igHtmlEditor("contentWindow");
                 
  • destroy

    .igHtmlEditor( "destroy" );

    ウィジェットを破棄します。

    コード サンプル

     
                    $(".selector").igHtmlEditor("destroy");
                 
  • executeAction

    .igHtmlEditor( "executeAction", actionName:string, [args:object] );

    htmleditor コマンドを実行します。

    • actionName
    • タイプ:string
    • コマンドの名前。
    • args
    • タイプ:object
    • オプション
    • コマンドの追加のパラメーター。

    コード サンプル

     
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "increasefontsize");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "bold");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "italic");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "underline");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "strikethrough");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "decreasefontsize");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "fontname", "Lucida Console");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "fontname", "Verdana");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "fontsize", "5");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "formatBlock", "h6");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "forecolor", "blue");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "backcolor", "red");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "justifyright");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "justifycenter");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "justifyleft");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "justifyfull");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "insertunorderedlist");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "insertorderedlist");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "outdent");
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "indent");
    
                    //Works on Internet Explorer only
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "cut");
                    //Works on Internet Explorer only
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "copy");
                    //Works on Internet Explorer only
                    $(".selector").igHtmlEditor("executeAction", "paste");
                 
  • getContent

    .igHtmlEditor( "getContent", format:string );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    エディターのコンテンツ。

    HTML エディターのコンテンツを取得します。

    • format
    • タイプ:string
    • コンテンツを HTML またはプレーン テキストとして返します。値は「text」または「html」が可能です。

    コード サンプル

     
                    var plainContent = $(".selector").igHtmlEditor("getContent", "text");
                    var htmlContent = $(".selector").igHtmlEditor("getContent", "html");
                 
  • insertAtCaret

    .igHtmlEditor( "insertAtCaret", element:object );

    提供したコンテンツをカレットの位置に挿入します。

    • element
    • タイプ:object
    • HTML 文字列、DOM 要素、または jQuery オブジェクトを受けます。

    コード サンプル

     
                    $(".selector").igHtmlEditor("insertAtCaret", "<div />");
                 
  • isDirty

    .igHtmlEditor( "isDirty" );

    エディター コンテンツが変更した場合に True を返します。変更なしの場合、False を返します。

    コード サンプル

     
                    var isDirty = $(".selector").igHtmlEditor("isDirty");
                 
  • range

    .igHtmlEditor( "range" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    編集可能なコンテンツの現在範囲を表す Range オブジェクトを返します。

    編集可能なコンテンツの現在範囲を表す Range オブジェクトを返します。

    コード サンプル

     
                    var range = $(".selector").igHtmlEditor("range");
                 
  • resizeWorkspace

    .igHtmlEditor( "resizeWorkspace" );

    ワークスペースの高さをサイズ変更します。

    コード サンプル

     
                    $(".selector").igHtmlEditor("resizeWorkspace");
                 
  • selection

    .igHtmlEditor( "selection" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    編集可能なコンテンツの現在選択を表す Selection オブジェクトを返します。

    編集可能なコンテンツの現在選択を表す Selection オブジェクトを返します。

    コード サンプル

     
                    var selection = $(".selector").igHtmlEditor("selection");
                 
  • setContent

    .igHtmlEditor( "setContent", content:string, format:string );

    HTML エディターのコンテンツを設定します。

    • content
    • タイプ:string
    • 設定するコンテンツ。
    • format
    • タイプ:string
    • コンテンツ タイプ: 「text」または「html」。

    コード サンプル

     
                    $(".selector").igHtmlEditor("setContent", "Hello World!", "text");
                    $(".selector").igHtmlEditor("setContent", "<h1>Hello World!</h1>", "html");
                 
  • widget

    .igHtmlEditor( "widget" );

    ウィジェットがインスタンス化された要因を返します。

    コード サンプル

     
                    var widget = $(".selector").igHtmlEditor("widget");
                 
  • ui-widget ui-widget-content ui-corner-all ui-ightmleditor ui-helper-clearfix

    ウィジェット基本クラス css。
  • ui-ightmleditor-content

    HTML エディター コンテンツ スタイル。
  • ui-igpathfinder

    HTML エディター DOM ナビゲーション ツールバー css。
  • ui-igtoolbars-holder

    HTML エディター ツールバー スタイル。
  • ui-widget-content

    ワークスペース css。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.