ig.excel.WorksheetCell

Microsoft Excel ワークシート内のセルを表します。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • applyFormula

    .applyFormula( value:string );

    数式をセルに適用します。

    • value
    • タイプ:string
    • 解析およびセルに適用するための数式。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException 値は null または空です。
    ig.excel.FormulaParseException 値は有効な数式ではありません。
    ig.InvalidOperationException セルは配列数式の一部またはセルに制限されないデータ テーブルです。

    備考

    値は、セルが属する WorkbookCellReferenceMode に基づいて解析されます。セルの WorksheetCell.worksheet が親コレクションから削除された場合、A1 CellReferenceMode は数式を解析するために使用されます。

    注: WorksheetRow.applyCellFormula メソッドを使用するより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このメソッドを使用するのは、 WorksheetRow.ApplyCellFormula メソッドを使用するのと同じです。

  • associatedDataTable

    .associatedDataTable( );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetDataTable
    返却型の説明:
    セルが属するデータ テーブル、またはセルがデータ テーブルに属さない場合は null。

    セルが属するデータ テーブルを取得します。

    備考

    一番左の列と一番上の行のセルは、関連するデータ テーブルに null を返します。

    データ テーブルがセルに関連付けられている場合、WorksheetCell.value は、セルの計算された値を返します。

    注: WorksheetRow.getCellAssociatedDataTable メソッドを使用するより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このプロパティを使用するのは WorksheetRow.GetBoundsInTwips メソッドを使用するのと同じです。

  • associatedMergedCellsRegion

    .associatedMergedCellsRegion( );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetMergedCellsRegion
    返却型の説明:
    セルを含む結合されたセル領域、またはセルが結合されない場合は null。

    セルを含む結合されたセル領域を取得するか、セルが結合されない場合は null。

    備考

    注: WorksheetRow.getCellAssociatedMergedCellsRegion メソッドを使用するより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このプロパティを使用するのは WorksheetRow.GetCellAssociatedMergedCellsRegion メソッドを使用するのと同じです。

  • associatedTable

    .associatedTable( );

    このセルが属する WorksheetTable を取得します。

    備考

    テーブル内のいずれかの領域に存在するセルをそのテーブルに所属するセルといいます。これは、ヘッダー セル、集計セル、またはデータ領域内のセルである場合もあります。

    注: WorksheetRow.getCellAssociatedDataTable メソッドを使用するより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合には、このプロパティを使用しても WorksheetRow.GetCellAssociatedTable メソッドを使用しても同じ結果が得られます。

  • cellFormat

    .cellFormat( );
    返却型:
    ig.excel.IWorksheetCellFormat
    返却型の説明:
    このセルのセル書式。

    このセルのセル書式を取得します。

    備考

    このプロパティは、セルに固有のセル書式設定を設定するために使用します。多くのセルに書式を適用する場合、パフォーマンスの考慮点については Workbook.createNewWorksheetCellFormat メソッドを参照してください。

    このセルが結合したセル領域に属する場合、CellFormat の取得は関連する結合したセル領域の CellFormat を取得します。

    注: WorksheetRow.getCellFormat メソッドを使用することにより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このプロパティを使用するのは WorksheetRow.GetCellFormat メソッドを使用するのと同じです。

  • clearComment

    .clearComment( );

    セルに関連付けられたコメントを削除します。

    備考

    注: WorksheetRow.setCellComment メソッドを使用するより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このメソッドを使用するのは WorksheetRow.SetCellComment メソッドを使用するのと同じです。

  • columnIndex

    .columnIndex( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    セルの列インデックス。

    セルの列インデックスを取得します。

  • comment

    .comment( );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetCellComment
    返却型の説明:
    スタイルをセルに適用します。

    セルに適用されるコメントを取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException 適用された値には、アンカー セル セットが 1 つだけあります。アンカー セル セットを両方持つ、またはどちらもないか持たないかのどちらかです。
    ig.InvalidOperationException 適用された値には、アンカー セル セットが 1 つだけあります。アンカー セル セットを両方持つ、またはどちらもないか持たないかのどちらかです。

    備考

    注: WorksheetRow.getCellComment メソッドを使用することにより多少速くなります。WorksheetRow.setCellComment インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このプロパティの使用は WorksheetRow.GetCellComment または WorksheetRow.SetCellComment メソッドを使用するのと同じです。

  • comment

    .comment( value:ig.excel.WorksheetCellComment );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetCellComment
    返却型の説明:
    スタイルをセルに適用します。

    セルに適用されるコメントを取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCellComment

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException 適用された値には、アンカー セル セットが 1 つだけあります。アンカー セル セットを両方持つ、またはどちらもないか持たないかのどちらかです。
    ig.InvalidOperationException 適用された値には、アンカー セル セットが 1 つだけあります。アンカー セル セットを両方持つ、またはどちらもないか持たないかのどちらかです。

    備考

    注: WorksheetRow.getCellComment メソッドを使用することにより多少速くなります。WorksheetRow.setCellComment インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このプロパティの使用は WorksheetRow.GetCellComment または WorksheetRow.SetCellComment メソッドを使用するのと同じです。

  • dataValidationRule

    .dataValidationRule( );

    WorksheetCell のデータの入力規則ルールを取得または設定します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値が別のワークシートのセルにすでに適用されている場合に発生します。
    ig.ArgumentException 指定した値が別のワークシートのセルにすでに適用されている場合に発生します。
  • dataValidationRule

    .dataValidationRule( value:ig.excel.DataValidationRule );

    WorksheetCell のデータの入力規則ルールを取得または設定します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.DataValidationRule

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した値が別のワークシートのセルにすでに適用されている場合に発生します。
    ig.ArgumentException 指定した値が別のワークシートのセルにすでに適用されている場合に発生します。
  • equals

    .equals( obj:object );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    セルが同じワークシートの同じ場所を参照する場合 True。そうでない場合は False を返します。

    指定したオブジェクトが、このセルの同じワークシートの同じ場所を参照する他の WorksheetCell インスタンスかどうかを決定します。

    • obj
    • タイプ:object
    • 等価をチェックするためのインスタンス。
  • formula

    .formula( );
    返却型:
    ig.excel.Formula
    返却型の説明:
    セルに適用されている数式、または適用されている数式がない場合は null。

    セルに適用されているする式を取得します。

    備考

    数式がセルに関連付けられている場合、WorksheetCell.value を取得すると数式の計算された値を返します。

    注: WorksheetRow.getCellFormat メソッドを使用することにより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このメソッドの使用は WorksheetRow.GetCellFormula メソッドを使用するのと同じです。

  • getBoundsInTwips

    .getBoundsInTwips( );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    ワークシートのセルの境界。 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、'height'、'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。

    セルの境界をトゥイップで取得します(ポイントの 1/20)。

    備考

    このメソッドによって返される境界は、ワークシートの現在の構成に限って有効です。 セルの前の行または列のサイズが変更されると、これらの境界はセルの位置を反映しません。

    注: WorksheetRow.getCellBoundsInTwips メソッドを使用することにより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このメソッドを使用するのは WorksheetRow.GetBoundsInTwips メソッドを使用するのと同じです。

  • getBoundsInTwips

    .getBoundsInTwips( options:ig.excel.PositioningOptions );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    ワークシートのセルの境界。 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、'height'、'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。

    セルの境界をトゥイップで取得します(ポイントの 1/20)。

    • options
    • タイプ:ig.excel.PositioningOptions
    • セルの境界線を取得するときに使用するオプション。

    備考

    このメソッドによって返される境界は、ワークシートの現在の構成に限って有効です。 セルの前の行または列のサイズが変更されると、これらの境界はセルの位置を反映しません。

    注: WorksheetRow.getCellBoundsInTwips メソッドを使用することにより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このメソッドを使用するのは WorksheetRow.GetBoundsInTwips メソッドを使用するのと同じです。

  • getCellAddressString

    .getCellAddressString( worksheetRow:ig.excel.WorksheetRow, columnIndex:number, cellReferenceMode:ig.excel.CellReferenceMode, includeWorksheetName:boolean );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    セルのアドレスの文字列表現。

    セルのアドレスの文字列表現を取得します。

    • worksheetRow
    • タイプ:ig.excel.WorksheetRow
    • セルの WorksheetRow。
    • columnIndex
    • タイプ:number
    • セルの列のインデックス。
    • cellReferenceMode
    • タイプ:ig.excel.CellReferenceMode
    • セル参照を生成するために使用されるモード。
    • includeWorksheetName
    • タイプ:boolean
    • セル アドレスにワークシート名を含むかどうかを示す値。
  • getCellAddressString

    .getCellAddressString( worksheetRow:ig.excel.WorksheetRow, columnIndex:number, cellReferenceMode:ig.excel.CellReferenceMode, includeWorksheetName:boolean, useRelativeColumn:boolean, useRelativeRow:boolean );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    セルのアドレスの文字列表現。

    セルのアドレスの文字列表現を取得します。

    • worksheetRow
    • タイプ:ig.excel.WorksheetRow
    • セルの WorksheetRow。
    • columnIndex
    • タイプ:number
    • セルの列のインデックス。
    • cellReferenceMode
    • タイプ:ig.excel.CellReferenceMode
    • セル参照を生成するために使用されるモード。
    • includeWorksheetName
    • タイプ:boolean
    • セル アドレスにワークシート名を含むかどうかを示す値。
    • useRelativeColumn
    • タイプ:boolean
    • 列アドレスを使用するかどうかを示す値。
    • useRelativeRow
    • タイプ:boolean
    • 行アドレスを使用するかどうかを示す値。
  • getHashCode

    .getHashCode( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    WorksheetCell のハッシュ コード。

    WorksheetCell のハッシュ コードを取得します。

  • getHyperlink

    .getHyperlink( );

    セルのハイパーリンクを取得します。

    備考

    複数のハイパーリンクがセルに適用される場合、Worksheet.hyperlinks コレクションの最後のハイパーリンクが使用されます。

    セルに 1 つ以上のハイパーリンクが Worksheet.hyperlinks コレクションにあり、HYPERLINK 関数を含む数式がある場合、コレクションの最後のハイパーリンクが使用されます。

    数式で HYPERLINK 関数があるためセルがハイパーリンクを含む場合、返された値はシールドです。

  • getResolvedCellFormat

    .getResolvedCellFormat( );
    返却型:
    ig.excel.IWorksheetCellFormat
    返却型の説明:
    書式オブジェクトは、このセルが Microsoft Excel で表示されるときに使用される実際の書式を説明します。

    このセルの解決済みのセル書式を取得します。

    備考

    セルでデフォルト値であるセル書式プロパティがある場合、所有する行のセル書式の値が使用されます。 デフォルトの場合、所有する列のセル書式の値が使用されます。そうでない場合、ワークブックのデフォルト値が使用されます。

    注: WorksheetRow.getResolvedCellFormat メソッドを使用することにより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このメソッドを使用するのは WorksheetRow.GetBoundsInTwips メソッドを使用するのと同じです。

  • getText

    .getText( );

    このセルに表示されるテキストを取得します。

    備考

    表示テキストは、このセルの値と、このセルに適用される書式文字列によって異なったものになります。

    注: WorksheetRow.getCellText メソッドを使用することにより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合には、このプロパティを使用しても WorksheetRow.GetText メソッドを使用しても同じ結果が得られます。

  • getText

    .getText( textFormatMode:ig.excel.TextFormatMode );

    このセルに表示されるテキストを取得します。

    • textFormatMode
    • タイプ:ig.excel.TextFormatMode
    • セルのテキストを取得するときに使用するフォーマット モード。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException textFormatMode が TextFormatMode 列挙体で定義されていません。

    備考

    表示テキストは、このセルの値と、このセルに適用される書式文字列によって異なったものになります。

    注: WorksheetRow.getCellText メソッドを使用することにより多少速くなります。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合には、このプロパティを使用しても WorksheetRow.GetText メソッドを使用しても同じ結果が得られます。

  • hasCellFormat

    .hasCellFormat( );

    セルの形式が初期化されたかどうかを示す値を取得します。

  • hasComment

    .hasComment( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    セルが関連するコメントを持つ場合は True、そうでなければ False。

    セルが関連するコメントを持つかどうかを示す値を取得します。

    備考

    注: WorksheetRow.getCellComment メソッドを使用するより多少速くなり、null 以外の戻り値をチェックします。WorksheetCell インスタンスを内部に作成しません。ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このプロパティを使用するのは WorksheetRow.GetCellComment メソッドを使用するのと同じです。

  • isCellTypeSupported

    .isCellTypeSupported( cellType:ig.Type );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    型がセル値としてサポートされている場合はTrue、それ以外の場合はFalse。

    特定の値型を Excel にエクスポートできる場合は True を返します。

    • cellType
    • タイプ:ig.Type
    • テストする型。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException cellType は null です。
  • l_op_Equality

    .l_op_Equality( a:ig.excel.WorksheetCell, b:ig.excel.WorksheetCell );

    • a
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
    • b
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
  • l_op_Inequality

    .l_op_Inequality( a:ig.excel.WorksheetCell, b:ig.excel.WorksheetCell );

    • a
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
    • b
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
  • op_Equality

    .op_Equality( a:ig.excel.WorksheetCell, b:ig.excel.WorksheetCell );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    セルが同じワークシートの同じ場所を参照する場合 True。そうでない場合は False を返します。

    2 つのセル インスタンスが等しいかどうかを比較します。

    • a
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
    • b
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
  • op_Inequality

    .op_Inequality( a:ig.excel.WorksheetCell, b:ig.excel.WorksheetCell );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    セルが同じワークシートの同じ場所を参照する場合 False。そうでない場合は True を返します。

    2 つのセル インスタンスが等しいかどうかを決定します。

    • a
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
    • b
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCell
  • rowIndex

    .rowIndex( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    セルの行インデックス。

    セルの行インデックスを取得します。

  • toString

    .toString( );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    セルのアドレスの文字列表現。

    セルのアドレスの文字列表現を取得します。

  • toString

    .toString( cellReferenceMode:ig.excel.CellReferenceMode, includeWorksheetName:boolean );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    セルのアドレスの文字列表現。

    セルのアドレスの文字列表現を取得します。

    • cellReferenceMode
    • タイプ:ig.excel.CellReferenceMode
    • セル参照を生成するために使用されるモード。
    • includeWorksheetName
    • タイプ:boolean
    • セル アドレスにワークシート名を含むかどうかを示す値。
  • toString

    .toString( cellReferenceMode:ig.excel.CellReferenceMode, includeWorksheetName:boolean, useRelativeColumn:boolean, useRelativeRow:boolean );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    セルのアドレスの文字列表現。

    セルのアドレスの文字列表現を取得します。

    • cellReferenceMode
    • タイプ:ig.excel.CellReferenceMode
    • セル参照を生成するために使用されるモード。
    • includeWorksheetName
    • タイプ:boolean
    • セル アドレスにワークシート名を含むかどうかを示す値。
    • useRelativeColumn
    • タイプ:boolean
    • 列アドレスを使用するかどうかを示す値。
    • useRelativeRow
    • タイプ:boolean
    • 行アドレスを使用するかどうかを示す値。
  • validateValue

    .validateValue( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    セルに関連付けられた WorksheetCell.dataValidationRule があり、現在の WorksheetCell.value がそのルールに定義された検証をパスしない場合、False を返します。それ以外の場合、True を返します。

    関連付けられた WorksheetCell.dataValidationRule に基づいてセルの値が有効かどうかを示すブール値を返します。

  • value

    .value( );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    セルの値。

    セルの値を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.NotSupportedException 指定した値の型がサポートされておらず、Excel にエクスポートできません。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は WorksheetCell.formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は WorksheetCell.formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は WorksheetCell.formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は WorksheetCell.formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。

    備考

    このセルが結合したセル領域に属す領域の左上のセルで、値を取得または設定する場合は、関連付けられた結合セルの領域の値を取得または設定します。結合したセル領域の他のセルの値を取得すると常に null を返します。結合したセル領域での他のセルの値を設定すると、効果がなくなります。

    数式がセルに適用されている場合、またはセルかデータテーブルにセルが関連付けられている場合に Value を取得するとセルの計算された値を返します。

    値でサポートされるタイプ:

    • System.Byte
    • System.SByte
    • System.Int16
    • System.Int64
    • System.UInt16
    • System.UInt64
    • System.UInt32
    • System.Int32
    • System.Single
    • System.Double
    • System.Boolean
    • System.Char
    • System.Enum
    • System.Decimal
    • System.DateTime
    • System.String
    • System.Text.StringBuilder
    • System.DBNull
    • ErrorValue
    • FormattedString

    Note: it is slightly faster to use the WorksheetRow.getCellValue or WorksheetRow.setCellValue methods, which do not create WorksheetCell instances internally.ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このプロパティの使用は WorksheetRow.GetCellComment または WorksheetRow.SetCellComment メソッドを使用するのと同じです。

  • value

    .value( value:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    セルの値。

    セルの値を取得します。

    • value
    • タイプ:object

    例外

    例外 説明
    ig.NotSupportedException 指定した値の型がサポートされておらず、Excel にエクスポートできません。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は WorksheetCell.formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は WorksheetCell.formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は WorksheetCell.formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は WorksheetCell.formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。

    備考

    このセルが結合したセル領域に属す領域の左上のセルで、値を取得または設定する場合は、関連付けられた結合セルの領域の値を取得または設定します。結合したセル領域の他のセルの値を取得すると常に null を返します。結合したセル領域での他のセルの値を設定すると、効果がなくなります。

    数式がセルに適用されている場合、またはセルかデータテーブルにセルが関連付けられている場合に Value を取得するとセルの計算された値を返します。

    値でサポートされるタイプ:

    • System.Byte
    • System.SByte
    • System.Int16
    • System.Int64
    • System.UInt16
    • System.UInt64
    • System.UInt32
    • System.Int32
    • System.Single
    • System.Double
    • System.Boolean
    • System.Char
    • System.Enum
    • System.Decimal
    • System.DateTime
    • System.String
    • System.Text.StringBuilder
    • System.DBNull
    • ErrorValue
    • FormattedString

    Note: it is slightly faster to use the WorksheetRow.getCellValue or WorksheetRow.setCellValue methods, which do not create WorksheetCell instances internally.ただし、WorksheetCell インスタンスへの参照がすでに存在する場合、このプロパティの使用は WorksheetRow.GetCellComment または WorksheetRow.SetCellComment メソッドを使用するのと同じです。

  • worksheet

    .worksheet( );
    返却型:
    ig.excel.Worksheet
    返却型の説明:
    セルが属するワークシート。

    セルが属するワークシートを取得します。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.