ui.igPivotDataSelector

ui.igPivotDataSelector_image
igPivotDataSelector はインタラクティブな UI コントロール (jQuery UI ウィジェット) です。データが igPivotGrid に表示される場合、ユーザーがデータ スライスを選択する機能を提供します。データ ソース コンポーネントと操作するヘルパー コントロールです。

コード サンプル

 
<!doctype html>
<html>
<head>
    <!-- Infragistics Combined CSS -->
    <link href="css/themes/infragistics/infragistics.theme.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <link href="css/structure/infragistics.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <!-- jQuery Core -->
    <script src="js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- jQuery UI -->
    <script src="js/jquery-ui.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- Infragistics Combined Scripts -->
    <script src="js/infragistics.core.js" type="text/javascript"></script>
    <script src="js/infragistics.lob.js" type="text/javascript"></script>
    <script type="text/javascript">
        var data =
                [{ "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 12.81, "SellerName": "Stanley Brooker", "Country": "Bulgaria", "City": "Plovdiv", "Date": "01/01/2012", "UnitsSold": 282 },
                { "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 49.57, "SellerName": "Elisa Longbottom", "Country": "US", "City": "New York", "Date": "01/05/2013", "UnitsSold": 296 },
                { "ProductCategory": "Bikes", "UnitPrice": 3.56, "SellerName": "Lydia Burson", "Country": "Uruguay", "City": "Ciudad de la Costa", "Date": "01/06/2011", "UnitsSold": 68 },
                { "ProductCategory": "Accessories", "UnitPrice": 85.58, "SellerName": "David Haley", "Country": "UK", "City": "London", "Date": "04/07/2012", "UnitsSold": 293 },
                { "ProductCategory": "Components", "UnitPrice": 18.13, "SellerName": "John Smith", "Country": "Japan", "City": "Yokohama", "Date": "12/08/2012", "UnitsSold": 240 },
                { "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 68.33, "SellerName": "Larry Lieb", "Country": "Uruguay", "City": "Ciudad de la Costa", "Date": "05/12/2011", "UnitsSold": 456 },
                { "ProductCategory": "Components", "UnitPrice": 16.05, "SellerName": "Walter Pang", "Country": "Bulgaria", "City": "Sofia", "Date": "02/19/2013", "UnitsSold": 492 }];

        $(function () {
            $('#dataSelector').igPivotDataSelector({
                dataSourceOptions: {
                    flatDataOptions:
                        {
                            dataSource: data,
                            metadata: {
                                cube: {
                                    name: "Sales",
                                    caption: "Sales",
                                    measuresDimension: {
                                        caption: "Measures",
                                        measures: [ //for each measure, name and aggregator are required
                                            {
                                                caption: "Units Sold", name: "UnitsSold",
                                                // returns a function that will be used as sum aggregatro on the 'UnitsSold property' of the data objects
                                                aggregator: $.ig.OlapUtilities.prototype.sumAggregator('UnitsSold')
                                            }]
                                    },
                                    dimensions: [ // for each dimension name and hierarchies are required
                                        {
                                            caption: "Seller", name: "Seller", hierarchies: [{
                                                caption: "Seller", name: "Seller", levels: [
                                                    {
                                                        name: "AllSellers", caption: "All Sellers",
                                                        memberProvider: function (item) { return "All Sellers"; }
                                                    },
                                                    {
                                                        name: "SellerName", caption: "Seller",
                                                        memberProvider: function (item) { return item.SellerName; }
                                                    }]
                                            }]
                                        },
                                        {
                                            caption: "Date", name: "Date", /*displayFolder: "Folder1\\Folder2",*/ hierarchies: [
                                                $.ig.OlapUtilities.prototype.getDateHierarchy(
                                                    "Date", // the source property name
                                                    ["year", "quarter", "month", "date"], // the date parts for which levels will be generated (optional)
                                                    "Dates", // The name for the hierarchy (optional)
                                                    "Date", // The caption for the hierarchy (optional)
                                                    ["Year", "Quarter", "Month", "Day"], // the captions for the levels (optional)
                                                    "All Periods") // the root level caption (optional)
                                            ]
                                        }
                                    ]
                                }
                            }
                        },
                    // Preload hiearhies for the rows, columns, filters and measures
                    rows: "[Date].[Dates]",
                    columns: "[Seller].[Seller]",
                    measures: "[Measures].[UnitsSold]"
                }
            });
        });
    </script>
</head>
<body>
    <div id="dataSelector"></div>
</body>
</html>
    

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery-1.9.1.js
jquery.ui.core.js
jquery.ui.widget.js
jquery.ui.mouse.js
infragistics.ui.widget.js
jquery.ui.draggable.js
jquery.ui.droppable.js
infragistics.util.js
infragistics.util.jquery.js
infragistics.datasource.js
infragistics.olapxmladatasource.js
infragistics.olapflatdatasource.js
infragistics.templating.js
infragistics.ui.shared.js
infragistics.ui.scroll.js
infragistics.ui.combo.js
infragistics.ui.tree.js
infragistics.ui.pivot.shared.js

継承

  • customMoveValidation

    タイプ:
    function
    デフォルト:
    null

    項目をデータ セレクターの領域に移動するかドロップするかどうかを決定するために呼び出される関数。
    paramType="string" 項目に移動する位置 - igPivotGrid、igPivotDataSelector、フィルター、行、列、またはメジャー。
    paramType="string" 項目のタイプ - Hierarchy、Measure、または MeasureList。
    paramType="string" 項目の一意の名前。
    returnType="bool" 項目が有効の場合、関数は True を返します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    					customMoveValidation : function(location, itemType, uniqueName) {
    						// disable moving of any element to the columns
    						if (location == 'columns') {
    							return false;
    						}
    						// if the current item is a hierarchy containing the word "Seller" in its uniqueName, disable the move
    						if (itemType == 'Hierarchy'
    							&& uniqueName.indexOf("Seller") !== -1) {
    							return false;
    						}
    
    						// in all other cases allow the move
    						return true;
    					}
    				});
    
    				//Get
    				var customValidation = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "customMoveValidation");
    
    				//Set
    				$(".selector").igPivotDataSelector("option", "customMoveValidation", validationFunc);
    				 
  • dataSource

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    $.ig.OlapXmlaDataSource または $.ig.OlapFlatDataSource のインスタンス。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$(".selector").igPivotDataSelector({
    				dataSource : ds
    			});
    
    			//Get
    			var dataSource = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "dataSource");
    
    			//Set
    			$(".selector").igPivotDataSelector("option", "dataSource", ds);
    			 
  • dataSourceOptions

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    $.ig.OlapXmlaDataSource または $.ig.OlapFlatDataSource のインスタンスを作成するオブジェクト。
    提供される値は xmlaOptions または flatDataOptions のデータ ソース タイプのための設定を含むオブジェクトを含む必要があります。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    		$(".selector").igPivotDataSelector({
    			dataSourceOptions: {
    				flatDataOptions:
    					{
    						[{ "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 12.81, "SellerName": "Stanley Brooker", "Country": "Bulgaria", "City": "Plovdiv", "Date": "01/01/2012", "UnitsSold": 282 },
    						{ "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 49.57, "SellerName": "Elisa Longbottom", "Country": "US", "City": "New York", "Date": "01/05/2013", "UnitsSold": 296 },
    						{ "ProductCategory": "Bikes", "UnitPrice": 3.56, "SellerName": "Lydia Burson", "Country": "Uruguay", "City": "Ciudad de la Costa", "Date": "01/06/2011", "UnitsSold": 68 },
    						{ "ProductCategory": "Accessories", "UnitPrice": 85.58, "SellerName": "David Haley", "Country": "UK", "City": "London", "Date": "04/07/2012", "UnitsSold": 293 },
    						{ "ProductCategory": "Components", "UnitPrice": 18.13, "SellerName": "John Smith", "Country": "Japan", "City": "Yokohama", "Date": "12/08/2012", "UnitsSold": 240 },
    						{ "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 68.33, "SellerName": "Larry Lieb", "Country": "Uruguay", "City": "Ciudad de la Costa", "Date": "05/12/2011", "UnitsSold": 456 },
    						{ "ProductCategory": "Components", "UnitPrice": 16.05, "SellerName": "Walter Pang", "Country": "Bulgaria", "City": "Sofia", "Date": "02/19/2013", "UnitsSold": 492 }],
    						metadata: {
    							cube: {
    								name: "Sales",
    								caption: "Sales",
    								measuresDimension: {
    									caption: "Measures",
    									measures: [ //for each measure, name and aggregator are required
    										{ caption: "UnitsSold", name: "UnitsSold", aggregator: $.ig.OlapUtilities.prototype.sumAggregator('UnitsSold') }]
    								},
    								dimensions: [ // for each dimension name and hierarchies are required
    									{
    										caption: "Seller", name: "Seller", hierarchies: [{
    											caption: "Seller", name: "Seller", levels: [
    												{
    													name: "AllSellers", caption: "All Sellers",
    													memberProvider: function (item) { return "All Sellers"; }
    												},
    												{
    													name: "SellerName", caption: "Seller",
    													memberProvider: function (item) { return item.SellerName; }
    												}]
    										}]
    									},
    									{
    										caption: "Date", name: "Date", hierarchies: [
    											$.ig.OlapUtilities.prototype.getDateHierarchy(
    												"Date", // the source property name
    												["year", "quarter", "month", "date"], // the date parts for which levels will be generated (optional)
    												"Dates", // The name for the hierarchy (optional)
    												"Date", // The caption for the hierarchy (optional)
    												["Year", "Quarter", "Month", "Day"], // the captions for the levels (optional)
    												"AllPeriods") // the root level caption (optional)
    										]
    									}
    								]
    							}
    						}
    					},
    				// Preload hiearhies for the rows, columns, filters and measures
    				rows: "[Date].[Dates]",
    				columns: "[Seller].[Seller]",
    				measures: "[Measures].[UnitsSold]"
    			}
    		});
    
    		//Get
    		$(".selector").igPivotDataSelector("option", "dataSourceOptions");
    
    		//Set
    		$(".selector").igPivotDataSelector("option", "dataSourceOptions", dataOptions);
    			 
    • columns

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      コンマ (,) で区切られた階層名のリスト。データ ソースの列に階層ができます。

    • filters

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      コンマ (,) で区切られた階層名のリスト。データ ソースのフィルターに階層ができます。

    • flatDataOptions

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      $.ig.OlapFlatDataSource のインスタンスを作成するための設定。

      • dataSource

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        $.ig.DataSource が受け入れる有効なデータ ソース、または $.ig.DataSource 自体のインスタンスを指定します。

      • dataSourceType

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        データ ソースのタイプ ("json" など) を明示的に設定します。$.ig.DataSource とそのタイプ プロパティのドキュメントを参照してください。

      • dataSourceUrl

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        $.ig.DataSource からデータを要求するには、$.ig.DataSource により承諾されたリモート URL を指定します。

      • metadata

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        {}

        Optional="false" $.ig.DataSource データの処理命令を含むオブジェクト。

        • cube

          タイプ:
          object
          デフォルト:
          {}

          Optional="false" キューブの作成に使用されるメタデータ。

          • caption

            タイプ:
            string
            デフォルト:
            null

            キューブのキャプション。

          • dimensions

            タイプ:
            array
            デフォルト:
            []
            要素タイプ:
            object

            ディメンション メタデータ オブジェクトの配列。

            • caption

              タイプ:
              string
              デフォルト:
              null

              ディメンションのキャプション。

            • hierarchies

              タイプ:
              array
              デフォルト:
              []
              要素タイプ:
              object

              階層メタデータ オブジェクトの配列。

              • caption

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                階層のキャプション。

              • displayFolder

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                ユーザーインターフェイスで階層を表示する際に使用されるパス。
                入れ子になったフォルダーはバックスラッシュ (\) で示されます。
                フォルダー階層は親ディメンション ノードの下に表示されます。

              • levels

                タイプ:
                array
                デフォルト:
                []
                要素タイプ:
                object

                レベル メタデータ オブジェクトの配列。

                • caption

                  タイプ:
                  string
                  デフォルト:
                  null

                  レベルのキャプション。

                • memberProvider

                  タイプ:
                  function
                  デフォルト:
                  null

                  レベル メンバーが作成されたときに、データ ソース配列の各項目のために呼び出される関数。
                  項目パラメーターに基づいて、関数は $.ig.Member 名前とキャプションを形成する値を返します。

                • name

                  タイプ:
                  string
                  デフォルト:
                  null

                  Optional="false" レベルの名前。
                  以下のパターンを使用して形成するレベルの一意の名前。
                  {<hierarchy.uniqueName>}.[<levelMetadata.name>].

              • name

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                Optional="false" 階層の名前。
                以下のパターンを使用して形成する階層の一意の名前。
                [<parentDimension.name>].[<hierarchyMetadata.name>].

            • name

              タイプ:
              string
              デフォルト:
              null

              Optional="false" ディメンションの一意の名前。

          • measuresDimension

            タイプ:
            object
            デフォルト:
            {}

            メジャーのルート ノードについての情報を提供するオブジェクト。

            • caption

              タイプ:
              string
              デフォルト:
              null

              メジャー ディメンションのキャプション。
              デフォルト値は "Measures" です。

            • measures

              タイプ:
              array
              デフォルト:
              []
              要素タイプ:
              object

              メジャー メタデータ オブジェクトの配列。

              • aggregator

                タイプ:
                function
                デフォルト:
                null

                Optional="false" アグリゲーター関数は、各セルが評価されるときに呼び出されます。
                セルの値を返します。返された値が nul の場合、データ ソースの結果にセルは作成されません。

              • caption

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                メジャーのキャプション。

              • displayFolder

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                ユーザーインターフェイスで階層を表示する際に使用されるパス。入れ子になったフォルダーはバックスラッシュ (\) で示されます。

              • name

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                Optional="false" メジャーの一意の名前。

            • name

              タイプ:
              string
              デフォルト:
              null

              メジャー ディメンションの一意の名前。
              デフォルト値は "Measures" です。この名前は、以下のパターンを使用してディメンションの名前を作成するために使用されます。
              [<measuresDimensionMetadata.name>].[<measureMetadata.name>].

          • name

            タイプ:
            string
            デフォルト:
            null

            Optional="false" キューブの一意の名前。

      • responseDataKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        $.ig.DataSource を参照してください。
        応答がラップされる場合には、この文字列で指定したプロパティにデータ レコードが保持されることになります。
        null 値の Option は無視されます。

      • responseDataType

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        この文字列でデータ ソースのデータ型 (JSON など) を明示的に設定します。$.ig.DataSource とそのタイプ プロパティのドキュメントを参照してください。
        null 値の Option は無視されます。

    • measures

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      コンマ (,) で区切られたメジャー名のリスト。データ ソースのメジャーになります。

    • rows

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      コンマ (,) で区切られた階層名のリスト。データ ソースの行に階層ができます。

    • xmlaOptions

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      $.ig.OlapXmlaDataSource のインスタンスを作成するための設定。

      • catalog

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        カタログ名。

      • cube

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        データ ソース内のキューブの名前。

      • discoverProperties

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        追加のプロパティは各ディスカバー要求と送信されます。
        オブジェクトはキー/値ストアとして保存されます。各プロパティ名はキーで、プロパティ値は値です。

      • enableResultCache

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        true

        XMLA 結果オブジェクトのキャッシュを有効/無効にします。

      • executeProperties

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        追加のプロパティは各実行要求と共に送信されます。
        オブジェクトはキー/値ストアとして保存されます。各プロパティ名はキーで、プロパティ値は値です。

      • mdxSettings

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        {}

        Optional="true" XMLA サーバーへの要求を処理する方法についての情報を含む javascript オブジェクト。

        • addCalculatedMembersOnColumns

          タイプ:
          bool
          デフォルト:
          true

          Optional="true" COLUMNS 軸に対するメンバーのセットの式を AddCalculatedMembers MDX メソッドでラップするどうかを示す値。デフォルト値は true です。

        • addCalculatedMembersOnRows

          タイプ:
          bool
          デフォルト:
          true

          Optional="true" ROWS 軸に対するメンバーのセットの式を AddCalculatedMembers MDX メソッドでラップするどうかを示す値。デフォルト値は true です。

        • dimensionPropertiesOnColumns

          タイプ:
          array
          デフォルト:
          []
          要素タイプ:
          object

          Optional="true" COLUMNS 軸に適用される非コンテキスト機密メンバー プロパティの名前を持つ文字列配列。デフォルトでは、CHILDREN_CARDINALITY および PARENT_UNIQUE_NAME プロパティは常に次元プロパティに適用されます。

        • dimensionPropertiesOnRows

          タイプ:
          array
          デフォルト:
          []
          要素タイプ:
          object

          Optional="true" ROWS 軸に適用される非コンテキスト機密メンバー プロパティの名前を持つ文字列配列。デフォルトでは、CHILDREN_CARDINALITY および PARENT_UNIQUE_NAME プロパティは常に次元プロパティに適用されます。

        • nonEmptyOnColumns

          タイプ:
          bool
          デフォルト:
          true

          Optional="true" NON EMPTY 句が COLUMNS 軸にあるかどうかを示す値。デフォルト値は true です。

        • nonEmptyOnRows

          タイプ:
          bool
          デフォルト:
          true

          Optional="true" NON EMPTY 句が ROWS 軸にあるかどうかを示す値。デフォルト値は true です。

      • measureGroup

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        データ ソース内のメジャー グループの名前。

      • requestOptions

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        {}

        XMLA サーバーへの要求を処理する方法についての情報を含むオブジェクト。

        • beforeSend

          タイプ:
          function
          デフォルト:
          null

          サーバーに要求が送信される直前に呼び出されるコールバック。jQuery.ajax の options オブジェクトの beforeSend コールバックを拡張します。

        • withCredentials

          タイプ:
          bool
          デフォルト:
          false

          ユーザー エージェントによってサポートされる場合、値は XmlHttpRequest.withCredentials に適用されます。
          このプロパティを true に設定すると、IE8/IE9 が、XDomainRequest ではなく XmlHttpRequest を使用して認証済みの同一発信元要求を信頼されるドメインに対して実行できるように、
          ユーザーに資格情報を入力するよう求めるプロンプトを出します。

      • serverUrl

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        Optional="false" XMLA サーバーの URL。

  • deferUpdate

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    deferUpdate を true に設定すると、update メソッドが呼び出したか、[レイアウトの更新] ボタンがクリックしたまでに変更をデータ ソースに適用しません。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$(".selector").igPivotDataSelector({
    				deferUpdate : true
    			});
    
    			//Get
    			var deferUpdate = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "deferUpdate");
    
    			//Set
    			$(".selector").igPivotDataSelector("option", "deferUpdate", true);
    			 
  • disableColumnsDropArea

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    列のドロップ領域のドラッグ アンド ドロップ、フィルタリング、および項目の削除を無効にします。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$('.selector').igPivotDataSelector({
    				disableColumnsDropArea : true
    			});
    
    			//Get
    			var disableColumnsDropArea = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "disableColumnsDropArea");
    
    			//Set
    			$(".selector").igPivotDataSelector("option", "disableColumnsDropArea", true);
    			 
  • disableFiltersDropArea

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    フィルターのドロップ領域のドラッグ アンド ドロップ、フィルタリング、および項目の削除を無効にします。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$('.selector').igPivotDataSelector({
    				disableFiltersDropArea : true
    			});
    
    			//Get
    			var disableFiltersDropArea = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "disableFiltersDropArea");
    
    			//Set
    			$(".selector").igPivotDataSelector("option", "disableFiltersDropArea", true);
    			 
  • disableMeasuresDropArea

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    メジャーのドロップ領域のドラッグ アンド ドロップ、フィルタリング、および項目の削除を無効にします。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$('.selector').igPivotDataSelector({
    				disableMeasuresDropArea : true
    			});
    
    			//Get
    			var disableMeasuresDropArea = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "disableMeasuresDropArea");
    
    			//Set
    			$(".selector").igPivotDataSelector("option", "disableMeasuresDropArea", true);
    			 
  • disableRowsDropArea

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    行のドロップ領域のドラッグ アンド ドロップ、フィルタリング、および項目の削除を無効にします。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$('.selector').igPivotDataSelector({
    				disableRowsDropArea : true
    			});
    
    			//Get
    			var disableRowsDropArea = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "disableRowsDropArea");
    
    			//Set
    			$(".selector").igPivotDataSelector("option", "disableRowsDropArea", true);
    			 
  • dragAndDropSettings

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    igPivotDataSelector のドラッグ アンド ドロップ機能の設定。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$(".selector").igPivotDataSelector({
    				dragAndDropSettings : {
    					appendTo : $("element"),
    					containment : true,
    					zIndex : 10
    				}
    			});
    
    			//Get
    			var dragAndDropSettings = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "dragAndDropSettings");
    
    			//Set
    			$(".selector").igPivotDataSelector("option", "dragAndDropSettings", settings );
    			 
    • appendTo

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      body

      ドラッグ操作でドラッグ可能なヘルパーに追加する要素。

    • containment

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      false

      ドラッグ ヘルパーのコンテナーを指定します。ドラッグ操作でスクロール可能なヘルパーに含まれる領域。

    • zIndex

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      10

      ドラッグ ヘルパーの z-index を指定します。

  • dropDownParent

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    body

    ドロップダウンの親を指定します。

  • height

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    これは、データ行のあるスクロール コンテナー、ヘッダー、フッター、フィルター行など (もしあれば)、すべての UI 要素を含むグリッドの合計の高さです。

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • ウィジェットの高さはピクセル (px) およびパーセント (%) で設定できます (%)。
    • number
    • タイプ:number
    • 幅の高さは数値 (25) として設定できます。
    • null
    • タイプ:object
    • 他の高さが定義されない場合、データに合わせるために拡大します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$('.selector').igPivotDataSelector({
    					height : "600px"
    				});
    				//Get
    				$(".selector").igPivotDataSelector("option", "height");
    				//Set
    				$(".selector").igPivotDataSelector("option", "height", "600px");
    				 
  • language
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "en"

    ウィジェットのロケール言語設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    					language: "ja"
    				});
    
    				// Get
    				var language = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "language");
    
    				// Set
    				$(".selector").igPivotDataSelector("option", "language", "ja");
    			 
  • locale
    継承

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ウィジェットのロケール設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    					locale: {}
    				});
    
    				// Get
    				var locale = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "locale");
    
    				// Set
    				$(".selector").igPivotDataSelector("option", "locale", {});
    			 
  • regional
    継承

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    en-US

    ウィジェットの領域設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    					regional: "ja"
    				});
    				// Get
    				var regional = $(".selector").igPivotDataSelector("option", "regional");
    				// Set
    				$(".selector").igPivotDataSelector("option", "regional", "ja");
    			 
  • width

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    250

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • ウィジェットの幅はピクセル (px) およびパーセント (%) で設定できます (%)。推薦される幅は 250px です。
    • number
    • タイプ:number
    • ウィジェット幅は数値として設定できます。
    • null
    • タイプ:object
    • 他の幅が定義されていない場合、データがフィットするよう伸縮します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$('.selector').igPivotDataSelector({
    					width : "300px"
    				});
    				//Get
    				$(".selector").igPivotDataSelector("option", "width");
    				//Set
    				$(".selector").igPivotDataSelector("option", "width", "300px");
    				 

Ignite UI コントロール イベントの詳細については、
Ignite UI でイベントを使用するを参照してください。

注: API メソッドの呼び出しは、API ヘルプに特に記述がない限り、操作に関連するイベントはプログラムによって発生されません。これらのイベントは各ユーザー操作によってのみ呼び出されます。

詳細の表示
  • dataSelectorRendered

    キャンセル可能:
    false

    データ セレクターが描画された後に発生します。データ ソース インスタンスを変更すると、データ セレクターが再描画されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          データ セレクターへの参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectordataselectorrendered", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return reference to igPivotDataSelector
    				ui.owner;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				dataSelectorRendered: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • dataSourceInitialized

    キャンセル可能:
    false

    データ ソースが初期化された後に発生します。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          データ セレクターへの参照を取得します。

        • dataSource
          タイプ: Object

          データ ソースへの参照を取得します。

        • error
          タイプ: String

          初期化中にエラーが発生したかどうかを確認します。

        • metadataTreeRoot
          タイプ: Object

          データ ソース メタデータのルート項目への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectordatasourceinitialized", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return reference to the data source
    				ui.dataSource;
    				//return a bool idicating whether an error has occured during initialization
    				ui.error;
    				//return a reference to the root of the data source metatadata root item
    				ui.metadataTreeRoot;
    				//return reference to igPivotDataSelector
    				ui.owner;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				dataSourceInitialized: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • dataSourceUpdated

    キャンセル可能:
    false

    データ ソースが更新された後に発生します。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          データ セレクターへの参照を取得します。

        • dataSource
          タイプ: Object

          データ ソースへの参照を取得します。

        • error
          タイプ: String

          更新中にエラーが発生したかどうかを確認します。

        • result
          タイプ: Object

          更新操作の結果を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectordatasourceupdated", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return reference to the data source
    				ui.dataSource;
    				//return a bool idicating whether an error has occured during initialization
    				ui.error;
    				//return a reference to result of the update operation
    				ui.result;
    				//return reference to igPivotDataSelector
    				ui.owner;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				dataSourceUpdated: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • deferUpdateChanged

    キャンセル可能:
    false

    [更新を遅延する] チェックボックスの状態が変更されたときに発生します。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          データ セレクターへの参照を取得します。

        • deferUpdate
          タイプ: Bool

          更新遅延の値を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectordeferupdatechanged", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return the value of the deferUpdate option
    				ui.deferUpdate;
    				//return reference to igPivotDataSelector
    				ui.owner;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				deferUpdateChanged: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • drag

    キャンセル可能:
    true

    ドラッグ操作で発生されます。false を返すと、ドラッグ操作がキャンセルされます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • metadata
          タイプ: Object

          データへの参照を取得します。

        • helper
          タイプ: jQuery

          ヘルパーへの参照を取得します。

        • offset
          タイプ: Object

          オフセットへの参照を取得します。

        • originalPosition
          タイプ: Object

          ドラッグ可能な要素の元の位置への参照を取得します。

        • position
          タイプ: Object

          ドラッグ可能な要素の現在の位置への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectordrag", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the helper
    				ui.helper;
    				//return a reference to the offset
    				ui.offset;
    				//return a reference to the original position of the draggable element
    				ui.originalPosition;
    				//return a reference to the current position of the draggable element
    				ui.position;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				drag: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • dragStart

    キャンセル可能:
    true

    ドラッグ開始で発生されます。false を返すと、ドラッグ操作がキャンセルされます。

    • ui
      タイプ: Object

        • metadata
          タイプ: Object

          データへの参照を取得します。

        • helper
          タイプ: jQuery

          ヘルパーへの参照を取得します。

        • offset
          タイプ: Object

          オフセットへの参照を取得します。

        • originalPosition
          タイプ: Object

          ドラッグ可能な要素の元の位置への参照を取得します。

        • position
          タイプ: Object

          ドラッグ可能な要素の現在の位置への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectordragstart", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the data
    				ui.metadata;
    				//return a reference to the helper
    				ui.helper;
    				//return a reference to the offset
    				ui.offset;
    				//return a reference to the original position of the draggable element
    				ui.originalPosition;
    				//return a reference to the current position of the draggable element
    				ui.position;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				dragStart: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • dragStop

    キャンセル可能:
    false

    ドラッグ終了で発生されます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • helper
          タイプ: jQuery

          ヘルパーへの参照を取得します。

        • offset
          タイプ: Object

          オフセットへの参照を取得します。

        • originalPosition
          タイプ: Object

          ドラッグ可能な要素の元の位置への参照を取得します。

        • position
          タイプ: Object

          ドラッグ可能な要素の現在の位置への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectordragstop", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the helper
    				ui.helper;
    				//return a reference to the offset
    				ui.offset;
    				//return a reference to the original position of the draggable element
    				ui.originalPosition;
    				//return a reference to the current position of the draggable element
    				ui.position;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				dragStop: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • filterDropDownClosed

    キャンセル可能:
    false

    フィルター メンバーのドロップダウンが閉じた後に発生します。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • hierarchy
          タイプ: Object

          階層への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectorfilterdropdownclosed", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the hierarchy
    				ui.hierarchy;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				filterDropDownClosed: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • filterDropDownClosing

    キャンセル可能:
    true

    フィルター メンバーのドロップダウンを閉じる前に発生します。false を返すと、閉じる操作がキャンセルされます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • hierarchy
          タイプ: Object

          階層への参照を取得します。

        • dropDownElement
          タイプ: jQuery

          ドロップ ダウンへの参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectorfilterdropdownclosing", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the drop down
    				ui.dropDownElement;
    				//return a reference to the hierarchy
    				ui.hierarchy;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				filterDropDownClosing: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • filterDropDownOk

    キャンセル可能:
    true

    フィルター メンバーのドロップダウンの OK ボタンをクリックした後に発生します。false を返すと、フィルターの適用がキャンセルされます。

    • ui
      タイプ: Object

        • hierarchy
          タイプ: Object

          階層への参照を取得します。

        • filterMembers
          タイプ: Array

          選択されたフィルター メンバーが含まれるコレクションを取得します。すべてのフィルター メンバーが選択された場合、コレクションは空になります。

        • dropDownElement
          タイプ: jQuery

          ドロップ ダウンへの参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectorfilterdropdownok", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the drop down
    				ui.dropDownElement;
    				//return the collection with the selected filter members. If all filter members are selected, the collection will be empty.
    				ui.filterMembers;
    				//return a reference to the hierarchy
    				ui.hierarchy;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				filterDropDownOk: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • filterDropDownOpened

    キャンセル可能:
    false

    フィルター メンバーのドロップダウンが開いた後に発生します。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • hierarchy
          タイプ: Object

          階層への参照を取得します。

        • dropDownElement
          タイプ: jQuery

          ドロップ ダウンへの参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectorfilterdropdownopened", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the drop down
    				ui.dropDownElement;
    				//return a reference to the hierarchy
    				ui.hierarchy;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				filterDropDownOpened: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • filterDropDownOpening

    キャンセル可能:
    true

    フィルター メンバーのドロップダウンを開く前に発生します。false を返すと、開く操作がキャンセルされます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • hierarchy
          タイプ: Object

          階層への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectorfilterdropdownopening", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the hierarchy
    				ui.hierarchy;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				filterDropDownOpening: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • filterMembersLoaded
    非推奨

    キャンセル可能:
    false

    フィルター メンバーを読み込んだ後に発生します。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • parent
          タイプ: jQuery

          初期ロードで親ノードまたは igTree インスタンスを取得します。

        • rootFilterMembers
          タイプ: Array

          ルート フィルター メンバーが含まれるコレクション。

        • filterMembers
          タイプ: Array

          新しく読み込んだフィルター メンバーのコレクション。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectorfiltermembersloaded", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return the collection with the root filter members
    				ui.parent;
    				//return the collection with the newly loaded filter members
    				ui.rootFilterMembers;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				filterMembersLoaded: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • metadataDropped

    キャンセル可能:
    false

    メタデータ項目のドロップの後に発生します。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • targetElement
          タイプ: jQuery

          ドロップ ターゲットへの参照を取得します。

        • draggedElement
          タイプ: jQuery

          ドラッグされた要素への参照を取得します。

        • metadata
          タイプ: Object

          データへの参照を取得します。

        • metadataIndex
          タイプ: Number

          メタデータが挿入したインデックスを取得します。

        • helper
          タイプ: jQuery

          ヘルパーへの参照を取得します。

        • offset
          タイプ: Object

          オフセットへの参照を取得します。

        • position
          タイプ: Object

          ドラッグ可能な要素の現在の位置への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectormetadatadropped", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the dragged element
    				ui.draggedElement;
    				//return a reference to the drop target
    				ui.targetElement;
    				//return a reference to the data
    				ui.metadata;
    				//return the index at which the metadata is inserted
    				ui.metadataIndex;
    				//return a reference to the helper
    				ui.helper;
    				//return a reference to the offset
    				ui.offset;
    				//return a reference to the current position of the draggable element
    				ui.position;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				metadataDropped: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • metadataDropping

    キャンセル可能:
    true

    メタデータ項目のドロップの前に発生します。false を返すと、ドロップ操作がキャンセルされます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • targetElement
          タイプ: jQuery

          ドロップ ターゲットへの参照を取得します。

        • draggedElement
          タイプ: jQuery

          ドラッグされた要素への参照を取得します。

        • metadata
          タイプ: Object

          データへの参照を取得します。

        • metadataIndex
          タイプ: Number

          メタデータが挿入される位置のインデックスを取得します。

        • helper
          タイプ: jQuery

          ヘルパーへの参照を取得します。

        • offset
          タイプ: Object

          オフセットへの参照を取得します。

        • position
          タイプ: Object

          ドラッグ可能な要素の現在の位置への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectormetadatadropping", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the dragged element
    				ui.draggedElement;
    				//return a reference to the drop target
    				ui.targetElement;
    				//return a reference to the data
    				ui.metadata;
    				//return the index at which the metadata is inserted
    				ui.metadataIndex;
    				//return a reference to the helper
    				ui.helper;
    				//return a reference to the offset
    				ui.offset;
    				//return a reference to the current position of the draggable element
    				ui.position;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				metadataDropping: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • metadataRemoved

    キャンセル可能:
    false

    ユーザーが [閉じる] アイコンをクリックしてメタデータ項目が削除した後に発生します。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • metadata
          タイプ: Object

          データへの参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectormetadataremoved", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the data
    				ui.metadata;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				metadataRemoved: function(evt, ui) {...}
    				});
    				 
  • metadataRemoving

    キャンセル可能:
    true

    ユーザーが [閉じる] アイコンをクリックしてメタデータ項目を削除する前に発生します。false を返すと、削除操作がキャンセルされます。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • targetElement
          タイプ: jQuery

          ドラッグされた要素への参照を取得します。

        • metadata
          タイプ: Object

          データへの参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igpivotdataselectormetadataremoving", ".selector", function (evt, ui) {
    				//return a reference to the drop target
    				ui.targetElement;
    				//return a reference to the data
    				ui.metadata;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotDataSelector({
    				metadataRemoving: function(evt, ui) {...}
    				})
    				 
  • changeGlobalLanguage
    継承

    .igPivotDataSelector( "changeGlobalLanguage" );

    ウィジェットの言語をグローバルの言語に変更します。グローバルの言語は $.ig.util.language の値です。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igPivotDataSelector("changeGlobalLanguage");
    			 
  • changeGlobalRegional
    継承

    .igPivotDataSelector( "changeGlobalRegional" );

    ウィジェットの地域設定をグローバルの地域設定に変更します。グローバルの地域設定は $.ig.util.regional にあります。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igPivotDataSelector("changeGlobalRegional");
    			 
  • changeLocale

    .igPivotDataSelector( "changeLocale" );

    ウィジェット要素のすべてのロケールを options.language に指定される言語に変更します。
    注: このメソッドは珍しいシナリオのみで使用されます。language または locale オプションのセッターを参照してください。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igPivotDataSelector("changeLocale");
    			 
  • destroy

    .igPivotDataSelector( "destroy" );

    破棄は jQuery UI ウィジェット API の一部であり、以下を行います。
    1.追加されたカスタム CSS クラスを削除します。
    2.スクロール div または他のコンテナーなどのラッピング要素をアンラップします。
    3.バインドされたイベントを解除します。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igPivotDataSelector("destroy");
    				 
  • update

    .igPivotDataSelector( "update" );

    データ ソースを更新します。

    コード サンプル

     
    			$(".selector").igPivotDataSelector("update");
    			 
  • active

    ドロップが有効なドロップ領域に適用されるクラス。
  • ui-igpivotdataselector-catalog

    カタログ コンボに適用されるクラス。
  • ui-icon ui-icon-pivot-columns

    列のドロップ領域アイコンに適用されるクラス。
  • ui-igpivotdataselector-cube

    キューブ コンボに適用されるクラス。
  • ui-igpivotdataselector

    データ セレクター要素に適用されるクラス。
  • ui-igpivotdataselector-root

    データ セレクターのルート コンテナーに適用されるクラス。
  • ui-igpivot-droparea ui-widget-content

    ドロップ領域に適用されるクラス。
  • ui-igpivotdataselector-dropareas

    ドロップ領域を含むテーブルに適用されるクラス。
  • ui-state-highlight

    有効なドロップ要素に適用されるクラス。
  • ui-igpivot-filterdropdown ui-widget ui-widget-content

    フィルターのドロップダウン要素に適用されるクラス。
  • ui-icon ui-icon-pivot-smallfilter ui-icon-carat-1-s

    メタデータ項目のフィルター アイコンに適用されるクラス。
  • ui-igpivot-filtermembers

    フィルター メンバーを含むツリーに適用されるクラス。
  • ui-icon ui-icon-pivot-filters

    フィルターのドロップ領域アイコンに適用されるクラス。
  • ui-igpivot-insertitem ui-state-highlight ui-corner-all

    ドロップ領域の項目の挿入インジケーターに適用されるクラス。
  • ui-state-error

    無効なドロップ要素に適用されるクラス。
  • ui-igpivotdataselector-measuregroup

    メジャー グループ コンボに適用されるクラス。
  • ui-icon ui-icon-pivot-measures

    メジャーのドロップ領域アイコンに適用されるクラス。
  • ui-igpivotdataselector-metadata ui-widget-content

    メタデータ ツリーに適用されるクラス。
  • ui-igpivot-metadataitem ui-widget ui-corner-all ui-state-default

    メタデータ ツリーおよびドロップ領域のメタデータ項目を表す要素に適用されるクラス。
  • ui-igpivot-metadatadropdown ui-widget ui-widget-content

    メタデータ項目のドロップダウン要素に適用されるクラス。
  • ui-icon ui-icon-pivot-rows

    行のドロップ領域アイコンに適用されるクラス。
  • ui-igpivotdataselector-updatelayout

    [レイアウトの更新] ボタンに適用されるクラス。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.