ig.excel.FormattedFontBase

FormattedString または FormattedText の文字の範囲の書式設定を制御する抽象基本クラス。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • bold

    .bold( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    フォントがボールドであるかどうかを示す値。

    フォントがボールドであるかどうかを示す値を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、ExcelDefaultableBoolean 列挙体で定義されません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • bold

    .bold( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    フォントがボールドであるかどうかを示す値。

    フォントがボールドであるかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、ExcelDefaultableBoolean 列挙体で定義されません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • colorInfo

    .colorInfo( );
    返却型:
    ig.excel.WorkbookColorInfo
    返却型の説明:
    フォントの前景色。

    フォントの前景色を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • colorInfo

    .colorInfo( value:ig.excel.WorkbookColorInfo );
    返却型:
    ig.excel.WorkbookColorInfo
    返却型の説明:
    フォントの前景色。

    フォントの前景色を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.WorkbookColorInfo

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • height

    .height( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    フォントの高さです。

    フォントの高さを取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定された値は正の数で、20 から 8180 の有効なフォントの高さ範囲の外です。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • height

    .height( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    フォントの高さです。

    フォントの高さを取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定された値は正の数で、20 から 8180 の有効なフォントの高さ範囲の外です。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • italic

    .italic( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    フォントがイタリックであるかどうかを示す値。

    フォントが斜体であるかどうかを示す値を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、ExcelDefaultableBoolean 列挙体で定義されません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • italic

    .italic( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    フォントがイタリックであるかどうかを示す値。

    フォントが斜体であるかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、ExcelDefaultableBoolean 列挙体で定義されません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • length

    .length( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    このフォントでカバーされる文字数。ゼロは、StartIndex から文字列の終わりまでのフォント制御を示します。

    このフォントでカバーされる文字数を取得します。ゼロは、FormattedFontBase.startIndex から文字列の終わりまでのフォント制御を示します。

  • name

    .name( );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    フォントの名前。

    フォントの名前を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • name

    .name( value:string );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    フォントの名前。

    フォントの名前を取得します。

    • value
    • タイプ:string

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • setFontFormatting

    .setFontFormatting( source:ig.excel.IWorkbookFont );

    このフォントのすべてのプロパティを指定されたフォントのプロパティに設定します。

    • source
    • タイプ:ig.excel.IWorkbookFont
    • プロパティがこのフォントにコピーされるべきフォント。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException source は null です。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属する場合、指定されたフォントのデフォルト値は無視されます。

  • startIndex

    .startIndex( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    このフォントでカバーされる最初の文字のインデックス。

    このフォントでカバーされる最初の文字のインデックスを取得します。

  • strikeout

    .strikeout( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    フォントが打ち消しであるかどうかを示す値。

    フォントが打ち消しであるかどうかを示す値を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、ExcelDefaultableBoolean 列挙体で定義されません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • strikeout

    .strikeout( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    フォントが打ち消しであるかどうかを示す値。

    フォントが打ち消しであるかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、ExcelDefaultableBoolean 列挙体で定義されません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • superscriptSubscriptStyle

    .superscriptSubscriptStyle( );
    返却型:
    ig.excel.FontSuperscriptSubscriptStyle
    返却型の説明:
    フォントが上付または下付であるかどうかを示す値。

    フォントが上付または下付であるかどうかを示す値を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、FontSuperscriptSubscriptStyle 列挙体で定義されません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • superscriptSubscriptStyle

    .superscriptSubscriptStyle( value:ig.excel.FontSuperscriptSubscriptStyle );
    返却型:
    ig.excel.FontSuperscriptSubscriptStyle
    返却型の説明:
    フォントが上付または下付であるかどうかを示す値。

    フォントが上付または下付であるかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.FontSuperscriptSubscriptStyle

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、FontSuperscriptSubscriptStyle 列挙体で定義されません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • underlineStyle

    .underlineStyle( );
    返却型:
    ig.excel.FontUnderlineStyle
    返却型の説明:
    フォントの下線スタイル。

    フォントの下線スタイルを取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、FontUnderlineStyle 列挙体で定義されません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

  • underlineStyle

    .underlineStyle( value:ig.excel.FontUnderlineStyle );
    返却型:
    ig.excel.FontUnderlineStyle
    返却型の説明:
    フォントの下線スタイル。

    フォントの下線スタイルを取得します。

    • value
    • タイプ:ig.excel.FontUnderlineStyle

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException 指定された値は、FontUnderlineStyle 列挙体で定義されません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。
    ig.InvalidOperationException フォントに関連付けられた書式設定済みの文字列またはテキストは、セル、コメント、または形状に割り当てられません。

    備考

    このフォントの選択範囲のすべての文字は、このプロパティを設定することで影響を受けます。 このプロパティを取得すると、このフォントの範囲の最初の文字の書式を示す値を返します。

    注: デフォルト値はセルに適用される FormattedString 値で使用できません。このフォントがセルの値である FormattedString に属し、デフォルト値が割り当てられた場合、無視されます。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.