ig.excel.FormattedStringFont

FormattedStringFont.formattedString の文字の範囲の書式を制御します。

備考

文字列の書式は、Microsoft Excel と同様の方式で制御されます。Excel では、ユーザーはテキストの一部分を選択し、選択したテキストのさまざまな書式プロパティを設定します。

FormattedStringFont.formattedString では、文字列の一部分は GetFont(int) または GetFont(int,int) で呼び出すことによって選択されます。書式プロパティは、返される FormattedStringFont で設定され、フォントの選択範囲のすべての文字がこれらのプロパティで指定されます。

FormattedStringFont の書式プロパティを取得すると、フォントの選択範囲で最初の文字の書式を返します。これは Excel と似ており、セルのテキストが選択されると、選択範囲の最初の文字の書式を反映するために書式インタフェースを更新します。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • formattedString

    .formattedString( );
    返却型:
    ig.excel.FormattedString
    返却型の説明:
    このフォントで制御される書式化された文字列。

    このフォントで制御される書式化された文字列を取得します。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.