ig.excel.WorksheetRow

Microsoft Excel ワークシート内の 1 行を表します。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • applyCellFormula

    .applyCellFormula( columnIndex:number, formula:string, [cellReferenceMode:ig.excel.CellReferenceMode] );

    指定した列インデックスのセルに数式を適用します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。
    • formula
    • タイプ:string
    • 解析およびセルに適用するための数式。
    • cellReferenceMode
    • タイプ:ig.excel.CellReferenceMode
    • オプション
    • 数式のセル参照を解釈するために使用されるモード。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.ArgumentNullException 数式は null または空です。
    ig.excel.FormulaParseException 数式が有効な数式ではありません。
    ig.InvalidOperationException セルは配列数式の一部またはセルに制限されないデータ テーブルです。
    ig.InvalidOperationException セルは配列数式の一部またはセルに制限されないデータ テーブルです。
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException cellReferenceMode が CellReferenceMode 列挙体で定義されていません。

    備考

    数式は、セルが属する WorkbookCellReferenceMode に基づいて解析されます。行の Worksheet が親コレクションから削除された場合、A1 CellReferenceMode は数式を解析するために使用されます。

  • cells

    .cells( );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetCellCollection
    返却型の説明:
    行でセルのコレクション。

    行でセルのコレクションを取得します。

    備考

    セルのコレクションは、Workbook.CurrentFormat によって Workbook.maxExcelColumnCount または Workbook.maxExcel2007ColumnCount のコレクションでセルの最大数を持つ固定された長さのコレクションです。内部的には、要求があった場合、セルが作成されコレクションに追加されます。

    注: コレクションの繰り返しは、すべてのセルを作成しません。これはすでに使用されているセルを繰り返すだけです。ワークシートですべてのセルを作成および繰り返すためには、For ループを使用し、0 から MaxExcelColumnCount より 1 つ少ない回数繰り返し、コレクションのインデクサに各インデックスを渡します。

  • cells

    .cells( index:number );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetCell
    返却型の説明:
    行でセルのコレクション。

    行でセルのコレクションを取得します。

    • index
    • タイプ:number
    • 取得するセルの 0 から始まる列インデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException インデックスはゼロ未満です。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除される場合 インデックスは Workbook.currentFormatに基づいて Workbook.maxExcelColumnCount または Workbook.maxExcel2007ColumnCount 以上または同じになります。

    備考

    セルのコレクションは、Workbook.CurrentFormat によって Workbook.maxExcelColumnCount または Workbook.maxExcel2007ColumnCount のコレクションでセルの最大数を持つ固定された長さのコレクションです。内部的には、要求があった場合、セルが作成されコレクションに追加されます。

    注: コレクションの繰り返しは、すべてのセルを作成しません。これはすでに使用されているセルを繰り返すだけです。ワークシートですべてのセルを作成および繰り返すためには、For ループを使用し、0 から MaxExcelColumnCount より 1 つ少ない回数繰り返し、コレクションのインデクサに各インデックスを渡します。

  • getCellAssociatedDataTable

    .getCellAssociatedDataTable( columnIndex:number );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetDataTable
    返却型の説明:
    セルが属するデータ テーブル、またはセルがデータ テーブルに属さない場合は null。

    指定したインデックスが属すセルのデータ テーブルを取得します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。

    備考

    一番左の列と一番上の行のセルは、関連するデータ テーブルに null を返します。

    データ テーブルがセルと関連付けられている場合、WorksheetRow.getCellValue は、セルの計算された値を返します。

  • getCellAssociatedMergedCellsRegion

    .getCellAssociatedMergedCellsRegion( columnIndex:number );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetMergedCellsRegion
    返却型の説明:
    指定されたインデックスでセルを含む結合セルの領域、セルが結合されない場合は null。

    指定されたインデックスでセルを含む結合セルの領域を取得するか、セルが結合されない場合は null。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。
  • getCellAssociatedTable

    .getCellAssociatedTable( columnIndex:number );

    指定されたインデックスのセルが属する WorksheetTable を取得します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。

    備考

    テーブル内のいずれかの領域に存在するセルをそのテーブルに所属するセルといいます。これは、ヘッダー セル、集計セル、またはデータ領域内のセルである場合もあります。

  • getCellBoundsInTwips

    .getCellBoundsInTwips( columnIndex:number );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    ワークシートの指定した列インデックスのセルの境界線。 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、'height'、'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。

    指定された列インデックスのセルの境界を twip で取得します(ポイントの 1/20)。

    • columnIndex
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。

    備考

    このメソッドによって返される境界は、ワークシートの現在の構成に限って有効です。 セルの前の行または列のサイズが変更されると、これらの境界はセルの位置を反映しません。

  • getCellBoundsInTwips

    .getCellBoundsInTwips( columnIndex:number, options:ig.excel.PositioningOptions );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    ワークシートの指定した列インデックスのセルの境界線。 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、'height'、'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。

    指定された列インデックスのセルの境界を twip で取得します(ポイントの 1/20)。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • options
    • タイプ:ig.excel.PositioningOptions
    • セルの境界線を取得するときに使用するオプション。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。

    備考

    このメソッドによって返される境界は、ワークシートの現在の構成に限って有効です。 セルの前の行または列のサイズが変更されると、これらの境界はセルの位置を反映しません。

  • getCellComment

    .getCellComment( columnIndex:number );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetCellComment
    返却型の説明:
    スタイルをセルに適用します。

    指定した列インデックスのセルに適用したコメントを取得または設定します。

    • columnIndex
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。
  • getCellConditionalFormat

    .getCellConditionalFormat( columnIndex:number );
    返却型:
    ig.excel.CellConditionalFormat
    返却型の説明:

    • columnIndex
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException
    ig.InvalidOperationException

    備考

  • getCellFormat

    .getCellFormat( columnIndex:number );
    返却型:
    ig.excel.IWorksheetCellFormat
    返却型の説明:
    指定した列インデックスのセルの書式設定。

    指定した列インデックスのセルのセルの書式を取得します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。

    備考

    このメソッドは、セルに固有のセル書式設定を設定するために使用します。多くのセルに書式を適用する場合、パフォーマンスの考慮点については Workbook.createNewWorksheetCellFormat メソッドを参照してください。

  • getCellFormula

    .getCellFormula( columnIndex:number );
    返却型:
    ig.excel.Formula
    返却型の説明:
    セルに適用されている数式、または適用されている数式がない場合は null。

    指定した列インデックスのセルに適用されている数式を取得します。

    • columnIndex
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。

    備考

    数式がセルに適用されている場合、WorksheetRow.getCellValue メソッドを取得すると数式の計算された値を返します。

  • getCellHyperlink

    .getCellHyperlink( columnIndex:number );

    指定されたインデックスにあるセルのハイパーリンクを取得します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。

    備考

    複数のハイパーリンクがセルに適用される場合、Worksheet.hyperlinks コレクションの最後のハイパーリンクが使用されます。

    セルに 1 つ以上のハイパーリンクが Worksheet.hyperlinks コレクションにあり、HYPERLINK 関数を含む数式がある場合、コレクションの最後のハイパーリンクが使用されます。

    数式で HYPERLINK 関数があるためセルがハイパーリンクを含む場合、返された値はシールドです。

  • getCellText

    .getCellText( columnIndex:number );

    指定されたインデックスにあるセルの表示テキストを取得します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。

    備考

    表示テキストは、このセルの値と、このセルに適用される書式文字列によって異なったものになります。

  • getCellText

    .getCellText( columnIndex:number, textFormatMode:ig.excel.TextFormatMode );

    指定されたインデックスにあるセルの表示テキストを取得します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。
    • textFormatMode
    • タイプ:ig.excel.TextFormatMode
    • セルのテキストを取得するときに使用するフォーマット モード。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException textFormatMode が TextFormatMode 列挙体で定義されていません。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。

    備考

    表示テキストは、このセルの値と、このセルに適用される書式文字列によって異なったものになります。

  • getCellValue

    .getCellValue( columnIndex:number );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    セルの値。

    指定した列インデックスのセルのセルの値を取得します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。

    備考

    このセルが結合したセル領域に属す領域の左上のセルで、値を取得または設定する場合は、関連付けられた結合セルの領域の値を取得または設定します。結合したセル領域の他のセルの値を取得すると常に null を返します。結合したセル領域での他のセルの値を設定すると、効果がなくなります。

    数式がセルに適用されている場合、またはセルかデータテーブルにセルが関連付けられている場合に Value を取得するとセルの計算された値を返します。

    値でサポートされるタイプ:

    • System.Byte
    • System.SByte
    • System.Int16
    • System.Int64
    • System.UInt16
    • System.UInt64
    • System.UInt32
    • System.Int32
    • System.Single
    • System.Double
    • System.Boolean
    • System.Char
    • System.Enum
    • System.Decimal
    • System.DateTime
    • System.String
    • System.Text.StringBuilder
    • System.DBNull
    • ErrorValue
    • FormattedString

  • getResolvedCellFormat

    .getResolvedCellFormat( columnIndex:number );
    返却型:
    ig.excel.IWorksheetCellFormat
    返却型の説明:
    書式オブジェクトは、このセルが Microsoft Excel で表示されるときに使用される実際の書式を説明します。

    指定した列インデックスのセルの解決済みのセルの書式を取得します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.InvalidOperationException 行がワークシートから削除された場合。

    備考

    セルでデフォルト値であるセル書式プロパティがある場合、所有する行のセル書式の値が使用されます。 デフォルトの場合、所有する列のセル書式の値が使用されます。そうでない場合、ワークブックのデフォルト値が使用されます。

  • height

    .height( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    行のトゥイップでの高さ(1 ポイントの 1/20)。

    行のトゥイップでの高さ (1 ポイントの 1/20) を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException セッターで行がワークシートから削除された場合、エラーが発生されます。

    備考

    行の高さがゼロ未満である場合、所有するワークシートの Worksheet.defaultRowHeight が行の高さとして使用されます。

    指定される値は、-1 から 8192 の間でなければなりません。無効な値は自動的に有効値に調整されます。

  • height

    .height( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    行のトゥイップでの高さ(1 ポイントの 1/20)。

    行のトゥイップでの高さ (1 ポイントの 1/20) を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException セッターで行がワークシートから削除された場合、エラーが発生されます。

    備考

    行の高さがゼロ未満である場合、所有するワークシートの Worksheet.defaultRowHeight が行の高さとして使用されます。

    指定される値は、-1 から 8192 の間でなければなりません。無効な値は自動的に有効値に調整されます。

  • index

    .index( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの行の 0 から始まるインデックス。

    ワークシートの行の 0 から始まるインデックスを取得します。

  • setCellComment

    .setCellComment( columnIndex:number, comment:ig.excel.WorksheetCellComment );

    指定した列インデックスのセルに適用したコメントを設定します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。
    • comment
    • タイプ:ig.excel.WorksheetCellComment
    • セルにコメントを適用します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.InvalidOperationException 適用された値には、アンカー セル セットが 1 つだけあります。アンカー セル セットを両方持つ、またはどちらもないか持たないかのどちらかです。
    ig.InvalidOperationException 適用された値には、アンカー セル セットが 1 つだけあります。アンカー セル セットを両方持つ、またはどちらもないか持たないかのどちらかです。
    ig.InvalidOperationException 適用された値には、アンカー セル セットが 1 つだけあります。アンカー セル セットを両方持つ、またはどちらもないか持たないかのどちらかです。
  • setCellValue

    .setCellValue( columnIndex:number, value:object );

    指定した列インデックスのセルの値を設定します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。
    • value
    • タイプ:object
    • セルに割り当てる値。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException columnIndex は、0 以下またはワークシート内の列数以上です。
    ig.NotSupportedException 指定した値の型がサポートされておらず、Excel にエクスポートできません。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は Formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は Formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は Formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は Formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。
    ig.InvalidOperationException 割り当てた値は Formula です。その代わりに、Formula.applyTo はセルで渡され数式で呼び出される必要があります。

    備考

    このセルが結合したセル領域に属す領域の左上のセルで、値を取得または設定する場合は、関連付けられた結合セルの領域の値を取得または設定します。結合したセル領域の他のセルの値を取得すると常に null を返します。結合したセル領域での他のセルの値を設定すると、効果がなくなります。

    数式がセルに適用されている場合、またはセルかデータテーブルにセルが関連付けられている場合に Value を取得するとセルの計算された値を返します。

    値でサポートされるタイプ:

    • System.Byte
    • System.SByte
    • System.Int16
    • System.Int64
    • System.UInt16
    • System.UInt64
    • System.UInt32
    • System.Int32
    • System.Single
    • System.Double
    • System.Boolean
    • System.Char
    • System.Enum
    • System.Decimal
    • System.DateTime
    • System.String
    • System.Text.StringBuilder
    • System.DBNull
    • ErrorValue
    • FormattedString

  • validateCellValue

    .validateCellValue( columnIndex:number );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    セルに関連付けられた WorksheetCell.dataValidationRule があり、現在の WorksheetCell.value がそのルールに定義された検証をパスしない場合、False を返します。それ以外の場合、True を返します。

    関連付けられた WorksheetCell.dataValidationRule に基づいてセルの値が有効かどうかを示すブール値を返します。

    • columnIndex
    • タイプ:number
    • WorksheetRow 内のセルの 0 から始まるインデックス。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.