ig.scheduler.SchedulePropertyMapping

AppointmentScheduleResource などスケジュール オブジェクトのプロパティ マッピングをカプセル化します。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.ext_web.js
infragistics.dv_core.js
infragistics.dv_jquerydom.js
infragistics.dv_interactivity.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • ig.scheduler.SchedulePropertyMapping
    コンストラクター

    new $.ig.scheduler.SchedulePropertyMapping( );

  • convertBackCallback

    .convertBackCallback( );

    値をプロパティが予期するタイプに変換する機会を提供するために、スケジュール オブジェクト プロパティの値が基本データ オブジェクトの対応するプロパティに割り当てる前に発生されるデリゲートへの参照。

    備考

    変換をスキップするには、このメソッドに渡された値と同じ値を返します。 null が返された場合、基本データ オブジェクト プロパティに null 値が割り当てられます。そのプロパティで null 値が無効な場合、例外が発生されます。

  • convertBackCallback

    .convertBackCallback( value:function );

    値をプロパティが予期するタイプに変換する機会を提供するために、スケジュール オブジェクト プロパティの値が基本データ オブジェクトの対応するプロパティに割り当てる前に発生されるデリゲートへの参照。

    • value
    • タイプ:function

    備考

    変換をスキップするには、このメソッドに渡された値と同じ値を返します。 null が返された場合、基本データ オブジェクト プロパティに null 値が割り当てられます。そのプロパティで null 値が無効な場合、例外が発生されます。

  • convertCallback

    .convertCallback( );

    値を変換するチャンスを提供するために、値がスケジュール オブジェクト プロパティに割り当てられる前に発生されるデリゲートへの参照。

    備考

    変換をスキップするには、このメソッドに渡された値と同じ値を返します。 null が返された場合、スケジュール オブジェクト プロパティに null 値が割り当てられます。そのプロパティに null 値が無効な場合、例外が発生されます。

  • convertCallback

    .convertCallback( value:function );

    値を変換するチャンスを提供するために、値がスケジュール オブジェクト プロパティに割り当てられる前に発生されるデリゲートへの参照。

    • value
    • タイプ:function

    備考

    変換をスキップするには、このメソッドに渡された値と同じ値を返します。 null が返された場合、スケジュール オブジェクト プロパティに null 値が割り当てられます。そのプロパティに null 値が無効な場合、例外が発生されます。

  • dataObjectPropertyName

    .dataObjectPropertyName( );

    このインスタンスが関連付けられているスケジュール オブジェクトのプロパティ名を取得します。

  • dataObjectPropertyName

    .dataObjectPropertyName( value:string );

    このインスタンスが関連付けられているスケジュール オブジェクトのプロパティ名を取得します。

    • value
    • タイプ:string
  • onPropertyChanged

    .onPropertyChanged( propertyName:string );

    PropertyChanged イベントを発生させます。

    • propertyName
    • タイプ:string
  • toString

    .toString( );

    このオブジェクトの文字列表現を返します。

  • verifyProperty

    .verifyProperty( propertyValue:number );

    派生クラスでオーバーライドされる場合、プロパティ設定を検証します。

    • propertyValue
    • タイプ:number
    • プロパティの識別子。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.