ig.excel.WorkbookStyleCollection

ワークブック スタイルのコレクション、または Microsoft Excel でセルに簡単に適用可能な複雑な書式。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • addUserDefinedStyle

    .addUserDefinedStyle( styleFormat:ig.excel.IWorksheetCellFormat, name:string );
    返却型:
    ig.excel.WorkbookStyle
    返却型の説明:
    WorkbookStyle インスタンスとして追加されたユーザー定義スタイル。

    ユーザー定義の新しいスタイルをワークブックに追加します。

    • styleFormat
    • タイプ:ig.excel.IWorksheetCellFormat
    • スタイルのセル書式。
    • name
    • タイプ:string
    • Microsoft Excel でスタイルを識別する名前。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException 名前は null または空です。
    ig.ArgumentNullException 名前は null または空です。
    ig.ArgumentException スタイルは name の名前で既に存在します。名前は大文字と小文字を区別せずに比較されます。
  • addUserDefinedStyle

    .addUserDefinedStyle( name:string );
    返却型:
    ig.excel.WorkbookStyle
    返却型の説明:
    WorkbookStyle インスタンスとして追加されたユーザー定義スタイル。

    ユーザー定義の新しいスタイルをワークブックに追加します。

    • name
    • タイプ:string
    • Microsoft Excel でスタイルを識別する名前。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException 名前は null または空です。
    ig.ArgumentNullException 名前は null または空です。
    ig.ArgumentException スタイルは name の名前で既に存在します。名前は大文字と小文字を区別せずに比較されます。
  • clear

    .clear( );

    コレクションから Normal スタイル以外のすべてのスタイルをクリアします。

  • contains

    .contains( style:ig.excel.WorkbookStyle );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    スタイルが見つかった場合は True、そうでなければ False。

    スタイルがコレクションにあるかどうかを決定します。

    • style
    • タイプ:ig.excel.WorkbookStyle
    • このコレクションで見つけ出すスタイル。
  • count

    .count( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    このコレクション内のスタイルの数。

    このコレクション内のスタイルの数を取得します。

  • item

    .item( index:number );
    返却型:
    ig.excel.WorkbookStyle
    返却型の説明:
    指定されたインデックスにあるスタイル。

    指定したインデックスでスタイルを取得します。

    • index
    • タイプ:number
    • 取得するスタイルの 0 から始まるインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException インデックスは 0 未満であるか、または、インデックスが WorkbookStyleCollection.count 以上です。
  • item

    .item( name:string );
    返却型:
    ig.excel.WorkbookStyle
    返却型の説明:
    指定されたインデックスにあるスタイル。

    指定したインデックスでスタイルを取得します。

    • name
    • タイプ:string
    • 取得するスタイルの名前。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException name は null です。

    備考

    スタイル名は大文字と小文字を区別せずに比較されます。

  • normalStyle

    .normalStyle( );

    このワークブックの既定スタイルを取得します。

    備考

    別の親スタイルが指定されていない限り、標準スタイルがワークブックのすべてのセルおよび差分書式の親スタイルになります。

  • remove

    .remove( style:ig.excel.WorkbookStyle );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    スタイルの削除に成功した場合は True、スタイルがコレクションになかった場合は False。

    指定したスタイルをコレクションから削除します。

    • style
    • タイプ:ig.excel.WorkbookStyle
    • コレクションから削除するスタイル。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException style は Normal スタイルです。
  • removeAt

    .removeAt( index:number );

    指定したインデックスにあるスタイルをコレクションから削除します。

    • index
    • タイプ:number
    • コレクションに含まれるスタイルの 0 から始まるインデックス番号。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentOutOfRangeException インデックスは 0 未満であるか、または、インデックスが WorkbookStyleCollection.count 以上です。
    ig.InvalidOperationException index で削除しようとしているスタイルは Normal スタイルです。
  • reset

    .reset( );

    スタイルをすべてクリアしてプリセット組み込みスタイルで追加することによって、このコレクションを元の状態にリセットします。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.