ig.excel.WorksheetTableArea

テーブル レベルで適用される書式を持つことができる様々な領域を表します。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
  • dataArea

    タイプ:
    ig.excel.WorksheetTableArea
    デフォルト:
    1

    書式はテーブルのデータ領域に適用されます。

  • headerRow

    タイプ:
    ig.excel.WorksheetTableArea
    デフォルト:
    2

    書式はヘッダー行に適用されます。上側の境界線プロパティを除きすべてをこの領域フォーマットで設定可能です。上側の境界線プロパティを設定すると例外が発生します。

  • totalsRow

    タイプ:
    ig.excel.WorksheetTableArea
    デフォルト:
    3

    書式は合計行に適用されます。下側の境界線プロパティを除きすべてをこの領域フォーマットで設定可能です。下側の境界線プロパティを設定すると例外が発生します。

  • wholeTable

    タイプ:
    ig.excel.WorksheetTableArea
    デフォルト:
    0

    書式はテーブル全体に適用されます。この領域フォーマットで設定可能なのは外側の境界線プロパティだけです。 その他何を設定しても例外が発生します。

このコントロールにイベントはありません。
このコントロールにパブリック メソッドはありません。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.