ig.scheduler.ActivityBase

Appointment などのスケジュール アクティビティの基本クラス。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.ext_web.js
infragistics.dv_core.js
infragistics.dv_jquerydom.js
infragistics.dv_interactivity.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • description

    .description( );

    アクティビティの説明を取得します。

  • description

    .description( value:string );

    アクティビティの説明を取得します。

    • value
    • タイプ:string
  • destroy

    .destroy( );

    このオブジェクトで以前使用されたメモリをリリースします。

  • end

    .end( );

    アクティビティが終了する日付と時刻を取得します。

    備考

    End プロパティの値はアクティビティ クエリのために排他的になります。

    たとえば、ActivityBase.start プロパティが 09:00 に設定し、End が 10:00 に設定されるアクティビティがあります。10:00 から開始する範囲のアクティビティ クエリはこのアクティビティを含みません。アクティビティの終了時間の比較は「より小さい」条件を使用します。

  • end

    .end( value:ig.Date );

    アクティビティが終了する日付と時刻を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.Date

    備考

    End プロパティの値はアクティビティ クエリのために排他的になります。

    たとえば、ActivityBase.start プロパティが 09:00 に設定し、End が 10:00 に設定されるアクティビティがあります。10:00 から開始する範囲のアクティビティ クエリはこのアクティビティを含みません。アクティビティの終了時間の比較は「より小さい」条件を使用します。

  • id

    .id( );

    このアクティビティの一意識別子を取得します。

    備考

    アクティビティが ScheduleListDataSource.appointmentItemsSource などの外部項目ソースから逆シリアル化される場合、その他のインスタンスの ActivityBase.recurrenceId プロパティの値が、そのインスタンスがこのアクティビティの繰り返しのメンバーであるかどうかを決定するために、このプロパティの値と比較されます。

    値が明示的に割り当てられていない場合、GUID が生成され、その文字列形式がアクティビティの識別子として使用されます。

  • id

    .id( value:string );

    このアクティビティの一意識別子を取得します。

    • value
    • タイプ:string

    備考

    アクティビティが ScheduleListDataSource.appointmentItemsSource などの外部項目ソースから逆シリアル化される場合、その他のインスタンスの ActivityBase.recurrenceId プロパティの値が、そのインスタンスがこのアクティビティの繰り返しのメンバーであるかどうかを決定するために、このプロパティの値と比較されます。

    値が明示的に割り当てられていない場合、GUID が生成され、その文字列形式がアクティビティの識別子として使用されます。

  • isAllDay

    .isAllDay( );

    この ActivityBase が終日イベントかどうかを示すブール値を返します。

    備考

    このプロパティが true に設定される場合、ActivityBase.start および ActivityBase.end プロパティの時間部分は範囲クエリでアクティビティ時間が評価されたときに使用されません。

    アクティビティの結果的な開始時間は ActivityBase.start プロパティの実際値を含む日の 00:00 に設定されます。

    アクティビティの結果的な終了時間は ActivityBase.end プロパティの実際値を含む日の次の日の 00:00 に設定されます。

  • isAllDay

    .isAllDay( value:boolean );

    この ActivityBase が終日イベントかどうかを示すブール値を返します。

    • value
    • タイプ:boolean

    備考

    このプロパティが true に設定される場合、ActivityBase.start および ActivityBase.end プロパティの時間部分は範囲クエリでアクティビティ時間が評価されたときに使用されません。

    アクティビティの結果的な開始時間は ActivityBase.start プロパティの実際値を含む日の 00:00 に設定されます。

    アクティビティの結果的な終了時間は ActivityBase.end プロパティの実際値を含む日の次の日の 00:00 に設定されます。

  • isRecurrenceRoot

    .isRecurrenceRoot( );

    このアクティビティが定期的なパターンを定義するかどうかを示すブール値を返します。

  • isRemoved

    .isRemoved( );

    この ActivityBase が削除されたかどうかを示すブール値を返します。繰り返しアクティビティのみに適用します。

    備考

    このプロパティが true に設定される場合、このアクティビティがアクティビティ クエリまたはユーザー インターフェイスで表示しません。

    IsRemoved プロパティは、繰り返しの特定の発生が削除されたことを示すために使用されます。関連付けられたアクティビティがプレースホルダーになります。そのスロットにアクティビティがない結果になる定期的なパターンにギャップがあることを示します。

  • onPropertyChanged

    .onPropertyChanged( propertyName:string );

    PropertyChanged イベントを発生させます。

    • propertyName
    • タイプ:string
  • originalStart

    .originalStart( );

    繰り返しでこのアクティビティの配置を示す日時を返します。

  • recurrence

    .recurrence( );

    このアクティビティの定期的なパターンを説明する文字列を返します。このアクティビティがルート アクティビティではない場合に null を返します。

    備考

    このプロパティに値を割り当てると、アクティビティがテンプレートのロールになります。つまり、各発生のプロパティを定義するために使用されます。このアクティビティ インスタンスが ScheduleDataSource.getAppointmentsInRange などのアクティビティ クエリで表示されていません。その代わり、生成された発生が表示されます。

    アクティビティを繰り返しルートに設定するには、DateRecurrence クラスのインスタンスを作成し、定期的なパターンをカスタマイズするためにプロパティ値を設定し、繰り返し情報を文字列にシリアル化するには DateRecurrence.toICalendarString メソッドを呼び出します。結果の文字列がこのプロパティを直接に割り当てます。

  • recurrence

    .recurrence( value:string );

    このアクティビティの定期的なパターンを説明する文字列を返します。このアクティビティがルート アクティビティではない場合に null を返します。

    • value
    • タイプ:string

    備考

    このプロパティに値を割り当てると、アクティビティがテンプレートのロールになります。つまり、各発生のプロパティを定義するために使用されます。このアクティビティ インスタンスが ScheduleDataSource.getAppointmentsInRange などのアクティビティ クエリで表示されていません。その代わり、生成された発生が表示されます。

    アクティビティを繰り返しルートに設定するには、DateRecurrence クラスのインスタンスを作成し、定期的なパターンをカスタマイズするためにプロパティ値を設定し、繰り返し情報を文字列にシリアル化するには DateRecurrence.toICalendarString メソッドを呼び出します。結果の文字列がこのプロパティを直接に割り当てます。

  • recurrenceId

    .recurrenceId( );

    関連付けられた ActivityBase.recurrenceRoot識別子を返します。このアクティビティが DateRecurrence と関連付けられていない場合は null。

    備考

    RecurrenceId プロパティが逆シリアル化処理でアクティビティを繰り返しのメンバーとして識別するために使用されます。

    アクティビティが ScheduleListDataSource.appointmentItemsSource などの外部項目ソースから逆シリアル化去れる場合、このプロパティの値が繰り返しの変更された発生を対応するルート アクティビティと一致するために使用されます。

    この一致が、このプロパティの値をその他のアクティビティの ActivityBase.id プロパティの値に比較して実行されます。値が等しい場合、このアクティビティがその他のアクティビティの繰り返しのメンバーです。

  • recurrenceRoot

    .recurrenceRoot( );
    返却型:
    ig.scheduler.ActivityBase
    返却型の説明:
    ActivityBase を返します。

    このアクティビティが作成された定期的なパターンを定義する ActivityBase を返します。このアクティビティが繰り返しと関連付けられていない場合に null を返します。

    備考

    ActivityBase.recurrence プロパティが設定されるアクティビティがルート アクティビティです。このアクティビティはアクティビティ クエリ で表示されませんが、発生が生成されるテンプレートです。

  • resource

    .resource( );
    返却型:
    ig.scheduler.ScheduleResource
    返却型の説明:
    ScheduleResource を返します。

    このアクティビティに関連つけられるリソースを返します。

    備考

    リソースをアクティビティに割り当てるには、ActivityBase.resourceId プロパティを使用します。

  • resourceId

    .resourceId( );

    関連付けられたリソース識別子を返します。このアクティビティがリソースと関連付けられていない場合は null。

    備考

    プロパティに割り当てられた値が検証されていません。つまり、値が定義されているリソースの ID と一致しない場合、例外が発生されません。

    指定した ID を持つリソースがデータ ソースで利用可能になるとき、そのリソースへの参照が ActivityBase.resource プロパティによって返されます。

    同じ ScheduleDataSource と関連付けられた場合のみ、ScheduleResource がアクティビティに利用可能になることに注意してください。

    たとえば、ScheduleListDataSource の場合、リソースが ScheduleListDataSource.resourceItemsSource プロパティによってデータ ソースと関連付けられます。ScheduleResource インスタンスまたはリソースを表すカスタム データ オブジェクトを含む IEnumerable 実装を ResourceItemsSource プロパティに割り当てると、ScheduleResource.id プロパティがこのリソースアクティビティの ResourceId プロパティと一致するリソースはこのアクティビティのオーナーになります。

  • resourceId

    .resourceId( value:string );

    関連付けられたリソース識別子を返します。このアクティビティがリソースと関連付けられていない場合は null。

    • value
    • タイプ:string

    備考

    プロパティに割り当てられた値が検証されていません。つまり、値が定義されているリソースの ID と一致しない場合、例外が発生されません。

    指定した ID を持つリソースがデータ ソースで利用可能になるとき、そのリソースへの参照が ActivityBase.resource プロパティによって返されます。

    同じ ScheduleDataSource と関連付けられた場合のみ、ScheduleResource がアクティビティに利用可能になることに注意してください。

    たとえば、ScheduleListDataSource の場合、リソースが ScheduleListDataSource.resourceItemsSource プロパティによってデータ ソースと関連付けられます。ScheduleResource インスタンスまたはリソースを表すカスタム データ オブジェクトを含む IEnumerable 実装を ResourceItemsSource プロパティに割り当てると、ScheduleResource.id プロパティがこのリソースアクティビティの ResourceId プロパティと一致するリソースはこのアクティビティのオーナーになります。

  • start

    .start( );

    アクティビティが開始する日付と時刻を取得します。

  • start

    .start( value:ig.Date );

    アクティビティが開始する日付と時刻を取得します。

    • value
    • タイプ:ig.Date
  • subject

    .subject( );

    アクティビティの件名を取得します。

  • subject

    .subject( value:string );

    アクティビティの件名を取得します。

    • value
    • タイプ:string

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.