ui.igGridResponsive

ui.igGridResponsive_image

igGrid のレスポンシブ Web デザイン (RWD) モード機能は、さまざまなデバイスでのユーザー エクスペリエンスを向上するためにレスポンシブ Web デザインの概念を採用します。レスポンシブ Web デザイン モードは、複数の画面サイズとフォーム ファクターを単一のコード ベースとデザインでサポートします。 RWD モードでは、グリッドをデバイスの画面サイズに合わせるには以下の構成のどちらかを設定します:

  • 列の自動非表示(RWD モードの列非表示機能で構成できます。)
  • グリッドのテンプレートで実装できる構造変更及び書式変更

このため、RWD モードが有効になる際、 RWD モード機能でサポートされる定義済みのグリッド テンプレートは igGrid のテンプレートを置き換えます。テンプレートの使用は、行の非表示、異なるフォント及びフォントサイズの使用、複数の行/列の結合など、広範な機能を提供します。 RWD モードは、グリッドを異なる画面サイズに対応させる色々な調整をサポートします。一意の名前を持つ一連の定義済みの調整を「RWD モード プロファイル」と呼びます。各プロファイルは特定の画面サイズの範囲に対して有効になります。異なる画面サイズは異なるデバイス タイプに関連付けられているため、実際に、RWD モード プロファイルはデバイス タイプに関連付けられています。

igGrid コントロールはデバイスの画面の幅に基づいた 3つの定義済みの RWD モードを持っています。これらのプロファイルは CSS3 メディア クエリでアクティブになります:

  • Phone - 画面の幅が 767 ピクセル以下の場合。使用可能な規定 CSS クラスは: ui-visible-phone と ui-hidden-phone です。プロフィールの名前は "phone" です。
  • Tablet - 画面の幅が 768 ピクセル以上 979 ピクセル以下の場合。使用可能な規定 CSS クラスは: ui-visible-tablet と ui-hidden-tablet です。プロフィールの名前は "tablet" です。
  • Desktop - 画面の幅が 980 ピクセル以上の場合。使用可能な規定 CSS クラスは: ui-visible-desktop と ui-hidden-desktop です。プロフィールの名前は "desktop" です。

この API のクラス、オプション、イベント、メソッド、およびテーマに関するさらに詳しい情報は上の関連するタブの下で入手可能です。

次のコード スニペットは、igGrid コントロールを複数列ヘッダーの機能と初期化する方法を示します。

この API を使用した作業方法の詳細についてはここをクリックしてください。igGrid コントロールの必要なスクリプトおよびテーマを参照する方法については、 「Ignite UI で JavaScript リソースを使用する」および Ignite UI のスタイル設定とテーマを参照してください。

コード サンプル

 
<!doctype html>
<html>
<head>
    <!-- Infragistics Combined CSS -->
    <link href="css/themes/infragistics/infragistics.theme.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <link href="css/structure/infragistics.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <!-- jQuery Core -->
    <script src="js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- jQuery UI -->
    <script src="js/jquery-ui.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- Infragistics Combined Scripts -->
    <script src="js/infragistics.core.js" type="text/javascript"></script>
    <script src="js/infragistics.lob.js" type="text/javascript"></script>
    <script type="text/javascript">
        var products = [
            { "ProductID": 1, "Name": "Adjustable Race", "ProductNumber": "AR-5381" },
            { "ProductID": 2, "Name": "Bearing Ball", "ProductNumber": "BA-8327" },
            { "ProductID": 3, "Name": "BB Ball Bearing", "ProductNumber": "BE-2349" },
            { "ProductID": 4, "Name": "Headset Ball Bearings", "ProductNumber": "BE-2908" },
            { "ProductID": 316, "Name": "Blade", "ProductNumber": "BL-2036" },
            { "ProductID": 317, "Name": "LL Crankarm", "ProductNumber": "CA-5965" },
            { "ProductID": 318, "Name": "ML Crankarm", "ProductNumber": "CA-6738" },
            { "ProductID": 319, "Name": "HL Crankarm", "ProductNumber": "CA-7457" },
            { "ProductID": 320, "Name": "Chainring Bolts", "ProductNumber": "CB-2903" }
        ];
 
        $(function () {
            $("#gridResponsive").igGrid({
                columns: [
                    { headerText: "Product ID", key: "ProductID", dataType: "number" },
                    { headerText: "Product Name", key: "Name", dataType: "string" },
                    { headerText: "Product Number", key: "ProductNumber", dataType: "string" }
                ],
                features:[
                    {
                        name: "Responsive",
                        columnSettings: [
                            {
                                columnKey: "ProductID",
                                classes: "ui-hidden-phone"
                            }
                        ]
                    }
                ],
                width: "100%",
                dataSource: products
            });
        });
    </script>
</head>
<body>
    <table id="gridColumnMoving"></table>
</body>
</html>
    

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery-1.9.1.js
jquery.ui.core.js
jquery.ui.widget.js
infragistics.ui.grid.framework.js
infragistics.ui.tree.js
infragistics.ui.shared.js
infragistics.datasource.js
infragistics.util.js

継承

  • allowedColumnWidthPerType

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    windowWidthToRenderVertically が null 値の場合、グリッドの垂直レンダリングに切り替えるまで
    の列の最小幅を決定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    							allowedColumnWidthPerType : {
    								string: 120,
    								number: 50,
    								bool: 50,
    								date: 80,
    								object: 150
    							}
    						}
    					]
    				});
    
    				//Get
    				var allowedColumnWidthPerType = $(".selector").igGridResponsive("option", "allowedColumnWidthPerType");
    			 
    • bool

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      50

      ブール値列が垂直方向のレンダリングに切り替える前のピクセルでの最小幅。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igGrid({
      						features : [
      							{
      								name : "Responsive",
      								allowedColumnWidthPerType : {
      									bool: 50
      								}
      							}
      						]
      					});
      
      					//Get
      					var allowedBoolColumnWidth = $(".selector").igGridResponsive("option", "allowedColumnWidthPerType").bool;
      				 
    • date

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      80

      日付列が垂直方向のレンダリングに切り替える前のピクセルでの最小幅。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igGrid({
      						features : [
      							{
      								name : "Responsive",
      								allowedColumnWidthPerType : {
      									date: 50
      								}
      							}
      						]
      					});
      
      					//Get
      					var allowedDateColumnWidth = $(".selector").igGridResponsive("option", "allowedColumnWidthPerType").date;
      				 
    • number

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      50

      数値列が垂直方向のレンダリングに切り替える前のピクセルでの最小幅。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igGrid({
      						features : [
      							{
      								name : "Responsive",
      								allowedColumnWidthPerType : {
      									number: 50
      								}
      							}
      						]
      					});
      
      					//Get
      					var allowedNumberColumnWidth = $(".selector").igGridResponsive("option", "allowedColumnWidthPerType").number;
      				 
    • object

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      150

      オブジェクト列が垂直方向のレンダリングに切り替える前のピクセルでの最小幅。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igGrid({
      						features : [
      							{
      								name : "Responsive",
      								allowedColumnWidthPerType : {
      									object: 50
      								}
      							}
      						]
      					});
      
      					//Get
      					var allowedObjectColumnWidth = $(".selector").igGridResponsive("option", "allowedColumnWidthPerType").object;
      				 
    • string

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      120

      文字列の列が垂直方向のレンダリングに切り替える前のピクセルでの最小幅。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igGrid({
      						features : [
      							{
      								name : "Responsive",
      								allowedColumnWidthPerType : {
      									string: 50
      								}
      							}
      						]
      					});
      
      					//Get
      					var allowedStringColumnWidth = $(".selector").igGridResponsive("option", "allowedColumnWidthPerType").string;
      				 
  • columnSettings

    タイプ:
    array
    デフォルト:
    []
    要素タイプ:
    object

    グリッドの実行環境に基づいて列が反応する方法を指定する列設定値のリスト。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    							columnSettings : [
    								{
    									columnIndex: 0,
    									classes: "ui-hidden-phone"
    								}
    							]
    						}
    					]
    				});
    
    				//Get
    				var colSettings = $(".selector").igGridResponsive("option", "columnSettings");
    			 
    • classes

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      ""

      要素の表示/非表示を決定する定義済みクラスのリスト。

      コード サンプル

       
      						//Initialize
      						$(".selector").igGrid({
      							features : [
      								{
      									name : "Responsive",
      									columnSettings : [
      										{
      											columnIndex: 0,
      											classes: "ui-hidden-tablet"
      										}
      									]
      								}
      							]
      						});
      					 
    • columnIndex

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      null

      列インデックス。列キーの代わりに使用できます。列設定の生成には列を常に識別子として使用することを推奨します。

      コード サンプル

       
      						//Initialize
      						$(".selector").igGrid({
      							features : [
      								{
      									name : "Responsive",
      									columnSettings : [
      										{
      											columnIndex: 0,
      											classes: "ui-hidden-tablet"
      										}
      									]
      								}
      							]
      						});
      					 
    • columnKey

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      列キー。これは、columnIndex が設定されていない場合に各列設定で必要なプロパティです。

      コード サンプル

       
      						//Initialize
      						$(".selector").igGrid({
      							features : [
      								{
      									name : "Responsive",
      									columnSettings : [
      										{
      											columnKey: "ProductId",
      											classes: "ui-hidden-tablet"
      										}
      									]
      								}
      							]
      						});
      					 
    • configuration

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      レスポンシブな機能で使用する構成オブジェクト。ウィジェットの responsiveModes オブジェクトで定義されたキーを使用します。このプロパティが設定されている場合、クラスのプロパティを使用しません。

      コード サンプル

       
      						//Initialize
      						$(".selector").igGrid({
      							features : [
      								{
      									name : "Responsive",
      									columnSettings : [
      										{
      											columnKey: "ProductDescription",
      											configuration: {
      												phone: {
      													hidden: true
      												},
      												tablet: {
      													template: "<span style='color:green;'>${ProductDescription}</span>"
      												}
      											}
      										}
      									]
      								}
      							]
      						});
      					 
  • enableVerticalRendering

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    グリッドのレスポンシブ垂直レンダリングを有効または無効にします。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    							enableVerticalRendering : false
    						}
    					]
    				});
    
    				//Get
    				var enableVerticalRendering = $(".selector").igGridResponsive("option", "enableVerticalRendering");
    			 
  • forceResponsiveGridWidth

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    このオプションが true に設定されている場合、ウィジェットはグリッドの幅が常に 100% になるようにします。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    							forceResponsiveGridWidth : true
    						}
    					]
    				});
    
    				//Get
    				var text = $(".selector").igGridResponsive("option", "forceResponsiveGridWidth");
    			 
  • inherit

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    子レイアウトで機能継承を有効または無効にします。注: igHierarchicalGrid のみに適用します。

  • propertiesColumnWidth

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    50%

    垂直レンダリングが有効な場合のプロパティ列の幅。

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • (%) 文字列としての幅。
    • number
    • タイプ:number
    • パーセンテージで数としての幅。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    							propertiesColumnWidth : "30%"
    						}
    					]
    				});
    				//Get
    				var propertiesColumnWidth = $(".selector").igGridResponsive("option", "propertiesColumnWidth");
    			 
  • reactOnContainerWidthChanges

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    このオプションが true に設定されている場合、igGrid コントロールに igResponsiveContainer ウィジェットが追加され、コンテナーの幅が変更されると機能が通知を受けることになります。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    							reactOnContainerWidthChanges : true
    						}
    					]
    				});
    
    				//Get
    				var text = $(".selector").igGridResponsive("option", "reactOnContainerWidthChanges");
    
    				//Set
    				$(".selector").igGridResponsive("option", "reactOnContainerWidthChanges", true);
    			 
  • responsiveModes

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    認識された環境のタイプと構成。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    							responsiveModes : {
    								phone: "infragistics",
    								tablet: "infragistics",
    								desktop: "infragistics"
    							}
    						}
    					]
    				});
    
    				//Get
    				var text = $(".selector").igGridResponsive("option", "responsiveModes");
    
    				//Set
    				var responsiveModes = {
    					phone: "infragistics",
    					tablet: "infragistics",
    					desktop: "infragistics"
    				};
    
    				$(".selector").igGridResponsive("option", "responsiveModes", responsiveModes);
    			 
  • responsiveSensitivity

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    20

    グリッドが応答できるようにウィンドウのサイズを変更するために必要なピクセル数。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    							responsiveSensitivity : 20
    						}
    					]
    				});
    
    				//Get
    				var text = $(".selector").igGridResponsive("option", "responsiveSensitivity");
    			 
  • singleColumnTemplate

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    モードによって list-view スタイルのレイアウトでレコードを描画するためのテンプレートを指定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    								singleColumnTemplate: {
    							phone:
    							"<div class='right' style='float: left; font-size: 1.1em;'>" +
    							"<span>Name:&nbsp;</span><span>${Name}</span><br/>" +
    							"<span>Phone:&nbsp;</span><span><a href='${PhoneUrl}'>${Phone}</a></span><br/>" +
    							"<span>HireDate:&nbsp;</span><span>${HireDate}</span><br/>" +
    							"</div>"
    							,
    
    							tablet:
    								"<div class='right' style='float: left; font-size: 1.1em;'>" +
    								"<span>Name:&nbsp;</span><span>${Name}</span><br/>" +
    								"<span>Phone:&nbsp;</span><span><a href='${PhoneUrl}'>${Phone}</a></span><br/>" +
    								"<span>HireDate:&nbsp;</span><span>${HireDate}</span><br/>" +
    								"</div>"
    							}
    						}
    					]
    				});
    
    				//Get
    				$(".selector").igGridResponsive("option", "singleColumnTemplate")
    			 
  • valuesColumnWidth

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    50%

    垂直レンダリングが有効な場合の値列の幅。

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • (%) 文字列としての幅。
    • number
    • タイプ:number
    • パーセンテージで数としての幅。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    							valuesColumnWidth: "60%"
    						}
    					]
    				});
    				//Get
    				var valuesColumnWidth = $(".selector").igGridResponsive("option", "valuesColumnWidth");
    			 
  • windowWidthToRenderVertically

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    グリッドが垂直方向にコンテンツを描画することを実行するウィンドウの幅。

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • (px) 文字列としての幅。
    • number
    • タイプ:number
    • 数としての幅。
    • null
    • タイプ:object
    • グリッドは、このモードを自動的に描画するかどうかを決定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features : [
    						{
    							name : "Responsive",
    							windowWidthToRenderVertically: "60%"
    						}
    					]
    				});
    				//Get
    				var windowWidthToRenderVertically = $(".selector").igGridResponsive("option", "windowWidthToRenderVertically");
    			 

Ignite UI コントロール イベントの詳細については、
Ignite UI でイベントを使用するを参照してください。

注: API メソッドの呼び出しは、API ヘルプに特に記述がない限り、操作に関連するイベントはプログラムによって発生されません。これらのイベントは各ユーザー操作によってのみ呼び出されます。

詳細の表示
  • responsiveColumnHidden

    キャンセル可能:
    false

    列のコレクションに対して実行される非表示操作の後に発生するイベント。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          igGridResponsive ウィジェットへの参照を取得します。

        • owner.grid
          タイプ: Object

          igGrid ウィジェットへの参照を取得します。

        • columnIndex
          タイプ: Number

          非表示の列インデックスを取得します。列のキーは数字の場合のみに値があります。

        • columnKey
          タイプ: String

          非表示の列キーを取得します。列のキーは文字列の場合のみに値があります。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("iggridresponsiveresponsivecolumnhidden", ".selector", function (evt, ui) {
    					//return reference to igGridResponsive object
    					ui.owner;
    					//return reference igGrid object
    					ui.owner.grid;
    					//return column key
    					ui.columnKey;
    					//return column index
    					ui.columnIndex;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features: [{
    						name: "Responsive",
    						responsiveColumnHidden: function (evt, ui) {...}
    					}]
    				});
    			 
  • responsiveColumnHiding

    キャンセル可能:
    true

    列のコレクションに対して実行される非表示操作の前に発生するイベント。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          igGridResponsive ウィジェットへの参照を取得します。

        • owner.grid
          タイプ: Object

          igGrid ウィジェットへの参照を取得します。

        • columnIndex
          タイプ: Number

          非表示の列インデックスを取得します。列のキーは数字の場合のみに値があります。

        • columnKey
          タイプ: String

          非表示の列キーを取得します。列のキーは文字列の場合のみに値があります。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("iggridresponsiveresponsivecolumnhiding", ".selector", function (evt, ui) {
    					//return reference to igGridResponsive object
    					ui.owner;
    					//return reference igGrid object
    					ui.owner.grid;
    					//return column key
    					ui.columnKey;
    					//return column index
    					ui.columnIndex;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features: [{
    						name: "Responsive",
    						responsiveColumnHiding: function (evt, ui) {...}
    					}]
    				});
    			 
  • responsiveColumnShowing

    キャンセル可能:
    true

    列のコレクションに対して実行される表示操作の前に発生するイベント。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          igGridResponsive ウィジェットへの参照を取得します。

        • owner.grid
          タイプ: Object

          igGrid ウィジェットへの参照を取得します。

        • columnIndex
          タイプ: Number

          表示されている列インデックスを取得します。列のキーは数字の場合のみに値があります

        • columnKey
          タイプ: String

          表示されている列キーを取得します。列のキーは文字列の場合のみに値があります。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("iggridresponsiveresponsivecolumnshowing", ".selector", function (evt, ui) {
    					//return reference to igGridResponsive object
    					ui.owner;
    					//return reference igGrid object
    					ui.owner.grid;
    					//return column key
    					ui.columnKey;
    					//return column index
    					ui.columnIndex;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features: [{
    						name: "Responsive",
    						responsiveColumnShowing: function (evt, ui) {...}
    					}]
    				});
    			 
  • responsiveColumnShown

    キャンセル可能:
    false

    列のコレクションに対して実行される表示操作の後に発生するイベント。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          igGridResponsive ウィジェットへの参照を取得します。

        • owner.grid
          タイプ: Object

          igGrid ウィジェットへの参照を取得します。

        • columnIndex
          タイプ: Number

          表示されている列インデックスを取得します。列のキーは数字の場合のみに値があります。

        • columnKey
          タイプ: String

          表示されている列キーを取得します。列のキーは文字列の場合のみに値があります。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("iggridresponsiveresponsivecolumnshown", ".selector", function (evt, ui) {
    					//return reference to igGridResponsive object
    					ui.owner;
    					//return reference igGrid object
    					ui.owner.grid;
    					//return column key
    					ui.columnKey;
    					//return column index
    					ui.columnIndex;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features: [{
    						name: "Responsive",
    						responsiveColumnShown: function (evt, ui) {...}
    					}]
    				});
    			 
  • responsiveModeChanged

    キャンセル可能:
    false

    ウィジェットが環境の変化を検出するときに発生するイベント。

    • evt
      タイプ: Event

      jQuery イベント オブジェクト。

    • ui
      タイプ: Object

        • owner
          タイプ: Object

          igGridResponsive ウィジェットへの参照を取得します。

        • owner.grid
          タイプ: Object

          igGrid ウィジェットへの参照を取得します。

        • previousMode
          タイプ: String

          過去に採用されたモードを取得します。

        • mode
          タイプ: String

          新しく採用されたモードを取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("iggridresponsiveresponsivemodechanged", ".selector", function (evt, ui) {
    					//return reference to igGridResponsive object
    					ui.owner;
    					//return reference igGrid object
    					ui.owner.grid;
    					//return the previous responsive mode
    					ui.previousMode;
    					//return the current responsive mode
    					ui.mode;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igGrid({
    					features: [{
    						name: "Responsive",
    						responsiveModeChanged: function (evt, ui) {...}
    					}]
    				});
    			 
  • destroy

    .igGridResponsive( "destroy" );

    レスポンシブ ウィジェットを破棄します。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igGridResponsive("destroy");
    			 
  • getCurrentResponsiveMode

    .igGridResponsive( "getCurrentResponsiveMode" );

    現在アクティブなレスポンシブ モードを返します。

    コード サンプル

     
    				var mode = $(".selector").igGridResponsive("getCurrentResponsiveMode");
    			 
  • ui-iggrid-responsive-vertical

    垂直描画が有効な場合、グリッド テーブルに適用されるクラス。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.