ui.igPivotView

ui.igPivotView_image
igPivotView は 2 つのパネルを含むコントロールです。ピボット グリッドおよびデータ セレクターを結合し、スプリッターによって分割されています。ビューは 3 つのコンポーネントを結合します: igPivotGrid、igPivotDataSelector、および igSplitter。ピボット グリッドに多次元 (OLAP データ) を処理するためのコントロールです。

コード サンプル

 
<!doctype html>
<html>
<head>
    <!-- Infragistics Combined CSS -->
    <link href="css/themes/infragistics/infragistics.theme.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <link href="css/structure/infragistics.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <!-- jQuery Core -->
    <script src="js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- jQuery UI -->
    <script src="js/jquery-ui.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- Infragistics Combined Scripts -->
    <script src="js/infragistics.core.js" type="text/javascript"></script>
    <script src="js/infragistics.lob.js" type="text/javascript"></script>
    <script type="text/javascript">
        var data =
                [{ "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 12.81, "SellerName": "Stanley Brooker", "Country": "Bulgaria", "City": "Plovdiv", "Date": "01/01/2012", "UnitsSold": 282 },
                { "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 49.57, "SellerName": "Elisa Longbottom", "Country": "US", "City": "New York", "Date": "01/05/2013", "UnitsSold": 296 },
                { "ProductCategory": "Bikes", "UnitPrice": 3.56, "SellerName": "Lydia Burson", "Country": "Uruguay", "City": "Ciudad de la Costa", "Date": "01/06/2011", "UnitsSold": 68 },
                { "ProductCategory": "Accessories", "UnitPrice": 85.58, "SellerName": "David Haley", "Country": "UK", "City": "London", "Date": "04/07/2012", "UnitsSold": 293 },
                { "ProductCategory": "Components", "UnitPrice": 18.13, "SellerName": "John Smith", "Country": "Japan", "City": "Yokohama", "Date": "12/08/2012", "UnitsSold": 240 },
                { "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 68.33, "SellerName": "Larry Lieb", "Country": "Uruguay", "City": "Ciudad de la Costa", "Date": "05/12/2011", "UnitsSold": 456 },
                { "ProductCategory": "Components", "UnitPrice": 16.05, "SellerName": "Walter Pang", "Country": "Bulgaria", "City": "Sofia", "Date": "02/19/2013", "UnitsSold": 492 }];

        $(function () {
            $('#pivotView').igPivotView({
                dataSourceOptions: {
                    flatDataOptions:
                        {
                            dataSource: data,
                            metadata: {
                                cube: {
                                    name: "Sales",
                                    caption: "Sales",
                                    measuresDimension: {
                                        caption: "Measures",
                                        measures: [ //for each measure, name and aggregator are required
                                            {
                                                caption: "Units Sold", name: "UnitsSold",
                                                // returns a function that will be used as sum aggregatro on the 'UnitsSold property' of the data objects
                                                aggregator: $.ig.OlapUtilities.prototype.sumAggregator('UnitsSold')
                                            }]
                                    },
                                    dimensions: [ // for each dimension name and hierarchies are required
                                        {
                                            caption: "Seller", name: "Seller", hierarchies: [{
                                                caption: "Seller", name: "Seller", levels: [
                                                    {
                                                        name: "AllSellers", caption: "All Sellers",
                                                        memberProvider: function (item) { return "All Sellers"; }
                                                    },
                                                    {
                                                        name: "SellerName", caption: "Seller",
                                                        memberProvider: function (item) { return item.SellerName; }
                                                    }]
                                            }]
                                        },
                                        {
                                            caption: "Date", name: "Date", /*displayFolder: "Folder1\\Folder2",*/ hierarchies: [
                                                $.ig.OlapUtilities.prototype.getDateHierarchy(
                                                    "Date", // the source property name
                                                    ["year", "quarter", "month", "date"], // the date parts for which levels will be generated (optional)
                                                    "Dates", // The name for the hierarchy (optional)
                                                    "Date", // The caption for the hierarchy (optional)
                                                    ["Year", "Quarter", "Month", "Day"], // the captions for the levels (optional)
                                                    "All Periods") // the root level caption (optional)
                                            ]
                                        }
                                    ]
                                }
                            }
                        },
                    // Preload hiearhies for the rows, columns, filters and measures
                    rows: "[Date].[Dates]",
                    columns: "[Seller].[Seller]",
                    measures: "[Measures].[UnitsSold]"
                }
            });
        });
    </script>
</head>
<body>
    <div id="pivotView"></div>
</body>
</html>
    

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery-1.9.1.js
jquery.ui.core.js
jquery.ui.widget.js
jquery.ui.mouse.js
jquery.ui.draggable.js
jquery.ui.droppable.js
infragistics.util.js
infragistics.util.jquery.js
infragistics.ui.widget.js
infragistics.datasource.js
infragistics.olapxmladatasource.js
infragistics.olapflatdatasource.js
infragistics.ui.shared.js
infragistics.ui.scroll.js
infragistics.ui.splitter.js
infragistics.ui.tree.js
infragistics.ui.grid.framework.js
infragistics.ui.grid.multicolumnheaders.js
infragistics.ui.pivot.shared.js
infragistics.ui.pivotdataselector.js
infragistics.ui.pivotgrid.js

継承

  • dataSelectorOptions

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    igPivotDataSelector ウィジェットに割り当てられる構成設定。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$(".selector").igPivotView({
    					dataSelectorOptions : {
    						customMoveValidation: function(location, itemType, uniqueName) {
    							// disable moving of any element to the columns
    							if (location == 'columns') {
    								return false;
    							}
    							// if the current item is a hierarchy containing the word "Seller" in its uniqueName, disable the move
    							if (itemType == 'Hierarchy'
    								&& uniqueName.indexOf("Seller") !== -1) {
    								return false;
    							}
    
    							// in all other cases allow the move
    							return true;
    						},
    						dragAndDropSettings : {
    							appendTo : $("element"),
    							containment : true,
    							zIndex : 10
    						}
    					}
    				});
    
    				//Get
    				$(".selector").igPivotView("option", "dataSelectorOptions");
    
    				//Set
    				$(".selector").igPivotView("option", "dataSelectorOptions", options);
    			 
    • customMoveValidation

      タイプ:
      function
      デフォルト:
      null

      項目をデータ セレクターの領域に移動するかドロップするかどうかを決定するために呼び出される関数。
      paramType="string" 項目に移動する位置 - igPivotGrid、igPivotDataSelector、フィルター、行、列、またはメジャー。
      paramType="string" 項目のタイプ - Hierarchy、Measure、または MeasureList。
      paramType="string" 項目の一意の名前。
      returnType="bool" 項目が有効の場合、関数は True を返します。

    • dragAndDropSettings

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      igPivotDataSelector のドラッグ アンド ドロップ機能の設定。

      • appendTo

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        body

        ドラッグ操作でドラッグ可能なヘルパーに追加する要素。

      • containment

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        false

        ドラッグ ヘルパーのコンテナーを指定します。ドラッグ操作でスクロール可能なヘルパーに含まれる領域。

      • zIndex

        タイプ:
        number
        デフォルト:
        10

        ドラッグ ヘルパーの z-index を指定します。

    • dropDownParent

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      body

      ドロップダウンの親を指定します。

  • dataSelectorPanel

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    igPivotDataSelector を含むパネルの構成設定。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$(".selector").igPivotView({
    				dataSelectorPanel : {
    					collapsed : false,
    					collapsible : true,
    					location : "left",
    					resizable : false,
    					size : 250
    				}
    			});
    
    			//Get
    			$(".selector").igPivotView("option", "dataSelectorPanel");
    
    			//Set
    			$(".selector").igPivotView("option", "dataSelectorPanel", object);
    			 
    • collapsed

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      igPivotDataSelector を含むパネルが縮小として初期化するかどうかを決定します。

    • collapsible

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      true

      igPivotDataSelector を含むパネルが縮小可能かどうかを決定します。

    • location

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      right

      igPivotView ウィジェット内のデータ セレクター パネルの位置を決定します。

    • resizable

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      true

      igPivotDataSelector を含むパネルがサイズ変更可能かどうかを決定します。

    • size

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      250

      igPivotDataSelector パネルのサイズを決定します。推薦される値は 250px です。

      メンバー

      • string
      • タイプ:string
      • パネル サイズはピクセル (px) で設定できます。
      • number
      • タイプ:number
      • サイズは数値として設定できます。
      • null
      • タイプ:object
      • パネルを自動的にサイズを設定します。
  • dataSource

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    $.ig.OlapXmlaDataSource または $.ig.OlapFlatDataSource のインスタンス。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$(".selector").igPivotView({
    				dataSource : ds
    			});
    
    			//Get
    			var ds = $(".selector").igPivotView("option", "dataSource");
    
    			//Set
    			$(".selector").igPivotView("option", "dataSource", ds);
    			 
  • dataSourceOptions

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    $.ig.OlapXmlaDataSource または $.ig.OlapFlatDataSource のインスタンスを作成するオブジェクト。
    提供される値は xmlaOptions または flatDataOptions のデータ ソース タイプのための設定を含むオブジェクトを含む必要があります。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    	  $(".selector").igPivotView({
    			dataSourceOptions: {
    				flatDataOptions:
    					{
    						dataSource:
    						[{ "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 12.81, "SellerName": "Stanley Brooker", "Country": "Bulgaria", "City": "Plovdiv", "Date": "01/01/2012", "UnitsSold": 282 },
    						{ "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 49.57, "SellerName": "Elisa Longbottom", "Country": "US", "City": "New York", "Date": "01/05/2013", "UnitsSold": 296 },
    						{ "ProductCategory": "Bikes", "UnitPrice": 3.56, "SellerName": "Lydia Burson", "Country": "Uruguay", "City": "Ciudad de la Costa", "Date": "01/06/2011", "UnitsSold": 68 },
    						{ "ProductCategory": "Accessories", "UnitPrice": 85.58, "SellerName": "David Haley", "Country": "UK", "City": "London", "Date": "04/07/2012", "UnitsSold": 293 },
    						{ "ProductCategory": "Components", "UnitPrice": 18.13, "SellerName": "John Smith", "Country": "Japan", "City": "Yokohama", "Date": "12/08/2012", "UnitsSold": 240 },
    						{ "ProductCategory": "Clothing", "UnitPrice": 68.33, "SellerName": "Larry Lieb", "Country": "Uruguay", "City": "Ciudad de la Costa", "Date": "05/12/2011", "UnitsSold": 456 },
    						{ "ProductCategory": "Components", "UnitPrice": 16.05, "SellerName": "Walter Pang", "Country": "Bulgaria", "City": "Sofia", "Date": "02/19/2013", "UnitsSold": 492 }],
    						metadata: {
    							cube: {
    								name: "Sales",
    								caption: "Sales",
    								measuresDimension: {
    									caption: "Measures",
    									measures: [ //for each measure, name and aggregator are required
    										{ caption: "UnitsSold", name: "UnitsSold", aggregator: $.ig.OlapUtilities.prototype.sumAggregator('UnitsSold') }]
    								},
    								dimensions: [ // for each dimension name and hierarchies are required
    									{
    										caption: "Seller", name: "Seller", hierarchies: [{
    											caption: "Seller", name: "Seller", levels: [
    												{
    													name: "AllSellers", caption: "All Sellers",
    													memberProvider: function (item) { return "All Sellers"; }
    												},
    												{
    													name: "SellerName", caption: "Seller",
    													memberProvider: function (item) { return item.SellerName; }
    												}]
    										}]
    									},
    									{
    										caption: "Date", name: "Date", hierarchies: [
    											$.ig.OlapUtilities.prototype.getDateHierarchy(
    												"Date", // the source property name
    												["year", "quarter", "month", "date"], // the date parts for which levels will be generated (optional)
    												"Dates", // The name for the hierarchy (optional)
    												"Date", // The caption for the hierarchy (optional)
    												["Year", "Quarter", "Month", "Day"], // the captions for the levels (optional)
    												"AllPeriods") // the root level caption (optional)
    										]
    									}
    								]
    							}
    						}
    					},
    				// Preload hiearhies for the rows, columns, filters and measures
    				rows: "[Date].[Dates]",
    				columns: "[Seller].[Seller]",
    				measures: "[Measures].[UnitsSold]"
    			}
    		});
    
    		//Get
    		$(".selector").igPivotView("option", "dataSourceOptions");
    
    		//Set
    		$(".selector").igPivotView("option", "dataSourceOptions", dataOptions);
    			 
    • columns

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      コンマ (,) で区切られた階層名のリスト。データ ソースの列に階層ができます。

    • filters

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      コンマ (,) で区切られた階層名のリスト。データ ソースのフィルターに階層ができます。

    • flatDataOptions

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      $.ig.OlapFlatDataSource のインスタンスを作成するための設定。

      • dataSource

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        $.ig.DataSource が受け入れる有効なデータ ソース、または $.ig.DataSource 自体のインスタンスを指定します。

      • dataSourceType

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        データ ソースのタイプ ("json" など) を明示的に設定します。$.ig.DataSource とそのタイプ プロパティのドキュメントを参照してください。

      • dataSourceUrl

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        $.ig.DataSource からデータを要求するには、$.ig.DataSource により承諾されたリモート URL を指定します。

      • metadata

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        {}

        Optional="false" $.ig.DataSource データの処理命令を含むオブジェクト。

        • cube

          タイプ:
          object
          デフォルト:
          {}

          Optional="false" キューブの作成に使用されるメタデータ。

          • caption

            タイプ:
            string
            デフォルト:
            null

            キューブのキャプション。

          • dimensions

            タイプ:
            array
            デフォルト:
            []
            要素タイプ:
            object

            ディメンション メタデータ オブジェクトの配列。

            • caption

              タイプ:
              string
              デフォルト:
              null

              ディメンションのキャプション。

            • hierarchies

              タイプ:
              array
              デフォルト:
              []
              要素タイプ:
              object

              階層メタデータ オブジェクトの配列。

              • caption

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                階層のキャプション。

              • displayFolder

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                ユーザーインターフェイスで階層を表示する際に使用されるパス。
                入れ子になったフォルダーはバックスラッシュ (\) で示されます。
                フォルダー階層は親ディメンション ノードの下に表示されます。

              • levels

                タイプ:
                array
                デフォルト:
                []
                要素タイプ:
                object

                レベル メタデータ オブジェクトの配列。

                • caption

                  タイプ:
                  string
                  デフォルト:
                  null

                  レベルのキャプション。

                • memberProvider

                  タイプ:
                  function
                  デフォルト:
                  null

                  レベル メンバーが作成されたときに、データ ソース配列の各項目のために呼び出される関数。
                  項目パラメーターに基づいて、関数は $.ig.Member 名前とキャプションを形成する値を返します。

                • name

                  タイプ:
                  string
                  デフォルト:
                  null

                  Optional="false" レベルの名前。
                  以下のパターンを使用して形成するレベルの一意の名前。
                  {<hierarchy.uniqueName>}.[<levelMetadata.name>].

              • name

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                Optional="false" 階層の名前。
                以下のパターンを使用して形成する階層の一意の名前。
                [<parentDimension.name>].[<hierarchyMetadata.name>].

            • name

              タイプ:
              string
              デフォルト:
              null

              Optional="false" ディメンションの一意の名前。

          • measuresDimension

            タイプ:
            object
            デフォルト:
            {}

            メジャーのルート ノードについての情報を提供するオブジェクト。

            • caption

              タイプ:
              string
              デフォルト:
              null

              メジャー ディメンションのキャプション。
              デフォルト値は "Measures" です。

            • measures

              タイプ:
              array
              デフォルト:
              []
              要素タイプ:
              object

              メジャー メタデータ オブジェクトの配列。

              • aggregator

                タイプ:
                function
                デフォルト:
                null

                Optional="false" アグリゲーター関数は、各セルが評価されるときに呼び出されます。
                セルの値を返します。返された値が nul の場合、データ ソースの結果にセルは作成されません。

              • caption

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                メジャーのキャプション。

              • displayFolder

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                ユーザーインターフェイスで階層を表示する際に使用されるパス。入れ子になったフォルダーはバックスラッシュ (\) で示されます。

              • name

                タイプ:
                string
                デフォルト:
                null

                Optional="false" メジャーの一意の名前。

            • name

              タイプ:
              string
              デフォルト:
              null

              メジャー ディメンションの一意の名前。
              デフォルト値は "Measures" です。この名前は、以下のパターンを使用してディメンションの名前を作成するために使用されます。
              [<measuresDimensionMetadata.name>].[<measureMetadata.name>].

          • name

            タイプ:
            string
            デフォルト:
            null

            Optional="false" キューブの一意の名前。

      • responseDataKey

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        $.ig.DataSource を参照してください。
        応答がラップされる場合には、この文字列で指定したプロパティにデータ レコードが保持されることになります。
        null 値の Option は無視されます。

      • responseDataType

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        この文字列でデータ ソースのデータ型 (JSON など) を明示的に設定します。$.ig.DataSource とそのタイプ プロパティのドキュメントを参照してください。
        null 値の Option は無視されます。

    • measures

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      コンマ (,) で区切られたメジャー名のリスト。データ ソースのメジャーになります。

    • rows

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      コンマ (,) で区切られた階層名のリスト。データ ソースの行に階層ができます。

    • xmlaOptions

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      $.ig.OlapXmlaDataSource のインスタンスを作成するための設定。

      • catalog

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        カタログ名。

      • cube

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        データ ソース内のキューブの名前。

      • discoverProperties

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        追加のプロパティは各ディスカバー要求と送信されます。
        オブジェクトはキー/値ストアとして保存されます。各プロパティ名はキーで、プロパティ値は値です。

      • enableResultCache

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        true

        XMLA 結果オブジェクトのキャッシュを有効/無効にします。

      • executeProperties

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        null

        追加のプロパティは各実行要求と共に送信されます。
        オブジェクトはキー/値ストアとして保存されます。各プロパティ名はキーで、プロパティ値は値です。

      • mdxSettings

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        {}

        Optional="true" XMLA サーバーへの要求を処理する方法についての情報を含む javascript オブジェクト。

        • addCalculatedMembersOnColumns

          タイプ:
          bool
          デフォルト:
          true

          Optional="true" COLUMNS 軸に対するメンバーのセットの式を AddCalculatedMembers MDX メソッドでラップするどうかを示す値。デフォルト値は true です。

        • addCalculatedMembersOnRows

          タイプ:
          bool
          デフォルト:
          true

          Optional="true" ROWS 軸に対するメンバーのセットの式を AddCalculatedMembers MDX メソッドでラップするどうかを示す値。デフォルト値は true です。

        • dimensionPropertiesOnColumns

          タイプ:
          array
          デフォルト:
          []
          要素タイプ:
          object

          Optional="true" COLUMNS 軸に適用される非コンテキスト機密メンバー プロパティの名前を持つ文字列配列。デフォルトでは、CHILDREN_CARDINALITY および PARENT_UNIQUE_NAME プロパティは常に次元プロパティに適用されます。

        • dimensionPropertiesOnRows

          タイプ:
          array
          デフォルト:
          []
          要素タイプ:
          object

          Optional="true" ROWS 軸に適用される非コンテキスト機密メンバー プロパティの名前を持つ文字列配列。デフォルトでは、CHILDREN_CARDINALITY および PARENT_UNIQUE_NAME プロパティは常に次元プロパティに適用されます。

        • nonEmptyOnColumns

          タイプ:
          bool
          デフォルト:
          true

          Optional="true" NON EMPTY 句が COLUMNS 軸にあるかどうかを示す値。デフォルト値は true です。

        • nonEmptyOnRows

          タイプ:
          bool
          デフォルト:
          true

          Optional="true" NON EMPTY 句が ROWS 軸にあるかどうかを示す値。デフォルト値は true です。

      • measureGroup

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        データ ソース内のメジャー グループの名前。

      • requestOptions

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        {}

        XMLA サーバーへの要求を処理する方法についての情報を含むオブジェクト。

        • beforeSend

          タイプ:
          function
          デフォルト:
          null

          サーバーに要求が送信される直前に呼び出されるコールバック。jQuery.ajax の options オブジェクトの beforeSend コールバックを拡張します。

        • withCredentials

          タイプ:
          bool
          デフォルト:
          false

          ユーザー エージェントによってサポートされる場合、値は XmlHttpRequest.withCredentials に適用されます。
          このプロパティを true に設定すると、IE8/IE9 が、XDomainRequest ではなく XmlHttpRequest を使用して認証済みの同一発信元要求を信頼されるドメインに対して実行できるように、
          ユーザーに資格情報を入力するよう求めるプロンプトを出します。

      • serverUrl

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        Optional="false" XMLA サーバーの URL。

  • height

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • ウィジェットの高さはピクセル (px) およびパーセント (%) で設定できます (%)。
    • number
    • タイプ:number
    • 幅の高さは数値 (25) として設定できます。
    • null
    • タイプ:object
    • 他の高さが定義されない場合、親に合わせるために拡大します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotView({
    					height : "640px"
    				});
    				//Get
    				var height = $(".selector").igPivotView("option", "height");
    				//Set
    				$(".selector").igPivotView("option", "height", 640);
    				 
  • language
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "en"

    ウィジェットのロケール言語設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igPivotView({
    					language: "ja"
    				});
    
    				// Get
    				var language = $(".selector").igPivotView("option", "language");
    
    				// Set
    				$(".selector").igPivotView("option", "language", "ja");
    			 
  • locale
    継承

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ウィジェットのロケール設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igPivotView({
    					locale: {}
    				});
    
    				// Get
    				var locale = $(".selector").igPivotView("option", "locale");
    
    				// Set
    				$(".selector").igPivotView("option", "locale", {});
    			 
  • pivotGridOptions

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    igPivotGrid ウィジェットに割り当てられる構成設定。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$(".selector").igPivotView({
    					pivotGridOptions : {
    						allowHeaderColumnsSorting : true,
    						allowHeaderRowsSorting : true,
    						allowSorting: true,
    						compactColumnHeaderIndentation: 20,
    						compactColumnHeaders : true,
    						compactRowHeaderIndentation : 30,
    						compactRowHeaders : true,
    						customMoveValidation: function(location, itemType, uniqueName) {
    							// disable moving of any element to the columns
    							if (location == 'columns') {
    								return false;
    							}
    							// if the current item is a hierarchy containing the word "Seller" in its uniqueName, disable the move
    							if (itemType == 'Hierarchy'
    								&& uniqueName.indexOf("Seller") !== -1) {
    								return false;
    							}
    
    							// in all other cases allow the move
    							return true;
    						},
    						defaultRowHeaderWidth : 180,
    						disableColumnsDropArea : false,
    						disableFiltersDropArea : false,
    						disableMeasuresDropArea : false,
    						disableRowsDropArea : false,
    						dragAndDropSettings : {
    							appendTo : $("element"),
    							containment : true,
    							zIndex : 10
    						},
    						firstLevelSortDirection : "descending",
    						firstSortDirection : "descending",
    						gridOptions: {
    							alternateRowStyles: true,
    							caption: "My pivot grid",
    							defaultColumnWidth: 150,
    							enableHoverStyles: true
    						},
    						hideColumnsDropArea : false,
    						hideFiltersDropArea : false,
    						hideMeasuresDropArea : false,
    						hideRowsDropArea : false,
    						isParentInFrontForColumns : true,
    						isParentInFrontForRows : true,
    						levelSortDirections : [
    							{ levelUniqueName: "[Date].[Dates].[year]", sortDirection: "descending" },
    							{ levelUniqueName: "[Product].[Product].[ProductCategory]" }
    						]
    					}
    				});
    
    				//Get
    				$(".selector").igPivotView("option", "pivotGridOptions");
    
    				//Set
    				$(".selector").igPivotView("option", "pivotGridOptions", options);
    			 
    • allowHeaderColumnsSorting

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      列にヘッダー セルの並べ替えを有効にします。

    • allowHeaderRowsSorting

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      行にヘッダー セルの並べ替えを有効にします。

    • allowSorting

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      列に値セルの並べ替えを有効にします。

    • compactColumnHeaderIndentation

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      30

      compactColumnHeaders が true に設定される場合、各のレベル列のインデント。

    • compactColumnHeaders

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      列ヘッダーがコンパクト ヘッダー レイアウト (各階層が単一の行で表示されるレイアウト) で配置するかどうかを示すブール値。

    • compactRowHeaderIndentation

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      20

      rowHeadersLayout が 'compact' に設定される場合、各のレベル行のインデント。

    • customMoveValidation

      タイプ:
      function
      デフォルト:
      null

      項目をピボット グリッドの領域に移動するかドロップするかどうかを決定するために呼び出される関数。
      paramType="string" 項目に移動する位置 - igPivotGrid、igPivotDataSelector、フィルター、行、列、またはメジャー。
      paramType="string" 項目のタイプ - Hierarchy、Measure、または MeasureList。
      paramType="string" 項目の一意の名前。
      returnType="bool" 項目が有効の場合、関数は True を返します。

    • defaultRowHeaderWidth

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      200

      Type="number" 行ヘッダーの幅を指定します。

    • disableColumnsDropArea

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      列のドロップ領域のドラッグ アンド ドロップ、フィルタリング、および項目の削除を無効にします。

    • disableFiltersDropArea

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      フィルターのドロップ領域のドラッグ アンド ドロップ、フィルタリング、および項目の削除を無効にします。

    • disableMeasuresDropArea

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      メジャーのドロップ領域のドラッグ アンド ドロップ、フィルタリング、および項目の削除を無効にします。

    • disableRowsDropArea

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      行のドロップ領域のドラッグ アンド ドロップ、フィルタリング、および項目の削除を無効にします。

    • dragAndDropSettings

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      igPivotDataSelector のドラッグ アンド ドロップ機能の設定。

      • appendTo

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        body

        ドラッグ操作でドラッグ可能なヘルパーに追加する要素。

      • containment

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        false

        ドラッグ ヘルパーのコンテナーを指定します。ドラッグ操作でスクロール可能なヘルパーに含まれる領域。

      • zIndex

        タイプ:
        number
        デフォルト:
        10

        ドラッグ ヘルパーの z-index を指定します。

    • dropDownParent

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      body

      ドロップダウンの親を指定します。

    • firstLevelSortDirection

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      ascending

      levelSortDirections オプションの項目に並べ替え方向が指定されていない場合、レベルのデフォルトの並べ替え方向を指定します。

    • firstSortDirection

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      ascending

      行のデフォルトの並べ替え方向を指定します。

    • gridOptions

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      {}

      ピボット グリッド ビューを描画する igGrid のオプション。

      • alternateRowStyles

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        true

        交互行スタイル (奇数行と偶数行で異なるスタイルになる) のレンダリングを有効または無効にします。カスタムの jQuery テンプレートが設定されている場合、これは効果がなく、テンプレート コンテンツ内で行の CSS を手作業で調整する必要があることに注意してください。

      • caption

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        ピボット グリッド ヘッダーの上に表示されるキャプション テキスト。

      • defaultColumnWidth

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        null

        すべての列で設定されるデフォルトの列幅。

        メンバー

        • string
        • タイプ:string
        • デフォルトの列幅はピクセル (px) で設定できます。
        • number
        • タイプ:number
        • デフォルトの列幅は数字で設定できます。
      • enableHoverStyles

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        false

        マウスがレコードの上にある場合に ui-state-hover クラスの描画を有効/無効にするします。テンプレートされたコンテンツにホバー スタイル設定を適用しないなどのテンプレート シナリオに便利です。

      • features

        タイプ:
        object
        デフォルト:
        []

        グリッド機能定義のリスト。サポートされる機能はサイズ変更とツールチップです。各の機能は別のオプションを含みます。その機能にドキュメントされています。

      • fixedHeaders

        タイプ:
        bool
        デフォルト:
        true

        このオプションが True の場合、ヘッダーが固定されるので、グリッド データのみがスクロール可能です。

      • tabIndex

        タイプ:
        number
        デフォルト:
        0

        コンテナー要素に設定される初期 tabIndex 属性。

    • hideColumnsDropArea

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      列のドロップ領域を非表示にします。

    • hideFiltersDropArea

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      フィルターのドロップ領域を非表示にします。

    • hideMeasuresDropArea

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      メジャーのドロップ領域を非表示にします。

    • hideRowsDropArea

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      行のドロップ領域を非表示にします。

    • isParentInFrontForColumns

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      列の親が子の前にあるかどうかを示すブール値。
      True に設定される場合、クエリ セットはレベル中のメンバーをそのナチュラル オーダーに並べ替えます。子メンバーは親メンバーのすぐ後にあります。
      False に設定される場合、クエリ セットはレベル中のメンバーをそのポストナチュラル オーダーを使用して並べ替えます。言い換えれば、子メンバーはその親の前に並べ替えられます。

    • isParentInFrontForRows

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      true

      行の親が子の前にあるかどうかを示すブール値。
      True に設定される場合、クエリ セットはレベル中のメンバーをそのナチュラル オーダーに並べ替えます。子メンバーは親メンバーのすぐ後にあります。
      False に設定される場合、クエリ セットはレベル中のメンバーをそのポストナチュラル オーダーを使用して並べ替えます。言い換えれば、子メンバーはその親の前に並べ替えられます。

    • levelSortDirections

      タイプ:
      array
      デフォルト:
      []
      要素タイプ:
      object

      並べ替えたヘッダー セルを事前に定義するレベルの並べ替え方向項目の配列。

      • levelUniqueName

        タイプ:
        string
        デフォルト:
        null

        並べ替えるレベルの一意の名を指定します。

      • sortDirection

        タイプ:
        enumeration
        デフォルト:
        null

        optional="true" 並べ替え方向を指定します。方向が指定されていない場合、レベルの並べ替え方向は firstLevelSortDirection オプションに設定されます。

    • rowHeadersLayout

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      compact

      レイアウトで行ヘッダーを配置する方法を示す値。compact ヘッダー レイアウトの場合、各階層は単一の列にあります。

  • pivotGridPanel

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    igPivotGrid を含むパネルの構成設定。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$(".selector").igPivotView({
    				pivotGridPanel : {
    					collapsed : false,
    					collapsible : true,
    					resizable : false,
    					size : 250
    				}
    			});
    
    			//Get
    			$(".selector").igPivotView("option", "pivotGridPanel");
    
    			//Set
    			$(".selector").igPivotView("option", "pivotGridPanel", object);
    			 
    • collapsed

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      igPivotGrid を含むパネルが縮小として初期化するかどうかを決定します。

    • collapsible

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      igPivotGrid を含むパネルが縮小可能かどうかを決定します。

    • resizable

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      true

      igPivotGrid を含むパネルがサイズ変更可能かどうかを決定します。

    • size

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      null

      igPivotGrid パネルのサイズを決定します。

      メンバー

      • string
      • タイプ:string
      • パネル サイズはピクセル (px) で設定できます。
      • number
      • タイプ:number
      • サイズは数値として設定できます。
      • null
      • タイプ:object
      • パネルを自動的にサイズを設定します。
  • regional
    継承

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    en-US

    ウィジェットの領域設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotView({
    					regional: "ja"
    				});
    				// Get
    				var regional = $(".selector").igPivotView("option", "regional");
    				// Set
    				$(".selector").igPivotView("option", "regional", "ja");
    			 
  • width

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • ウィジェットの幅はピクセル (px) およびパーセント (%) で設定できます (%)。
    • number
    • タイプ:number
    • ウィジェット幅は数値として設定できます。
    • null
    • タイプ:object
    • 他の幅が定義されていない場合、親に合わせて引き伸ばされます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igPivotView({
    					width : "700px"
    				});
    				//Get
    				$(".selector").igPivotView("option", "width");
    				//Set
    				$(".selector").igPivotView("option", "width", 700);
    				 
このコントロールにイベントはありません。
  • changeGlobalLanguage
    継承

    .igPivotView( "changeGlobalLanguage" );

    ウィジェットの言語をグローバルの言語に変更します。グローバルの言語は $.ig.util.language の値です。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igPivotView("changeGlobalLanguage");
    			 
  • changeGlobalRegional
    継承

    .igPivotView( "changeGlobalRegional" );

    ウィジェットの地域設定をグローバルの地域設定に変更します。グローバルの地域設定は $.ig.util.regional にあります。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igPivotView("changeGlobalRegional");
    			 
  • changeLocale
    継承

    .igPivotView( "changeLocale", $container:object );

    指定したコンテナーに含まれるすべてのロケールを options.language で指定した言語に変更します。
    注: このメソッドは珍しいシナリオのみで使用されます。language または locale オプションのセッターを参照してください。

    • $container
    • タイプ:object
    • オプションのパラメーター: 設定しない場合、ウィジェットの要素を $container として使用します。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igPivotView("changeLocale");
    			 
  • dataSelector

    .igPivotView( "dataSelector" );
    返却型:
    object

    ピボット ビューの igPivotDataSelector インスタンスを返します。

    コード サンプル

     
    			var dataSelector = $(".selector").igPivotView("dataSelector");
    			 
  • destroy

    .igPivotView( "destroy" );

    破棄は jQuery UI ウィジェット API の一部であり、以下を行います。
    1.追加されたカスタム CSS クラスを削除します。
    2.スクロール div または他のコンテナーなどのラッピング要素をアンラップします。
    3.バインドされたイベントを解除します。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igPivotView("destroy");
    				 
  • pivotGrid

    .igPivotView( "pivotGrid" );
    返却型:
    object

    ピボット ビューの igPivotGrid インスタンスを返します。

    コード サンプル

     
    			var pivotGrid = $(".selector").igPivotView("pivotGrid");
    			 
  • splitter

    .igPivotView( "splitter" );
    返却型:
    object

    ピボット グリッドおよびデータ セレクターを分割するために使用される igSplitter インスタンスを返します。

    コード サンプル

     
    			var splitter = $(".selector").igPivotView("splitter");
    			 
このコントロールに css クラスはありません。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.