ig.excel.WorksheetRegion

ワークシートのセルの長方形領域を表します。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • ig.excel.WorksheetRegion
    コンストラクター

    new $.ig.excel.WorksheetRegion( worksheet:ig.excel.Worksheet, firstRow:number, firstColumn:number, lastRow:number, lastColumn:number );

    WorksheetRegion クラスの新しいインスタンスを初期化します。

    • worksheet
    • タイプ:ig.excel.Worksheet
    • 領域が置かれるワークシート。
    • firstRow
    • タイプ:number
    • 領域の最初の行のインデックス。
    • firstColumn
    • タイプ:number
    • 領域の最初の列のインデックス。
    • lastRow
    • タイプ:number
    • 領域の最後の行のインデックス。
    • lastColumn
    • タイプ:number
    • 領域の最後の列のインデックス。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException ワークシートは null です。
    ig.InvalidOperationException firstRow が lastRow より大きいか、firstColumn が lastColumn より大きいです。
    ig.ArgumentOutOfRangeException 指定された行または列インデックスは、有効な行または列領域の外にあります。
  • applyArrayFormula

    .applyArrayFormula( value:string );

    配列数式をセルの領域に適用します。

    • value
    • タイプ:string
    • 解析および領域に適用するための配列数式。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException 値は null または空です。
    ig.excel.FormulaParseException 値は有効な数式ではありません。
    ig.InvalidOperationException この領域は、配列数式または領域の外に広がるデータ テーブルを含みます。

    備考

    値は、領域が属する WorkbookCellReferenceMode に基づいて解析されます。領域の WorksheetRegion.worksheet が親コレクションから削除された場合、A1 CellReferenceMode は数式を解析するために使用されます。

    関連項目

  • applyFormula

    .applyFormula( value:string );

    数式をセルの領域に適用します。

    • value
    • タイプ:string
    • 解析および領域に適用するための数式。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentNullException 値は null または空です。
    ig.excel.FormulaParseException 値は有効な数式ではありません。
    ig.InvalidOperationException この領域は、配列数式または領域の外に広がるデータ テーブルを含みます。

    備考

    値は、領域が属する WorkbookCellReferenceMode に基づいて解析されます。領域の WorksheetRegion.worksheet が親コレクションから削除された場合、A1 CellReferenceMode は数式を解析するために使用されます。

    関連項目

  • equals

    .equals( obj:object );

    指定した値がこの WorksheetRegion 値と等しいであるかどうかを決定します。

    • obj
    • タイプ:object
    • 等価をテストするための値。
  • firstColumn

    .firstColumn( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    領域の最初の列のインデックス。

    領域の最初の列のインデックスを取得します。

  • firstRow

    .firstRow( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    領域の最初の行のインデックス。

    領域の最初の行のインデックスを取得します。

  • formatAsTable

    .formatAsTable( tableHasHeaders:boolean );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetTable
    返却型の説明:
    作成された WorksheetTable は、この領域の書式設定付きテーブルを表します。

    領域をテーブルとして書式設定し、関連付けられた WorksheetTableWorksheet.tables コレクションに追加します。

    • tableHasHeaders
    • タイプ:boolean
    • この領域の一番上の行にテーブルのヘッダーが含まれているかどうかを示す値です。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException この領域には、別の WorksheetTable のセルが 1 つ以上含まれています。
    ig.InvalidOperationException この領域には、別の WorksheetTable のセルが 1 つ以上含まれています。
    ig.InvalidOperationException この領域には、別の WorksheetTable のセルが 1 つ以上含まれています。

    備考

    このテーブルを作成すると、Workbook.defaultTableStyle の値に適用されます。

    tableHasHeaders が True である場合、このテーブルを作成すると、列名はヘッダー行のセルから取り込まれます。False の場合、列名が生成されてヘッダー行のセルがワークシートに挿入されます。

    列の名前は、親 WorksheetTable 内における一意の名前です。テーブルの作成時に同名の列が 2 つ以上存在する場合、各列を一意に識別できるように 2 番目以降の重複列名の末尾に番号が振られていきます。ヘッダー行のセルのなかに文字列以外の値を持つものがある場合、その値は文字列 (そのセルの現在の表示テキスト) に変換されます。ヘッダー行のセルに値を持たないものがある場合、それらのセルには生成された列名が与えられます。

    この領域に収めきれない結合セル領域がある場合、そうしたセル領域はワークシートから除外され、結合領域のセルがすべて収まるようにテーブル領域が拡張されます。

  • formatAsTable

    .formatAsTable( tableHasHeaders:boolean, tableStyle:ig.excel.WorksheetTableStyle );
    返却型:
    ig.excel.WorksheetTable
    返却型の説明:
    作成された WorksheetTable は、この領域の書式設定付きテーブルを表します。

    領域をテーブルとして書式設定し、関連付けられた WorksheetTableWorksheet.tables コレクションに追加します。

    • tableHasHeaders
    • タイプ:boolean
    • この領域の一番上の行にテーブルのヘッダーが含まれているかどうかを示す値です。
    • tableStyle
    • タイプ:ig.excel.WorksheetTableStyle
    • このテーブルに適用する WorksheetTableStyle、または Workbook.defaultTableStyle を使用する場合は null 値になります。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定した tableStyle が、Workbook.customTableStyles または Workbook.standardTableStyles コレクションに存在しません。
    ig.InvalidOperationException この領域には、別の WorksheetTable のセルが 1 つ以上含まれています。
    ig.InvalidOperationException この領域には、別の WorksheetTable のセルが 1 つ以上含まれています。
    ig.InvalidOperationException この領域には、別の WorksheetTable のセルが 1 つ以上含まれています。

    備考

    このテーブルを作成すると、Workbook.defaultTableStyle の値に適用されます。

    tableHasHeaders が True である場合、このテーブルを作成すると、列名はヘッダー行のセルから取り込まれます。False の場合、列名が生成されてヘッダー行のセルがワークシートに挿入されます。

    列の名前は、親 WorksheetTable 内における一意の名前です。テーブルの作成時に同名の列が 2 つ以上存在する場合、各列を一意に識別できるように 2 番目以降の重複列名の末尾に番号が振られていきます。ヘッダー行のセルのなかに文字列以外の値を持つものがある場合、その値は文字列 (そのセルの現在の表示テキスト) に変換されます。ヘッダー行のセルに値を持たないものがある場合、それらのセルには生成された列名が与えられます。

    この領域に収めきれない結合セル領域がある場合、そうしたセル領域はワークシートから除外され、結合領域のセルがすべて収まるようにテーブル領域が拡張されます。

  • getBoundsInTwips

    .getBoundsInTwips( );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    ワークシートの領域の境界。 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、'height'、'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。

    領域の境界をトゥイップで取得します(ポイントの 1/20)。

    備考

    このメソッドによって返される境界は、ワークシートの現在の構成に限って有効です。 領域の前の行または列のサイズが変更されると、これらの境界は領域の位置を反映しません。

  • getBoundsInTwips

    .getBoundsInTwips( options:ig.excel.PositioningOptions );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    ワークシートの領域の境界。 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、'height'、'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。

    領域の境界をトゥイップで取得します(ポイントの 1/20)。

    • options
    • タイプ:ig.excel.PositioningOptions
    • 領域の境界線を取得するときに使用するオプション。

    備考

    このメソッドによって返される境界は、ワークシートの現在の構成に限って有効です。 領域の前の行または列のサイズが変更されると、これらの境界は領域の位置を反映しません。

  • getHashCode

    .getHashCode( );

    WorksheetRegion のハッシュ コードを取得します。

  • lastColumn

    .lastColumn( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    領域の最後の列のインデックス。

    領域の最後の列のインデックスを取得します。

  • lastRow

    .lastRow( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    領域の最後の行のインデックス。

    領域の最後の行のインデックスを取得します。

  • toString

    .toString( );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    領域のセルの範囲の文字列表現。

    領域のセルの範囲の文字列表現を取得します。

  • toString

    .toString( cellReferenceMode:ig.excel.CellReferenceMode, includeWorksheetName:boolean );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    領域のセルの範囲の文字列表現。

    領域のセルの範囲の文字列表現を取得します。

    • cellReferenceMode
    • タイプ:ig.excel.CellReferenceMode
    • セル参照を生成するために使用されるモード。
    • includeWorksheetName
    • タイプ:boolean
    • 領域アドレスにワークシート名を含むかどうかを示す値。
  • toString

    .toString( cellReferenceMode:ig.excel.CellReferenceMode, includeWorksheetName:boolean, useRelativeColumn:boolean, useRelativeRow:boolean );
    返却型:
    string
    返却型の説明:
    領域のセルの範囲の文字列表現。

    領域のセルの範囲の文字列表現を取得します。

    • cellReferenceMode
    • タイプ:ig.excel.CellReferenceMode
    • セル参照を生成するために使用されるモード。
    • includeWorksheetName
    • タイプ:boolean
    • 領域アドレスにワークシート名を含むかどうかを示す値。
    • useRelativeColumn
    • タイプ:boolean
    • 領域内のセルの列アドレスを使用するかどうかを示す値。
    • useRelativeRow
    • タイプ:boolean
    • 領域内のセルの行アドレスを使用するかどうかを示す値。
  • worksheet

    .worksheet( );
    返却型:
    ig.excel.Worksheet
    返却型の説明:
    領域が存在するワークシート、または領域がワークシートから外れてしまっている場合は null 値が返されます。

    領域が置かれるワークシートを取得します。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.