ig.excel.WorksheetColumn

Microsoft Excel ワークシート内の列を表します。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • autoFitWidth

    .autoFitWidth( );

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException
  • autoFitWidth

    .autoFitWidth( startRowIndex:number, endRowIndex:number );

    • startRowIndex
    • タイプ:number
    • endRowIndex
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException
    ig.ArgumentOutOfRangeException
  • calculateAutoFitWidth

    .calculateAutoFitWidth( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException
  • calculateAutoFitWidth

    .calculateAutoFitWidth( startRowIndex:number, endRowIndex:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:

    • startRowIndex
    • タイプ:number
    • endRowIndex
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException
    ig.ArgumentOutOfRangeException
  • getWidth

    .getWidth( units:ig.excel.WorksheetColumnWidthUnit );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    指定された単位の列幅。または列がデフォルト幅の場合は NaN。

    指定された単位で列幅を取得します。または列がデフォルト幅の場合 NaN になります。

    • units
    • タイプ:ig.excel.WorksheetColumnWidthUnit
    • 幅を返す単位。

    例外

    例外 説明
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException units が WorksheetColumnWidthUnit 列挙体で定義されていません。

    備考

    units が Character256th の場合、返される値は 1 つの例外はありますが、WorksheetColumn.width プロパティの値と同じになります。列がデフォルト幅の場合、このメソッドは NaN を返し、Width は -1 を返します。

  • index

    .index( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークシートの列の 0 から始まるインデックス。

    ワークシートの列の 0 から始まるインデックスを取得します。

  • setWidth

    .setWidth( value:number, units:ig.excel.WorksheetColumnWidthUnit );

    指定された単位で列幅を設定します。

    • value
    • タイプ:number
    • その列に設定された幅で、指定した単位で表される。
    • units
    • タイプ:ig.excel.WorksheetColumnWidthUnit
    • value が表される単位。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException value は無限です。
    ig.excel.InvalidEnumArgumentException units が WorksheetColumnWidthUnit 列挙体で定義されていません。
    ig.InvalidOperationException 列がワークシートから削除された場合。

    備考

    NaN という値を設定すると、列幅がリセットされ、列がワークシートのデフォルトの列幅を使用します。

  • width

    .width( );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークブックのデフォルトのフォントで '0' 数字幅の 1/ 256 で、余白を含む列幅。

    ワークシートのデフォルトのフォントで '0' 数字幅の 1/ 256 で、余白を含む、列幅を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException セッターで列がワークシートから削除された場合、エラーは発生されます。

    備考

    列の幅がゼロ未満である場合、所有するワークシートの Worksheet.defaultColumnWidth が列の幅として使用されます。

    指定される値は、-1 から 65535 の間でなければなりません。無効な値は自動的に有効値に調整されます。

    このプロパティを設定または取得することは、WorksheetColumn.setWidth または WorksheetColumn.getWidth を呼び出し、Character256th の WorksheetColumnWidthUnit 値を使用すること同じ結果が得られます。

  • width

    .width( value:number );
    返却型:
    number
    返却型の説明:
    ワークブックのデフォルトのフォントで '0' 数字幅の 1/ 256 で、余白を含む列幅。

    ワークシートのデフォルトのフォントで '0' 数字幅の 1/ 256 で、余白を含む、列幅を取得します。

    • value
    • タイプ:number

    例外

    例外 説明
    ig.InvalidOperationException セッターで列がワークシートから削除された場合、エラーは発生されます。

    備考

    列の幅がゼロ未満である場合、所有するワークシートの Worksheet.defaultColumnWidth が列の幅として使用されます。

    指定される値は、-1 から 65535 の間でなければなりません。無効な値は自動的に有効値に調整されます。

    このプロパティを設定または取得することは、WorksheetColumn.setWidth または WorksheetColumn.getWidth を呼び出し、Character256th の WorksheetColumnWidthUnit 値を使用すること同じ結果が得られます。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.