ui.igCombo

ui.igCombo_image

igCombo コントロールは jQuery コンボ ボックスであり、仮想化、オートコンプリート、自動入力候補、複数選択、および項目テンプレートをサポートします。igCombo コントロールを使用し、テキスト入力および項目リストから選択したオプションを受け入れるドロップ ダウンを作成できます。この API のクラス、オプション、イベント、メソッドおよびテーマに関する詳細は、上記の関連するタブを参照してください。

以下のコード スニペットは、igCombo コントロールを初期化する方法を示します。

この API を使用して作業を開始するための情報はここをクリックしてください。igCombo コントロールに必要なスクリプトとテーマを参照する方法については、Ignite UI の JavaScript リソースの使用 および Ignite UI のスタイリングとテーマ

コード サンプル

      <!doctype html>
        <html>
        <head>
            <!-- Infragistics Combined CSS -->
            <link href="css/themes/infragistics/infragistics.theme.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
            <link href="css/structure/infragistics.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
            <!-- jQuery Core -->
            <script src="js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
            <!-- jQuery UI -->
            <script src="js/jquery-ui.js" type="text/javascript"></script>
            <!-- Infragistics Combined Scripts -->
            <script src="js/infragistics.core.js" type="text/javascript"></script>
			      <script src="js/infragistics.lob.js" type="text/javascript"></script>
            <script type="text/javascript">
     	            $(function () {
                          var colors = [{
                          "Name": "Black"
                        }, {
                          "Name": "Blue"
                        }, {
                          "Name": "Brown"
                        }, {
                          "Name": "Red"
                        }, {
                          "Name": "White"
                        }, {
                          "Name": "Yellow"
                        }];
 
                  $("#combo").igCombo({
                          dataSource: colors,
                          textKey: "Name",
                          valueKey: "Name",
                          width: "200px"
                    });
                });
            </script>
      
      </head>
      <body>
         <input id="combo" />
      </body>
      </html>
      

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery-1.9.1.js
jquery.ui.core.js
jquery.ui.widget.js
infragistics.templating.js
infragistics.util.js
infragistics.util.jquery.js
infragistics.datasource.js
infragistics.ui.widget.js

継承

  • allowCustomValue

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    true に設定されている場合:
    1. 単一の選択のみでカスタム値の入力を許可します。
    2. autoComplete が有効な場合、カスタム値に一番近い値でオートコンプリートされます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					allowCustomValue: true
    				});
    
    				//Get
    				var allowCustomValue = $(".selector").igCombo("option", "allowCustomValue");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "allowCustomValue", false);
    			 
  • animationHideDuration

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    100

    ドロップダウン リストのアニメーションを非表示にする期間 (ミリ秒) を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					animationHideDuration: 25
    				});
    
    				//Get
    				var animationDuration = $(".selector").igCombo("option", "animationHideDuration");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "animationHideDuration", 25);
    			 
  • animationShowDuration

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    100

    ドロップダウン リストのアニメーションを表示する期間 (ミリ秒) を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					animationShowDuration: 25
    				});
    
    				//Get
    				var animationDuration = $(".selector").igCombo("option", "animationShowDuration");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "animationShowDuration", 25);
    			 
  • autoComplete

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    リスト内で最初に一致する項目のフィールドをオートコンプリートする機能を取得または設定します。
    注: autoComplete オプションが有効な場合、filteringCondition オプションには "startsWith" が使用されます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					autoComplete: true
    				});
    
    				//Get
    				var autoComplete = $(".selector").igCombo("option", "autoComplete");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "autoComplete", false);
    			 
  • autoSelectFirstMatch

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    入力時に最初に一致する項目が自動選択されるかどうかを取得または設定します。multiSelection 機能が有効な場合にこのオプションは、代わりにアクティブ項目を一致要素に配置します。

    コード サンプル

     
    				//Initializes
    				$(".selector").igCombo({
    					autoSelectFirstMatch: false
    				});
    
    				//Get
    				var autoSelectFirstMatch = $(".selector").igCombo("option", "autoSelectFirstMatch");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "autoSelectFirstMatch", true);
    			 
  • caseSensitive

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    true に設定されている場合、フィルタリングおよび自動選択が大文字と小文字を区別します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					caseSensitive: true
    				});
    
    				//Get
    				var caseSensitive = $(".selector").igCombo("option", "caseSensitive");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "caseSensitive", true);
    			 
  • clearButtonTitle
    削除

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    ""

    このオプションは 2017.2 バージョン以降サポートされません。
    クリア ボタンを表す html 要素を取得または設定します。
    locale.clearButtonTitle オプションを使用します。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igCombo({
                        clearButtonTitle : "Clear value"
                    });
    
                    //Get
                    var title = $(".selector").igCombo("option", "clearButtonTitle");
    
                    //Set
                    $(".selector").igCombo("option", "clearButtonTitle", "Clear value");
                 
  • closeDropDownOnBlur

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    コントロールがフォーカスを失うときに、ドロップダウン リストを閉じる機能を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					closeDropDownOnBlur: false
    				});
    
    				//Get
    				var closeDropDownOnBlur = $(".selector").igCombo("option", "closeDropDownOnBlur");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "closeDropDownOnBlur", false);
    			 
  • closeDropDownOnSelect

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    リストの単一の項目がマウス クリックまたは Enter の押下によって選択された場合、ドロップダウン リストの閉じる機能を取得または設定します。multiSelection 機能が有効の場合、デフォルト値は false です。multiSelection 機能が有効で、追加選択が実行される場合、このオプションはドロップダウンを閉じません。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					closeDropDownOnSelect: false
    				});
    
    				//Get
    				var closeDropDownOnSelect = $(".selector").igCombo("option", "closeDropDownOnSelect");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "closeDropDownOnSelect", false);
    			 
  • dataSource

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    $.ig.DataSource が受け入れる有効なデータ ソース、または $.ig.DataSource 自体のインスタンスを取得または設定します。
    注: これが文字列に設定され、dataSourceType オプションが設定されていない場合、$.ig.JSONDataSource が使用されます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dataSource: data
    				});
    
    				//Get
    				var data = $(".selector").igCombo("option", "dataSource");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "dataSource", ds);
    			 
  • dataSourceType

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    データ ソースのタイプ (「json」、「xml」など) を設定します。$.ig.DataSource とその type プロパティのドキュメントを参照してください。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dataSourceType: "xml"
    				});
    
    				//Get
    				var dataType = $(".selector").igCombo("option", "dataSourceType");
    			 
  • dataSourceUrl

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    MVC など、リモート フィルタリングの要求に対して JSON を送信するのに使用する URL を設定します。ロードオンデマンド有効で、type が remote の場合、このオプションは必須です。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dataSourceUrl: "data.svc"
    				});
    
    				//Get
    				var dataUrl = $(".selector").igCombo("option", "dataSourceUrl");
    			 
  • delayInputChangeProcessing

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    250

    入力の変更を処理する前の遅延時間の期間を指定します。各入力変更で実行される選択、フィルター、オートコンプリート、強調表示操作の回数を減らすとパフォーマンスを向上できます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					delayInputChangeProcessing: 500
    				});
    
    				//Get
    				var delayInputChangeProcessing = $(".selector").igCombo("option", "delayInputChangeProcessing");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "delayInputChangeProcessing", 1000);
    			 
  • dropDownAttachedToBody

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    true に設定される場合、ドロップダウン リストのコンテナーが本体に追加されます。
    false に設定される場合、コンボの親要素に追加されます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dropDownAttachedToBody: false
    				});
    
    				//Get
    				var dropDownAttachedToBody = $(".selector").igCombo("option", "dropDownAttachedToBody");
    			 
  • dropDownButtonTitle
    削除

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    ""

    このオプションは 2017.2 バージョン以降サポートされません。
    ドロップダウン ボタンを表す html 要素を取得または設定します。
    locale.dropDownButtonTitle オプションを使用します。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igCombo({
                        dropDownButtonTitle : "Open Dropdown"
                    });
    
                    //Get
                    var title = $(".selector").igCombo("option", "dropDownButtonTitle");
    
                    //Set
                    $(".selector").igCombo("option", "dropDownButtonTitle", "Open Dropdown");
                 
  • dropDownOnFocus

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    コンボがフォーカスされる場合、ドロップダウン リストを表示する機能を取得または設定します。このオプションは、コンボの mode が editable の場合のみ効果があります。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dropDownOnFocus: true
    				});
    
    				//Get
    				var dropDownOnFocus = $(".selector").igCombo("option", "dropDownOnFocus");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "dropDownOnFocus", true);
    			 
  • dropDownOrientation

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    auto

    開くボタンがをクリックしたときにドロップダウン リストの方向を取得または設定します。

    メンバー

    • auto
    • タイプ:string
    • スペースがある場合、コンボ入力の下にドロップダウン リストを配置します。それ以外の場合、コンボ入力の上にドロップダウン リストを配置します。
    • bottom
    • タイプ:string
    • コンボ入力の下
    • top
    • タイプ:string
    • コンボ入力の上

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dropDownOrientation: "top"
    				});
    				//Get
    				var dropDownOrientation = $(".selector").igCombo("option", "dropDownOrientation");
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "dropDownOrientation", "top");
    			 
  • dropDownWidth

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    ドロップダウン リストの幅をピクセル単位で取得または設定します。

    メンバー

    • string
    • タイプ:string
    • デフォルトのドロップ ダウン幅はピクセル (px) で設定できます。
    • number
    • タイプ:number
    • デフォルト ドロップダウン幅は数字で設定できます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dropDownWidth: 200
    				});
    				//Get
    				var width = $(".selector").igCombo("option", "dropDownWidth");
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "dropDownWidth", 200);
    			 
  • enableClearButton

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    クリア ボタンを描画するかどうかを指定します。
    選択 mode が single、readonly、または readonlylist の場合、このオプションのデフォルト値は false です。明示的に true に設定した場合も有効にできます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					enableClearButton: false
    				});
    
    				//Get
    				var enableClearButton = $(".selector").igCombo("option", "enableClearButton");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "enableClearButton", false);
    			 
  • filterExprUrlKey

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    「&filter('col') = startsWith」など、リモート要求に対してリモート フィルタリングの式をエンコードする方法を指定する URL キー名を取得または設定します。デフォルトは OData です。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					filterExprUrlKey: "filter"
    				});
    
    				//Get
    				var filterKey = $(".selector").igCombo("option", "filterExprUrlKey");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "filterExprUrlKey", "filter");
    			 
  • filteringCondition

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    contains

    フィルタリングに使用する条件を取得または設定します。
    注: autoComplete が有効な場合、フィルタリング条件は常に "startsWith" です。

    メンバー

    • contains
    • タイプ:string
    • doesNotContain
    • タイプ:string
    • startsWith
    • タイプ:string
    • endsWith
    • タイプ:string
    • greaterThan
    • タイプ:string
    • lessThan
    • タイプ:string
    • greaterThanOrEqualTo
    • タイプ:string
    • lessThanOrEqualTo
    • タイプ:string
    • equals
    • タイプ:string
    • doesNotEqual
    • タイプ:string

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					filteringCondition: "startsWith"
    				});
    				//Get
    				var condition = $(".selector").igCombo("option", "filteringCondition");
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "filteringCondition", "startsWith");
    			 
  • filteringLogic

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    OR

    フィルタリング ロジックを取得または設定します。

    メンバー

    • OR
    • タイプ:string
    • AND
    • タイプ:string

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					filteringLogic: "and"
    				});
    				//Get
    				var filteringLogic = $(".selector").igCombo("option", "filteringLogic");
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "filteringLogic", "or");
    			 
  • filteringType

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    local

    フィルタリングのタイプを取得または設定します。
    注: このオプションを "remote" に設定した場合、"css.waitFiltering" はコンボとドロップダウン リストに適用されます。

    メンバー

    • remote
    • タイプ:string
    • フィルタリングはサーバーによって実行されます。
    • local
    • タイプ:string
    • フィルタリングは $.ig.DataSource によって実行されます。
    • none
    • タイプ:string
    • フィルタリングは無効です。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					filteringType: "remote"
    				});
    				//Get
    				var filterType = $(".selector").igCombo("option", "filteringType");
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "filteringType", "remote");
    			 
  • footerTemplate

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    ドロップダウン リスト内のフッターの描画に使用されるテンプレートを取得または設定します。
    注:
    1.テンプレートは DIV HTML 要素内で描画されます。
    2.以下の変数を使用できます:
    - {0}: igCombo (dataSource のビュー) 内のレコード数
    - {1}: dataSource 内のレコード数
    - {2}: サーバー上の (フィルター済み) レコード数
    - {3}: サーバー上のすべてのレコード数

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					footerTemplate: "<div class='dropDownHeaderFooter'>Available Products</div>"
    				});
    
    				//Get
    				var footerTemplate = $(".selector").igCombo("option", "footerTemplate");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "footerTemplate", "<div class='dropDownFooterClass'>Product Count: {0} / {3} {1}/ {2}</div>");
    			 
  • format

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "auto"

    コンボのテキスト表示値の書式設定に使用される書式設定文字列を取得または設定します。
    有効なオプション:
    "auto" (デフォルト) - Date および number オブジェクトには自動書式が使用されます。
    "none", "", or null - 書式設定を無効にします。

    カスタム値としては、「currency」、「percent」、「dateLong」、「time」、「MMM-dd-yyyy H:mm tt」などが可能です。

    カスタム書式設定文字列が textKey 列のデータ タイプと一致します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					format: "auto"
    				});
    
    				//Get
    				var format = $(".selector").igCombo("option", "format");
    			 
  • grouping

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    グループ化機能オプションを指定するオブジェクトを取得または設定します。オプションに key および dir プロパティがあります。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					grouping: {
    						key: "Country",
    						dir: "desc"
    					}
    				});
    
    				//Get
    				var grouping = $(".selector").igCombo("option", "grouping");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "grouping", { key: "Age", dir: "asc" });
    			 
    • dir

      タイプ:
      enumeration
      デフォルト:
      asc

      並べ替え方向 (昇順または降順) を指定します。

      メンバー

      • asc
      • タイプ:string
      • desc
      • タイプ:string

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						grouping: {
      							key: "Country",
      							dir: "desc"
      						}
      					});
      					//Get
      					var grouping = $(".selector").igCombo("option", "grouping");
      					var dir = grouping.dir;
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "grouping", { dir: "asc" });
      				 
    • key

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      null

      レコードのグループ化に基づく列の名前を取得または設定します。このオプションを設定すると、グループ化が有効になります。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						grouping: {
      							key: "Country"
      						}
      					});
      
      					//Get
      					var grouping = $(".selector").igCombo("option", "grouping");
      					var key = grouping.key;
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "grouping", { key: "Age" });
      				 
  • headerTemplate

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    ドロップダウン リスト内のヘッダーの描画に使用されるテンプレートを取得または設定します。テンプレートは DIV HTML 要素内で描画されます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					headerTemplate: "<div class='dropDownHeaderFooter'>Available Products</div>"
    				});
    
    				//Get
    				var headerTemplate = $(".selector").igCombo("option", "headerTemplate");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "headerTemplate", "<div class='dropDownHeaderClass'>Available Products</div>");
    			 
  • height

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    コンボの高さを取得または設定します。数値および文字列値 (サイズの有効な HTML 単位) はサポートされます。これには %、px、em およびその他の単位が含まれます。

    メンバー

      • string
      • デフォルトの高さは、ピクセル (px)、パーセント (%)、em、および他の単位で設定できます。
      • number
      • デフォルトの高さは数値で設定できます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					height: "25px"
    				});
    				//Get
    				var height = $(".selector").igCombo("option", "height");
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "height", "25px");
    			 
  • highlightMatchesMode

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    multi

    ドロップダウン リストの項目内の一致部分の強調表示に使用される条件を取得または設定します。

    メンバー

    • multi
    • タイプ:string
    • 単一項目内の複数の一致が描画されます。
    • contains
    • タイプ:string
    • 項目内のあらゆる位置での一致が描画されます。
    • startsWith
    • タイプ:string
    • テキストの開始から始まる一致のみが描画されます。
    • full
    • タイプ:string
    • 完全一致項目のみが描画されます。
    • null
    • タイプ:object
    • 一致は描画されません。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					highlightMatchesMode: "startsWith"
    				});
    				//Get
    				var highlightMatchesMode = $(".selector").igCombo("option", "highlightMatchesMode");
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "highlightMatchesMode", "full");
    			 
  • initialSelectedItems

    タイプ:
    array
    デフォルト:
    []
    要素タイプ:
    object

    コンボの初期化時に選択される項目のリストを取得または設定します。インデックスまたは値プロパティのあるオブジェクト配列を含みます。初期化一致項目が選択されます。initialSelectedItems を設定せずに、コンボがドロップダウンで単一選択が有効か、readonly または readonlylist mode にある場合、最初の項目は自動的に選択されます。
    注: 初期化で読み込まれる項目のみ選択できます。ロードオンデマンドを使用する場合、まだ読み込まれていない項目の選択はできません。

    コード サンプル

     
    				//Initialize with index
    				$(".selector").igCombo({
    					multiSelection: {
    						enabled: true
    					},
    					initialSelectedItems: [
    						{ index: 0 },
    						{ index: 1 },
    						{ index: 2 }
    					]
    				});
    
    				//Initialize with value
    				$(".selector").igCombo({
    					initialSelectedItems: [
    						{ value: 5 }
    					]
    				});
    
    				//Get
    				var initialSelectedItems = $(".selector").igCombo("option", "initialSelectedItems");
    			 
    • index

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      -1

      Optional="true" リスト内の項目のインデックス。インデックスは -1 よりも大きく、リスト内の items (dataSource 内の行) 数未満である必要があります。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						multiSelection: {
      							enabled: true
      						},
      						initialSelectedItems: [
      							{ index: 1 },
      							{ index: 3 },
      							{ index: 5 }
      						]
      					});
      
      					//Get
      					var initialSelectedItems = $(".selector").igCombo("option", "initialSelectedItems");
      				 
    • value

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      null

      Optional="true" 値は項目の valueKey プロパティに一致します。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						multiSelection: {
      							enabled: true
      						},
      						initialSelectedItems: [
      							{ value: 2 },
      							{ value: 5 }
      						]
      					});
      
      					//Get
      					var initialSelectedItems = $(".selector").igCombo("option", "initialSelectedItems");
      				 
  • inputName

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    データを送信するときに使用される非表示の INPUT 要素の名前を取得または設定します。igCombo の変更時に、その値が ',' 文字で区切られた選択した項目の valueKeys の値に設定されます。コンボ要素の 'name' 属性を設定し、このオプションを設定しない場合、'name' 属性は入力名として使用されます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					inputName: "textField"
    				});
    
    				//Get
    				var inputName = $(".selector").igCombo("option", "inputName");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "inputName", "textField");
    			 
  • itemTemplate

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    リスト内の項目の描画に使用されるテンプレートを取得または設定します。igCombo はノードのコンテンツ テンプレートを生成するために igTemplating を使用します。
    テンプレート エンジンについて: http://jp.igniteui.com/help/infragistics-templating-engine

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					itemTemplate: "<span class="movieTitle">${Name}</span><img src="${Url}" />"
    				});
    
    				//Get
    				var template = $(".selector").igCombo("option", "itemTemplate");
    			 
  • language
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "en"

    ウィジェットのロケール言語設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					language: "ja"
    				});
    
    				// Get
    				var language = $(".selector").igCombo("option", "language");
    
    				// Set
    				$(".selector").igCombo("option", "language", "ja");
    			 
  • loadOnDemandSettings

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    ロードオンデマンド機能を定義する変数のコンテナーを取得または設定します。
    注:
    このオプションは、データが dataSourceUrl によってリモートに読み込んだ場合のみに影響します。
    選択は読み込んだ項目のみでサポートされます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					loadOnDemandSettings: {
    						enabled: true,
    						pageSize: 55
    					}
    				});
    
    				//Get
    				var loadOnDemandSettings = $(".selector").igCombo("option", "loadOnDemandSettings");
    				//Get the enabled state
    				loadOnDemandSettings.enabled;
    				//Get the drop down list page size
    				loadOnDemandSettings.pageSize;
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "loadOnDemandSettings", { enabled: true, pageSize: 55 });
    			 
    • enabled

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      ロードオンデマンドを有効にするオプションを取得または設定します。コンボのターゲット要素が複数の属性が設定済みの select 要素の場合、デフォルトで true に設定されます。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						loadOnDemandSettings: { enabled: true }
      					});
      
      					//Get
      					var loadOnDemandSettings = $(".selector").igCombo("option", "loadOnDemandSettings");
      					//Get the enabled state
      					loadOnDemandSettings.enabled;
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "loadOnDemandSettings", { enabled: true });
      				 
    • pageSize

      タイプ:
      number
      デフォルト:
      16

      各要求に読み込むレコードの数を取得または設定します。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						loadOnDemandSettings: {
      							enabled: true,
      							pageSize: 55
      						}
      					});
      
      					//Get
      					var loadOnDemandSettings = $(".selector").igCombo("option", "loadOnDemandSettings");
      					//Get the drop down list page size
      					loadOnDemandSettings.pageSize;
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "loadOnDemandSettings", { enabled: true, pageSize: 55 });
      				 
  • locale

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    • clearButtonTitle

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      ""

      クリア ボタンを表す html 要素のタイトルを取得または設定します。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						locale: {
      							clearButtonTitle: "Clear value"
      						}
      					});
      
      					//Get
      					var text = $(".selector").igCombo("option", "locale").clearButtonTitle;
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "locale", { clearButtonTitle: "Clear value" });
      				 
    • dropDownButtonTitle

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      ""

      ドロップダウン ボタンを表す html 要素を取得または設定します。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						locale: {
      							dropDownButtonTitle: "Open Dropdown"
      						}
      					});
      
      					//Get
      					var text = $(".selector").igCombo("option", "locale").dropDownButtonTitle;
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "locale", { dropDownButtonTitle: "Open Dropdown" });
      				 
    • noMatchFoundText

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      ""

      filteringType オプションが有効で一致が見つからなかった場合に条件のリスト項目のテキストを取得または設定します。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						locale: {
      							noMatchFoundText: "No match found"
      						}
      					});
      
      					//Get
      					var text = $(".selector").igCombo("option", "locale").noMatchFoundText;
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "locale", { noMatchFoundText: "No match found" });
      				 
    • placeHolder

      タイプ:
      object
      デフォルト:
      ""

      入力フィールドが空の場合に表示される値を取得または設定します。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						locale: {
      							placeHolder: "Empty input field"
      						}
      					});
      
      					//Get
      					var text = $(".selector").igCombo("option", "locale").placeHolder;
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "locale", { placeHolder: "Empty input field" });
      				 
  • mode

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    editable

    機能モードを設定・取得します。

    メンバー

    • editable
    • タイプ:string
    • 編集フィールドとドロップダウン リストによる値の変更を許可します。
    • dropdown
    • タイプ:string
    • ドロップダウン リストよる値の変更のみ許可します。
    • readonlylist
    • タイプ:string
    • リストのオープンは許可しますが、フィールド内の変更、またはドロップダウン リスト内での選択は許可しません。選択が設定されない場合、dataSource の最初の項目が自動的に選択されます。
    • readonly
    • タイプ:string
    • リストのオープン、またはフィールド内の値の変更を許可しません。選択が設定されない場合、dataSource の最初の項目が自動的に選択されます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					mode: "readonlylist"
    				});
    				//Get
    				var mode = $(".selector").igCombo("option", "mode");
    			 
  • multiSelection

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    {}

    複数選択機能オプションを指定するオブジェクトを取得または設定します。オブジェクトは、addWithKeyModifier、showCheckboxes、 itemSeparator プロパティを有効にします。注: showCheckboxes および itemSeparator は複数選択が有効な場合のみ効果があります。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					multiSelection: {
    						enabled: true,
    						addWithKeyModifier: false,
    						showCheckboxes: false,
    						itemSeparator: ', '
    					}
    				});
    
    				//Get
    				var multiSelection = $(".selector").igCombo("option", "multiSelection");
    			 
    • addWithKeyModifier

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      付加選択を無効にするために addWithKeyModifier を true に設定します。次に付加選択は Ctrl + マウス クリック/ Enter で実行できます。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						multiSelection: {
      							addWithKeyModifier: true
      						}
      					});
      
      					//Get
      					var multiSelection = $(".selector").igCombo("option", "multiSelection");
      					var addWithKeyModifier = multiSelection.addWithKeyModifier;
      
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "multiSelection", { addWithKeyModifier: true });
      				 
    • enabled

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      true に設定して複数選択を有効にします。コンボのターゲット要素が複数の属性が設定ずみの select 要素の場合、デフォルトで true に設定されます。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						multiSelection: {
      							enabled: true
      						}
      					});
      
      					//Get
      					var multiSelection = $(".selector").igCombo("option", "multiSelection");
      					var enabled = multiSelection.enabled;
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "multiSelection", { enabled: true });
      				 
    • itemSeparator

      タイプ:
      string
      デフォルト:
      ", "

      フィールドの項目間でどの文字列が描画されるか設定するために itemSeparator を使用します。

      コード サンプル

       
      				//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						multiSelection: {
      							itemSeparator: ", "
      						}
      					});
      
      					//Get
      					var multiSelection = $(".selector").igCombo("option", "multiSelection");
      					var itemSeparator = multiSelection.itemSeparator;
      
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "multiSelection", { itemSeparator: ". " });
      				 
    • showCheckboxes

      タイプ:
      bool
      デフォルト:
      false

      showCheckboxes を true に設定して各ドロップ ダウン項目の前にチェック ボックスを描画します。

      コード サンプル

       
      					//Initialize
      					$(".selector").igCombo({
      						multiSelection: {
      							showCheckboxes: true
      						}
      					});
      
      					//Get
      					var multiSelection = $(".selector").igCombo("option", "multiSelection");
      					var showCheckboxes = multiSelection.showCheckboxes;
      
      					//Set
      					$(".selector").igCombo("option", "multiSelection", { showCheckboxes: false });
      				 
  • noMatchFoundText
    削除

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    ""

    このオプションは 2017.2 バージョン以降サポートされません。
    filteringType オプションが有効で一致が見つからなかった場合に条件のリスト項目のテキストを取得または設定します。
    locale.noMatchFoundText オプションを使用します。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igCombo({
                        noMatchFoundText : "Please try again"
                    });
    
                    //Get
                    var text = $(".selector").igCombo("option", "noMatchFoundText");
    
                    //Set
                    $(".selector").igCombo("option", "noMatchFoundText", "Please try again");
                 
  • placeHolder
    削除

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    ""

    このオプションは 2017.2 バージョン以降サポートされません。
    入力フィールドが空の場合に表示される値を取得または設定します。
    locale.placeHolder オプションを使用します。

    コード サンプル

     
                    //Initialize
                    $(".selector").igCombo({
                        placeHolder : "Empty input field"
                    });
    
                    //Get
                    var pHolder = $(".selector").igCombo("option", "placeHolder");
    
                    //Set
                    $(".selector").igCombo("option", "placeHolder", "Please type in some text");
                 
  • preventSubmitOnEnter

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    true

    [Enter] キーを押すと、フォームの送信を回避する機能を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					preventSubmitOnEnter: true
    				});
    
    				//Get
    				var preventSubmitOnEnter = $(".selector").igCombo("option", "preventSubmitOnEnter");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "preventSubmitOnEnter", false);
    			 
  • regional
    継承

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    en-US

    ウィジェットの領域設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					regional: "ja"
    				});
    				// Get
    				var regional = $(".selector").igCombo("option", "regional");
    				// Set
    				$(".selector").igCombo("option", "regional", "ja");
    			 
  • requestType

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "GET"

    要求を送信するために使用される HTTP 動詞を指定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					requestType: "get"
    				});
    
    				//Get
    				var requestType = $(".selector").igCombo("option", "requestType");
    			 
  • responseContentType

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    応答のコンテンツ タイプ。http://api.jquery.com/jQuery.ajax/ => contentType を参照してください。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					responseContentType: "application/json; charset=utf-8"
    				});
    
    				//Get
    				var responseContentType = $(".selector").igCombo("option", "responseContentType");
    			 
  • responseDataKey

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    $.ig.DataSource を参照してください。応答がラップされる場合、これは基本的にデータ レコードが保持される応答内のプロパティです。

    コード サンプル

     
    			//Initialize
    			$(".selector").igCombo({
    				responseDataKey: "d.results"
    			});
    
    			//Get
    			var dataKey = $(".selector").igCombo("option", "responseDataKey");
    			 
  • responseDataType

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    URL がデータ ソースとして設定された場合の応答タイプ。http://api.jquery.com/jQuery.ajax/ => dataType を参照してください。

    メンバー

    • json
    • タイプ:string
    • xml
    • タイプ:string
    • html
    • タイプ:string
    • script
    • タイプ:string
    • jsonp
    • タイプ:string
    • text
    • タイプ:string

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					responseDataType: "text"
    				});
    				//Get
    				var responseDataType = $(".selector").igCombo("option", "responseDataType");
    			 
  • responseTotalRecCountKey

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    $.ig.DataSource を参照してください。サーバー上のレコードの総数を指定する応答内のプロパティ。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					responseTotalRecCountKey: "count"
    				});
    
    				//Get
    				var countKey = $(".selector").igCombo("option", "responseTotalRecCountKey");
    			 
  • selectItemBySpaceKey

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    スペースを押して項目を選択する機能を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					selectItemBySpaceKey: true
    				});
    
    				//Get
    				var selectSpace = $(".selector").igCombo("option", "selectItemBySpaceKey");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "selectItemBySpaceKey", true);
    				 
  • suppressKeyboard

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    ドロップダウン ボタンがクリックされたとき、タッチ デバイスで画面にキーボードを表示するかどうかを取得または設定します。
    注: コンボの入力フィールドが編集モードでフォーカスされる場合、キーボードが表示されます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					suppressKeyboard: true
    				});
    
    				//Get
    				var suppressKeyboard = $(".selector").igCombo("option", "suppressKeyboard");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "suppressKeyboard", true);
    			 
  • tabIndex

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    null

    コンボのフィールドの tabIndex を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					tabIndex: 3
    				});
    
    				//Get
    				var tabIndex = $(".selector").igCombo("option", "tabIndex");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "tabIndex", 3);
    			 
  • textKey

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    表示されたテキストが含まれる列の名前を取得または設定します。見つからない場合は、valueKeyオプションが使用されます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					textKey: "ProductName"
    				});
    
    				//Get
    				var key = $(".selector").igCombo("option", "textKey");
    			 
  • validatorOptions

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    igValidator でサポートされるオプションを含むオブジェクトを取得または設定します。
    注: バリデーターを動作させるには、アプリケーションで igValidator が確実に読み込まれている必要があります (ig.ui.validator.js/css ファイル)。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					validatorOptions: {
    						required: true
    					}
    				});
    
    				//Get
    				var validatorOptions = $(".selector").igCombo("option", "validatorOptions");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "validatorOptions", {
    					required: true
    				});
    			 
  • valueKey

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    null

    「value」を含む列の名前を取得または設定します。見つからない場合は、最初の列の名前が使用されます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					valueKey: "ProductID"
    				});
    
    				//Get
    				var key = $(".selector").igCombo("option", "valueKey");
    			 
  • virtualization

    タイプ:
    bool
    デフォルト:
    false

    ドロップダウン リストの仮想描画を使用する機能を取得または設定します。コンボにレコードが多くある場合、パフォーマンスを向上するために有効にします。
    このオプションが有効な場合、可視項目のみが作成され、リスト内の最初の可視項目の上端がリストの上端に合わせられます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					virtualization: true
    				});
    
    				//Get
    				var isVirtualizationEnabled = $(".selector").igCombo("option", "virtualization");
    			 
  • visibleItemsCount

    タイプ:
    number
    デフォルト:
    15

    一度に表示される項目の数を取得または設定します。
    注:
    このオプションは、仮想化で最初のリスト項目を描画するために使用されます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					visibleItemsCount: 22
    				});
    
    				//Get
    				var count = $(".selector").igCombo("option", "visibleItemsCount");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "visibleItemsCount", 33 });
    			 
  • width

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    コンボの幅を取得または設定します。数値および文字列値 (サイズの有効な HTML 単位) はサポートされます。これには %、px、em およびその他の単位が含まれます。

    メンバー

      • string
      • デフォルトの幅は、ピクセル (px)、パーセント (%)、em、および他の単位で設定できます。
      • number
      • デフォルトの幅は数値で設定できます。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					width: "300px"
    				});
    				//Get
    				var width = $(".selector").igCombo("option", "width");
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("option", "width", "300px");
    			 

Ignite UI コントロール イベントの詳細については、
Ignite UI でイベントを使用するを参照してください。

注: API メソッドの呼び出しは、API ヘルプに特に記述がない限り、操作に関連するイベントはプログラムによって発生されません。これらのイベントは各ユーザー操作によってのみ呼び出されます。

詳細の表示
  • dataBinding

    キャンセル可能:
    true

    データ バインドが実行される前に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、データバインドを実行する igCombo への参照を取得します。
    ui.dataSource を使用して、コンボにデータ バインドする $.ig.DataSource への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcombodatabinding", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to obtain reference to instance of $.ig.DataSource used by combo
    					ui.dataSource;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dataBinding: function (evt, ui) {
    						...
    					}
    				});
    			 
  • dataBound

    キャンセル可能:
    false

    データ バインドが完了した後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、データ バインドを実行する igCombo への参照を取得します。
    ui.dataSource を使用して、コンボにデータ バインドする $.ig.DataSource への参照を取得します。
    ui.success を使用して、データ バインディングが正しく実行されたかどうかを取得します。
    ui.errorMessage を使用して、データ バインディングが失敗した場合のエラー メッセージを取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcombodatabound", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to obtain reference to instance of $.ig.DataSource used by combo
    					ui.dataSource;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dataBound: function (evt, ui) {
    					...
    					}
    				});
    			 
  • dropDownClosed

    キャンセル可能:
    false

    ドロップダウン リストが閉じた後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    evt.originalEvent を使用して、ブラウザーのイベントへの参照を取得します。
    ui.owner を使用して、igCombo への参照を取得します。
    ui.list 要素を使用して、ドロップ ダウン リストのコンテナーを表す jquery DOM 要素への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcombodropdownclosed", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to the event browser
    					evt.originalEvent;
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to obtain reference to jQuery DOM element which represents a container of list
    					ui.element;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dropDownClosed: function (evt, ui) {
    						...
    					}
    				});
    			 
  • dropDownClosing

    キャンセル可能:
    true

    ドロップダウン リストが閉じる前に発生するイベント。
    非表示のアクションをキャンセルするには、false を返します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、igCombo への参照を取得します。
    ui.list 要素を使用して、ドロップ ダウン リストのコンテナーを表す jquery DOM 要素への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcombodropdownclosing", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to the event browser
    					evt.originalEvent;
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to obtain reference to jQuery DOM element which represents a container of list
    					ui.element;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dropDownClosing: function (evt, ui) {
    						...
    					}
    				});
    			 
  • dropDownOpened

    キャンセル可能:
    false

    ドロップダウン リストが開いた後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、igCombo への参照を取得します。
    ui.list 要素を使用して、ドロップ ダウン リストのコンテナーを表す jquery DOM 要素への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcombodropdownopened", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to the event browser
    					evt.originalEvent;
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to obtain reference to jQuery DOM element which represents a container of list
    					ui.element;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dropDownOpened: function (evt, ui) {
    						...
    					}
    				});
    			 
  • dropDownOpening

    キャンセル可能:
    true

    ドロップダウン リストが開く前に発生するイベント。
    ドロップダウン操作をキャンセルするには、False を返します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、igCombo への参照を取得します。
    ui.list 要素を使用して、ドロップ ダウン リストのコンテナーを表す jquery DOM 要素への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcombodropdownopening", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to the event browser
    					evt.originalEvent;
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to obtain reference to jQuery DOM element which represents a container of list
    					ui.element;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					dropDownOpening: function (evt, ui) {
    						...
    					}
    				});
    			 
  • filtered

    キャンセル可能:
    false

    フィルタリング後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    evt.originalEvent を使用して、ブラウザーのイベントへの参照を取得します。null にできます。
    ui.owner を使用して、igCombo への参照を取得します。
    ui.elements を使用して描画済みフィルターされた要素への jquery 参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcombofiltered", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to the event browser
    					evt.originalEvent;
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to obtain reference to array which contains expressions supported by $.ig.DataSource
    					ui.expression;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					filtered: function (evt, ui) {
    						...
    					}
    				});
    			 
  • filtering

    キャンセル可能:
    true

    データ フィルタリングの前に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、igCombo への参照を取得します。
    ui.expression を使って、$.ig.DataSource がサポートする式を含む配列への参照を取得します。
    各式-項目には、次のメンバーが含まれます: fieldName (textKey)、cond (filteringCondition)、expr (フィルターする値/文字列)。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcombofiltering", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to the event browser
    					evt.originalEvent;
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to obtain reference to array which contains expressions supported by $.ig.DataSource
    					ui.expression;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					filtering: function (evt, ui) {
    						...
    					}
    				});
    			 
  • itemsRendered

    キャンセル可能:
    false

    コンボ項目の描画が完了した後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、レンダリングを実行するコンボへの参照を取得します。
    ui.dataSource を使用して、コンボにデータ バインドする $.ig.DataSource への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcomboitemsrendered", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to get a reference to the $.ig.DataSource combo is databound to.
    					ui.dataSource;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					itemsRendered: function(evt, ui) {...}
    				});
    			 
  • itemsRendering

    キャンセル可能:
    true

    コンボ項目の描画が実行される前に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、レンダリングを実行するコンボへの参照を取得します。
    ui.dataSource を使用して、コンボにデータ バインドする $.ig.DataSource への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcomboitemsrendering", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to get a reference to the combo performing rendering.
    					ui.owner;
    					//use to get a reference to the $.ig.DataSource combo is databound to.
    					ui.dataSource;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					itemsRendering: function(evt, ui) {...}
    				});
    			 
  • rendered

    キャンセル可能:
    false

    コンボの描画が完了した後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、レンダリングを実行するコンボへの参照を取得します。
    ui.element を使用して、メイン/一番上のコンボ要素への参照を取得します。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcomborendered", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to get a reference to the combo performing rendering.
    					ui.owner;
    					//use to get a reference to the main/top combo element.
    					ui.element;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					rendered: function(evt, ui) {...}
    				});
    			 
  • selectionChanged

    キャンセル可能:
    false

    選択の変更後に発生するイベント。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、igCombo への参照を取得します。
    ui.items を使用して、新しい選択項目の配列への参照を取得します。null にできます。
    ui.oldItems を使用して、古い選択項目の配列への参照を取得します。null にできます。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcomboselectionchanged", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to the event browser
    					evt.originalEvent;
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to obtain reference to array of new selected items. That can be null.
    					ui.items;
    						//use to obtain reference to array of old selected items. That can be null.
    					ui.oldItems;
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					selectionChanged: function (evt, ui) {
    					...
    					}
    				});
    			 
  • selectionChanging

    キャンセル可能:
    true

    選択の変更前に発生するイベント。
    変更をキャンセルするには、False を返します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    ui.owner を使用して、igCombo への参照を取得します。
    新しい選択が発生する前に選択項目の配列への参照を取得するために ui.currentItems を使用します。null にできます。
    選択が終了した後に選択されるすべての項目の配列への参照を取得するために ui.items を使用します。null にできます。

    コード サンプル

     
    				//Bind after initialization
    				$(document).on("igcomboselectionchanging", ".selector", function (evt, ui) {
    					//use to obtain reference to the event browser
    					evt.originalEvent;
    					//use to obtain reference to igCombo
    					ui.owner;
    					//use to obtain reference to array of new selected items. That can be null.
    					ui.items;
    					//use to obrain reference to array of currently selected items.
    					ui.currentItems
    				});
    
    				//Initialize
    				$(".selector").igCombo({
    					selectionChanging: function (evt, ui) {
    						...
    					}
    				});
    			 
  • activeIndex

    .igCombo( "activeIndex", [index:number] );
    返却型:
    enumeration
    返却型の説明:
    'number|object' を返します。 リスト内のアクティブな項目のインデックスを返し、パラメーターが未定義の場合は -1 を返します。それ以外の場合は、この igCombo への参照を返します。

    リスト内のアクティブな項目のインデックスを取得または設定します。

    • index
    • タイプ:number
    • オプション
    • リストの新しいアクティブなインデックス。アクティブな項目をクリアするには、-1 を使用します。

    コード サンプル

     
    				//Return index of active item
    				var index = $(".selector").igCombo("activeIndex");
    
    				$(".selector").igCombo("activeIndex", 5);
    			 
  • changeGlobalLanguage
    継承

    .igCombo( "changeGlobalLanguage" );

    ウィジェットの言語をグローバルの言語に変更します。グローバルの言語は $.ig.util.language の値です。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("changeGlobalLanguage");
    			 
  • changeGlobalRegional
    継承

    .igCombo( "changeGlobalRegional" );

    ウィジェットの地域設定をグローバルの地域設定に変更します。グローバルの地域設定は $.ig.util.regional にあります。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("changeGlobalRegional");
    			 
  • changeLocale

    .igCombo( "changeLocale" );

    ウィジェット要素のすべてのロケールを options.language に指定される言語に変更します。
    注: このメソッドは珍しいシナリオのみで使用されます。language または locale オプションのセッターを参照してください。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("changeLocale");
    			 
  • changeRegional

    .igCombo( "changeRegional" );

    ウィジェット要素の地域設定を options.regional に指定される言語に変更します。
    注: このメソッドは珍しいシナリオのみで使用されます。regional オプションのセッターを使用してください。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("changeRegional");
    			 
  • clearFiltering

    .igCombo( "clearFiltering", [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    フィルターをクリアします。

    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、filtering および filtered イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("clearFiltering");
    
    				// triggering filtering and filtering
    				$(".selector").igCombo("clearFiltering", true);
    			 
  • clearInput

    .igCombo( "clearInput", [options:object], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    入力テキストをクリアし、強調表示、フィルター、および選択をリセットします。

    • options
    • タイプ:object
    • オプション
    • この api メソッドの動作を制御するオプション セットのあるオブジェクト。
      focusCombo (boolean): 選択解除後にコンボをフォーカスするために true に設定します。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、selectionChanging および selectionChanged イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("clearInput");
    
    				// clearing input, focusing the input and triggering events
    				$(".selector").igCombo("clearInput", { focusCombo : true }, true);
    			 
  • closeDropDown

    .igCombo( "closeDropDown", [callback:function], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    ドロップダウンを閉じます。

    • callback
    • タイプ:function
    • オプション
    • 閉じるアニメーションが完了したときに実行するコールバック関数を指定します。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。 このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、dropDownClosing および dropDownClosed イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("closeDropDown");
    
    				// using callback and triggering events
    				var callback = function () {
    					...
    				}
    
    				$(".selector").igCombo("closeDropDown", callback, true);
    			 
  • comboWrapper

    .igCombo( "comboWrapper" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    jQuery アウター要素オブジェクトへの参照を返します。

    コンボのアウター要素の jQuery オブジェクトを取得します。

    コード サンプル

     
    				var comboWrapper = $(".selector").igCombo("comboWrapper");
    			 
  • dataBind

    .igCombo( "dataBind" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    コンボ ボックスでデータ バインドを実行します。databinding および dataBound イベントは常に発生されます。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("dataBind");
    			 
  • dataForElement

    .igCombo( "dataForElement", $element:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    null または オブジェクト - 要素の関連データ。

    コンボの li 要素の関連データを取得します。

    • $element
    • タイプ:object
    • ドロップ ダウン リスト項目の jQuery 要素。

    コード サンプル

     
    				var data = $(".selector").igCombo("dataForElement", $element);
    			 
  • dataForValue

    .igCombo( "dataForValue", value:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    null または オブジェクト - 要素の関連データ。

    valueKey プロパティに一致する値に基づいた項目の関連データを取得します。

    • value
    • タイプ:object
    • 選択された場合にテストされる項目の valueKey プロパティに一致する値。

    コード サンプル

     
    				var data = $(".selector").igCombo("dataForValue", value);
    			 
  • deselect

    .igCombo( "deselect", $items:object, [options:object], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    ドロップダウン リストのリスト項目を選択解除します。

    • $items
    • タイプ:object
    • 選択解除する項目を持つ jQuery オブジェクト。
    • options
    • タイプ:object
    • オプション
    • この api メソッドの動作を制御するオプション セットのあるオブジェクト。
      focusCombo (boolean): 選択解除後にコンボをフォーカスするために true に設定します。
      keepInputText (boolean): 選択解除した後、入力テキストを変更しない場合 true に設定します。デフォルトでは、入力テキストは更新されます。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、selectionChanging および selectionChanged イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				//deselect item
    				$(".selector").igCombo("deselect", $itemLi);
    
    				//deselect items
    				$(".selector").igCombo("deselect", $itemsLi);
    
    				//deselect item, focus combo, keep input text and trigger events
    				$(".selector").igCombo("deselect", $itemLi, { focusCombo: true, keepInputText: true }, true);
    			 
  • deselectAll

    .igCombo( "deselectAll", [options:object], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    ドロップダウン リストからすべての選択した項目を選択解除します。

    • options
    • タイプ:object
    • オプション
    • この api メソッドの動作を制御するオプション セットのあるオブジェクト。
      focusCombo (boolean): 選択解除後にコンボをフォーカスするために true に設定します。
      keepInputText (boolean): 選択解除した後、入力テキストを変更しない場合 true に設定します。デフォルトでは、入力テキストは更新されます。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、selectionChanging および selectionChanged イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("deselectAll");
    
    				//deselect all, focus combo, keep input text and trigger events
    				$(".selector").igCombo("deselectAll", { focusCombo: true, keepInputText: true }, true);
    			 
  • deselectByIndex

    .igCombo( "deselectByIndex", index:object, [options:object], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    インデックスでドロップダウン リストのリスト項目を選択解除します。

    • index
    • タイプ:object
    • 選択項目のインデックスまたはインデックスの配列。
    • options
    • タイプ:object
    • オプション
    • この api メソッドの動作を制御するオプション セットのあるオブジェクト。
      focusCombo (boolean): 選択解除後にコンボをフォーカスするために true に設定します。
      keepInputText (boolean): 選択解除した後、入力テキストを変更しない場合 true に設定します。デフォルトでは、入力テキストは更新されます。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、selectionChanging および selectionChanged イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				//deselect by index
    				$(".selector").igCombo("deselectByIndex", 3);
    
    				//deselect by array of indexes
    				$(".selector").igCombo("deselectByIndex", [0,2]);
    
    				//deselect by index, focus combo, keep input text and trigger events
    				$(".selector").igCombo("deselectByIndex", 1, { focusCombo: true, keepInputText: true }, true);
    			 
  • deselectByValue

    .igCombo( "deselectByValue", value:object, [options:object], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    値に基づくドロップダウン リストのリスト項目を選択解除します。

    • value
    • タイプ:object
    • 選択解除される項目/項目の valueKey プロパティに一致する値または値の配列。
    • options
    • タイプ:object
    • オプション
    • この api メソッドの動作を制御するオプション セットのあるオブジェクト。
      focusCombo (boolean): 選択解除後にコンボをフォーカスするために true に設定します。
      keepInputText (boolean): 選択解除した後、入力テキストを変更しない場合 true に設定します。デフォルトでは、入力テキストは更新されます。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、selectionChanging および selectionChanged イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				//deselect by value
    				$(".selector").igCombo("deselectByValue", 3);
    
    				//deselect by value as string
    				$(".selector").igCombo("deselectByValue", "3");
    
    				//deselect by array of values
    				$(".selector").igCombo("deselectByValue", [1,2,3]);
    
    				//deselect by value, focus combo, keep input text and trigger events
    				$(".selector").igCombo("deselectByValue", 1, { focusCombo: true, keepInputText: true }, true);
    			 
  • destroy

    .igCombo( "destroy" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    igCombo ウィジェットを破棄します。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("destroy");
    			 
  • dropDown

    .igCombo( "dropDown" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    jQuery ドロップ ダウン オブジェクトへの参照を返します。

    コンボ ウィジェットと関連づけられたドロップダウンの jQuery オブジェクトを取得します。

    コード サンプル

     
    				var $dropDownContainer = $(".selector").igCombo("dropDown");
    			 
  • dropDownOpened

    .igCombo( "dropDownOpened" );
    返却型:
    bool
    返却型の説明:
    コンボのドロップダウン リストが開いたかどうかを示すブール値を返します。

    コンボのドロップダウン リストが開いたかどうかを示すブール値を返します。

    コード サンプル

     
    				var isDropDownOpened = $(".selector").igCombo("dropDownOpened");
    			 
  • filter

    .igCombo( "filter", [texts:object], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    フィルタリングをトリガーします。

    • texts
    • タイプ:object
    • オプション
    • 文字列、または文字列の配列によってフィルターします。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、filtering および filtered イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				//filter by string
    				$(".selector").igCombo("filter", "Bob");
    
    				//filter by array of strings
    				$(".selector").igCombo("filter", ["Smith", "Mary"], true);
    
    				//filter by string and trigger events
    				$(".selector").igCombo("filter", "Bob", true);
    			 
  • filterByExpressions

    .igCombo( "filterByExpressions", expressions:array, [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    フィルタリングの式を作成します。

    • expressions
    • タイプ:array
    • フィルター式表す各オブジェクトなど、オブジェクトの配列でフィルターします。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、filtering および filtered イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				//filter by expression
    				$(".selector").igCombo("filterByExpressions", [{cond: "startsWith", expr: "Smith", logic: "or"}]);
    
    				//filter by array of expressions
    				$(".selector").igCombo("filterByExpressions", [{cond: "startsWith", expr: "Smith", logic: "or"}, {cond: "startsWith", expr: "Mary", logic: "and"}]);
    
    				//filter by array of expressions and trigger events
    				$(".selector").igCombo("filterByExpressions", [{cond: "startsWith", expr: "Smith", logic: "and"}, {cond: "endsWith", expr: "Sauerkraut", logic: "and"}], true);
    			 
  • filteredItems

    .igCombo( "filteredItems" );
    返却型:
    array
    返却型の説明:
    次のメンバーを含むオブジェクトのある null または配列。データ - 関連データ、要素 - li の jquery 要素。

    コンボ ボックスのフィルター済み li 要素を表すオブジェクトのある配列を取得します。

    コード サンプル

     
    				var filteredItems = $(".selector").igCombo("filteredItems");
    				var filteredItemData = filteredItems[0].data;
    				var $filteredItemLi = filteredItems[0].element;
    			 
  • index

    .igCombo( "index", [index:object], [options:object], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照、または index パラメーターが提供される場合、インデックスの配列を返します。

    指定したインデックスでドロップダウン リストの選択されている項目を取得または設定します。

    • index
    • タイプ:object
    • オプション
    • 選択項目のインデックスまたはインデックスの配列。
    • options
    • タイプ:object
    • オプション
    • この api メソッドの動作を制御するオプション セットのあるオブジェクト。
      closeDropDown (boolean): 選択後にドロップ ダウン リストを閉じるために true に設定します。
      focusCombo (boolean): 選択後にコンボをフォーカスするために true に設定します。
      additive (boolean): その他の選択を失わずに項目を選択するには true に設定します。複数選択が有効な場合のみ影響します。
      keepFiltering (boolean): 選択後にコンボでフィルター設定を保持するために true に設定します。デフォルトでフィルター条件はクリアされます。
      keepInputText (boolean): 選択した後、入力テキストを変更しない場合 true に設定します。デフォルトでは、入力テキストは更新されます。
      keepHighlighting (boolean): 選択した後、強調表示を変更しない場合は true に設定します。デフォルトで、強調表示は解除されます。
      keepNavItem (boolean): 選択した後、現在のナビゲーション項目を変更しない場合は true に設定します。デフォルトで、ナビゲーション項目は新しく選択した項目に変更されます。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、selectionChanging および selectionChanged イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				//get selected item index
    				var selectedItemIndex = $(".selector").igCombo("index");
    
    				//get selected items indexes
    				var selectedItemsIndexesArray = $(".selector").igCombo("index");
    
    				//select item by index
    				$(".selector").igCombo("index", 3);
    
    				//select items by indexes
    				$(".selector").igCombo("index", [0, 1, 2]);
    
    				//selects item by index, set options after selecting the item and trigger events
    				$(".selector").igCombo("index", 3, {
    					// Closes the drop down list after the selection.
    					closeDropDown: true,
    					// Focus combo after the selection.
    					focusCombo: true,
    					// Selects the item without losing other selection. Works only when multi selection is enabled.
    					additive: true,
    					// Keeps input text unchanged after the selection. By default input text is updated.
    					keepInputText: true,
    					// Keeps highlighting unchanged after the selection. By default highlighting is removed.
    					keepHighlighting: true,
    					// Keeps current navigation item unchanged after the selection. By default the navigation item is changed to the new selected item.
    					keepNavItem: true,
    					// Keeps current scroll position. By default the scroll position will change so that the last selected item is visible.
    					keepScrollPosition: true,
    					// Calling the method with this param set to "true" will trigger selection changed event.
    				}, true);
    			 
  • isIndexSelected

    .igCombo( "isIndexSelected", index:object );
    返却型:
    bool
    返却型の説明:
    項目が選択されるかどうかを表すブール値を返します。

    指定したインデックスにあるデータ ソースのレコードを表す li が選択されるかどうかを確認します。

    • index
    • タイプ:object
    • データ ソース レコードのインデックス。

    コード サンプル

     
    				var isIndexSelected = $(".selector").igCombo("isIndexSelected", 2);
    			 
  • isSelected

    .igCombo( "isSelected", $item:object );
    返却型:
    bool
    返却型の説明:
    項目が選択されるかどうかを表すブール値を返します。

    指定した li が選択されるかどうかを確認します。

    • $item
    • タイプ:object
    • 選択されるかどうかを確認する項目を持つ jQuery オブジェクト。

    コード サンプル

     
    				var isSelected = $(".selector").igCombo("isSelected", $item);
    			 
  • isValueSelected

    .igCombo( "isValueSelected", value:object );
    返却型:
    bool
    返却型の説明:
    項目が選択されるかどうかを表すブール値を返します。

    指定した値が選択されるかどうかを確認します。

    • value
    • タイプ:object
    • 選択された場合にテストされる項目の valueKey プロパティに一致する値。

    コード サンプル

     
    				//value as number
    				var isValueSelected = $(".selector").igCombo("isValueSelected", 2);
    
    				//value as string
    				var isValueSelected = $(".selector").igCombo("isValueSelected", "2");
    			 
  • items

    .igCombo( "items" );
    返却型:
    array
    返却型の説明:
    次のメンバーを含むオブジェクトのある null または配列。データ - 関連データ、要素 - li の jquery 要素。

    コンボ ボックスの li 要素を表すデータおよびオブジェクトのある配列を取得します。

    コード サンプル

     
    				var items = $(".selector").igCombo("items");
    				var firstItemData = items[0].data;
    				var $firstItemLi = items[0].element;
    			 
  • itemsFromElement

    .igCombo( "itemsFromElement", $element:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    指定した項目が見つからない場合は null。単一の要素が提供された場合、オブジェクト。複数の要素が提供された場合、オブジェクトの配列。オブジェクトは以下のメンバーを含みます: data - 関連するデータ, element - li の jQuery 要素。

    コンボでデータおよびリスト項目を含むオブジェクトを要素により取得します。

    • $element
    • タイプ:object
    • ドロップダウン リスト項目要素を持つ jQuery オブジェクト。

    コード サンプル

     
    				//from a list item
    				var item = $(".selector").igCombo("itemsFromElement", $liElement);
    
    				//from array of list items
    				var items = $(".selector").igCombo("itemsFromElement", $liElements);
    				var firstItemData = items[0].data;
    				var $firstItemLi = items[0].element;
    			 
  • itemsFromIndex

    .igCombo( "itemsFromIndex", index:number );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    指定した項目が見つからない場合は null。単一の要素が提供された場合、オブジェクト。複数の要素が提供された場合、オブジェクトの配列。オブジェクトは以下のメンバーを含みます: data - 関連するデータ, element - li の jQuery 要素。

    コンボでデータおよびリスト項目を含むオブジェクトをインデックスにより取得します。

    • index
    • タイプ:number
    • ドロップダウン リストの項目のインデックスまたはインデックスの配列。

    コード サンプル

     
    				//get item by index
    				var item = $(".selector").igCombo("itemsFromIndex", 0);
    
    				//get items by indexes
    				var items = $(".selector").igCombo("itemsFromIndex", [0, 1, 2]);
    				var firstItemData = items[0].data;
    				var $firstItemLi = items[0].element;
    			 
  • itemsFromValue

    .igCombo( "itemsFromValue", value:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    指定した項目が見つからない場合は null。単一の要素が提供された場合、オブジェクト。複数の要素が提供された場合、オブジェクトの配列。オブジェクトは以下のメンバーを含みます: data - 関連するデータ, element - li の jQuery 要素。

    コンボでデータおよびリスト項目を含むオブジェクトを値により取得します。

    • value
    • タイプ:object
    • ドロップダウン リストの項目の値または値の配列。

    コード サンプル

     
    				//get item by value
    				var item = $(".selector").igCombo("itemsFromValue", 2);
    
    				//get items by values
    				var items = $(".selector").igCombo("itemsFromValue", 2);
    				var firstItemData = items[0].data;
    				var $firstItemLi = items[0].element;
    			 
  • list

    .igCombo( "list" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    jQuery リスト コンテナー オブジェクトへの参照を返します。

    項目のリストを持つコンテナーの jQuery オブジェクトを取得します。

    コード サンプル

     
    				var list = $(".selector").igCombo("list");
    			 
  • listItems

    .igCombo( "listItems" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    コンボ ドロップダウン リストですべての描画されるリスト項目を表す jQuery オブジェクトへの参照を返します。

    コンボ ドロップダウン リストですべての描画されるリスト項目を表す jQuery オブジェクトを取得します。

    コード サンプル

     
    				var listItems = $(".selector").igCombo("listItems");
    			 
  • listScrollTop

    .igCombo( "listScrollTop", [value:number] );
    返却型:
    enumeration
    返却型の説明:
    'number|object' を返します。 パラメーターが未定義の場合、scrollTop を返します。それ以外の場合は、この igCombo への参照を返します。

    項目のドロップダウン リストをスクロールする HTML 要素の scrollTop 属性を取得します。

    • value
    • タイプ:number
    • オプション
    • リストの scrollTop の新しい値。注: リストが閉じて新しい値が提供された場合、openDropDown() は自動的に呼び出されます。

    コード サンプル

     
    				//Get
    				var scrollTop = $(".selector").igCombo("listScrollTop");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("listScrollTop", 50);
    			 
  • openDropDown

    .igCombo( "openDropDown", [callback:function], [focusCombo:bool], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    ドロップダウンを開きます。

    • callback
    • タイプ:function
    • オプション
    • 開くアニメーションが完了したときに実行するコールバック関数を指定します。
    • focusCombo
    • タイプ:bool
    • オプション
    • False に設定すると、ドロップダウンが開いた後にコンボのテキスト入力にフォーカスを設定しません。デフォルトで、コンボの入力はフォーカス付きです。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、dropDownOpening および dropDownOpened イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				  $(".selector").igCombo("openDropDown");
    
    				  //opens combo, executes the callback, focuses combo and triggers events
    				  var callback = function() {
    					  ...
    				  }
    
    				  $(".selector").igCombo("openDropDown", callback, true, true);
    			 
  • positionDropDown

    .igCombo( "positionDropDown" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    このコンボへの参照を返します。

    ドロップダウンをコンボ入力の下へ位置変更します。ドロップダウンが本体に添付されている場合のみ影響します。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("positionDropDown");
    			 
  • refreshValue

    .igCombo( "refreshValue" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    このコンボへの参照を返します。

    igCombo 入力フィールドの現在テキストに基づいて igCombo 値の更新を実行します。
    更新は allowCustomValue = true の場合に使用されます。
    更新は現在のテキストを取得し、選択が適用されずに allowCustomValue = true の場合、igCombo の値として設定します。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("refreshValue");
    			 
  • select

    .igCombo( "select", $items:object, [options:object], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    ドロップダウン リストのリスト項目を選択します。

    • $items
    • タイプ:object
    • 選択する項目を持つ jQuery オブジェクト。
    • options
    • タイプ:object
    • オプション
    • この api メソッドの動作を制御するオプション セットのあるオブジェクト。
      closeDropDown (boolean): 選択後にドロップ ダウン リストを閉じるために true に設定します。
      focusCombo (boolean): 選択後にコンボをフォーカスするために true に設定します。
      additive (boolean): その他の選択を失わずに項目を選択するには true に設定します。複数選択が有効な場合のみ影響します。
      keepFiltering (boolean): 選択後にコンボでフィルター設定を保持するために true に設定します。デフォルトでフィルター条件はクリアされます。
      keepInputText (boolean): 選択した後、入力テキストを変更しない場合 true に設定します。デフォルトでは、入力テキストは更新されます。
      keepHighlighting (boolean): 選択した後、強調表示を変更しない場合は true に設定します。デフォルトで、強調表示は解除されます。
      keepNavItem (boolean): 選択した後、現在のナビゲーション項目を変更しない場合は true に設定します。デフォルトで、ナビゲーション項目は新しく選択した項目に変更されます。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、selectionChanging および selectionChanged イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				//select item
    				$(".selector").igCombo("select", $item);
    
    				//select items
    				$(".selector").igCombo("select", $items);
    
    				//select items, set options controlling the behavior and trigger events
    				$(".selector").igCombo("select", $item, {
    					closeDropDown: true,
    					focusCombo: true,
    					keepFiltering: true,
    					keepInputText: true,
    					keepHighlighting: true,
    					keepNavItem: true
    				}, true);
    			 
  • selectAll

    .igCombo( "selectAll", [options:object], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照を返します。

    ドロップダウン リストのすべての項目を選択します。

    • options
    • タイプ:object
    • オプション
    • この api メソッドの動作を制御するオプション セットのあるオブジェクト。
      closeDropDown (boolean): 選択後にドロップ ダウン リストを閉じるために true に設定します。
      focusCombo (boolean): 選択後にコンボをフォーカスするために true に設定します。
      keepFiltering (boolean): 選択後にコンボでフィルター設定を保持するために true に設定します。デフォルトでフィルター条件はクリアされます。
      keepInputText (boolean): 選択した後、入力テキストを変更しない場合 true に設定します。デフォルトでは、入力テキストは更新されます。
      keepHighlighting (boolean): 選択した後、強調表示を変更しない場合は true に設定します。デフォルトで、強調表示は解除されます。
      keepNavItem (boolean): 選択した後、現在のナビゲーション項目を変更しない場合は true に設定します。デフォルトで、ナビゲーション項目は新しく選択した項目に変更されます。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、selectionChanging および selectionChanged イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igCombo("selectAll");
    
    				//select all, set options controlling behavior
    				$(".selector").igCombo("selectAll", {
    						closeDropDown: true,
    						focusCombo: true,
    						keepFiltering: true,
    						keepInputText: true,
    						keepHighlighting: true,
    						keepNavItem: true,
    						keepScrollPosition: true
    					}, true);
    			 
  • selectedItems

    .igCombo( "selectedItems" );
    返却型:
    array
    返却型の説明:
    次のメンバーを含むオブジェクトのある null または配列。データ - 関連データ、要素 - li の jquery 要素。

    コンボ ボックスの選択されている li 要素を表すオブジェクトのある配列を取得します。

    コード サンプル

     
    				var items = $(".selector").igCombo("selectedItems");
    				var firstItemData = items[0].data;
    				var $firstItemLi = items[0].element;
    			 
  • text

    .igCombo( "text", [text:string] );
    返却型:
    enumeration
    返却型の説明:
    'string|object' を返します。 パラメーターが未定義の場合、フィールドの現在のテキストが戻されます。それ以外の場合は、この igCombo への参照を返します。

    テキスト入力フィールドのテキストを取得または設定します。

    • text
    • タイプ:string
    • オプション
    • コンボの入力フィールドの新しいテキスト値。

    コード サンプル

     
    				//Get
    				var text = $(".selector").igCombo("text");
    
    				//Set
    				$(".selector").igCombo("text", "Orange");
    			 
  • textInput

    .igCombo( "textInput" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    jQuery 入力オブジェクトへの参照を返します。

    コンボ ウィジェットと関連づけられたテキスト入力の jQuery オブジェクトを取得します。

    コード サンプル

     
    				var $textInput = $(".selector").igCombo("textInput");
    			 
  • validate

    .igCombo( "validate" );
    返却型:
    bool
    返却型の説明:
    すべてのチェックが成功した場合は True。検証が有効になっていない場合、null 値が可能です。

    トリガーを検証します。

    コード サンプル

     
    				var isValid = $(".selector").igCombo("validate");
    			 
  • validator

    .igCombo( "validator", [destroy:bool] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    igValidator への参照または null を返します。

    igCombo が使用する igValidator への参照を取得します。

    • destroy
    • タイプ:bool
    • オプション
    • バリデーターの破棄を要求します。

    コード サンプル

     
    				var validator = $(".selector").igCombo("validator");
    
    				//destroy the validator
    				 $(".selector").igCombo("validator", true);
    			 
  • value

    .igCombo( "value", [value:object], [options:object], [event:object] );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    この igCombo への参照、または value パラメーターが提供される場合、値の配列を返します。

    指定した値または値の配列でドロップダウン リストのリスト項目を選択します。パラメーターを渡さずに呼び出す場合、選択された項目の値を返します。multiSelection 機能が有効の場合、選択された値の配列を返します。

    • value
    • タイプ:object
    • オプション
    • 選択される項目/項目の valueKey プロパティに一致する値または値の配列。
    • options
    • タイプ:object
    • オプション
    • この api メソッドの動作を制御するオプション セットのあるオブジェクト。
      closeDropDown (boolean): 選択後にドロップ ダウン リストを閉じるために true に設定します。
      focusCombo (boolean): 選択後にコンボをフォーカスするために true に設定します。
      additive (boolean): その他の選択を失わずに項目を選択するには true に設定します。複数選択が有効な場合のみ影響します。
      keepFiltering (boolean): 選択後にコンボでフィルター設定を保持するために true に設定します。デフォルトでフィルター条件はクリアされます。
      keepInputText (boolean): 選択した後、入力テキストを変更しない場合 true に設定します。デフォルトでは、入力テキストは更新されます。
      keepHighlighting (boolean): 選択した後、強調表示を変更しない場合は true に設定します。デフォルトで、強調表示は解除されます。
      keepNavItem (boolean): 選択した後、現在のナビゲーション項目を変更しない場合は true に設定します。デフォルトで、ナビゲーション項目は新しく選択した項目に変更されます。
    • event
    • タイプ:object
    • オプション
    • このアクションを発生させたブラウザー イベントを示します (API 以外)。このパラメーターが true に設定されている場合、メソッドを呼び出すと、selectionChanging および selectionChanged イベントがトリガーされます。

    コード サンプル

     
    				//Get value/s
    				var value = $(".selector").igCombo("value");
    
    				//Set value
    				$(".selector").igCombo("value", 2);
    
    				//Set values
    				$(".selector").igCombo("value", [1, 2]);
    
    				//Set value, set options controlling behavior and trigger events
    				$(".selector").igCombo("value", 3, {
    					closeDropDown: true,
    					focusCombo: true,
    					additive: true,
    					keepFiltering: true,
    					keepInputText: true,
    					keepHighlighting: true,
    					keepNavItem: true,
    					keepScrollPosition: true
    				}, true);
    			 
  • valueInput

    .igCombo( "valueInput" );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    jQuery 入力オブジェクトへの参照を返します。

    コンボ ウィジェットと関連づけられた値入力の jQuery オブジェクトを取得します。

    コード サンプル

     
    				var $input = $(".selector").igCombo("valueInput");
    			 
  • ui-state-active

    アクティブ状態の要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-button ui-state-default ui-unselectable

    ドロップダウン ボタンを表す DIV 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-buttonicon ui-icon-triangle-1-s ui-icon

    ドロップダウン ボタン上の画像を表す DIV 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-button-ltr ui-corner-right

    方向が左から右のときに、ドロップダウン ボタンを表す DIV 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-button-rtl ui-corner-left

    方向が右から左のときに、ドロップダウン ボタンを表す DIV 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-checkbox ui-state-default ui-corner-all ui-igcheckbox-small

    リスト項目内のチェックボックスを表す SPAN 要素に適用されるクラス。
  • ui-icon ui-igcombo-checkbox-off ui-igcheckbox-small-off

    チェックが付いていないチェックボックスのアイコンを表す SPAN 要素に適用されるクラス。
  • ui-icon ui-icon-check ui-igcombo-checkbox-on ui-igcheckbox-small-on

    チェックが付いていないチェックボックスのアイコンを表す SPAN 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-clear ui-unselectable

    クリア ボタンを表す DIV 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-clear-hover ui-state-hover

    マウス オーバー状態のクリア ボタンの SPAN 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-clearicon ui-icon-circle-close ui-icon

    クリア ボタン上の画像を表す DIV 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-clear-rtl ui-unselectable

    右から左の方向でクリア ボタンを表す DIV 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo ui-widget ui-state-default ui-corner-all ui-unselectable

    コンボ要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-wrapper

    ラッパー要素に適用されるクラス。
  • ui-state-disabled

    読み取り専用モードでコンボのトップ要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-dropdown ui-widget ui-widget-content ui-corner-all

    コンボ ドロップダウンを表す DIV 要素に適用されるクラス。リスト、ヘッダー、およびフッター コンテナーを含みます。
  • ig-rtl

    方向が右から左のときに、ドロップダウン リストに適用されるクラス。
  • ui-igcombo-mode-dropdown

    ドロップダウン モードでコンボに適用されるクラス。
  • ui-igcombo-field ui-corner-all

    編集要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-fieldholder

    編集要素のホルダーに適用されるクラス。
  • ui-igcombo-fieldholder-ltr ui-corner-left

    方向が左から右のときに、編集要素のホルダーに適用されるクラス。
  • ui-igcombo-fieldholder-rtl ui-corner-right

    方向が右から左のときに、編集要素のホルダーに適用されるクラス。
  • ui-igcombo-footer

    コンボ ドロップダウンのフッターを表す DIV 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-group

    ドロップダウン リストでリスト項目のグループを含む要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-group-header ui-state-default ui-unselectable

    各グループのヘッダー要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-header

    コンボ ドロップダウンのヘッダーを表す DIV 要素に適用されるクラス。
  • ui-helper-hidden

    非表示にするためにフィルターされたリスト項目に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-hidden-field

    非表示の入力フィールドに適用されるクラス。
  • ui-state-hover

    ホバーされたときに要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-item-in-focus

    マウスによってホバーされるか、キーボードによってナビゲートされたリスト項目要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-list

    ドロップダウン リストのコンテナーとして使用される DIV 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-listitem ui-state-default ui-unselectable

    ドロップダウン リスト内の項目を表す LI 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-highlight

    ドロップダウン リスト内の強調表示テキストを表す LI 要素のテキストに適用されるクラス。
  • ui-igcombo-listitemholder

    リスト項目のコンテナーとして使用される UL 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-listitemtextwithcheckbox

    チェックボックスが有効な場合に、ドロップダウン リスト内のテキストの項目を表す SPAN 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-list-overflow

    仮想化が有効な場合、ドロップダウン コンテナー要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-loading

    データを取得されているとき、ドロップダウン リスト上のオーバーレイを表す DIV に適用されたクラス。
  • ui-igcombo-no-border

    閉じた場合、ドロップダウン要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-nomatchfound

    フィルター操作で一致が検索されていない場合に表示される LI 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-orientation-bottom

    下方向が使用される場合、コンボのドロップダウン要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-orientation-top

    上方向が使用される場合、コンボのドロップダウン要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-mode-readonlylist

    読み取り専用リスト モードでコンボに適用されるクラス。
  • ui-igcombo-mode-readonly

    読み取り専用モードでコンボに適用されるクラス。
  • ui-igcombo-records-data

    データ ソースのレコード数を表すフッターの span 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-records-server

    サーバーでフィルターされたレコード数を表すフッターの span 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-records-server-total

    サーバーでレコードの合計数を表すフッターの span 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-records-view

    データ ソース ビューのレコード数を表すフッターの span 要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-scroll ui-unselectable

    仮想化が有効な場合、スクロール要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-scrollholder ui-unselectable

    仮想化が有効な場合、スクロール ホルダー要素に適用されるクラス。
  • ui-igcombo-textbox ui-state-default ui-corner-all

    テキスト ボックス コンテナーに適用されるクラス。
  • ui-unselectable

    選択不可能な要素に適用されるクラス。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.