ui.igChartLegend

ui.igChartLegend_image

igChartLegend コントロールは、シリーズの名前またはチャート プロット エリアで表現されるその要素を表示する jQuery UI ウィジェットです。この API のクラス、オプション、イベント、メソッド、およびテーマの詳細は、上記の関連するタブの下に表示されます。

次のコード スニペットは igChartLegend コントロールの初期化方法を示しています。

igChartLegend コントロールに必要なスクリプトおよびテーマの参照方法についての詳細は、 Ignite UI での JavaScript リソースの使用および Ignite UI のスタイルとテーマの設定をお読みください。

コード サンプル

<!doctype html>
<html>
<head>
    <title>Ignite UI igChartLegend</title>
    <!-- Infragistics Combined CSS -->
    <link href="css/themes/infragistics/infragistics.theme.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <link href="css/structure/infragistics.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
    <!-- jQuery Core -->
    <script src="js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- jQuery UI -->
    <script src="js/jquery-ui.js" type="text/javascript"></script>
    <!-- Infragistics Combined Scripts -->
    <script src="js/infragistics.core.js" type="text/javascript"></script>
	  <script src="js/infragistics.dv.js" type="text/javascript"></script>
    <script type="text/javascript" src="http://www.igniteui.com/data-files/world-energy-production.js"></script>

    <script type="text/javascript">
        $(function () {
            $("#chart").igDataChart({
                width: "500px",
                height: "500px",
                dataSource: lastFiveYears,
                title: "Energy Production Per Country",
                subtitle: "The top five Total Primary Energy producers",
                legend: { element: "legend" },
                axes: [{
                    name: "xAxis",
                    type: "categoryX",
                    label: "Year",
                    title: "Year"
                }, {
                    name: "yAxis",
                    type: "numericY",
                    title: "Quadrillion Btu"
                }],
                series: [{
                    name: "series",
                    dataSource: lastFiveYears,
                    title: "Canada",
                    type: "column",
                    xAxis: "xAxis",
                    yAxis: "yAxis",
                    valueMemberPath: "Canada",
                }, {
                    name: "series2",
                    dataSource: lastFiveYears,
                    title: "Saudi Arabia",
                    type: "column",
                    xAxis: "xAxis",
                    yAxis: "yAxis",
                    valueMemberPath: "SaudiArabia",
                }, {
                    name: "series3",
                    dataSource: lastFiveYears,
                    title: "Russia",
                    type: "column",
                    xAxis: "xAxis",
                    yAxis: "yAxis",
                    valueMemberPath: "Russia",
                }, {
                    name: "series4",
                    dataSource: lastFiveYears,
                    title: "United States",
                    type: "column",
                    xAxis: "xAxis",
                    yAxis: "yAxis",
                    valueMemberPath: "UnitedStates",
                }, {
                    name: "series5",
                    dataSource: lastFiveYears,
                    title: "China",
                    type: "column",
                    xAxis: "xAxis",
                    yAxis: "yAxis",
                    valueMemberPath: "China",
                }]
            });
        });
    </script>
</head>
<body>
    <table>
        <tr>
            <td>
                <div id="chart"></div>
            </td>
            <td>
                <div id="legend"></div>
            </td>
        </tr>
    </table>
</body>
</html>
	

関連サンプル

関連トピック

依存関係

jquery.js
jquery-ui.js
infragistics.util.js
infragistics.util.jquery.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_ui.js
infragistics.dv_core.js
infragistics.dv_geometry.js
infragistics.dv_jquerydom.js
infragistics.legend.js
infragistics.datachart_core.js
infragistics.dvcommonwidget.js
infragistics.ui.widget.js

継承

  • height

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    凡例の高さ。ピクセル、文字列 (px)、またはパーセンテージ (%) で数字として設定できます。

    コード サンプル

    // Initialize
    $(".selector").igChartLegend({
        height: "100px"
    });
            
    // Get
    var height = $(".selector").igChartLegend("option", "height");
            
    // Set
    $(".selector").igChartLegend("option", "height", "100px");
    	  
  • language
    継承

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "en"

    ウィジェットのロケール言語設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igChartLegend({
    					language: "ja"
    				});
    
    				// Get
    				var language = $(".selector").igChartLegend("option", "language");
    
    				// Set
    				$(".selector").igChartLegend("option", "language", "ja");
    			 
  • locale
    継承

    タイプ:
    object
    デフォルト:
    null

    ウィジェットのロケール設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    					//Initialize
    				$(".selector").igChartLegend({
    					locale: {}
    				});
    
    				// Get
    				var locale = $(".selector").igChartLegend("option", "locale");
    
    				// Set
    				$(".selector").igChartLegend("option", "locale", {});
    			 
  • regional
    継承

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    en-US

    ウィジェットの領域設定を取得または設定します。

    コード サンプル

     
    				//Initialize
    				$(".selector").igChartLegend({
    					regional: "ja"
    				});
    				// Get
    				var regional = $(".selector").igChartLegend("option", "regional");
    				// Set
    				$(".selector").igChartLegend("option", "regional", "ja");
    			 
  • theme

    タイプ:
    string
    デフォルト:
    "c"

    このウィジェットをスタイルするために使用される見本。

    コード サンプル

    // Initialize
    $(".selector").igChartLegend({
        theme: "metro"
    });
      
    // Get
    var theme = $(".selector").igChartLegend("option", "theme");
          
  • type

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    legend

    凡例のタイプ。

    メンバー

    • item
    • タイプ:string
    • 凡例を項目の凡例として指定します。igPieChart コントロール内の各パイに対して凡例の項目を表示します。
    • legend
    • タイプ:string
    • 凡例を凡例として指定します。これは、igDataChart コントロールのすべてのタイプのシリーズによってサポートされます。
    • scale
    • タイプ:string
    • 凡例をスケール項目の凡例として指定します。バブル シリーズの色/サイズ スケールを表示します。

    コード サンプル

    // Initialize
    $(".selector").igChartLegend({
        type: "item"
    });
            
    // Get
    var type = $(".selector").igChartLegend("option", "type");
            
    // Set
    $(".selector").igChartLegend("option", "type", "item");
    	  
  • width

    タイプ:
    enumeration
    デフォルト:
    null

    凡例の幅。ピクセル、文字列 (px)、またはパーセンテージ (%) で数字として設定できます。

    コード サンプル

    // Initialize
    $(".selector").igChartLegend({
        width: "250px"
    });
            
    // Get
    var width = $(".selector").igChartLegend("option", "width");
            
    // Set
    $(".selector").igChartLegend("option", "width", "250px");
    	  

Ignite UI コントロール イベントの詳細については、
Ignite UI でイベントを使用するを参照してください。

注: API メソッドの呼び出しは、API ヘルプに特に記述がない限り、操作に関連するイベントはプログラムによって発生されません。これらのイベントは各ユーザー操作によってのみ呼び出されます。

詳細の表示
  • legendItemMouseEnter

    キャンセル可能:
    false

    マウス ポインターがこの凡例の要素に入ったときに発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    現在の凡例オブジェクトへの参照を取得するには ui.legend を使用します。
    チャート オーナー オブジェクトへの参照を取得するには ui.chart を使用します。
    現在のシリーズ オーナー オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    凡例の項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ オーナー ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。
    イベントに関連するチャート項目への参照を取得するために ui.item を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igchartlegendlegenditemmouseenter", function (evt, ui) {
        // Get reference to the current legend object.
        ui.legend;
        
        // Get reference to the chart owner object.
        ui.chart;
        
        // Get reference to tge current series owner object.
        ui.series;
        
        // Get legend item brush.
        ui.actualItemBrush;
        
        // Get series owner brush.
        ui.actualSeriesBrush;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igChartLegend({
        legendItemMouseEnter: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • legendItemMouseLeave

    キャンセル可能:
    false

    マウス ポインターがこの凡例の要素から出たときに発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    現在の凡例オブジェクトへの参照を取得するには ui.legend を使用します。
    チャート オーナー オブジェクトへの参照を取得するには ui.chart を使用します。
    現在のシリーズ オーナー オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    凡例の項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ オーナー ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。
    イベントに関連するチャート項目への参照を取得するために ui.item を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igchartlegendlegenditemmouseleave", function (evt, ui) {
        // Get reference to the current legend object.
        ui.legend;
        
        // Get reference to the chart owner object.
        ui.chart;
        
        // Get reference to tge current series owner object.
        ui.series;
        
        // Get legend item brush.
        ui.actualItemBrush;
        
        // Get series owner brush.
        ui.actualSeriesBrush;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igChartLegend({
        legendItemMouseLeave: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • legendItemMouseLeftButtonDown

    キャンセル可能:
    false

    マウス ポインターがこの凡例の要素の上にある間に左のマウス ボタンが押されると発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    現在の凡例オブジェクトへの参照を取得するには ui.legend を使用します。
    チャート オーナー オブジェクトへの参照を取得するには ui.chart を使用します。
    現在のシリーズ オーナー オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    凡例の項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ オーナー ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。
    イベントに関連するチャート項目への参照を取得するために ui.item を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igchartlegendlegenditemmouseleftbuttondown", function (evt, ui) {
        // Get reference to the current legend object.
        ui.legend;
        
        // Get reference to the chart owner object.
        ui.chart;
        
        // Get reference to tge current series owner object.
        ui.series;
        
        // Get legend item brush.
        ui.actualItemBrush;
        
        // Get series owner brush.
        ui.actualSeriesBrush;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igChartLegend({
        legendItemMouseLeftButtonDown: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • legendItemMouseLeftButtonUp

    キャンセル可能:
    false

    マウス ポインターがこの凡例の要素の上にある間に左のマウス ボタンが離されると発生します。
    関数は引数 evt および ui を受け取ります。
    現在の凡例オブジェクトへの参照を取得するには ui.legend を使用します。
    チャート オーナー オブジェクトへの参照を取得するには ui.chart を使用します。
    現在のシリーズ オーナー オブジェクトへの参照を取得するには ui.series を使用します。
    凡例の項目ブラシを取得するには ui.actualItemBrush を使用します。
    シリーズ オーナー ブラシを取得するには ui.actualSeriesBrush を使用します。
    イベントに関連するチャート項目への参照を取得するために ui.item を使用します。

    コード サンプル

    // Delegate
    $(document).delegate(".selector", "igchartlegendlegenditemmouseleftbuttonup", function (evt, ui) {
        // Get reference to the current legend object.
        ui.legend;
        
        // Get reference to the chart owner object.
        ui.chart;
        
        // Get reference to tge current series owner object.
        ui.series;
        
        // Get legend item brush.
        ui.actualItemBrush;
        
        // Get series owner brush.
        ui.actualSeriesBrush;
    });
     
    // Initialize
    $(".selector").igChartLegend({
        legendItemMouseLeftButtonUp: function (evt, ui) {
    
        }
    });
          
  • changeGlobalLanguage
    継承

    .igChartLegend( "changeGlobalLanguage" );

    ウィジェットの言語をグローバルの言語に変更します。グローバルの言語は $.ig.util.language の値です。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igChartLegend("changeGlobalLanguage");
    			 
  • changeGlobalRegional
    継承

    .igChartLegend( "changeGlobalRegional" );

    ウィジェットの地域設定をグローバルの地域設定に変更します。グローバルの地域設定は $.ig.util.regional にあります。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igChartLegend("changeGlobalRegional");
    			 
  • changeLocale
    継承

    .igChartLegend( "changeLocale", $container:object );

    指定したコンテナーに含まれるすべてのロケールを options.language で指定した言語に変更します。
    注: このメソッドは珍しいシナリオのみで使用されます。language または locale オプションのセッターを参照してください。

    • $container
    • タイプ:object
    • オプションのパラメーター: 設定しない場合、ウィジェットの要素を $container として使用します。

    コード サンプル

     
    				$(".selector").igChartLegend("changeLocale");
    			 
  • destroy

    .igChartLegend( "destroy" );

    ウィジェットを破棄します。

    コード サンプル

    $(".selector").igChartLegend("destroy");
    
  • exportVisualData

    .igChartLegend( "exportVisualData" );

    コード サンプル

     
    var visualData = $(".selector").igChartLegend("exportVisualData");
    
  • id

    .igChartLegend( "id" );
    返却型:
    string

    凡例を含む DOM 要素の ID を返します。

    コード サンプル

    var parentDivId = $(".selector").igChartLegend("id");
    
  • widget

    .igChartLegend( "widget" );

    凡例を含む要素を返します。

    コード サンプル

     var parentDiv = $(".selector").igChartLegend("widget"); 
  • ui-corner-all ui-widget-content ui-chart-legend

    親要素に適用されるクラス。
  • ui-chart-legend-item

    凡例項目の tr 要素に適用されるクラス。
  • ui-chart-legend-item-badge

    凡例項目印の td 要素に適用されるクラス。
  • ui-chart-legend-items-list

    凡例項目の table 要素に適用されるクラス。
  • ui-chart-legend-item-text

    凡例項目印の td 要素に適用されるクラス。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.