ig.excel.CustomViewWindowOptions

カスタム表示で保存されるワークブックのウィンドウ オプションを表します。

備考

このクラスで明示的に定義され、基本クラスから継承されていないプロパティである WindowOptions は、カスタム表示で保存可能ですがワークブックでは保存できないなオプションです。したがって、これらのプロパティは CustomView.apply メソッドが呼び出されると適用されません。

依存関係

jquery-1.4.4.js
infragistics.util.js
infragistics.ext_core.js
infragistics.ext_collections.js
infragistics.ext_collectionsExtended.js
infragistics.ext_io.js
infragistics.ext_text.js
infragistics.documents.core_core.js
infragistics.ext_ui.js
このコントロールにオプションはありません。
このコントロールにイベントはありません。
  • boundsInPixels

    .boundsInPixels( );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、ワークブックの MDI 子ウィンドウのピクセル境界線。 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、'height'、'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。

    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、ワークブックの MDI 子ウィンドウのピクセル境界線を取得します。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定される値の左または上は、-32768 および 32767 の境界の外です。
    ig.ArgumentException 指定される値の左または上は、-32768 および 32767 の境界の外です。

    備考

    注: このプロパティは CustomViewWindowOptions.maximized が True の場合、ワークブックに影響を持ちません。ただし、この場合、このプロパティの値はワークブックで保存されます。

    注: この設定は、Excel ファイルの Workbook で保存できません。これは CustomView に限って保存できます。したがって、WorkbookWindowOptions に対応するプロパティはなく、関連する CustomView での Apply の呼び出しは、このプロパティに適用されません。Microsoft Excel ユーザー インタフェースを通してカスタム表示を適用することによってのみ、このプロパティの設定が適用されます。

  • boundsInPixels

    .boundsInPixels( value:object );
    返却型:
    object
    返却型の説明:
    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、ワークブックの MDI 子ウィンドウのピクセル境界線。 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、'height'、'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。

    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、ワークブックの MDI 子ウィンドウのピクセル境界線を取得します。

    • value
    • タイプ:object
    • 数値を持つ 'x'、'y'、'width'、および 'height'、または 'left'、'top'、'right'、および 'bottom' プロパティがあるオブジェクトです。例: { x: 1, y: 2, width: 100, height: 200 }。

    例外

    例外 説明
    ig.ArgumentException 指定される値の左または上は、-32768 および 32767 の境界の外です。
    ig.ArgumentException 指定される値の左または上は、-32768 および 32767 の境界の外です。

    備考

    注: このプロパティは CustomViewWindowOptions.maximized が True の場合、ワークブックに影響を持ちません。ただし、この場合、このプロパティの値はワークブックで保存されます。

    注: この設定は、Excel ファイルの Workbook で保存できません。これは CustomView に限って保存できます。したがって、WorkbookWindowOptions に対応するプロパティはなく、関連する CustomView での Apply の呼び出しは、このプロパティに適用されません。Microsoft Excel ユーザー インタフェースを通してカスタム表示を適用することによってのみ、このプロパティの設定が適用されます。

  • maximized

    .maximized( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、ワークブックの MDI 子ウィンドウが最大化されるかどうかを示す値。

    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、ワークブックの MDI 子ウィンドウが最大化されるかどうかを示す値を取得します。

    備考

    注: この設定は、Excel ファイルの Workbook で保存できません。これは CustomView に限って保存できます。したがって、WorkbookWindowOptions に対応するプロパティはなく、関連する CustomView での Apply の呼び出しは、このプロパティに適用されません。Microsoft Excel ユーザー インタフェースを通してカスタム表示を適用することによってのみ、このプロパティの設定が適用されます。

  • maximized

    .maximized( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、ワークブックの MDI 子ウィンドウが最大化されるかどうかを示す値。

    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、ワークブックの MDI 子ウィンドウが最大化されるかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean

    備考

    注: この設定は、Excel ファイルの Workbook で保存できません。これは CustomView に限って保存できます。したがって、WorkbookWindowOptions に対応するプロパティはなく、関連する CustomView での Apply の呼び出しは、このプロパティに適用されません。Microsoft Excel ユーザー インタフェースを通してカスタム表示を適用することによってのみ、このプロパティの設定が適用されます。

  • reset

    .reset( );

    ウィンドウ オプションをデフォルト設定にリセットします。

    備考

    各設定で使用されるデフォルトは、Microsoft Excel が空のワークブックを作成するデフォルトと同じです。

  • showFormulaBar

    .showFormulaBar( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、Microsoft Excel が数式バーを表示するかどうかを示す値。

    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、Microsoft Excel が数式バーを表示するかどうかを示す値を取得します。

    備考

    注: この設定は、Excel ファイルの Workbook で保存できません。これは CustomView に限って保存できます。したがって、WorkbookWindowOptions に対応するプロパティはなく、関連する CustomView での CustomView.apply の呼び出しは、このプロパティに適用されません。Microsoft Excel ユーザー インタフェースを通してカスタム表示を適用することによってのみ、このプロパティの設定が適用されます。

  • showFormulaBar

    .showFormulaBar( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、Microsoft Excel が数式バーを表示するかどうかを示す値。

    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、Microsoft Excel が数式バーを表示するかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean

    備考

    注: この設定は、Excel ファイルの Workbook で保存できません。これは CustomView に限って保存できます。したがって、WorkbookWindowOptions に対応するプロパティはなく、関連する CustomView での CustomView.apply の呼び出しは、このプロパティに適用されません。Microsoft Excel ユーザー インタフェースを通してカスタム表示を適用することによってのみ、このプロパティの設定が適用されます。

  • showStatusBar

    .showStatusBar( );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、Microsoft Excel がステータスバーを表示するかどうかを示す値。

    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、Microsoft Excel がステータス バーを表示するかどうかを示す値を取得します。

    備考

    注: この設定は、Excel ファイルの Workbook で保存できません。これは CustomView に限って保存できます。したがって、WorkbookWindowOptions に対応するプロパティはなく、関連する CustomView での Apply の呼び出しは、このプロパティに適用されません。Microsoft Excel ユーザー インタフェースを通してカスタム表示を適用することによってのみ、このプロパティの設定が適用されます。

  • showStatusBar

    .showStatusBar( value:boolean );
    返却型:
    boolean
    返却型の説明:
    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、Microsoft Excel がステータスバーを表示するかどうかを示す値。

    これらのウィンドウ オプションが所有する CustomView が適用される場合、Microsoft Excel がステータス バーを表示するかどうかを示す値を取得します。

    • value
    • タイプ:boolean

    備考

    注: この設定は、Excel ファイルの Workbook で保存できません。これは CustomView に限って保存できます。したがって、WorkbookWindowOptions に対応するプロパティはなく、関連する CustomView での Apply の呼び出しは、このプロパティに適用されません。Microsoft Excel ユーザー インタフェースを通してカスタム表示を適用することによってのみ、このプロパティの設定が適用されます。

Copyright © 1996 - 2019 Infragistics, Inc. All rights reserved.